トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID9674
名前しまきち
コメント一の宮巡りをしていたら、全国には城がたくさんあることに気づき、できるだけ一緒に回れればと始めました。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
佐倉城
2019年1月6日
佐倉七福神のついでに回りました。
桜のころは国立歴史民俗博物館の窓越しに桜が非常に美しいと聞いていますが、今回は事務所で押印のみ。無人でしたが入口は空いていて、スタンプお試し押印用にと裏紙が切っておいてあり感動。歴博はものすごく見ごたえもあるのでぜひまた行きたいです。
江戸城
2019年1月12日
武道館の脇から入りレストハウスへ。スタンプの位置が分からずうろうろしましたが、ど真ん中に置いてありました。菊のご紋のどら焼きとか、地方の親戚のお土産に喜ばれそうなものが売っていました。広い公園で全部歩くと結構あるかと思います。
津山城
2019年1月18日
一の宮巡りで美作国中山神社の帰りに登城。桜の木がたくさんあり、春は素敵なんだろうなと思います。櫓や天守台からの眺めはなかなかです。ふもとの観光案内所の津山ホルモンうどんはなかなかおいしい。ホルモン丼は醤油味、ホルモンうどんはぴりからみそ味。ご当地名物は馬鹿にできないと再認識しました。岡山から津山は快速だと1時間くらい。
備中松山城
2019年1月19日
備中高梁の駅からは予約制の乗り合いタクシーを利用。片道500円です。帰りは武家屋敷とか好きなところでも降ろしてくれます。駐車場が狭く、降りてこないと次の車が入れない、という状態なので、乗り合いタクシーか繁忙期のシャトルバスを利用する方がよいのではと思います。
駐車場から登り20分くらい、高尾山か陣馬山かという山道をゆるゆる上ると現れます。
山城の天守閣もなかなか見事でしたが、ご城主様(さんじゅーろー:猫)が大変気さくで、なでさせていただき手をなめていただくというご褒美に預かりました。また行きたい。
伊賀上野城
2019年2月9日
一の宮巡りで敢国神社のついでに行きました。敢国神社までは名古屋から佐那具で降りて徒歩20分、参拝後畑の中を15分歩き、セブンイレブン前からバスで上野市駅まで。上野市から伊賀上野城は徒歩10分くらいだったでしょうか。伊賀牛の牛丼も食べたかったのですが1時過ぎで売り切れ残念。近くに伊賀忍者館もあり、忍者姿の観光客が大勢歩いています。
上野市駅からは名古屋まで高速バスも出ています。
川越城
2019年3月2日
駅から小江戸巡回バスを利用しましたが、土曜日のせいか観光客で大混雑。喜多院からも大勢乗車し、道も渋滞していて、歩いたほうが早かったのかも。
100円で本丸御殿内に入れてます。100名城スタンプが勢ぞろいして掲示されていて、ここから始めたくなる城ファンも多いのでは。受付ではスタンプ帳は売っていないようです。
城の痕跡を求め、周囲をあるくと「とおりゃんせ」の歌のモデルと言われる三芳野神社がありました。城内にあった神社ということで参拝が難しかったようですが、「行きはよいよい帰りはこわい」なぜ帰りはこわいの?と疑問が残っています。御朱印は川越氷川神社でお願いできます。
水戸城
2019年3月10日
偕楽園の梅まつりに合わせて登城。お昼を食べようとおもった親子丼の店が満席で、昼抜きで三の丸広場の方からむかう。鹿島神社で御朱印をいただき(期間限定の要石の御朱印がありました)、要石や孔子廟を見ながら講道館へ。スタンプは受付で言うと出してくれます。講道館は「尊攘」の掛け軸がおおこれが!という感じ。アニメか刀剣のコラボで絵看板で写真を撮っている女子が大勢。
工事中の大手門を脇の通路を通って向こう側まで行ってみたが、それ以外の史跡がどこかよく分からず戻ってきてしまいました。もっとよく調べてから行けばよかったかも。
笠間城
2019年3月10日
水戸城の帰りに友部で乗り換えて笠間へ。午後は全くバスがなく、歩いて井筒屋まで20分ほど。受付でスタンプをもらい、笠間城に行きたいと言ったら地図にしるしをつけて説明してくれました。ゆるゆる上っていくと途中からハイキングコースになり、木の階段を上っていきます。本丸跡の向こうから天守閣跡の急な階段を上っていくと、写真で見た石垣が現れます。天守閣跡は今は神社となっています。眼下に城下が広がっていて、けして高い山ではないけれど山城として素晴らしいと思いました。こんな大切にされている場所に吸い殻が落ちている!ひどい!拾いながら帰ったら10本以上ありました。100名城ファンのみなさんは大切に登ってますよね(;_:)
笠間稲荷の二ツ木のクルミ稲荷はおいしいです♪
土浦城
2019年3月23日
桜は開花したものの本日は10度以下の寒さ。土浦駅から15分ほど歩いて到着した亀城公園は桜祭りの準備中でしたが、桜もまだまだ寒そうな状態でした。東櫓でスタンプをいただき、博物館と共通券105円(!)で見学。小さい中にもいろいろ展示がされていて興味深かったけど何しろ城はどこも風通しが良くて寒いもの。西櫓や博物館も見学し、「土浦にリンドバーグ来たんだ!」「ツェッペリン!」「醤油作ってたんだ!」と意外な戦中史をじっくりと見ることができました。お昼に洋食のお店に行き、霞ヶ浦まで行きたかったけど寒くて断念。また行こうかな?
八王子城
2019年3月30日
高尾駅からバスで高尾城址へ。ガイダンス棟でパンフをもらってまずは主客殿へ。整備されていて歩きやすく、説明板も多いのでわかりやすい。途中の滝を覗き、一日で落城したこの城は最後この滝からみな身を投げたのか、と祈りをささげる。
戻って要害部分へ。一の鳥居、二の鳥居と抜けるとなかなかの急斜面を上っていくが、整備されすぎた高尾山を思うとかなり上りやすい。人が少ないせいかもしれない。本丸部分に八王子神社が鎮座しているのでお参り。
途中であったボランティアガイドの方も、登城中にすれ違った人もみな親切に声をかけてくれてあれは見た?あそこは行った?と教えてくれる。地元の方たちの自慢であり、大切にしているところなんだろうなあと思った。いつか本丸の先までずっと行ってみたい。
ボランティアガイド同行でないと入れないと貼ってある道があったので、ガイドをお願いした方が楽しいかもしれません。
滝山城
2019年3月30日
八王子駅からバスに乗って20分ほど、滝山城址バス停から登城。道案内の立て看板に置いてあったパンフレットをいただき、急な坂を上っていくと三の丸付近に出る。左の山の神曲輪の方に向かっていると、ボランティアガイドの方に出会い「あの細い道を敵が来て、ここから迎え撃つんだよ」と教えてもらう。聞かないと全然気付かなかった!二の丸の守備についても教えていただき、かなりの実戦に備えた城であることを体感した。二の丸なんてどこから攻めたらいいの?という印象。
中の丸広場の建物に置いてあるスタンプをいただく。家屋の外にあるので24時間可か?その後ひき橋(スタンプ帳に出ている写真)を渡り本丸跡で霞神社でお祈り。本丸跡には神社がある場合が多い。桜祭りは来週とのことだったが、もう咲き始めていて静かに山道に花びらを落としていた。
甲府城
2019年4月6日
新宿から高速バスで甲府へ。駅南口から近い稲荷櫓でスタンプをもらおうと石段を登っていたら、踏み外して肉離れを…自分が悪いのだが、城めぐりには体力筋力が必要だと痛感😱武田神社も要害山城も諦めて淋しく帰りました。
本佐倉城
2019年4月20日
大佐倉駅でスタンプを押し、徒歩10分ほどで到着。見晴らし台にいらしたボランティアガイドさんに、昔はすぐ近くまで内海だったんですよと教わりびっくり。徳川の時代になるまで利根川はなかったとは。その後、駐車場にあった順路地図をもって一周。タンポポや水仙が咲き乱れ、下草で遺構は埋もれ気味だったが、猫がウグイス狙ってうろうろしてたり近くで田植えをしていたりとのどかな風景。途中道を間違えそうになり戻ったりもしたけど、空堀や虎口も残されていてゆっくりと見て回ることができた。しかし秀吉は千葉氏も倒したていたのか。
日暮里から特急成田空港行きに乗ったが、佐倉から先は各駅停車とかで、この何もない無人駅にも特急が止まり便利でした。電車も20分おきくらいに来ます。
鳥越城
2019年4月27日
一の宮巡りに合わせて登城。
東京6時16分発の新幹線で金沢駅、そこから9時28分発のバスで一の宮へ。着いたのは10時半頃。白山比め神社に参拝し、北参道側の駐車場側の店で釜飯定食。炊き上がるのを待つのですが季節のホタルイカ釜飯がなかなか美味。
12時55分のバスに乗り上野(かみの)で下車、登山道入口まで15分、そこから20分程度の登りだったかな?八重桜が満開で、地元の方が塩漬けにするのと言って花を集めてました。枡形門など一部再建したものの往時を想像させる雰囲気はありなかなか楽しい。
一向一揆歴史館に移動し押印、見学、そのあと二曲城跡も回って、弘法池もみて釜清水17時46分のバスで鶴来駅に戻りました。公共交通機関で回ろうとしたら現地で4時間ありどうしようかと思ったけどしっかり楽しみました。
高岡城
2019年4月28日
一の宮巡りで射水神社に行ったついでに登城。その前に氷見線越中国分から気多神社、午後には城端線で高瀬神社を予定していたので慌ただしく回りました。広くて素敵な公園になっていたので、じっくり回りたかったところ。博物館でスタンプ押印、15分ほど歩いて駅に戻り、地下街でカレー食べました。駅で鱒寿司も買って帰りました。
金沢城
2019年4月29日
連休のため激コミのバスに乗り20分ほど、兼六園下・金沢城趾にて下車。そのまま城方面に入ろうとして、石川門は兼六園側を上がった歩道橋に行かなくてはならないことに気付き慌てて戻る。
ずいぶんと復元されているらしい。二の丸でチケット売っていたけど物凄くならんでたので、スタンプ押印のみで撤退。庭園の方に降りて尾山神社に向かったけどまたしても復元中の建物が。
菅谷館
2019年5月3日
池袋から東武東上線で1時間ほど、武蔵嵐山駅から徒歩15分ほど、三の丸あとにある資料館にてスタンプ押印。資料館も100円とリーズナブル。予備知識なく来てしまったため畠山氏の略歴やショートフィルムなどで学んだのち登城。なかなか広い敷地に土塁や空堀が残されていて楽しい。季節柄蝶や蜂が多かったので気を付けて歩き回る。
杉山城
2019年5月3日
菅谷館登城の後、武蔵嵐山駅まで戻り逆側を徒歩40分ほど。ウェルシアを過ぎると自販機すらなくなるので、暑い時期の登城は必ずファミマかウェルシアで飲み物を買っていくことをお勧めします。行程の半ばで嵐山市役所でスタンプ押印。この市役所がなかなかの坂道の上にあり、徒歩登場の者にとってはちょっと辛い。その後、日陰の乏しい道のりを歩き、お寺の脇の「杉山城址」の札に従い大手門の広場へ入り、おいてあるパンフレットを手に登城。
傾斜を利用した土塁や空堀が続き、とても楽しい。時々タケノコが顔を出していて躓きそうになりながらもどんどん進む。本丸跡から見えるという日光男体山は薄曇りで見えず。北の丸方向は標識が見当たらなかったのであやうくそのまま下山してしまうところでしたが、その他は説明書きも充実していて、井戸あとから今でも水が湧いているのも見てきました。ゆっくり回ると1時間ほどかかるかな?とても楽しかったです。
鉢形城
2019年5月5日
池袋から東武東上線で寄居駅に着いたのは10:30、10:45のイーグルバスで鉢形城歴史館へ。スタンプを押して中に入り階段を降りると、門の上から誰か…人形が入館者を矢で狙ってる!なかなかやるのう。わかりやすいショートフィルムを見て北条氏について学び、展示をチェックしたのちいよいよ城跡へ。広い。土塁や空堀が続き、縄張り内を公道が通っているので地図を確認しながら進む。5万人に囲まれても落ちなかったとは、この広さなら納得。本曲輪のあたりからみる荒川の眺めもなかなか。帰りは寄居駅まで15分ほど歩いきました。
小机城
2019年5月10日
池袋より副都心線直通で菊名で乗り換え、一時間程で小机へ。スタンプ押印し10分程で登城。竹林のなか土塁や空堀が残されていて、高低差を確認しながら歩けて楽しい。急階段も手すりがあって助かる…時節柄手すりに毛虫やミニカマキリがいるので注意して捕まってください。
富士仙元、の表示をたどっていくと、第三京浜のしたをくぐって上り坂、あれここは?と思って振り向くと富士浅間と記された小高い山が。富士講なのかな?と思いつつ下山しました。ゆっくりみて所要時間一時間程。
本丸跡で来週の小机城祭りの練習をしてて、何だかほほえましかったです。
大多喜城
2019年5月25日
大原からいすみ鉄道に乗り30分ほど、そこから徒歩で15分ほど。上り坂の途中に空堀跡の標識があり、二の丸公園に上ると上から見下ろすこともできます。城の下まで行くと、武将の格好で写真を撮る外国人の団体も。200円で入館、2-4階を資料を見ながら城の中を上がっていく。お城の中なのに学校のような階段がちょっと面白い。帰りは城の奥側から「井戸跡・薬院門」の標識を目指して大多喜高校の方へ。思ったよりも大きな井戸跡には金魚が。そのままゆるゆると坂を下り、駅を目指しました。
いすみ鉄道はムーミン列車をやめてしまったらしく残念。途中の駅でデッサンがちょっとおかしいムーミンたちがたたずんでいたのが愛らしかったのに。大原駅そばには孤独のグルメにでた食堂があるが時間が合わずに立ち寄らず。いまも混んでるのだろうか?
品川台場
2019年6月1日
東京テレポート駅が埼京線と接続していることを今回初めて知る。駅を出て海に向かっていくとテレビで見たことのある砂浜が。潮風が涼しいなかぐるっと回って第三台場へ。お台場にこんな場所があるとは。真四角の敷地の外側をぐるっと一周すると、レインボーブリッジがすぐそばに見える。中に降りると火薬庫跡や陣屋跡があるが、パンフレットを先にもらっておかないと説明書きは少ないので、マリンハウスか第三台場入口でぜひもらっておいてほしい。人があまり来ないせいか、リードを離した犬がドックラン状態で走っていたりするのでちょっと注意が必要かも。お台場の意外な一面を見た気がして楽しかった。
石垣山城
2019年6月8日
午後から雨の予報のため朝から出発。10時小田原駅東口1番発のうめまる号に乗り20分ほど。うめまる号はガイドさんも同乗していて、道々説明してくれる。一夜城ヨロイヅカファームに到着、バス停そばで杖代わりの木を借りて登城。石垣山城の何ふさわしく、石垣がすごい。井戸曲輪が工事中で近くで見れなかったが、整備されていて歩きやすく、石がごろごろしているのが楽しい。帰りのバスまでヨロイヅカファームにより、パンを買ったりソフトクリームを食べたりして過ごす。
小田原城
2019年6月8日
うめまる号を眼鏡橋で降り、馬出口から登城。見事な再建。鋼門の2階が無料公開されていて、小田原評定でもめる北条一族と一緒に写真撮影もできる。天守閣前に20年ほど前にいた象のウメコさんはもういない。調べたらずいぶん前に亡くなったそう。吉祥寺の花子さんと一緒にいたこともあるという。天守閣は500円。御朱印のお城版のものが300円。内部は展示も映像も見ごたえがあり、北条氏のことがよく分かった。関東を北条5代で100年も治めていたとは。北条の城が次々と落とされたときに、小田原城が開城されるまで残った忍城も気になる。
今年は北条早雲没後500年ということで、小田原全体が観光に力が入っている感じがしました。