トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID9674
名前しまきち
コメント一の宮巡りをしていたら、全国には城がたくさんあることに気づき、できるだけ一緒に回れればと始めました。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
佐倉城
2019年1月6日
佐倉七福神のついでに回りました。
桜のころは国立歴史民俗博物館の窓越しに桜が非常に美しいと聞いていますが、今回は事務所で押印のみ。無人でしたが入口は空いていて、スタンプお試し押印用にと裏紙が切っておいてあり感動。歴博はものすごく見ごたえもあるのでぜひまた行きたいです。
江戸城
2019年1月12日
武道館の脇から入りレストハウスへ。スタンプの位置が分からずうろうろしましたが、ど真ん中に置いてありました。菊のご紋のどら焼きとか、地方の親戚のお土産に喜ばれそうなものが売っていました。広い公園で全部歩くと結構あるかと思います。
津山城
2019年1月18日
一の宮巡りで美作国中山神社の帰りに登城。桜の木がたくさんあり、春は素敵なんだろうなと思います。櫓や天守台からの眺めはなかなかです。ふもとの観光案内所の津山ホルモンうどんはなかなかおいしい。ホルモン丼は醤油味、ホルモンうどんはぴりからみそ味。ご当地名物は馬鹿にできないと再認識しました。岡山から津山は快速だと1時間くらい。
備中松山城
2019年1月19日
備中高梁の駅からは予約制の乗り合いタクシーを利用。片道500円です。帰りは武家屋敷とか好きなところでも降ろしてくれます。駐車場が狭く、降りてこないと次の車が入れない、という状態なので、乗り合いタクシーか繁忙期のシャトルバスを利用する方がよいのではと思います。
駐車場から登り20分くらい、高尾山か陣馬山かという山道をゆるゆる上ると現れます。
山城の天守閣もなかなか見事でしたが、ご城主様(さんじゅーろー:猫)が大変気さくで、なでさせていただき手をなめていただくというご褒美に預かりました。また行きたい。
伊賀上野城
2019年2月9日
一の宮巡りで敢国神社のついでに行きました。敢国神社までは名古屋から佐那具で降りて徒歩20分、参拝後畑の中を15分歩き、セブンイレブン前からバスで上野市駅まで。上野市から伊賀上野城は徒歩10分くらいだったでしょうか。伊賀牛の牛丼も食べたかったのですが1時過ぎで売り切れ残念。近くに伊賀忍者館もあり、忍者姿の観光客が大勢歩いています。
上野市駅からは名古屋まで高速バスも出ています。
川越城
2019年3月2日
駅から小江戸巡回バスを利用しましたが、土曜日のせいか観光客で大混雑。喜多院からも大勢乗車し、道も渋滞していて、歩いたほうが早かったのかも。
100円で本丸御殿内に入れてます。100名城スタンプが勢ぞろいして掲示されていて、ここから始めたくなる城ファンも多いのでは。受付ではスタンプ帳は売っていないようです。
城の痕跡を求め、周囲をあるくと「とおりゃんせ」の歌のモデルと言われる三芳野神社がありました。城内にあった神社ということで参拝が難しかったようですが、「行きはよいよい帰りはこわい」なぜ帰りはこわいの?と疑問が残っています。御朱印は川越氷川神社でお願いできます。
水戸城
2019年3月10日
偕楽園の梅まつりに合わせて登城。お昼を食べようとおもった親子丼の店が満席で、昼抜きで三の丸広場の方からむかう。鹿島神社で御朱印をいただき(期間限定の要石の御朱印がありました)、要石や孔子廟を見ながら講道館へ。スタンプは受付で言うと出してくれます。講道館は「尊攘」の掛け軸がおおこれが!という感じ。アニメか刀剣のコラボで絵看板で写真を撮っている女子が大勢。
工事中の大手門を脇の通路を通って向こう側まで行ってみたが、それ以外の史跡がどこかよく分からず戻ってきてしまいました。もっとよく調べてから行けばよかったかも。
笠間城
2019年3月10日
水戸城の帰りに友部で乗り換えて笠間へ。午後は全くバスがなく、歩いて井筒屋まで20分ほど。受付でスタンプをもらい、笠間城に行きたいと言ったら地図にしるしをつけて説明してくれました。ゆるゆる上っていくと途中からハイキングコースになり、木の階段を上っていきます。本丸跡の向こうから天守閣跡の急な階段を上っていくと、写真で見た石垣が現れます。天守閣跡は今は神社となっています。眼下に城下が広がっていて、けして高い山ではないけれど山城として素晴らしいと思いました。こんな大切にされている場所に吸い殻が落ちている!ひどい!拾いながら帰ったら10本以上ありました。100名城ファンのみなさんは大切に登ってますよね(;_:)
笠間稲荷の二ツ木のクルミ稲荷はおいしいです♪
土浦城
2019年3月23日
桜は開花したものの本日は10度以下の寒さ。土浦駅から15分ほど歩いて到着した亀城公園は桜祭りの準備中でしたが、桜もまだまだ寒そうな状態でした。東櫓でスタンプをいただき、博物館と共通券105円(!)で見学。小さい中にもいろいろ展示がされていて興味深かったけど何しろ城はどこも風通しが良くて寒いもの。西櫓や博物館も見学し、「土浦にリンドバーグ来たんだ!」「ツェッペリン!」「醤油作ってたんだ!」と意外な戦中史をじっくりと見ることができました。お昼に洋食のお店に行き、霞ヶ浦まで行きたかったけど寒くて断念。また行こうかな?
八王子城
2019年3月30日
高尾駅からバスで高尾城址へ。ガイダンス棟でパンフをもらってまずは主客殿へ。整備されていて歩きやすく、説明板も多いのでわかりやすい。途中の滝を覗き、一日で落城したこの城は最後この滝からみな身を投げたのか、と祈りをささげる。
戻って要害部分へ。一の鳥居、二の鳥居と抜けるとなかなかの急斜面を上っていくが、整備されすぎた高尾山を思うとかなり上りやすい。人が少ないせいかもしれない。本丸部分に八王子神社が鎮座しているのでお参り。
途中であったボランティアガイドの方も、登城中にすれ違った人もみな親切に声をかけてくれてあれは見た?あそこは行った?と教えてくれる。地元の方たちの自慢であり、大切にしているところなんだろうなあと思った。いつか本丸の先までずっと行ってみたい。
ボランティアガイド同行でないと入れないと貼ってある道があったので、ガイドをお願いした方が楽しいかもしれません。
滝山城
2019年3月30日
八王子駅からバスに乗って20分ほど、滝山城址バス停から登城。道案内の立て看板に置いてあったパンフレットをいただき、急な坂を上っていくと三の丸付近に出る。左の山の神曲輪の方に向かっていると、ボランティアガイドの方に出会い「あの細い道を敵が来て、ここから迎え撃つんだよ」と教えてもらう。聞かないと全然気付かなかった!二の丸の守備についても教えていただき、かなりの実戦に備えた城であることを体感した。二の丸なんてどこから攻めたらいいの?という印象。
中の丸広場の建物に置いてあるスタンプをいただく。家屋の外にあるので24時間可か?その後ひき橋(スタンプ帳に出ている写真)を渡り本丸跡で霞神社でお祈り。本丸跡には神社がある場合が多い。桜祭りは来週とのことだったが、もう咲き始めていて静かに山道に花びらを落としていた。
甲府城
2019年4月6日
新宿から高速バスで甲府へ。駅南口から近い稲荷櫓でスタンプをもらおうと石段を登っていたら、踏み外して肉離れを…自分が悪いのだが、城めぐりには体力筋力が必要だと痛感😱武田神社も要害山城も諦めて淋しく帰りました。
本佐倉城
2019年4月20日
大佐倉駅でスタンプを押し、徒歩10分ほどで到着。見晴らし台にいらしたボランティアガイドさんに、昔はすぐ近くまで内海だったんですよと教わりびっくり。徳川の時代になるまで利根川はなかったとは。その後、駐車場にあった順路地図をもって一周。タンポポや水仙が咲き乱れ、下草で遺構は埋もれ気味だったが、猫がウグイス狙ってうろうろしてたり近くで田植えをしていたりとのどかな風景。途中道を間違えそうになり戻ったりもしたけど、空堀や虎口も残されていてゆっくりと見て回ることができた。しかし秀吉は千葉氏も倒したていたのか。
日暮里から特急成田空港行きに乗ったが、佐倉から先は各駅停車とかで、この何もない無人駅にも特急が止まり便利でした。電車も20分おきくらいに来ます。
鳥越城
2019年4月27日
一の宮巡りに合わせて登城。
東京6時16分発の新幹線で金沢駅、そこから9時28分発のバスで一の宮へ。着いたのは10時半頃。白山比め神社に参拝し、北参道側の駐車場側の店で釜飯定食。炊き上がるのを待つのですが季節のホタルイカ釜飯がなかなか美味。
12時55分のバスに乗り上野(かみの)で下車、登山道入口まで15分、そこから20分程度の登りだったかな?八重桜が満開で、地元の方が塩漬けにするのと言って花を集めてました。枡形門など一部再建したものの往時を想像させる雰囲気はありなかなか楽しい。
一向一揆歴史館に移動し押印、見学、そのあと二曲城跡も回って、弘法池もみて釜清水17時46分のバスで鶴来駅に戻りました。公共交通機関で回ろうとしたら現地で4時間ありどうしようかと思ったけどしっかり楽しみました。
高岡城
2019年4月28日
一の宮巡りで射水神社に行ったついでに登城。その前に氷見線越中国分から気多神社、午後には城端線で高瀬神社を予定していたので慌ただしく回りました。広くて素敵な公園になっていたので、じっくり回りたかったところ。博物館でスタンプ押印、15分ほど歩いて駅に戻り、地下街でカレー食べました。駅で鱒寿司も買って帰りました。
金沢城
2019年4月29日
連休のため激コミのバスに乗り20分ほど、兼六園下・金沢城趾にて下車。そのまま城方面に入ろうとして、石川門は兼六園側を上がった歩道橋に行かなくてはならないことに気付き慌てて戻る。
ずいぶんと復元されているらしい。二の丸でチケット売っていたけど物凄くならんでたので、スタンプ押印のみで撤退。庭園の方に降りて尾山神社に向かったけどまたしても復元中の建物が。
菅谷館
2019年5月3日
池袋から東武東上線で1時間ほど、武蔵嵐山駅から徒歩15分ほど、三の丸あとにある資料館にてスタンプ押印。資料館も100円とリーズナブル。予備知識なく来てしまったため畠山氏の略歴やショートフィルムなどで学んだのち登城。なかなか広い敷地に土塁や空堀が残されていて楽しい。季節柄蝶や蜂が多かったので気を付けて歩き回る。
杉山城
2019年5月3日
菅谷館登城の後、武蔵嵐山駅まで戻り逆側を徒歩40分ほど。ウェルシアを過ぎると自販機すらなくなるので、暑い時期の登城は必ずファミマかウェルシアで飲み物を買っていくことをお勧めします。行程の半ばで嵐山市役所でスタンプ押印。この市役所がなかなかの坂道の上にあり、徒歩登場の者にとってはちょっと辛い。その後、日陰の乏しい道のりを歩き、お寺の脇の「杉山城址」の札に従い大手門の広場へ入り、おいてあるパンフレットを手に登城。
傾斜を利用した土塁や空堀が続き、とても楽しい。時々タケノコが顔を出していて躓きそうになりながらもどんどん進む。本丸跡から見えるという日光男体山は薄曇りで見えず。北の丸方向は標識が見当たらなかったのであやうくそのまま下山してしまうところでしたが、その他は説明書きも充実していて、井戸あとから今でも水が湧いているのも見てきました。ゆっくり回ると1時間ほどかかるかな?とても楽しかったです。
鉢形城
2019年5月5日
池袋から東武東上線で寄居駅に着いたのは10:30、10:45のイーグルバスで鉢形城歴史館へ。スタンプを押して中に入り階段を降りると、門の上から誰か…人形が入館者を矢で狙ってる!なかなかやるのう。わかりやすいショートフィルムを見て北条氏について学び、展示をチェックしたのちいよいよ城跡へ。広い。土塁や空堀が続き、縄張り内を公道が通っているので地図を確認しながら進む。5万人に囲まれても落ちなかったとは、この広さなら納得。本曲輪のあたりからみる荒川の眺めもなかなか。帰りは寄居駅まで15分ほど歩いきました。
小机城
2019年5月10日
池袋より副都心線直通で菊名で乗り換え、一時間程で小机へ。スタンプ押印し10分程で登城。竹林のなか土塁や空堀が残されていて、高低差を確認しながら歩けて楽しい。急階段も手すりがあって助かる…時節柄手すりに毛虫やミニカマキリがいるので注意して捕まってください。
富士仙元、の表示をたどっていくと、第三京浜のしたをくぐって上り坂、あれここは?と思って振り向くと富士浅間と記された小高い山が。富士講なのかな?と思いつつ下山しました。ゆっくりみて所要時間一時間程。
本丸跡で来週の小机城祭りの練習をしてて、何だかほほえましかったです。
大多喜城
2019年5月25日
大原からいすみ鉄道に乗り30分ほど、そこから徒歩で15分ほど。上り坂の途中に空堀跡の標識があり、二の丸公園に上ると上から見下ろすこともできます。城の下まで行くと、武将の格好で写真を撮る外国人の団体も。200円で入館、2-4階を資料を見ながら城の中を上がっていく。お城の中なのに学校のような階段がちょっと面白い。帰りは城の奥側から「井戸跡・薬院門」の標識を目指して大多喜高校の方へ。思ったよりも大きな井戸跡には金魚が。そのままゆるゆると坂を下り、駅を目指しました。
いすみ鉄道はムーミン列車をやめてしまったらしく残念。途中の駅でデッサンがちょっとおかしいムーミンたちがたたずんでいたのが愛らしかったのに。大原駅そばには孤独のグルメにでた食堂があるが時間が合わずに立ち寄らず。いまも混んでるのだろうか?
品川台場
2019年6月1日
東京テレポート駅が埼京線と接続していることを今回初めて知る。駅を出て海に向かっていくとテレビで見たことのある砂浜が。潮風が涼しいなかぐるっと回って第三台場へ。お台場にこんな場所があるとは。真四角の敷地の外側をぐるっと一周すると、レインボーブリッジがすぐそばに見える。中に降りると火薬庫跡や陣屋跡があるが、パンフレットを先にもらっておかないと説明書きは少ないので、マリンハウスか第三台場入口でぜひもらっておいてほしい。人があまり来ないせいか、リードを離した犬がドックラン状態で走っていたりするのでちょっと注意が必要かも。お台場の意外な一面を見た気がして楽しかった。
石垣山城
2019年6月8日
午後から雨の予報のため朝から出発。10時小田原駅東口1番発のうめまる号に乗り20分ほど。うめまる号はガイドさんも同乗していて、道々説明してくれる。一夜城ヨロイヅカファームに到着、バス停そばで杖代わりの木を借りて登城。石垣山城の何ふさわしく、石垣がすごい。井戸曲輪が工事中で近くで見れなかったが、整備されていて歩きやすく、石がごろごろしているのが楽しい。帰りのバスまでヨロイヅカファームにより、パンを買ったりソフトクリームを食べたりして過ごす。
小田原城
2019年6月8日
うめまる号を眼鏡橋で降り、馬出口から登城。見事な再建。鋼門の2階が無料公開されていて、小田原評定でもめる北条一族と一緒に写真撮影もできる。天守閣前に20年ほど前にいた象のウメコさんはもういない。調べたらずいぶん前に亡くなったそう。吉祥寺の花子さんと一緒にいたこともあるという。天守閣は500円。御朱印のお城版のものが300円。内部は展示も映像も見ごたえがあり、北条氏のことがよく分かった。関東を北条5代で100年も治めていたとは。北条の城が次々と落とされたときに、小田原城が開城されるまで残った忍城も気になる。
今年は北条早雲没後500年ということで、小田原全体が観光に力が入っている感じがしました。
高松城
2019年7月25日
高松駅から10分ほど、大きな建物こそないけれど石垣や櫓が残されている。海水をひいている堀ではタイに餌をあげられる、というので100円の自販機で購入。姿がはっきり見えなかったけど黒い素早い魚がたくさんいた。天守閣再建の計画があるもよう。
琴電の高松築港駅に入ると石垣のすぐそばにホームがあり、それも見ごたえがあります。
引田城
2019年7月25日
高松から特急で引田駅へ。駅から10分ほど歩き讃岐井筒屋敷でスタンプ。ゆっくり見てみたかったが電車の時間もあるのでスタンプのみ。引田城への行き方を教わり、マムシが出るとの情報を得る。井筒屋敷の横手に醤油屋さんのお店があって、醤油ソフトクリームを食べたかったのだがソフトクリームは土日のみとのことで断念。
港に沿ってさらに10分ほど歩くと登城口へ。それほどきつい登りでもなく海に囲まれた山を15分ほど登るのだが、暑いのと蜘蛛の巣が多いのでちょっと大変。スニーカー必須。ぐるっと回り、崩れたという石垣のあたりもゆっくり見ながら降りてきて1時間くらい使ったかな?
駅まで20分ほど歩いて戻る。30度越えの日だったのでつらかったのはそこだけです。潮風の吹く山城、当時はどんな感じだったのか。のろし跡があったのでここから遠くの城に合図をおくっていたのだろうか。
勝瑞城
2019年7月26日
高松から特急で勝瑞駅へ。10分ほどまっすぐ歩くと大きめの通りにぶつかり、正面が城跡、左手のローソン脇が館跡。館跡は埋め戻したのかあまり遺構が残されていないが、建物の屋根の下に座ると暑い日なのに涼しい風が吹きわたり、稲の緑と山々に囲まれて豊かな場所だなあと感じる。スタンプ押印後、勝瑞城跡のお寺へ。敷地は小さいが奥の方に土塁が見て取れる。三好氏のお墓とお寺にお参りして帰る。
徳島城
2019年7月26日
31度超えの暑い日、徳島駅から歩いて登城。駅の出口が城と反対側なので、ぐるっと回り陸橋を超えて入ると大きな石垣が見て取れる。博物館で押印し、復元模型を見学。庭園も見たかったがとにかく暑いのがつらくて、城跡の方を見ようと移動。それほど高い所ではないのだが、広い敷地を歩いて石段を上ると眉山も見えた。城跡というより公園というかんじ。
一宮城
2019年7月26日
徳島からバスの一宮線で40分ほど。降りるとすぐに登城口。すぐ右の一宮神社の立派な神橋と馬の像にひかれて先にお参り。御朱印をもらった宮司さんから往復で1時間から1時間半ほどとお聞きする。31度超えの情報におびえつつも登城開始すると、木陰のみちに涼しい風が吹きわたり、思っていたよりずっと快適に登れる。石段も登りやすく、案内板も出ている。天守跡で戻る方も多いが、その先を回って別ルートで下山。影滝脇は鎖場もありなかなかの急坂。逆ルートは大変そうと思っていたら「遍路道」との表示。昔の人は大日寺へのルートで通っていたのか。
帰りのバスはあと1時間は来ない…と思っていたらバス停で別ルートのバスが来ることを発見。バスで登城する方は徳島バスのHPのバスナビでチェックした方がよいかも。時刻表で一宮線だけチェックしてきたら他の路線にもあったとは。大日寺にも立ち寄り、一か所で山城・神社・お寺と回れるとても楽しい山城旅でした。蜂だか虻だかがときおりぶんっと飛んできてそれがちょっと怖かったかな?
丸亀城
2019年7月27日
31度超えの丸亀駅。駅から10分ほどと聞いていたが遠く感じる道を大手門まで歩く。そこから天守までの見返り坂の急さにおののきながら、ゆっくりと登城。あつい。だが石垣の見事さは楽しい。天守までたどり着くと周囲の海や島が見えてすばらしい眺め。木造の急な階段を上り最上階まで上がる。最上段の一段下が幅が狭くなっていて脛を打つようになっているのが、直前に見た旅番組で仕入れた情報通りでちょっと楽しくなった。大柄の男の人が「足が半分も置けなくて落ちそうで怖い」と言っていた。井戸跡もみて帰る。
岡山城
2019年7月27日
岡山から路面電車で10分ほど。「たま電車」に当たり、猫耳の着いた外観、内装もタマ、降りますのブザーもタマ、という猫ラッピングに盛り上がる。
城下で下車後徒歩10分ほど。烏城らしく黒い外観が近づいてくる。城の外には宇喜多時代の石垣も保存されている。天守閣入口でスタンプ、天守内は資料館にもなっている。やはり岡山市内は一段と外国人観光客が多い。大声で群れて自撮りに明け暮れる集団を追い越して進む。ゆっくり見たかったが黒い雲が広がってきたのでやむなく帰宅。
興国寺城
2019年8月11日
原駅から9:27のミューバスで10分ほど、東根小屋下車するとすぐ近くに登城口。パンフレットはないとの情報を読んだので、沼津市のHPから簡単な全景図を印刷し持参。何もない所を想定してきたところ、神社前には木陰にベンチ、トイレまであった。参拝してスタンプを押し、天守台跡へのぼる。わずかに残る石垣を確認。後ろをぐぐっと下ると大堀切。これは見事。たどって歩いてみたが、かなり深い堀でそこを歩いても先が見通せず、木陰を涼しい風が吹いていて、蝉の声を聴いているとどこにいるのか分からなくなりそうな感じ。奥の方にあった横穴が気になったが何なのか分からず。
夏なのにきちんと下草が刈ってあり、登城しやすかったです。無料なのに管理してくださっている皆様に大変感謝です。
帰りは11:02のミューバスに乗る予定だが、40分ほどで見学が終わったため、10分ほど歩いて戻ってミニストップで休憩。暑い日の白桃ハロハロは超絶おいしかった。もう少し戻るとセブンイレブンやマクドナルドも見えたので、休憩場所は確保できますよ。
山中城
2019年8月11日
三島から箱根港行きのバスに乗っる。お盆期間の日曜日でスカイウォークに行く方でバスは劇混み、渋滞。行く日を間違ったか?とにかく山中城址まで40分ほどで到着。33度の暑い日だが日陰は涼しい風でとても気持ち良い。こちらもきれいに芝を刈ってあり大変きれいな山城(障子堀保護のために芝を植えてあるそう!)全部見学すると2時間、とパンフにあるがホントに2時間かかりました。すり鉢曲輪の方で一の堀に感動。その後反対側に回るとこれでもかと障子堀!写真で見るのとスケールが違う。まさにテンションが上がります!順路や案内板も充実していてわかりやすい。それだけに、この城が半日で落ちたというのが不思議で、どういう戦いがあったのか調べてみないと…
無料でこんなに管理してくれてありがたい、とせめて小金を落とそうと名物寒ざらし団子を食べようと売店に行ったところ、なんど16:00で終了、今は16:10分!遅かった!障子堀ワッフルも買いたかったのに…チェックミスに嘆きながらもバスで下山。またしてもスカイウォークで乗り切れないほどの人が。スカイウォークは路線バスに頼らず自身でシャトルバス出した方がいいんじゃないかなあ?
忍城
2019年9月13日
初行田なのでコミュニティバスで埼玉古墳群にも立ち寄り。関東にこんなにたくさん前方後円墳があるとは。円墳の上から忍城を遠く望む。石室の様子が再現されたところもあり、なかなか楽しめた。
再びコミュニティバスに乗り水城公園へ。忍城外堀跡という公園を歩き、郷土資料館となっている忍城へ。小田原城や山中城、鉢形城を回ったので落ちなかった北条の城を楽しみにしていました。あまり遺構は残っていないかもしれないが、その後徳川が入ったほど大事な拠点であったことを確認。これで北条総仕上げです。
忍城からは再びコミュニティバスで行田駅に戻りました。行田駅からJRで帰ったのですが、ICの方が運賃が高いと書いていた方がいらっしゃいましたが、たしかにICの方が2円高かったです。池袋から972円でした。
仙台城
2019年9月21日
仙台駅からるーぷるで20分ほど。見事な石垣をバスから眺めながらの登城。仙台城に来たのは20年ぶりくらいだが、伊達政宗像以外は変わったような。資料館もなかったし、鷹だか鷲だかの像なんてあったかしら…と思ったら震災で落下したとの記述が。こんな大きなものが落ちるなんて。
るーぷる一日券で割引の施設でシアターを見て復元CGを確認。とても分かりやすい。
さて最後に魔人とミスターが戦ったずんだ餅でも…と思ったら牛タン屋ができていてちょっと店の雰囲気も変わっていた。その場で食べられるずんだ餅はなくずんだ団子。聖地は残っていなかった。
多賀城
2019年9月21日
仙台から電車で15分ほど、国府多賀城駅で下車。大体の場所は調べていたけど、駅を出ると観光案内所があったので立ち寄る。すると「このルートを行くと当時の国司の館跡がありますよ」と手作り地図をいただく。聞かないと分からないこともあると実感。
ルート通り国司館跡を見て、立看板どおりにたどると石碑と南門跡。ここでもボランティアガイドの方が話しかけてきてくれて、自由に見たいかな〜と一瞬思ったのだけどこの方がとても博識で感心するばかり。どんな話題に飛んでもへー!と思う知識が出てきてとても楽しかった。5年後に南門を復元されるとのこと。また行ってみたい。
館跡もたしかに「跡」だけかもしれないが、所有者が何度も変わり、お百姓さんが畑にしようと石畳の石をはがしちゃった跡とか教えてもらうと、いろいろあったけど奈良時代からの大事な史跡を大事にしている様子がわかる。スタンプをもらい、案内に出ているところは全部回ってみたら結構広かった。
帰りに歴史博物館にも立ち寄り、ここは「武将の城」ではなく「国司が政務を執り行う居城」なのだなと実感。他にはない貴重な史跡だなと思います。
名古屋城
2019年11月2日
JR東海50+のwebパッケージツアーで、名古屋日帰り往復新幹線・名古屋城入場券付・3000円分キオスクお買い物券付で12500円というのが!ビバ!50才になってよかった!いざ名古屋へ!
8時半に名古屋駅、ぴよりんのついたモーニングを構内で食べてからいざ地下鉄で向かう。改修の終わった本丸を見学して出てくるとすでにかなりの行列。隅櫓の特別公開を見て出てくると行列、タッチの差でどんどんは入れたけどさすが連休の名古屋城。御城印は今だけ限定のと普通のが選べました。金シャチ横丁でランチのあと、いざ小牧山城へ!
小牧山城
2019年11月2日
名古屋城から名城線・上飯田線乗り継いで小牧駅へ。市役所前までバスに乗って180円、歩くと道が分からなそうだったなと、帰りもバスだなと思いながら到着。れきしるこまるでまず勉強。どれが昇太師匠のビデオかよくわからないまま展示を見学。大手門方面から歴史館に登城。近道が見えたが確かに急でつらそうだったので普通に登る。御城印は確かに二種類買っちゃうよなー入場券安かったしいいかーとおもいながら隅々散策。ビデオも含めて二時間ほど滞在。もちろんバスで駅に戻りました。では続けて犬山城へ!
犬山城
2019年11月2日
小牧から名鉄で20分位、駅から20分くらいで到着。御城印は駅の観光案内所にはなく犬山城近くの犬山神社奥の案内所でもらえました。工事中でしたが最上階まで上がれ、外に出ると名古屋のビル群の手前に小牧山が見えます。夕方だったのでそれほど混んでなく、スムーズに回れました。登城口の狭間から猫が覗いてて超可愛い!リードに繋がれてたので飼い猫のよう。その後珈琲ボタンで一服、猫はグッスリ寝てて遊べなかった。
日帰り充実!名古屋に戻ってお土産買って帰ります!
要害山城
2019年11月9日
北口でスタンプ押印、パンフと縄張図をもらう。素人にはほぼ解読不明な本格派の縄張図。大丈夫だろうかと思いつつ日に3本しかないバスで積水寺へ。バス停付近に何の案内もないので仕方なくネット情報で見た日吉神社方面から上がったのだが、これは正規ルートでなかったらしくかなり遠回りだった。分かれ道で「左・信玄の湯 右・日吉神社方面」とあったら左に向かいホテル要害あとのNPO施設脇から登城するのがまだ楽です。
倒木はなかったが急登なうえに何度も折れ曲がりながら笹で埋もれている。今どのあたりにいるのか全く分からない。門・竪堀・曲輪の表示はあるものの地図のどこにあたるのか全く分からない。ようやく頂上についても信玄誕生の石碑が草に埋もれているだけ。東郷平八郎の書らしいがなぜ?という感想のみ。土塁と藪で下も外もよく見えない。一面の藪で一休みできる椅子やスペースもなく下山するにも急登を思うとうんざり。もう少し案内や説明書きが欲しい。これではただのハイキング。
帰りは18時までバスが待てるはずもなく武田神社まで30分の徒歩。熊はいないと聞いていたが路上に「熊目撃情報あり!注意」の看板が。危なかったのでは。
武田氏館
2019年11月9日
要害山から下り道を徒歩30分。段々の田んぼや畑がそれぞれ石垣の上にある。武田氏館から要害山までずっとこんな感じであったのでは。
「武田神社」ではあるものの土塁や虎口がはっきり見て取れる。再建か発掘か?あちこちにある案内図もとても分かりやすい。北側の発掘場所をみると要害山からの途上とおなじ石垣が見て取れる。稲荷曲輪の素朴な祠にもお参り。土産店横の曲輪跡で「馬が北枕に埋葬されていた」とあり感心。西曲輪をぐるっと歩くと土塁が結構な高さであることがわかる。甲府500年を記念して甲府へ!と思ったが武田神社100年でもあるのだな。神社ができる前の様子はどうだったんだろう?と思いながら帰路へ。
@行きのバスも甲府駅目前で街路樹補修らしい片側通行があり30分の渋滞に見舞われたが、帰りのバスも市内ですでに20分遅れていた。なぜ市内でこんなに渋滞するのでしょう?路線バスも平気で遅れてたけど。
A武田氏館だけでなく、要害山を続100名城とするならもう少し登って楽しい城跡として欲しい。以上、甲府市へ言いたいことでした。
浜松城
2019年11月29日
駅から1番か13番のバスに乗ればよいと読んだので最初に来たバスで登城。本数はたくさんあるようです。バス停から天守閣が見えている。再建だろうがなかなか見事。石垣は400年前からそのままの野面積みで「抜いたりしないように」の注意書きあり。大きさや色で遊んでいるのか美しい石垣である。天守内にある磯田先生も考証に入ったらしい家康像がなかなかリアルで見事。大御所様の出世城はのんびりした観光の場になって今の人を楽しませていました。天守閣は4時半までで入場は4時までです。さあ明日は朝から諏訪原城だ!
掛川城
2019年11月29日
掛川駅から徒歩10分ほど。一度きたからさらっと、と思いつつ天守も御殿もついつい見学。なかなかの石段だが登ってしまえば楽しい。文句を言ってた後ろのご夫婦もニコニコで登ってきた。
天守最上階のガイドさんに高天神城に行ってきたと話すと、高天神や諏訪原城の方向を教えてくれた。山城が好きならと他にも勧めていただく。スタンプのない城も面白そうだなあ。そしてお城のボランティアガイドさんはどこも博識だなあ。2階で掛川三城のビデオを見る。玉石の横須賀城の行ってみたい。そして御殿で忘れずにスタンプ。城の手前でいただいた抹茶ソフトもうまし。さあ浜松城に間に合うように掛川駅に戻らねば。
高天神城
2019年11月29日
掛川駅から1時間に1本ほどのバスで向かう。大東北公民館でスタンプ。ここにあるビデオは掛川城でも見られるのでスルーでも大丈夫。城までの手作り地図をいただく。Googleよりよっぽど分かりやすい。途中で左手にこんもりした木の下に祠が。地図によると戦死者を埋葬した千人塚とのこと。お参りする。15分ほど歩いて追手門側の登城口へ。木の杖があったので借りる。上り下りするので転びやすい人はぜひ。本丸や大河内石窟をのんびり見学していたが、ここの見せ場は西側だった!高天神社をお参りして右手の堂の尾曲輪にまわると見事な堀切が2か所。堀切を下りて渡ってみる。これはすごい。神社左手の馬場平からは猿戻り犬戻りと呼ばれる甚五郎抜け道。50センチほどの幅しかない尾根の上を上り下りしつつ10分ほど行ったが、帰りのバスの時間を思うと最後まで行けずあきらめて戻る(片道30分ほどかかるとの情報をその後見た)。いやーすごい城だ。ここを落とすとは勝頼やるな。大河ドラマで武田勝頼やらないかなあ(もちろん真田丸での平岳大で)。11:38土方バス停から掛川駅へ。掛川へきたらうなぎの甚八!そしていざ掛川城へ
駿府城
2019年11月30日
静岡駅から徒歩15分ほど。思ったより広い敷地の四隅に見学できる場所がある。まずは東御門と巽櫓・坤櫓・紅葉山公園と見学。東御門に今川義元500年の展示が。北条早雲、甲府につづき今川500年にここに来るとはご縁があるのう。
なんといっても北側の発掘現場が一番楽しかった。120年ぶりに掘り出されたという天守台の石垣に徳川時代のものと豊臣時代のものが分かるように説明されている。天守台の基礎部分が歩いて体感でき(大きい!)、豊臣時代の金箔瓦と徳川時代の瓦がプレハブで展示されている。無料だしここはぜひ見てほしい。2021年2月まで現場公開延長決定(入場無料)のチラシがあったので、石垣好きの皆様もぜひ。帰りに久能山東照宮をお参りし、無事静岡城巡りを終えました。楽しかった
諏訪原城
2019年11月30日
金谷駅からコミュニティバスを利用するには時刻表をみると往復両方は無理と判断。行きは駅から歩くことにする。駅の観光案内所で分かりやすい手作り地図をもらう。東海道の石畳が丸石で急坂のためちょっときついが25分ほど気持ちよく歩くと諏訪原城ビジターセンターに到着。スタンプは外にもあるがセンター内の方がきれいかも。パンフレットの番号順に見学。中馬出の雄大さに感動!浮かれていると北馬出の薬医門のあたりにシシ神様が歩いてる…と思ったらなんとカモシカ!そしてその先には半分ほど雪をかぶった美しい富士山が!シシ神様は急坂の外堀を悠々とわたり、二の曲輪でゆっくりと何かを食んでいました。
全体的にきれいに下草を刈ってあってとても見やすい。内堀に降りると水の手曲輪まで行ける。湧き水で曲輪全体が浅い池のようになっていて別世界。馬出がたくさんあり、とにかく武田流の築城術がよく分かる山城です。勝頼は山梨より静岡での評価の方が高いんじゃないかなあ?
ビジターセンターで見学していると「お城EXPO2019」のポスターが。そんなのがあるのか是非行かねば。その前に11:31のバスで金谷駅へ。いざ次の駿府城へ。
三春城
2020年2月8日
郡山日帰りパックで3城巡る旅。まずは郡山9時10分のバスに乗り35分ほどで三春町役場へ。途中雪の残る街があったので心配していたが、到着すると三春は暖かな日当たりのよい街で、役場の隣にきれいなトイレもある。保健センター脇から急坂をのぼっていく。要害山のイメージだったが断然歩きやすい整備された道で、右かな左かな?と2回くらい迷ったけど、上に向かう階段を選んでいくと大門跡を入りスタンプのある本丸跡(二の丸跡と書いてあったような?)パンフレットもたくさん置いてあり、東屋で落ち着いて押印。広間跡、天守跡など一通り回る。山中にきれいなトイレがあったがカギがかかっていたのか扉が開かなかった。三春街道を見渡せる立地で、日当たりもよく郡山の街も遠くに見える。帰りのバスが1時間後だったので歴史館には寄れずに郡山に戻る。バスは片道750円です。
白河小峰城
2020年2月8日
郡山から電車で30分ほど。ICカードで乗ってしまったらなんと白河駅はIC非対応。清算するにも駅員さんが12時55分まで不在とのこと。とりあえず後にして白河小峰城へ。電車から見えているが駅の改札は逆方向にしかなく、ぐるっと線路をくぐっていく。石垣がとにかく見事。模様になっているものはどうやって積んだのだろうか。無料で入れる三重櫓には戊辰戦争時の鉄砲の後が床材になっていたり、城の左手では大震災で崩れた石垣がまだあったり。二の丸茶屋でランチ。おにぎりとおかずのセットとかミルフィーユかつ丼とか甘味とかなかなかおいしい。窓から三重櫓がよく見えて気持ちがよい。支払時に歴史館50円引きの券をもらえた。御城印200円も買えます。割引券をもって歴史館へ(ソフトクリーム50円引き券をもらった)。あまり時間がなく昇太師匠のVRをみて14時の電車で二本松へ。清算は郡山・白河間680円でした。二本松・会津とおちていく戊辰戦争の入口なのかなと思い、もう少し知りたくなりました。
二本松城
2020年2月8日
白河から移動し二本松へ。だんだん暗くなり雪がちらつくがまだ15時。頑張って登城せねば。駅の観光案内所でスタンプ。地図とパンフをもらって道を教えてもらう。途中がなかなかの急坂だがこれは自転車でもきつかろう。こんな日に城に来る人もいるまいと思ったら地元の散歩者と中国語の観光客が数名。とても広い。とこから行くか迷ったが水音のするるり池(半分凍ってた)や滝を見つつ洗心亭や智恵子抄詩碑、少年隊の像や藩士自刃の碑などたどり天守台へ。高い!こんなに登ってきたのかというくらい高い。そのころには雪もやんで晴れ間もさし周囲の山々が美しい。これだけの城でも官軍の大砲の前に落ちてしまったのだなとしみじみ考える。少年たちはどんな気持ちで亡くなっていったのだろう。帰りの道中で玉羊羹を購入。駅に戻ると「猫が入るので閉めてください」の張り紙。猫どこ?会えませんでした。城内のトイレも工事中、駅の外のトイレも工事中でした。改札入ったトイレは大丈夫。
二条城
2020年3月15日
コロナで空いているというので敬遠していた京都へ。地下鉄東西線二条城前よりすぐのアクセスのよい場所にある。現在、本丸工事中・二の丸御殿も拝観停止中、庭園しか見学できない状況です。そこそこ観光客(海外の方も含めて)もいるので、普段の二条城はものすごく混んでいるのだろうなと思いつつ見学。唐門とか西側の昔の石垣とか遠くにチラッと見える西門とかにお城の面影をしのびつつもやはり大政奉還の間とかウグイス張りの廊下とかあっての二条城だなあと修学旅行を思い出す。北側の茶屋でいただいたあずききなこのお餅がとてもおいしい。スタンプを押し、事務所で一口城主200円を寄付して缶バッチをもらって帰りました。缶バッチは10種類くらいあったので全部ほしい人はもっと寄付してくださいね。
30年ぶりに来た京都は、伏見稲荷も上賀茂神社も清水寺もどこへいってもなかなかの人手でしたが、バスもスムーズに来るしあちこちに行けて楽しかった。やはり京都はすごい。
吉田城
2020年3月20日
豊橋起点に4城を巡る旅、まずは吉田城へ。豊橋駅東口を出て路面電車へ。7分おきくらいに発車しているので便利。市役所でおりて公園内をすすみ無料公開の鉄櫓へ行きスタンプ押印。鉄櫓は10-15時と公開時間が短いので注意。吉田城の歴史やジオラマ、池田輝政の顔はめパネルなどがある。御城印は公園右手の美術館で販売中とのこと。鉄櫓をでて周辺の石垣をチェック。裏手から川まで降り、水運も便利な城だなと感心。周辺はすっかり市民のための公園になっていました。では次の岡崎城へ。
岡崎城
2020年3月20日
豊橋から名鉄で東岡崎、15分歩いて岡崎城。なんと「天守閣および家康館は休館中」!HPで確認したときはお知らせにも家康館の企画展示のことくらいしか書いていなかったぞ。見逃したか(現在は岡崎城のページで臨時休館情報も確認できる)。しかも「スタンプは土産店おかざき屋で」と書いてあるがそのおかざき屋がマップで見てもどれかわからない。おかざき屋おかざき屋…「御土産店」とあるこれなのかな?休館なのはもちろん仕方がないが県外から来る人にちょっと不親切では…駅から徒歩で向かう時も表示が全く見当たらなかったし。駅の観光案内所も駅に入る人には見えるけど駅から出る人には見えにくい場所かと思う。
とにかく天守外観とマップ上のスポットを巡る。石垣や堀は見事。龍城神社も参拝。家康館の近くで無事おかざき屋も発見しスタンプ・御城印もゲット。こちらもすっかり市民の公園となっていました。では明日長篠城・古宮城へ
長篠城
2020年3月21日
8:10豊橋発の飯田線で1時間ほど、長篠城駅に降り立つ。徒歩10分ほどで資料館。210円だが資料も充実していて感心。狭い分展示になんだか迫力がある。水曜どうでしょう・試験に出るシリーズで知った鳥居強右衛門を見ることができて感動。御城印もこちらで購入。資料館の近くには「強右衛門が助けは来るぞ!と叫んだ場所」という碑もあります。
外は本丸跡などの立て札のみだが、駐車場奥から野牛曲輪をまわり川まで降りるとここから強右衛門は川を泳ぎ岡崎まで一人トライアスロンしたのだなと思うと感動。歴史館まで戻り強右衛門コースで強右衛門のお墓や磔の碑や牛渕橋を見学し、一つ手前の鳥居駅を11:31の飯田線に乗る。次は新城駅で降りて古宮城へ
古宮城
2020年3月21日
新城駅11:47頃着の飯田線で到着、12:07発の新城Sバス作手線にのる。駅近にコンビニ等はない。駅出てすぐ右手のお店でおにぎり・パンを売っていたので買っておけばよかったかも。バス乗り場は駅を出てまっすぐ行き、突き当りの栄町交差点で横断歩道渡って右手にあります。バスに乗って50分くらい、終点作手高里で降りて歴史館へ。2階には古宮城・亀山城のジオラマもあります。入口でスタンプ押印、御城印も購入。地図などをもらっていざ古宮城へ。
徒歩10分ほどですぐ到着。白鳥神社の左手には大堀切。右手から登城、縄張図があまり読めないので地図と首っぴきで西本丸等を歩いて体感。個人所有のためか城内に案内板はないけれど、遺構がくっきりと残されていて歩きやすいよう下草も刈ってあり楽しく一周しました。そのまま道の駅に移動し昼食。ハヤシライスや牛丼、ソフトクリームや五平餅もあり。時間もあったので近くの亀山城へ。あまり大きくないのであっという間に登れる。道の駅の正面のお寺も行ってみるとそこがなんと石垣山上跡とのこと。
ぐるっと堪能し、道の駅15:38発のSバス作手線で新城駅まで戻りました。とにかく遠かった!
龍岡城
2020年6月20日
いつの間にかトクだ値が新幹線eチケットのみ対応に…ということで初めてのチケットレス新幹線の旅、龍岡城・小諸城・上田城の日帰り旅に出ました。
佐久平から8時31分小海線に乗り換え龍岡城駅で下車。帰りの電車は11時40分過ぎまでないので現地で2時間ほど滞在予定だ。枡形を通って五稜郭へは20分ほどで到着。小規模ながらも堀の外から五稜郭の形が見えると楽しい。小学校の外観やお台所の外観も見てであいの館で押印。展望台への行き方を尋ねると、急登で滑りやすい山道を30分ほどかかると心配そうに教えてもらう。
ホントに急坂で後半はかなり滑りやすい。途中で拾った木の枝を杖にして何とか登りきる。苦労した甲斐もあり上から五稜郭の形が見えるとやっぱり嬉しい。田口城址なので山城登城したも同然です。展望台の帰りに何やら脱兎のごとく逃げていく黒いコロコロしたものが…小熊だ!向こうもびっくりしてたようですが、歩いて登る方は気を付けて行って下さいね。
小諸城
2020年6月20日
臼田駅から小海線で40分ほど、12時22分小諸駅到着。駅出てすぐの観光案内所に寄ると共通券100円割引券をもらえました。早速重文の大手門へ。特別公開中の2階にも上がらせてもらう。お腹が空いた!大手門近くの丁子庵でくるみそばを初体験。天ぷらもうまし。すぐ入れたけど本当は人気店なのでは。元気が出たところで大手門から地下道を通り懐古園へ向かうと、北国街道から下がっていくのが体感出来る。徴古館で押印し見学。北越戦争など知らない展示もあり感心。園内なかなか広く石垣も雰囲気よい。懐古神社横から天守跡に行く。上田戦争時の徳川軍が陣を敷いたというが、なぜ穴城の低い位置に敷いたのだろう?建物のない当時はどんな風だったのだろう?と草笛教室の演奏を聞きながら思いつつ次の上田城へ向かう。小諸駅無人販売のりんごバター500円おいしかったです。
上田城
2020年6月20日
小諸からしなの鉄道で30分はかからなかったかな?上田駅へ。城に行く循環バスが便数減らしていてかなり待つので徒歩でお城へ。高校になっている城主館跡を通りまず観光案内でシャチハタスタンプも押印&御城印。ここも現在対応5時までです。城内はなかなかの人出で、普段はもっと混んでいるんだろうな。櫓内でビデオも見て真田神社へ。つい赤の兜の御朱印帳も買ったが、月毎やバージョン違いが置いてあるタイプの神社。ほぼ平坦な公園となっているこの場所で実戦が2度もあったのか。偲べるものは少ないが博物館へ。真田関係は別館2階のみ。VRビデオはグルグル視点が回るので三半規管弱い方は注意。私はクラクラしました。スタンプはここにもあったけどシャチハタではないタイプでした。
疲れた!よく歩いた!楽しかった一日でした。
七尾城
2020年7月23日
行っていいものか悩みつつも、ここまで来たらきちんと気を付けて行って楽しもう!と腹を括り七尾へ。駅の観光案内所で色々教えてもらいまりん号で資料館へ。そこから大手道を登城。距離はあるものの歩きやすい道が続く。まだ気温も低く虫も少なかったが大きなアブはいたのでご注意を。分かれ道を右からまわると、三の丸に上がる階段は工事中でしたが少し先に上がれる道があるので大丈夫。その先は一段ずつがやっとの階段を上がり二の丸辺りまで行くと、車登城の方が増えてくる。石垣が連なる階段をあがって天守跡へ。晴れてきて眼下に広がる能登湾は美しい。ウエケンが漢詩を読むだけある。
帰りは資料館と懐古館を見学。資料館のCGは千田先生監修。昇太師匠のサインもあり。ウエケンに攻め落とされた畠山氏のご子孫が荏原製作所の創業家だったとは。懐古館でもウエケンの詩を吟じてくれて、初めて聞いたが雰囲気も出てすばらしい。ウエケンの漢詩だけを吟じる大会があり七尾城天守で練習したりするそうで、七尾の方の心意気を思う一日でした。遠いけど、大切にされている山城で楽しかった。
増山城
2020年7月25日
雨模様で不安だったが、こんな遠くまでなかなか来ないし行ってみよう!と砺波駅へ。駅の観光案内所が9時15分まで開かないので9時に開く近くの道の駅でレンタサイクルを借りる。薄雲のかかった遠くの山に囲まれた広い砺波平野を自転車で走るのは爽快。40分ほどで迷わず陣屋に到着。もらった地図はざっくりしてるが信号などの目印はばっっちり。陣屋は無人だが杖や虫よけスプレー常備、自販機やトイレも完備。
冠木門よりいよいよ登城。ダムの湖面に霧が立ち込め、湿った山は山怪に迷い込んだよう。少し入るともう誰もいない。三の丸に上がる坂がちょっと滑りやすかったりするものの、昇太師匠の説明書きなど整備されていて道も歩きやすいが杖やストックはあった方が。堀や土塁を見つつ三の丸まで回ったが亀山城の方まで行くのは断念し、少し雨も振り出したので下山。
帰りに埋蔵物センターに寄りスタンプ押印と御城印。山で誰にも会わなかったというと、こちらは早朝からたくさん来てみなさん鳥越城に向かいましたよ、とのこと。バスと徒歩でたどり着いた鳥越城を思い出しつつ富山へ。
富山城
2020年7月25日
富山駅から路面電車の丸ノ内で下車すると城址公園はすぐ。資料館の天守にむかうと大きな鏡石がいくつもある枡形を見かける。資料館は電子マネーもOK。そういえばだれの城?という位の知識だったので、富山城の歴史をざっくりと学ぶ。おお「利家とまつ」で見た佐々氏だ、さっき増山城でもらった資料の芹谷の戦いだ。空襲は太平洋側のイメージだったが富山も広島の数日前に大きく焼失していたのか。まだまだ知らないことは多い。企画展示で犬千代(利家公)が槍や腰に敵の首を吊るしている掛け軸など拝見。
門から出て、まちかど観光案内(?)にて御城印。雨もひどくなってきたので100円バスで駅へ向かう。やり遂げた!
高島城
2020年9月19日
あずさも新幹線も早く申し込むと半額に!ということで長野コンプリートの旅に出ました。
上諏訪駅を降りて400円のコインロッカーに荷物を預け、観光案内所で聞いた通りに線路沿いの細い道を行くと踏切を越えて大手道へ。途中クランクしているのは枡形?と思う間に10分程で到着。再建だがなかなか素敵な天守閣でスタンプ。資料館では諏訪湖にせりだして浮かぶような高島城が描かれた絵を見たり、幕末に天狗党征伐(負けた)や会津仕置などに振り回される高島藩など見学、最上階で諏訪湖が見えるとやはり素敵。今は結構離れているのは干拓でもしたのだろうか?
城内の諏訪神社で御朱印も頂く。小さな諏訪神社でも御柱が立っており、聞くとやはり諏訪大社と同様に曳航するとのこと。全部で40分程滞在して次の高遠城へ
高遠城
2020年9月19日
上諏訪から岡谷を経由して飯田線で伊那市駅へ。コインロッカーはない。駅前にバス停がありバスターミナルまで預けに行く時間もないのでそのままバスに乗り12時15分に高遠駅到着。あると書いてあったコインロッカーがない。観光案内所は12時から昼休みの札が下げてあり人はいるがノックしても無視。やむなく荷物を抱えたまま登城へ。途中高遠そばで昼食。会津の大内宿のそばと関係あるとは。
左・高遠城、右・博物館で左を上がる。??草むらしかない。高校にあったという大手門は反対側が傾いてしまっている。地図を見ても現在地が分からない??と思ったら駐車場となってしまった勘助曲輪の奥にゲートが。車で来ないと入口に辿り着けないシステムとは。とにかく登城。堀や曲輪はあるものの桜の時期しか整備しないのねという感じ。せっかく歴史があるのにもったいない。博物館でようやく荷物を預かってもらい見学。絵島遠流の高遠と生島流刑の三宅島が姉妹都市とは。15時35分のバスに乗るべく高遠駅へ。
高遠駅のトイレはコロナ対応でトイレットペーパー撤去したとのこと。そんなの初めて聞いた。案内所の人よりもコインロッカー置いて欲しい。
松本城
2020年9月20日
まずはライトアップを見に夜の松本城へ。堀の水面に白く輝く天守閣が映りとても美しい。明日も楽しみ。
朝は開門前の8時20分には到着したが、既に40~50人の列が。さすが連休中の現存12天守。開門後、天守下まで20分ほど、中では上がる人待ち・降りる人待ちで45分程かかった。どこから撮っても写真映えするなあ。スタンプ・御城印・御城印帳まで買ってしまい、松代城へ向かうべく松本駅へ。駅1階のお土産コーナーのソフトクリームはカッブ小100円だが量も多くておいしい。
松代城
2020年9月20日
松本から篠ノ井線で1時間強。この電車は途中の姨捨駅でスイッチバックするという嬉しい驚き。長野駅の3階で明治屋のソースカツ丼でランチ。駒ヶ根まで行けなかったのでこれも嬉しい。
松代までは1時間に2本のバスで30分ほど。駅舎はホームもあり往時をしのばせる。まずは松代城あとへ。土塁がどどんとある!小規模ながらも再建の門も立派で楽しい。真田邸では15分のビデオが分かりやすくしっかり見てしまう。現当主の方は騎馬姿もシュッとして似合うなあ。真田宝物館も見学。真田昌幸の絵のオリジナルはこれか。隣の観光案内で御城印も手に入れ、これにて長野コンプリート!
栗どら焼きの幟に引かれ竹風堂へ。栗あんみつ超絶おいしい。小布施にも行きたいなあ。城はおわったけどまた長野に来ようかな。
米沢城
2020年10月16日
膝を痛めた。が平城なら大丈夫だと思う!法事のついでに山形城・米沢城へと向かう。
山形新幹線にて米沢駅へ。バスはかなり待つので2キロを徒歩で登城。城というより上杉神社なので、雰囲気のよい境内をゆっくり見学。宝物館に直江兼続の愛の甲冑があり、これが上杉家に伝わっているというのがさすが。上杉伯爵邸でお茶。お庭では雪の準備という木材が積まれている。あっという間に冬が近づいてるのだな。博物館では米沢城が特集されていて、発掘調査では障子堀が発見されていたそう!何で埋めちゃったの?見たかった!
帰りも電車に合うバスがなく歩いて駅へ向かい、次の山形城へ。米沢駅はチケットレス新幹線は使えるものの、在来線の米沢・山形間はスイカは使えません。
山形城
2020年10月16日
米沢から1時間弱、山形駅から南門へ。手前の交差点にどんどん焼きのお店があり食べてみる。予想外の太巻きサイズでびっくり!そこからすぐの南門から登城。堀や石垣があるものの体育館や公園になってる?今は再建に向けてて撤去の途中のよう。本丸部分の見学は期間・時間が決まっているのでご注意を。東櫓無料公開も見学。ビデオで城は扇状地の下部にあり城下町の方が高い位置にあると学ぶ。後程旧県庁まで歩き実感。確か上田の町もそんな感じだったような。先達の書いている通り騎馬像はすごく立派。転封しても最上の方が親しまれているのは直江兼続を退けたからか。工事中と思って北門や郷土館周辺を見逃したなあ。きっちり見たい方は駅の観光案内で先に案内図を貰うとよいかと。
新府城
2020年10月24日
勝頼コンプリートを目指して新府城へ!ということで韮崎駅に9時6分着、観光案内所で電動自転車をレンタル。民俗資料館まではなかなかの登り。資料館でスタンプ&御城印、ジオラマで予習する。2階の展示物にあった猫のエサ入れが優れもの。更に進むが新府城の近くは路肩も狭くすぐ横は側溝で車も多く緊張。駐車場に自転車を止めていざ登城。
東出構・西出構が見える。馬出しより細長く珍しい。水堀にせりだしているので川を引いて防御するつもりだったのかなと考える。途中一ヶ所倒木あり。栗やドングリがたくさん落ちているが多分熊はいないかと。搦手虎口から摺鉢状の井戸を確認して二の丸・本丸へ。遠くの山々がよく見える。神社を参拝し階段を降りずに西三の丸・東三の丸を過ぎて大手枡形へ。丁度草刈りをしてくれた後らしく、虎口を抜けた丸馬出し、三日月堀も圧巻の迫力!ここはぜひ見て欲しい!ベンチもあります。ぐるっと回って東側枡形も確認して帰途に。
帰りに山梨市で横溝正史館も見学。駅前の歩成はほうとうも他の料理も旨かったです。