トップ > 城選択 > 郡上八幡城

郡上八幡城

みなさんの登城記録

627件の登城記録があります。
1件目~50件目を表示しています。

●2022年6月20日登城 akirayさん
本日1城目、通算171城目。

三重県からずーっと23号線、一般道で。その後、長良川沿いをひたすら北上していく。途中岐阜城が朝日と共に見えインスタ映えの写真も撮れた。高速を使わずストレスなく郡上八幡についた。
8時にオープンと同時に登城。
以前に登城してたので、あまり時間をかけずに。苗木城へ向かう。
郡上味噌は買い忘れないように!
●2022年6月14日登城 mayu-maroさん
続99/100城目   198/200城目
城山公園駐車場に車を停めて、坂道を10分ほど歩いて登りました。お城までの狭い道を車が通り、カーブを一度で曲がれず何度も切り返しているのを見て、無理して上の駐車場まで車で行かずに、下の駐車場から歩いて上って正解だったと思いました。スタンプは天守に入った1階にあります。天守閣からの眺めが良かったです。
●2022年6月9日登城 白い熊かげさん
3年前に一度登城しましたが、続百名城に成った為再度登城
●2022年6月5日登城 神出鬼没のコンピーさん
続・100名城の84城目。(2022/6/4〜5での続・3城目。)
佐柿国吉城から、JRの普通列車と特急で岐阜駅まで移動して、そこから高速バスで「郡上八幡城下町プラザ」バス停へ。
思ったよりはキツい登りを20分ほど歩いて、木造模擬天守と御対面。1階でスタンプGet後は、各階の展示物をざっくりと鑑賞。史実には合ってなくても、木造天守というのは趣きがあって良いものです。
バス停のある麓から要した時間は往復で1時間ほど、そこから高速バスで岐阜駅に戻り、JRの普通列車と新幹線で帰路へ。
●2022年6月4日登城 茶坊さん
2度目の登城。
郡上八幡城の近くまで車で行く、15台ほど駐車可能。
郡上八幡城 駐車場からはつづら折りで徒歩12分程度かかります。
●2022年5月28日登城 あき兄さん
続日本百名城 13城目
●2022年5月24日登城 魔グレさん
事後録
●2022年5月19日登城 てつやまさん
【好】風情のある城下町。
【嫌】日本最古の木造模擬天守。
【スタンプ】天守1階。
【駐車場】本丸の隣。10台位。無料。
【所要時間】約1時間
【メモ】登城の車道は狭く、歩行者もいるので大型車は大変です。
    郡上八幡博覧館の共通券がお得です。
●2022年5月19日登城 畠山重忠さん
続23番めの登城は郡上八幡城です。山頂の駐車場まで車で行きましたが、一方通行とはいえ歩行者もおり、さらにつづら折りのカーブが続き道幅が狭いことから、今までで一番気を使うドライブとなりました。城跡はとてもきれいに整備されており散策しやすいのですが、本日登城した岩村城や苗木城と比べると観光地を感じてしまいました。城見学の後、郡上八幡の町を散策しました。
●2022年5月10日登城 れいさん
岐阜駅からバスで向かいました。
●2022年5月5日登城 オヤジさん
名古屋バスセンターから訪問
■時間
10時25分頃 
■手段
08:40 発 名古屋バスセンター
10:05 着 郡上八幡城下町プラザ
徒歩20分ぐらいで
■スタンプ
郡上八幡城 1階
■感想
木造の再建天守は趣がある
紅葉など時期により、とても映えそう
入口で博物館の共通券を購入

天気が良かったので、城下町を散策して
鮎の塩焼きを食べて、吉田川沿いで涼んだ
(素足に、川の水は冷たすぎた)

帰りは、バスで岐阜駅まで
●2022年5月4日登城 もーりーさん
続90城目。GWなので朝一に行きましたが、結構人は多かったです。下の駐車場から登城しました。15分程度だったと思います。石垣と景色は良かったです。
●2022年5月3日登城 侍ホリタンさん
GW中は市営愛宕駐車場から郡上八幡城前まで無料のシャトルバスが運行されてます。郡上八幡城前まで20分程度です。
●2022年5月3日登城 ハヤトさん
朝から高速渋滞予定より1時間遅れ
●2022年5月2日登城 bunjiさん
よくある鉄筋構造の模擬城かと思いきや、木造四階建ての城だったのは驚いた。
城の登城口の所に、台数は少ないが無料駐車場がある。
●2022年5月1日登城 ららちゃんさん
夕刻ギリギリの登でした。
午前中から雨となりましたが途上時には晴れ間がみえ天守から山の端に掛かる雲が絶妙のロケーションでした。時間帯では雲海が期待できそう。
●2022年4月30日登城 ニシキさん
続百名城 十城目。
●2022年4月30日登城 あきおさん
続45城目
●2022年4月30日登城 らぷらぷさん
名古屋から各務原乗換の高速バスで朝から行きましたが、GWで渋滞に…各務原での乗換に失敗して、1便あとに。結局14前に到着。
城下町プラザから出ているバスで登りました。帰りは徒歩で。両方バスにしちゃうと、通常ルートで見られる石垣等が見られないので、片方は徒歩をお勧めしますね。
なお、登りのバスは14:30が最終便です。

今回ルートは郡山八幡博覧館→郡上八幡城→郡上市歴史資料館→宿泊→安養寺宝物殿→旧八幡町役場→旧林療院→水屋→慈恩禅寺・てっ草園→斉藤美術館→心の森ミュージアム 遊童館となりましたが。スタンプは城の1Fです。なぜか二個あった。
郡上八幡の絵図にも書いてたようですが、ここは思ったより僻地なので郡上八幡自体に行くのが一番大変だったかも。
●2022年4月29日登城 もっちいさん
新幹線で名古屋、東海道線に乗り換え岐阜・・の予定が、大幅に遅れていてえらく焦りました。なんとか猛ダッシュでバス発車3分前にバス停に着き、郡上八幡城下町プラザに到着しました。荷物は売店で300円で預かってくれました。土砂降りの中いざ登城!しかしあまりの土砂降りに、20枚程度写真を撮るのがやっとで早々に引き揚げてしまいました。城下町の散策もしたかったのになあ。残念な一日でした。まあ間に合っただけよしとしましょう。
●2022年4月29日登城 城蟻さん
・岐阜駅から直通の高速バスを利用し城下町プラザで下車。鉄道利用は乗換必要、時間がかかる、バスに比べ割高、駅が町の中心部から離れている等不利な状況。
・城下町プラザから坂道を登り郡上八幡城へ。再建天守入口で押印。1933年建造の日本最古の再建天守は歩くと木の床が鳴る。
・城の争奪戦で城主が変わったり、騒動が発生したり、山間の静かな城下町の過去に過酷な歴史があったことを展示で知る。
・午前中は曇りだったが、帰りのバスまで少し時間があったので、城下町を散歩していたら雨が降ってきた。みたらし団子屋の団子とお茶のセットで雨宿り休憩をしたが益々雨は強くなった。
●2022年4月20日登城 ざわさん
郡上ハイマン駅より、巡回バスで城下町プラザで下車。ここから徒歩で登城。山内一豊の妻の千代の出身地とのことで二人の銅像が立っていたりする。千代が嫁いでくるときに母親からいざという時に使えとかなりのお金を持参したとのことで、苦労したとは言え、いいとこのむすめだったのでそのようなこともできたのかと改めて合点した。城は木造で再建されているが、すでに90年近くたっているので、すでに文化財ですね。郡上八幡博物館とのセット券を購入。宝暦騒動や凌霜隊の歴史などを知る。
ふもとの城下町は風情があります。郡上博物館で運よく団体と一緒になったので、郡上踊りの実演が見れた。
●2022年4月19日登城 クロロクルミさん
奥美濃郡上日本最古の木造再建城のため歩くとミシミシと音がして、時代を感じ取りました。
●2022年4月17日登城 みのっちさん
 
●2022年4月2日登城 ぴーかるさん
【続百名城51城目】
<駐車場他>郡上八幡城駐車場無料あり。
<交通手段>車

<見所>石垣・模擬天守
<感想>約30年ぶり2度目の来城。いやはや来たことは自体は覚えていますが、開館時間前で天守にも入らずどんなお城だったかも全然覚えていなかったので改めて新鮮でした。郡上八幡城の魅力はやっぱり石垣でした。城全体の西面の石垣は面積が広く長くて見ごたえありです。野面積みだが壁面の石をなるべく平らに揃えた感じで湾曲した部分も美しく見える。城跡の東面・南面にも石垣があるのだがだいぶ藪化してしまって石垣遺構を存分に堪能できないのが残念なところ。南面はかなり下段の方まで石垣がありますが覗いて見える程度。模擬天守は城跡にいい感じでマッチングしていて内部は破風内の小部屋があったりして天守城郭を良く再現しています。日本最古の木造模擬天守も約90年も経てばもはや城郭遺構レベルで見ていて楽しかった。これにて百・続百名城の美濃国制覇。

<満足度>★★☆
<写真左>本丸石垣
<写真右>松の丸石垣
●2022年4月1日登城 赤ヘルさん
178城目(続78城目)

美濃金山城最寄りの名鉄明智駅から移動してきて、13時前に郡上八幡駅に到着。
長良川鉄道とまめバスの連絡は考慮されていないようだったので、徒歩で城下町プラザを目指す。
城下町の趣を感じながら歩くこと25分ほどで城下町プラザに到着。そこから坂道を登り、山内一豊と妻の像を見て、さらに登って、城下町プラザから20分で郡上八幡城に到着。(自動車道を歩きましたが、城下のヘアピンカーブはかなり急でした。大きな車で行かれる方は、下の駐車場に停めて、あとは歩かれたほうが良いかと思います。)
320円を支払って城内へ。まずは1階でスタンプしてから、ギシギシいう木造の階段を登って天守最上階へ。城下町を見下ろすことができ眺望は良かった。
帰りは城下町プラザから岐阜駅行きの高速バスに乗って、ナイターが行われるバンテリンドームへと移動。
●2022年3月19日登城 てるさん
山内一豊と千代の像が目印の無料の城山公園駐車場に車を停めて登城しました。
山頂にも駐車場はありますが、ここでの皆さんの書き込みにあるとおり、結構きつい狭い九十九折の山道です。ただ、一方通行なので、山道の運転に慣れている方は問題無いかも。
この日は、朝9:00と時間が早かったこともあるのか、他に城山公園駐車場から歩いているのは1組だけ。登城途中で車とすれ違ったのも1台だけでした。
駐車場から歩いて10分ぐらいで、天守に到着。途中ショートカットの歩道もありましたが前日の雨で悪路になっていたので、ひたすら車道を歩きました。
最古の再建天守ですが、なかなか恰好良いです!撮影ポイントの看板が3か所ぐらいありますが、全景が撮れるポイントは力石のちょっと奥にあって、山頂駐車場からは気づきづらいかもしれないです。
城の内部にはパネル展示がありますが、もともと歴史の表舞台に出てくるお城では無いだけにちょっと物足りない感じはしました。
公園駐車場からの往復の登城時間も含めても1時間あれば十分だと思います。
●2022年3月12日登城 A@六文銭さん
早朝出発し、車で6時間かけて郡上へ。ヘアピンカーブにヒヤヒヤしながら山上駐車場へ。20台くらい停められます。近県からの一般観光客がけっこういて驚いた。
天守は戦前の大垣城を模して建てられた木造建築ですが、築80年以上は経っており、良い味を出している(実際天守があったかどうかは不明)1階でスタンプ押印。
券売所の脇の売店で、「郡上凌霜隊」という本と、スタンプ帳が丁度入る白文字で「城」と大きく書かれた黒のショルダーバッグを購入。残り45城へはこれを持参しよう。
駐車場のトイレの左脇から続く遊歩道をしばらく歩くと、大空堀があり、ここでその昔戦闘があったとのこと。帰りがけに見てみてください。
城下町には古い建物こそ無いが、用水路にきれいな水が流れていたりして、ぷらぷら散策も楽しい。行く前はあまり期待していなかったが、地元の人も親切ですし、本当に風情のある城下町でまた再訪したいです。

【あじ処】新橋亭 川の岸辺に建つ和食処。「鶏ちゃん定食」はたっぷりキャベツと鶏肉を自家製味噌で煮たものでこの辺りの郷土食。私は「飛騨牛朴葉味噌定食」にしたが、お肉が柔らかくて美味しかった。
●2022年3月12日登城 あーさん
続 13城目
●2022年2月27日登城 元浦和在住仙台サポさん
最古の復元天守閣。道が狭い。
●2022年2月23日登城 ひでぴょんさん
16城目
●2022年2月20日登城 横浜優勝さん
過去登城
●2021年12月18日登城 たのたのさん
今年の営業終了間際に駆け込み登城。史実に基づいていない天守ですが、”日本最古の木造模擬天守”だけあって、それなりに風格は感じられました。
●2021年12月6日登城 なべ★さん
さすが、木造再建天守ですが日本最古だけあって趣がありますね。
●2021年11月28日登城 おます家さん
8:30に城山公園駐車場に到着。主郭横の郡上八幡城駐車場にも停められましたが、徒歩でつづら折りの舗装された登城道を上る。10分程度で主郭に到着。山城としては楽な部類に入ると思います。天守資料館の開館までに、主郭の周りを散策して、9:00に入館。スタンプと御城印を入手。グッズも見たかったけど、売店は10時にならないと開かないとのこと。15分ほど見学して下山し、安養寺、秋葉三尺坊、善光寺、郡上八幡城下町プラザ、郡上八幡博覧館、大乗寺を訪問し、御朱印などを入手しました。古い町並みでうだつの上がったお屋敷は他の場所だと大きな商家などが多いのですが、こちらは間口の狭いお宅にもうだつが上がっているのが印象的でした。11:00に美濃金山城へ向かい出発しました。
●2021年11月22日登城 虎の子さん
紅葉の最盛期に登城。麓から15分くらい登って行ったが、その間も紅葉が素晴らしい。
城は復元されたものだが、1階床以外は、木造に見えきしむ音などもあり古城の雰囲気がよい。コンクリやエレベータがある城は健康なうちはいまいち感があるので。
●2021年11月21日登城 のぶくんさん
87城目
美濃金山城から車にて1時間10分ほどにて到着。
高速から横目に、断崖に立つ郡上八幡城が見えテンションMAX。
ただ紅葉シーズン日曜とコロナ禍明け(?)が被り大混雑でした。
正規の駐車場には停められず、ホテル積翠園の駐車場を紹介されそこからの登城。
さすが日本最古の木造模擬天守であり、歩くたびに軋む床なんかはコンクリート製の城とは一線を画します。
戦災消失前の大垣城を参考に建てられたとのことで、戦前の国宝に登城する気持ちで楽しめました。
真っ赤なモミジとのコントラストはとにかく凄かった。
●2021年11月20日登城 しまきちさん
炎上天守を見にいざ。名古屋から8時40分発の高速バスで郡上八幡へ。一宮インターの渋滞に巻き込まれるも運転手さんの見事な迂回で大して遅れず城下町プラザへ。100円のコインロッカーに荷物を預けていざ!
なかなか急な坂、歩行者用のショートカットを辿りつつ15分程で到着。天守と紅葉が美しい。天守に入りスタンプ押印、木造天守がギシギシなって素敵だが何分人が多くてあちこちでなっている。最上階から眺めた町は備中高梁を思い出す。天気もよくて最高。売店でスタンプ帳用バック(no castle no life)と御城印購入。御城印代は熊本城にも寄付されるとか
天守下には会津白虎隊と共に戦った凌霜隊の顕彰碑が。先週会津に行ったので導かれたよう。こんな遠くからありがとう。
ランチは城下町プラザ近くの観光施設2階で三味セットを。鶏ちゃん明方ハム牛そばどれもうまい。古い町並みをぐるりと回り人懐こい黒猫ちゃんと遊び、炎上天守と郡上八幡を満喫しました。団体客や修学旅行がぞろぞろ来出したので、午後は激混みかも?
●2021年11月20日登城 シャンシャン☆さん
紅葉が綺麗なお城。
●2021年11月20日登城 ゆうさん
2-1
●2021年11月18日登城 ボンゾさん
続54城め。
紅葉の時期だからか、平日の割には観光客が多かった。
一方通行の細い道を登り、天守近くに駐車。
スタンプは建物内に。入場料を払わないと押せないタイプだ。
全国初の、木造での復興天守と、山内一豊の妻の出身地が売りのお城。
床の軋み音が激しい建物だった。
●2021年11月15日登城 Miharuさん
山頂駐車場までの車道が狭くて歩いている人も多いので怖かった。
天守からの景色は紅葉も綺麗で良かった。
●2021年11月15日登城 ぶんたろうさん
紅葉の季節に登城!
1番近い駐車場まで車で。
狭い中を登って行きましたがなかなか道。
一方通行なので歩行者さえ気をつければ。
木造建築なので、天守内は階段の軋む音が
かなり響きました。
修学旅行生がたくさんいたため、
通常よりも上り下りが激しかったので、
騒がしいほどの音量でした。
景色は天気も良く最高の登城日和でした!
天守内にて押印!
駐車場無料、入場料あり。
●2021年11月13日登城 鈴木哲朗さん
続79城目。1933年に木造の模擬天守が建てられ、日本最古の木造再建城として知られる。このところの冷え込みにより楓も順調に赤く染まり、「天守炎上」の名にふさわしい出で立ちだった。1559年、東常慶と遠藤盛数との間で赤谷山城の戦いがおこり、その盛数が陣取った場所がこの城の起源。その子慶隆が郡上を統一し、城や城下町を建設していった。慶隆は秀吉に改易されるも、関ヶ原の戦いで東軍に与し、勝利したため八幡城主に復帰した。その他、郡上一揆や郡上の用水路整備、山内一豊の妻千代にまつわる資料など展示されてある。
●2021年11月13日登城 lemonさん
岐阜から城下町プラザまでバスで。往復だと1割引きで2790円です。そこから郡上八幡城までは歩いて登ります。車も通れる舗装道ですがカーブがきつく何度も切り返しをしている車がありました。ゆっくり歩いて30分ほどです。」
●2021年11月8日登城 おじさん
城下町から城に至る坂道まで終始狭く注意が必要。木造ならではな軋みの音に趣がある。
●2021年11月6日登城 鳴尾摂津守規一さん
ギシギシ、ギシギシ。

昭和8年建造の模擬天守ですが、木造なので歩くと床の軋む音が歴史を感じさせます。

外見はとても美しく、高い千鳥破風などどこかで見たことがあるなあ、と思っていたらやはり大垣城天守(当時は現存)を参考に四層五階で再建したとのことでした。(本来は三重)郡上八幡の町はとても風情のある城下町です。
●2021年11月6日登城 kanegonさん
今回の城めぐり、1城目。紅葉があと少しでベストでしたが、なかなか見ごたえのある景観でした。城下も風情を残して街巡りも楽しめます。これから金山城を目指します。
●2021年11月5日登城 SYOさん
 
●2021年10月30日登城 ぱっぱーさん
山頂駐車場まで車で移動。係員がいたのでスムーズに駐車できた。
歩く時の床をギシギシいう音がいい。
紅葉にはまだ少し早かった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次のページ

名城選択ページへ。