トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID4303
名前あきよし
コメント100名城の存在を知ってから、コツコツと登城を進めています。
お城だけでなく、その土地ならではのグルメや、他の観光地を回ったりすることも楽しんでいます。

続100名城もはじめました。
城巡りは、歴史を知ることができるだけでなく、ゲーム性もあり、旅、鉄道、食べ歩きや、ウォーキングや軽い登山も伴う、最高に楽しめる趣味だと思います。
何年かかるか分かりませんが、すべて制覇できるよう頑張りたいです。

こちらのサイトでの情報、特に交通機関や行き方などについて、何度も助けられています。
自分もなるべく他の人の役に立つような情報を載せたいと思っています。
よろしくお願いします。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
盛岡城
2012年6月30日
1城目

学生時代を過ごした、思い出深い盛岡から100名城制覇を目指します。
盛岡駅から徒歩で20分?、ゆっくり歩いて30分程度でしょうか。
スタンプは、プラザおでって2Fにて。
シャチハタ式で、状態はまずまず良好でした。
スタッフの方にスタンプの場所をたずねると、盛岡城のパンフレットをいただけました。
石垣が美しいですが、城跡というより市民憩いの公園という雰囲気です。
じゃじゃ麺、冷麺が有名ですが、何度か食べるとハマル!といった傾向のものなので、初めての方ではあまり楽しめないかもしれません。。
福岡城
2012年8月11日
2城目

現在の自宅から、もっとも近い100名城。
自転車でアクセスしました。。
2回目の登城なので、スタンプ目的。
敷地はかなり広大です。

鴻臚館跡展示館(城の入り口からは、奥にあってちと遠いです)にて、スタンプ押印。
あまり、評判が良くありませんが、私が行った時は優しそうな管理人さんでした。
鴻臚館跡展示館自体も、小さいながら見応えがあります。
福岡城むかし探訪館が北側に新しくできており、こじんまりとしていますが、城の歴史が良く分かります(他の人も書かれていますが、こちらにはスタンプは置いてない模様)。
こちらで、福岡城を紹介するDVD(15分程だったかと思います)を鑑賞。
観ている間に強烈な雨が短時間降ってきたのですが、管理人の方が自転車を軒下に入れてくださり、感動しました。
お城の管理に携わる方は、優しくて親切な方が多いです。
江戸城
2012年8月15日
3城目

東京駅から徒歩にて登城。
15分程かかったかと思います。
和田倉休憩所にてスタンプ押印。
時間の関係で、周辺のお堀端から外観を眺めただけ・・・
いつか、しっかり見学したいと思っています。
佐倉城
2012年8月16日
4城目

京成佐倉駅から、近くの観光案内所でレンタサイクルを借りて登城。
観光案内所で、近隣の観光マップをいただき、スタンプの場所も懇切丁寧に教えていただきました。
電車でアクセスされる方は、必ず寄っていろいろ教えてもらったほうがいいですよ。
レンタサイクルで10分かからないくらいで着いたかと。
歴博の入り口近辺に、やや急な坂があった気がしますが、短いのでそんなに苦にはなりませんでした。
建物等ほとんどなく、広いだけで私的にはあまり見るべきところはなかったです。
スタンプは、いつでも押せるようになっていて、それは良いのですが管理事務所は誰もおらず(私が行った時だけかもしれませんが)、せっかくの100名城なのに、なんか残念な気がしました。

歴博は時間の都合上、断念・・・
八王子城
2012年8月17日
5城目

JR高尾駅からアクセス。
バスで「霊園前」まで行き、そこから徒歩。
暑い日で、かなり遠く感じられました・・・
まあ、私の体力が不足しているだけかと思いますが、体力に自信がない方は、自動車等でのアクセスをおすすめします。
城址には、自販機等無かったと思います。
(間違っていたら、ごめんなさい。)
飲み物等、準備していったほうがいいです。

管理棟にて、スタンプを押印。
ゴム印タイプでしたが、まずまず良好でした。

御主殿跡までしか見学しませんでしたが、アブがたくさんいて参りました。
刺されはしなかったのですが、ブンブン飛んできて、かなり恐かった・・・
夏場は、十分な虫対策も必須です。

御主殿付近は、そこそこ整備されていて、案外楽しめました。
(アブがいなければ、もっと・・・)

本丸までは、体力的に断念。
帰りは、バス停付近にてタクシーを発見し、迷わずつかまえました。
1000円ちょっとだったかな。
金沢城
2012年8月18日
6城目

親戚の旅行についていって、車でアクセス。
かなりの人出で、駐車場がなかなか見つかりませんでした。
スタンプは石川門を入った、管理事務所で押しました。
状態はまあまあかな。

さすが加賀百万石のお城だけあって、往時の壮大さは十分感じられます。
ただ、復元された建物が多く、どこもかしこもピカピカな印象。
敷地のすべてを見た訳ではありませんが、ちょっと近代的な印象が強い気がしました。

兼六園のほうが個人的には楽しめましたが、有名観光地だけあって、どこも混雑しています。
彦根城
2012年8月20日
7城目

彦根駅から、徒歩でアクセス。
10〜15分程度だったかと思います。

スタンプは入場券売場にて押印。
とにかく押す人が多いので、かすれ気味な状態になっていました。

さすが現存天守。
歴史が感じられ趣があって、素晴らしいですね。
内部の柱・梁も、外観も美しいです。
天守に登るのには、待ち時間こそありませんでしたが、それでも結構な賑わい。
階段がかなり急なので、どうしても混雑してしまうのでしょう。
登るより、降りるほうが大変でした。

天守以外の馬屋や櫓、玄宮園も良い庭で一見の価値あり。
城好きなら、一度は訪れるべき名城ですね。

ひこにゃんには会えませんでした・・・
夢京橋キャッスルロードまで、せっかくなので人力車で。
お兄さんのお話しが、面白かったです。
近江牛ランチ。まあ値段なりですが、無難においしかったです。
佐賀城
2012年9月1日
8城目

佐賀駅より徒歩でアクセス。
意外に遠かったです。
20分以上かかったかと思います。

本丸歴史館受付にて、スタンプ押印。
状態良好でした。
無料で見学できるのは、素晴らしいですね。
佐賀藩の歴史が良く分かります。
最後に気持ちばかりの寄付をさせていただきました。

鯱の門は現存で迫力があります。
ただ、他に見所はあまり・・・
城跡にある博物館に行ったという感じでしょうか。
熊本城
2012年9月18日
9城目

2度目の登城のため、スタンプ目的。
仕事の合間に、時間が出来たので押印してきました。

二の丸駐車場にレンタカーを置いて、頬当御門付近の入場券売場にて押印。
状態はまあ良好でした。
さすがにトップクラスの名城。スタンプの管理も行き届いている気がします。

今回は、天守には登らず、現存の宇土櫓に登りました。
正直、天守より好きです。
すごく味があって、九州では隋一の現存櫓だと思います。
天守より混雑していないのもいいですね。

それにしても、ド平日でも人がいっぱいです。
吉野ヶ里
2012年9月22日
10城目

やっと10城目・・・
先は長いです。

自宅より自家用車でアクセス。
東口駐車場より入場し、入ってすぐの建物(歴史公園センターだったかな?)にて、スタンプ押印。
状態良好でした。
スタンプの場所がはっきり明示されていて、聞かなくてもすぐ分かりました。

城かどうかは、議論の分かれるところかと思いますが、古代テーマパークとして、思ったより楽しく見ることができました。
堀(空堀?)があるということで、古代の城という位置付けは分かる気がします。
広大なので、見ることができたのは全体の1/4程度でしょうか。
ちょこっと歩いただけですが、良い運動になりました。
公園内巡回バスもあるらしいので、効率的に見たい人は利用したほうが良いかもしれません。

この後、名護屋城へ。
名護屋城
2012年9月22日
11城目

吉野ヶ里から、自家用車でアクセス。
2時間程度だった気がします。

名護屋城博物館にて、スタンプ押印。
こちらの係員の方も親切でした。

城址は広大で、ざっと見ても1時間程度はかかりました。
当時の権力者の力を感じることはできましたが、何故かあまり心に残りませんでした。
私は、あまり秀吉が好きではないのだな、とあらためて感じました。
特に、権力に任せて無益な文禄・慶長の役を起こしたことは、秀吉を嫌いになった一因であり、その前線基地である名護屋城跡に立ち、無情な気持ちにおそわれました。
鹿児島城
2012年10月6日
12城目

鹿児島に所用で訪れた際に登城。
天文館からてくてく歩いて、20分程度でしょうか。
黎明館受付にて、スタンプ押印。
他にもスタンプを押している方と少しだけお話して、親近感が湧いたとともに、早く追いつけるよう闘志?をかき立てられました。。

みなさん書かれている通り、見所ほとんどなし。
島津公の居城だというのに、残念感満載でした。
黎明館は、そこそこ面白かったですが。

これだけ、歴史上の名所がいろいろあるのに、せっかくの100名城がこれとは。
少しでも遺構が保存してあれば、良かったのに。
小田原城
2012年12月30日
13城目

帰省のついでに、小田原駅から徒歩。
近いと思っていましたが、雨降りで、気持ちがなえそうに。
でも、イマイチな天気なのに、人がけっこう多いですね。
天守閣1Fで、スタンプ押印。
状態は、まずまずかと。
年の瀬でも、営業しているのは ありがたいです。

小さい頃に1度来たことがあったのですが、まるで覚えていませんでした。
再建天守ではありますが、中はきれいで、これだけ人を集める力があるのは、素晴らしいことだと思います。

寒かったので、そそくさと帰りました。
ほぼ天守しか見ていないので、いつかゆっくり訪れてみたいです。
いろいろな施設があるので、子どもがいる方も楽しめるでしょうね。

2012年は、これで城納め。。
島原城
2013年4月20日
14城目

冬の間は、仕事で身動きとれず。
2013年は、長崎遠征より、城初めです。。

博多よりJR〜島原鉄道にて、島原駅まで。
島原駅から徒歩で登城。
風雨にたたられ、どんより気分に。
駅の周りは、食事をとれるところが全然見当たらず。
城の入口付近、姫松屋にて具雑煮をいただき、温まりました。
派手さはないですが、しみじみ美味しいです。

天守1Fにて、スタンプ押印。
天気のせいで、最上階からの眺めはイマイチでした。

城内の資料館は、島原の乱の展示がかなり多く、勉強になりました。
島原のような場所にといったら、島原の方には失礼ですが、こんな場所によくこの規模の城を作ったものですね。
重税を課し、贅を尽くされたら、反乱を起こしたくなる気持ちも分かるような気がします。

原城址にも足を延ばしたかったのですが、時間の関係で断念。
翌日の平戸城登城に備え、佐世保にて宿泊。
平戸城
2013年4月21日
15城目

佐世保より、JR〜松浦鉄道を乗り継ぎ、たびら平戸口より、レンタサイクルにて登城。
係の方が、本当に親切な方ですごく嬉しい気持ちになりました。
平戸大橋で海上を渡るときは、強風でかなり怖い・・・
自転車に乗ったままでは、全部渡れませんでした。
自動車が無難かもしれません。

天守入口で、スタンプ押印。
海沿いに張り出した立地に建てられた城の縄張りは興味深かったです。
小さいながらも、楽しめました。

ザビエル記念教会や、オランダ商館等、平戸は周辺に見所が多く、楽しいですね。
たびら平戸口付近で、刺身食べ放題のお店に行きたかったけど、どのくらい待つか分からない程の盛況で断念。平戸瀬戸市場のレストランもかなり混雑しています。
結局、近くのお寿司屋さんのランチで、お腹を満たしました。
美味しかったけど、私にはちと少なめでもっと食べたかったな・・・
大野城
2013年4月27日
16城目

太宰府駅まで行って、レンタサイクルにて登城。
今までで、一番苦しい登城になりました。
レンタサイクルは、電動アシスト付にしましたが、まず普通の自転車では登れません。
他の人も書いているように、バッテリーの減りも早く、頂上付近ではバッテリーがなくなりそうになりました。
スタンプのある県民の森に着く頃には、足がガクガク。
よほど体力に自信のある方以外は、レンタサイクルはやめるべきです。
時間に余裕があれば徒歩、スタンプがメインであれば自動車しか選択肢はないと考えたほうがいいです。
登山をあきらめて、太宰府展示館で押印するのが一番賢いのは、間違いありません。

前述のように、体力を使い果たしてしまい、百間石垣もあきらめてしまいました。
これでは、城を見たことにならないので、少し降りたところにある、大宰府口門礎、増長尺礎石群を見て、登城した気分に。

とにかく、古代山城をなめていました。疲れました。
100名城制覇には、体力を付けることも必須ですね。
川越城
2013年5月3日
17城目

東武線で川越駅でおりるはずが、間違って川越市で降りてしまい、かなり焦りましたが、川越駅まで歩いてもそんなにかからなかったので、事無きを得ました・・・
小江戸名所めぐりバスにて、博物館前まで。
バスの始発を狙っていったのですが、GWだったせいか、すごい並んでました。
なんとか始発に乗ることができて、ラッキーでした。
ハイシーズンは、気をつけたほうがいいですね。

本丸御殿受付にて、スタンプ押印。
往時はこの5倍の広さだったとは、驚愕です。
そう考えると、権力の塊のような建物ですが、時代を越えて皆に愛される建物として現代まで遺っていることは、素晴らしいと思います。

この後、鉢形城へ向かうため、川越観光は本丸御殿のみ。
鉢形城
2013年5月3日
18城目

東武線で寄居駅まで行って、徒歩で登城。
観光案内所で行き方を教えてもらいました。
地元産直品の店舗と案内所を兼ねており、おやきを買わせていただきましたが、素朴で美味しかった。
長野のおやきとは、また違うのですね。

徒歩10分程でしょうか。
荒川の流れの上を渡る風が気持ちいいです。
北条征伐の際、1ヶ月の籠城に耐え抜いたのが納得できる天然の要害ですね。
思っていたより広い敷地で、緑が多く素直にいいところだなと思いました。
石垣等はあまりないのですが、個人的にはこの程度の復元で押さえているのは好感が持てました。

鉢形城歴史館受付にて、スタンプ押印。
力を入れて押したら、インクがにじんでしまうという失敗。
インクをつけ過ぎてしまったのも、良くなかったかもしれません。
試し押しを何度かしたほうがいいと思います。
イベント(JAZZライブ)のため、入館料無料でした。
館内はかなりきれいで、鉢形城の歴史が良く分かる、ちょうどいい規模の大きさだと思いました。
新発田城
2013年5月4日
19城目

実家から、最も近い100名城。
帰省の際に、自家用車で連れて行ってもらいました。
GWのせいか、駐車場はかなり混雑していました。
余裕で駐車できるとばかり思っていたのですが。
スタンプは、本丸表門にて押印。
入場無料だというのに、パンフレットをもらえます。
また、清水園の入場割引券をくれました。
清水園もなかなか良い庭なので、セットで行かれる方は、その旨お話しするともらえるかも。

三階櫓はみなさん書いている通り、入ることができませんが(自衛隊のイベントがあるときは、三階櫓も公開されるらしいです)。3匹の鯱だけでなく、外観もとても美しいです。
冬場来る人は少ないかもしれませんが、雪が降る中で見る姿もきっと美しいのではないかと思います。
私は、二の丸隅櫓が気に入りました。
ここだけでなく、城全体が柔らかい雰囲気で、とても好きな城になりました。
訪れる方は、清水園も是非寄ってください。
岡城
2013年5月11日
20城目

大分遠征(1/2)。
博多からJR乗継。
大分まで特急を使い、豊後竹田まで豊肥本線。
大分までは、チケットショップで特急の切符が安く買えます。
4時間近く、さすがに長く感じました。

豊後竹田から、お城までレンタサイクル。
駅隣接の観光案内所で貸してくれます。
もちろん周辺マップもいただけます。
マウンテンバイクルックの電動アシストで、すごく乗りやすいです。
城址の近くで、やや急坂がありますが、大した距離ではなかったので、すんなり行けました。
駅から10分程だったと思います。

入口の受付で入場料を払い、巻物タイプのパンフレットをゲット。
スタンプもこちらで押印。
高石垣が見事ですね。
風情があって、雰囲気が良く、山々の景色もきれい。
みなさんの評判が良いのも納得です。

ただ、この規模の城址にしては観光客がかなり多いです。
どこの国かは分かりませんが、集団でなんであんなにピースしまくりの記念写真をとりたがるのか。
ピークを外した時間に、もう一度訪れてみたいです。
大分府内城
2013年5月11日
21城目

大分遠征(2/2)。
岡城から返す刀で。。大分まで戻ります。
大分駅からお城まで、徒歩15分程度だったかと思います。

あまり良い評判は書かれておりませんが、、、行ってみて同感でした。
18時過ぎに着きましたが、それでもスタンプが押せたのは良かったです。
まあ、ほったらかしなので当然ですが。
スタンプの置き場は、2Fの事務室?に向かう階段を上った所にあります。
何も案内がなく、最初は建物の周りをひたすら歩き続けてしまいました。
中に、当時の府内城再現模型がありました。

唯一、力を入れている廊下橋は、夜間は扉が閉じられ渡れません。
(AM8:00〜PM6:00の間は利用できるようです。)
私が行った時間は、もう渡れませんでしたが、それすらどうでもよく感じました。。
せめて、再建した櫓の1箇所程度、内部を公開する等したほうが良いのではないかと。
たぶん、100名城でなければ、行くことはなかったでしょう(大分の方、申し訳ありません)。
足利氏館
2013年5月18日
22城目

宇都宮で、知人に会った次の日に寄ってきました。
JRを乗り継いで、足利まで。
足利から、徒歩で10分程でしょうか。
のどかな雰囲気で、堀に浮かんでいるカモでしょうか、すごく気持ちよさそうでした。
私は二日酔いで、ややブルーでしたが。。

みなさん書かれているように、お寺でした。
周りのお堀に、往時の武士の居館としての風情が残っています。
本堂向かって左側の、お守り等販売しているところに、スタンプが置いてありましたので押印。
他にスタンプを押した方が、3名程。けっこう多いですね。
無料で、なんだか申し訳なかったのでお守りを購入しました。

本堂が国宝に指定されたとのことで、市の方が足利学校の割引可能なチラシを配っておられましたが、時間がなくて見れませんでした。
JR両毛線は1時間に1本程度。
駅の周りには、時間をつぶせるところがあまりないので、御注意を。
二本松城
2013年5月19日
23城目

東北方面に所用があったついでに訪れました。
盛岡から、新幹線〜JR東北本線というルートで2時間強といったところ。

二本松駅の観光案内所にてスタンプ押印。
徒歩でお城に向かいます。
途中、急坂がありけっこうキツイ。
20分程でしょうか。
体感的には、もっと長く感じました。

正面に、二本松少年隊の銅像。
エンドレスで、悲劇の紹介が繰り返し流れます。
「八重の桜」で、これから訪れる人が増えそうですね。

箕輪門から本丸跡まで歩きましたが、かなり広大です。
他の書き込みにもあるように、場内には自販機が全く無し。
飲み物持参は必須です。

戊辰戦争で、徹底的に破壊されてしまったのでしょうか。
広い割には、遺構がほとんどなし。
かなり整備された城址公園で、歴史好きなひとより、休日をゆっくり過ごしたい人に向いているかもしれませんね。

波江焼きそば。食べたかったのですが、行列という程ではないのですが、御昼時は店外で待っている人も多いですね。
時間がなく、泣く泣くあきらめました。。
この後、白河小峰城へ。
白河小峰城
2013年5月19日
24城目

二本松から、JRで白河まで。
郡山で乗り換えて、1時間強といったところでしょうか。
白河駅向かって左の観光案内所でスタンプ押印。
お城のパンフレットをいただき、行き方も丁寧に教えていただけました。
(迷う程の道ではありませんが。。)

5分程度で到着。
アクセス良好です。
事前に確認していた通り、震災の影響で中には入れません。
再建ですが、美しい天守ですね。
中に入ってみたかったです。
お城のそばでボランティアの方より、白河戦争関連のパンフレットをいただきました。

お城の反対側の、「二代目 いまの家」さんで、白河ラーメンに舌鼓。
麺がモチモチでスープとのバランスが良く、すごく美味しかった。
大盛にすれば良かった。
他の有名店はもっと美味しいのでしょうか。
お城の修繕が終わってから、いつかまた白河を訪れてみたいです。
人吉城
2013年6月9日
25城目

自家用車で、博多〜人吉。
休憩も含めて、2時間半程度かな。
熊本を越えてからが遠く感じます。
最後は、トンネルとカーブの連続で、意外に神経を使い疲れました。

人吉ICから、お城まで10分程度でしょうか。
城址公園と道を挟んで隣接する人吉城歴史館に向かいます。
歴史館側に入ってすぐのパーキングに駐車して、歴史館に行ってから、城址に向かうのがおすすめでしょうか。
歴史館の入館は200円。
受付の裏手にスタンプが置いてあり押印。
状態良好です。

やはりこちらの見所は、地下室でしょうね。
受付の方にお願いすると開けてもらえます。
上手く説明できませんが、すごくワクワクしました。
貴重な遺構ですね。

城址のほうは、本丸まで登ってきましたが、意外に疲れました。
石垣以外の遺構は、ほとんどないですが、あまり手を入れておらず、雰囲気のある城址ですね。

「好来ラーメン」意外にあっさりしてますが、すごく量が多い。でも安い。自分は結構好きな味です。
飫肥城
2013年6月29日
26城目

自家用車で、博多〜飫肥。
休憩も含めて、4時間程度。
遠かった・・・

あいにく、小雨が降っていましたが、案外?人が多いですね。
飫肥杉が群生している旧本丸跡は、規模は小さいですが、往時の雰囲気というか趣がありますね。
遠路きた甲斐がありました。
歴史資料館の入館は200円。他に記念館、松尾ノ丸等7箇所共通だと600円になります。
スタンプは歴史資料館にて。受付の方にお願いすると、出していただけます。
状態は、ちょっと薄めかな。力を込めて押して、そこそこきれいに押せました。

晴れた日に、もっと、ゆっくり見たかったです。
飫肥天、素朴な味ですが、美味しいです。

帰りは、事故渋滞にはまって、疲れきって帰宅。。
やっと、九州制覇!!
武田氏館
2013年8月11日
27城目

帰省の途中で、寄り道。
甲府駅北口、ホテルニューステーションで、レンタサイクル(1日500円)を借ります。
甲府盆地は、この時期本当に暑いですね。。

駅から15分程度でしょうか。
本当に、、神社ですね。。
でも、ここに信玄公が起居されていたかと思うと、すごく感慨深いものがありました。
宝物館で、スタンプ押印。
ちょっと薄めかな。
風林火山と毘沙門天の旗にも感動。
良く残っていたものですね。
戦国マニアなら、楽しめるスポットですね。

信玄公の墓所によってから、甲府城へ。
甲府城
2013年8月11日
28城目

レンタサイクルで、武田氏館より20分程度。

ぐるりと周囲を一回り。
駅から見て、裏手?の高石垣は、すごい高さで圧倒されます。
それ以外は、かなり公園化が進んでいますね。
歴史が好きな人は、武田氏館のほうが楽しめると思われます。
甲府は、いろいろな史跡をちょっとずつ見て、それにお城巡りを絡めるのが正解でしょう。

城内は、さほど広い訳ではないですが、自販機がないです。
この時期は、本当に暑いので熱中症に十分気をつけてください。

休日だったので、スタンプは稲荷櫓にて。
かなり状態が悪く、極度に薄いうえに変な滲み。
本当に残念な状態で、何とかならないものかと。

昼飯は小作さんで、かぼちゃほうとう。
美味しかった。けど、量がすごい。。。
会津若松城
2013年8月13日
29城目

帰省先の新潟から、自家用車で連れていってもらいました。
約1時間半。
直近の駐車場は満車で、少しだけ離れた市営駐車場に停めます。

快晴で、白壁と赤瓦のお城が青空に映えて、とても美しかったです。
城内も人がいっぱいです。
『八重の桜』効果は、すごいですね。
最上階からの景色は、素晴らしいですが、混雑でゆっくりはできません。

スタンプは、1F売店にて。
状態は、まあ良好ですが、正直なぜこんな場所に?
ほとんど放置されているのに等しいかと。

駐車場脇の売店並列の食堂で、ソースカツ丼と蕎麦のセットで、昼食。
意外に美味しかった。
でも、『こづゆ』も食べたかったなぁ。。
岩国城
2013年9月13日
30城目

山口遠征(1/2)
自家用車で、博多〜岩国。
休憩も含めて、4時間程度。
思ったより、遠かった。。

ロープウェイのすぐ下に駐車場に停めさせていただきます。
いまいち場所が分かりづらかったです。
ロープウェイは20分おき。
3分半程で、山頂駅に到着します。
山頂駅から城址まで5分弱でしょうか。
再建ですが、かつての面影を感じさせる趣のある天守ですね。

天守入口受付でのスタンプをお借りします。
状態良好です。が、スタンプを押す場所は、いろいろ紙類とか置いてあって痛恨のミス。
半分程しか押せず。もっと気をつけて押せば良かった。
普通の方は、きれいに押せると思います。

あまり往時を示すような遺構は少ないですが、山上からの景色はきれいでした。錦帯橋等と併せて周辺の観光も含めて楽しむべきでしょうね。

錦帯橋周辺のお店で、遅めの昼食。
岩国寿司とうどんのセット。
観光地価格で、いまいち。

翌日の萩城見学のため、この後、萩市内に向かいます。
萩城
2013年9月14日
31城目

山口遠征(2/2)
自家用車で、岩国〜萩。
休憩も含めて、3時間弱程度。
海沿いのタナカホテルさんにて宿泊。
安くて、温泉も楽しめ、とてもいい宿でした。

翌朝、松下村塾に行ってから、お城に向かいます。
萩市内はいろんな歴史的遺構が多くありますので、天気が良ければ、レンタサイクルのほうが、車より便利だと思われます。

肝心の萩城は、指月山を背景にした海沿いの風光明媚な場所にあります。
周りのお堀がすごいですね。
石垣は、白っぽいのは岩質のせいでしょうか。
かなり戦闘体制を意識した城構えかと思いました。
石垣、堀以外は建物的な遺構はほとんどないのが残念ではありますが、すぐ近くの旧厚狭毛利屋敷長屋も共通のチケットで楽しめます。

スタンプは、城址入口の受付にて、お願いすると出していただけます。ちょっと薄めで強く押したら、周りの枠が映ってしまい、いまいち。
山口のスタンプは、自分的に鬼門のようです。

駐車場付近の観光会館のようなところで生しぼりの夏みかんジュースが美味しかった。
もう少し涼しい時期に、また萩を訪れてみたいと思いました。
多賀城
2014年7月26日
32城目

岩手に行く用事があり、仙台空港から寄り道で、国府多賀城駅より徒歩で登城。
駅2Fのスタンプの場所が分からず、1Fの観光案内所で教えていただくとともに、パンフレットをいただきました。とても親切な方たちで、良かったです。
スタンプの陰影は、ちょっと薄いので、力を入れる必要があります。

多賀城碑、政庁跡を中心に見学。
途中、ちょっと迷いましたが、地図を見つつ案内板を見落とさないようにすれば、約10分程度の道のりです。
自分は思ったより楽しめました。
確かに太宰府政庁跡に似てますね。
城という感じはあまりないのですが、東北の政治の中心として、立派な建物群があったのだろうと推察されます。

福岡から訪れたのですが、それでもこの時期は結構暑いですね。
熱中症には注意が必要。飲み物を駅の自販機で調達しておいて良かったです。

歴博は時間の都合で断念。
岩手・盛岡に宿泊し、次の日は秋田〜青森方面に向かいます。
久保田城
2014年7月27日
33城目

宿泊先の岩手・盛岡より、朝、秋田に向かいます。
前夜の深酒の・・・影響もあまりなく、こまちで秋田に向かいます。

駅から徒歩で10分程度でしょうか。
少し雨が降ったりしましたが、暑さもほどほどで過ごしやすく助かりました。

城というより、静かなたたずまいの公園です。
公園の中は結構広く、御隅櫓までの案内板等あまりなく、分かりづらかったです。
御物頭御番所は、時間があまりなく見逃してしまい、残念。。

御隅櫓にて、スタンプをゲット。
最上階からの景色は、良かったです。

お昼は、駅ビルの3Fで横手焼きそばとはたはたずし。
はたはたずしは、熟れずしなんですね。お酒が欲しくなりました。
でも、比内地鶏にすれば良かったです・・・

秋田は、とても雰囲気のいい街で気に入りました。
また、訪れてみたいです。
この後、次の目的地、弘前に向かいます。
弘前城
2014年7月27日
34城目

秋田から奥羽本線で弘前まで。
3時間弱・・・長かったです。
しかもこの時期なのに、小雨と風で結構寒い。。

弘前駅より、循環100円バスで市役所前まで。
バスがすぐ来たので、駅から城址までは、30分はかからなかったと思います。

東北地方唯一の現存天守ということで、すごく楽しみにしていました。
建物の外観は風格があり、すごく素敵でした。
内部は、、展示物が多すぎます。天守そのものを楽しむようにして欲しいです。

東門をはじめ、遺構が多く残っていて、楽しめました。
丑寅櫓のたたずまいが、とても印象に残りました。
時間の都合で、すべてを見ることはできませんでしたが、またゆっくり見てみたい城です。

翌日は、根城見学の予定のため、この後八戸に向かいます。
根城
2014年7月28日
35城目

前夜は八戸に宿泊。
せんべい汁、あなどれません。
意外においしかったです
鯖も美味しかった。日本酒も堪能しました。

さて、一夜明け宿泊先から、徒歩で根城に向かいます。
八戸駅前近くのホテルから、40分はかからないくらいでした。

衝撃的な事実が発覚。。
月曜日は休館日で、八戸市立博物館、本丸跡付近は見ることができず。。
公園自体は入ることができ、雰囲気だけ味わいました。
スタンプは博物館で警備員の方に出していただき、とりあえずゲット。

完全にリサーチ不足。。楽しみにしていたのですが。。いつか、また来なければと思います。
気を取り直して、次の登城先、山形城に向かいます。
山形城
2014年7月28日
36城目

八戸から仙台を経由し、仙台であわただしい昼食。
仙山線で山形へ。

駅からは徒歩で10分くらいでしょうか。
山形市郷土館にてスタンプをゲット。
元は県立病院だったというこの建物は、重要文化財で趣がありすごくいいです。

お城自体は、遺構はほとんどなく、霞城公園内に部分的に復元された建物が存在します。
ただし、往時は相当立派な城だったのではないかという雰囲気が感じられました。

復元された東大手門内でパンフレットをいただきました。
とても親切な方で、嬉しかったです。
こちらでスタンプを押すことも可能のようです。

仙台に戻り、仙台空港から福岡へと帰宅。
いろいろありましたが、とても楽しい東北遠征でした。
金山城
2014年8月24日
37城目

東京での用事を絡めて、登城してきました。
北千住からの東武スカイツリーライン特急が、人身事故で遅延であたふた。

太田駅からのルートは、タクシーを選択。
駐車場に直接行ってもらって、帰りは迎えに来てもらいました。
往復で4千円ちょい。駅から遠いのが悩ましいですね。

石の城。興味深く見学しました。
月ノ池、日ノ池は、なんだか神秘的で心に残りました。
往時はどのように使われたのでしょうか。
石垣は山城らしさあふれる復元で、大きな城ではありませんが、わくわくしました。

スタンプは、南曲輪休憩所にて。
かなり、インクは薄かった。。
帰りにタクシーで、ガイダンス施設に少し寄ってもらい係の人に確認しましたが、前日にインクを補充したばかりだとのこと。
押す人も多く、暑さのせいもあり、状態は良くないようです。

タクシーの運転手さんも城好きの方で、楽しかったです。
東京に一泊して、翌日から信濃遠征。
高遠城
2014年8月25日
38城目

東京の宿泊先から新宿より高速バスで伊那市。そこからバスで登城です。
遠かった。

高遠駅で下車し、高遠そばの昼食(美味しかった☆)。
高遠駅から歴博まで、徒歩で15分弱かと。
ここも、案外遠く感じます。

歴博は月曜はお休みですが、外にスタンプが置いてあることを事前に確認済み。
とても状態のいいスタンプです。
歴博から、城址公園に行く時にイマイチ分かりづらい道でした。。

他の人も書いてあるように、見所はあまりないですね。
桜の時期ではないので、緑を楽しむ公園といったところです。
でも、気持ちのいい公園です。

30分程で見学を終え、駆け足で高遠駅へ。
伊那市駅に戻り、松本城に向かいます。
松本城
2014年8月25日
39城目

高遠城より、松本城へ。
伊那市駅より、飯田線とあずさを乗り継ぎ、松本入り。
時間が迫っていたので、タクシーで松本城に行ってもらいます。
歩いても15分くらいでしょうが、仕方ありません。。
天守の姿を目の当たりにして、感動&興奮。
小さい頃に来たことがありましたが、あらためてその美しさに感激しました。

管理事務所でスタンプ押印。
状態は、かなり良好です。

平日の16時過ぎだというのに、けっこうな人出でした。
これだけの名城。仕方ないですね。
城の中も、すごく趣があってさすが国宝です。

天守を含めて、1時間程度見学。
帰るのが名残惜しく、何度も天守を振り返りました。
松本市内に宿泊。山賊揚げのデカさにビックリしました。
次の日は松代城〜上田城へ。
松代城
2014年8月26日
40城目

宿泊先の松本から、篠ノ井線で長野入り。
バス(少ない。。)で、松代駅へ。
40分以上はかかりました。

松代駅には、看板等が見当たらず、道が良く分からず。
でも、全然駅から近いですね。
雨が降っていて、かなりブルー。

城の遺構は、きれいに復元されています。
あまりにもきれい過ぎだと思う程。
海津城。この辺りで武田軍と上杉軍の覇権争いが繰り広げられたのですね。
往時に思いを馳せました。

スタンプは左側の管理事務所の前。
書いてあったように、置きっぱなしですね。
自分が押した時は、すごくインクが薄かった。

真田邸を駆け足で見て、松代駅に戻ります。
晴れた時なら、もっと楽しめたと思います。
バスで長野駅に戻り、上田城へ。
上田城
2014年8月26日
41城目

長野駅でおやきをゲット。
野沢菜とくるみ、美味しかった!!

長野から新幹線。上田で途中下車。
雨があがらず、気分を奮い起こして徒歩で登城。
10分程度でしょうか。

雰囲気は、新発田城に似ているように感じます。
失礼ですが、この規模の城で真田軍が徳川軍を寄せつけなかったというのは、本当にすごいと思いました。
雨なのに、けっこうな人出。
大河がはじまったら、どうなってしまうのでしょう。

城内、入ってすぐの櫓にてスタンプ押印。
シャチハタではないですが、状態はかなり良かった。
係の人に言うと出してもらえます。
話し方はぶっきらぼうな感じですが、百名城のことも含めてをいろいろ話してくれて、いい人でした。

上田駅付近のよろづやさんで蕎麦を食しましたが、こちらも素朴で美味しかった。
東京経由で福岡に空路で帰宅。
雨にたたられましたが、楽しい遠征でした。
岡山城
2015年8月8日
42城目

夏季休暇の旅行の一環で行ってきました。
岡山に到着したのは夕刻でしたが、8月中は烏城灯源郷というイベントで21時まで登城できるようです。
天守の受付で、スタンプを出していただきました。
遺構はあまりないですが、ライトアップされた漆黒の天守はきれいでした。
お昼より少し涼しく、この時期は夕方からの登城がおすすめかと。
隣接する後楽園もセットで行ってきました。
幻想庭園というイベントで夜までにぎやかでした。

城とは全く関係ないですが、翌日に行った夢二郷土美術館がすごく良かったです。
あと、駅ビルでいただいた、マスカットやピオーネのジュース、あと匠というラーメン屋さんが美味しかったです。

続いて、スーパーいなばに乗り、鳥取に向かいます。
鳥取城
2015年8月10日
43城目

前日に鳥取入りし、鳥取砂丘の大パノラマに大興奮。
暑かったですが、とても楽しめました。
(城と関係なくて、すいません。。)
鳥取は、初めてきましたが、こじんまりしていつつも、いろいろ見所があって、良いところですね。

翌日、鳥取駅付近からバス(15分かからないくらいだったかと)に乗り、登城。
月曜日で、仁風閣はお休み。
博物館が夏休み中の大恐竜展開催中で開いており、受付でスタンプが押せて良かったです。

さてお城ですが、思ったより大規模な石垣で、結構見応えがありました。
天球丸は、形が面白いですね。それに、確かに意外と大きい。
ガイドの方がいろいろ教えてくれました。

もっといっぱい見たかったですが、嫁を待たせており、そこそこで断念。
この時期は、本当に暑いので水分補給に御注意ください。

鳥取では、モサエビが美味しかった。
駅前のすなば珈琲は大行列でした。

この後、今回の最終目的地、広島城へ。
広島城
2015年8月11日
44城目

前日に広島入り。
駅前から路面電車と徒歩でお城に向かいます。

前日に原爆ドームをはじめて見て、その衝撃的な姿が心に残ってしまい、お城のほうはあまり楽しめませんでした。
現存していれば、屈指の名城だったのでしょうね。
でも、緑が多くて、もう少し涼しくなれば気持ちよく過ごせそうなところだと思います。

スタンプは場内のショップ(1Fなのかな)にて。
他の方も書いておられる通り、ショップの方の対応が素晴らしいです。
気持ちよく押せました。

戦争のない平和な時代に生きていることの幸せをかみしめる旅行になりました。
箕輪城
2015年9月12日
45城目

新潟までの帰省の途上で寄りました。
他の方のコメントを参考にさせていただき、高崎駅の観光案内所で、バスについて丁寧に教えていただきました。バスでの登城の方はこちらで情報を聞くのがお勧めです。箕輪城のパンフレットもいただけました。
西口より群馬バス。本数は1時間に2本くらいだったような。
四ッ谷バス停まで40分はかからないくらい。ただし、夕方は車が多くなるため、もう少し時間がかかります。
土曜日のため、箕郷支所の休日受付でスタンプをいただき、徒歩で20分弱。観音様口から登城し、搦手門跡方面に向かい、二ノ丸、本丸等廻りました。
城よりも、やぶ蚊…すごかったです。ちょっとでも足を止めると餌食になりそうで、ちゃんと見ることができませんでした。
虫除けスプレーは必須かと思われます。
やぶ蚊のいない時期に、もう一度見てみたいと思いました。
湯築城
2015年10月24日
46城目

会社の旅行で、自由時間内にさっと登城。
資料館が閉まる少し前に、スタンプを押させていただきました。
急いで見て回ったのですが、きれいに整備されていて、意外と楽しめました。
こじんまりしているので、登城目的で行くのは、ちょっと…という気がしますが、道後温泉をメインで、休憩がてら散策するという感じで登城するのが良いでしょうね。
松山城
2015年10月25日
47城目

会社の旅行で、登城。
ロープウェイで途中まで登り、天守閣へ。
やはり、現存天守はいいですね。風格のある立派な天守に感動。
天気に恵まれ、松山市内の景色も良く見えました。
朝、早めに来たのですが、それでもまずまずの人出。
じっくり見たい人は、早めに行ったほうがいいと思います。
時間が決まっていたので、あまりゆっくり見れなかったのですが、道後温泉を含め、松山は観光する場所が多くて、楽しめました。
いつか、またゆっくり松山を訪れてみたいと思いました。
福山城
2015年10月25日
48城目

会社の旅行の帰り道に、四国からのバスが福山駅に帰着。
思いがけず、時間があいたので、ささっと登城。
福山駅からは、本当にすぐそこで、アクセス抜群ですね。
天守は復元ですが、周囲の石垣は立派で、もう少しゆっくり見たかったです。
天守内部は、博物館でなかなか資料は充実しています。
ゆっくり過ごせる公園として、市域に溶け込んでいるように思われました。
天守入口でスタンプをいただき、天守滞在時間は15分ほど。

今回の会社旅行で、3城を見ることができ、有意義な旅行でした。
首里城
2015年12月27日
49城目

年末の沖縄旅行の一環として。
那覇空港より宿泊先経由で、モノレールにて首里駅まで。
駅から首里城公園の中を通っていくルート(約10分強?)で登城しましたが、他にもいろいろなルートがありそうです。
首里杜館の受付にて、スタンプをゲット。
事前に情報をあまり入れてなかったのですが、再建されている建物が多く、古代琉球のテーマパークといった趣でしょうか。
往時の壮大さを垣間見ることはできました。
守礼門を楽しみにしていたのですが、意外と小さいのですね・・・逆に驚いてしまいました。

今一つのお天気で、案外寒かったのですが、世界遺産効果かそれでもかなりの人出。
晴天の日に、また訪れてみたいです。

次の日は、今帰仁城へ。
今帰仁城
2015年12月28日
50城目
やっと折り返し地点に到達・・・

宿泊先からレンタカーで美ら海水族館を訪れた後に。
途中で沖縄そばの遅い昼食。
スタンダードな沖縄そばでしたが、美味しくいただきました。

失礼ながら、那覇からけっこう遠いし、がらがらだと思っていましたが、世界遺産効果でしょうか。天気もいまいちなのに結構な人出でした。
近くの無料駐車場に1台だけ止めることができ、ラッキーでした。
今帰仁グスク交流センターの休憩所でスタンプをゲット。

とても、石垣が美しく壮大な城ですね。
本州の石垣とは全く違う趣があります。
晴天であれば、もっと気持ちの良い景色を感じられたかと思います。

次の日は沖縄の締めくくり、中城城です
中城城
2015年12月29日
51城目

今回の沖縄旅行の城めぐりのラストです。
那覇市内からレンタカーで1時間半はかからなかったと思います。

この日は天候にも恵まれ、遠くからも見える城壁に期待が膨らみます。
こちらも世界遺産効果か、バスで来ている団体の方もかなりいました。
入口の券売所で、スタンプをゲット。

とにかく城壁がでかく感じます。
そして海が見える景観が良いですね。
沖縄のお城は、人工物でありながらも、自然と溶け込んでいるような調和が感じられ、造形美が美しいです。
本州の城とは全く違いますが、沖縄ならではの歴史と文化が感じられて、良い時間を過ごせました。
まったく城に興味のないうちの嫁も、沖縄のお城は、観光地としてそこそこ楽しんでいた模様です・・・

今回は晴天には恵まれませんでしたが、やっぱり沖縄は楽しいですね。
百名城以外にも行ってみたいお城もあるので、また来てみたいと思います。
郡山城
2016年8月23日
52城目

尾道、宮島旅行の一環で登城。
広島バスセンターより、安芸高田市役所前までバス(1時間半以上。遠いです)、そこから徒歩5分程で歴史民俗博物館に到着。スタンプをゲット。
かなり暑い日、そして時間的な制約で、本丸への登城はプランにありませんでした。元就公の墓所、百万一心碑まで行きましたが、それでも汗だくでかなりきつかった。虫もかなり多く、虫よけも必須かと。コンディションの良い日に、城域を回りたいものです。

帰りのバス、昼の時間帯は1時間に1本。
バスを利用する方は、お気をつけください。

帰りのバス停でお会いしたおばあちゃん。84歳で百名城巡りを続けているとのこと。
すごい!
自分も頑張らなければ。。
水戸城
2017年5月20日
53城目
東京でのイベントに絡めて登城。
時間を優先し、上野から常磐線特急ひたちにて水戸へ向かいます。
すべて指定席なのですね。
1時間強で到着。
新しい車両で快適でした。
水戸駅の観光案内所(改札の脇で目立たず、少し分かりづらい)で周辺地図をもらい、北口から弘道館にアクセス。
徒歩10分弱だったかと思います。
弘道館券売所でスタンプ押印。
この建物も維新の歴史の生き証人の一つと思うと、感慨深いものがありますね。
その後、城址周辺コースの大手橋〜空堀〜薬医門を見て、だいたい1時間ほど。
空襲の影響もかなりあるかと思いますが、正直弘道館以外、見どころは少ないと思います。
以前見たので今回はパスしましたが、偕楽園とセットで行くのが良いでしょうね。
仙台城
2017年10月15日
54城目

夫婦での東北旅行の一環で登城。
仙台市観光循環バス「るーぷる仙台」にて、仙台駅前から仙台城址へ。
20分強です。
バス停から歩いてすぐの仙台城見聞館にて、スタンプ押印。
あまり時間がなく、本丸跡、政宗公銅像、護國神社等を廻りました。
広大な城域で、あまり見ることができませんでしたが、政宗公の威光が伺えます。
瑞宝殿や仙台市博物館等は、嫁連れのためパスしましたが、時間のある時にゆっくり見学してみたいものです。
帰りは、地下鉄の国際センター駅まで徒歩。
20分程度ですが、下りなので楽です。
地下鉄経由で登城する方は、かなりの登り坂なので、覚悟してください。
伊賀上野城
2017年11月23日
55城目

出張に絡めて休日に登城。
大阪市内の宿泊先より、近鉄特急〜伊賀鉄道で、2時間強で上野市駅まで。
駅からお城まで、徒歩10分かからない程度だったかと思います。
模擬天守ですが、木造でなかなか風情のある建物ですね。藤堂高虎の兜が出張中で、見ることができず残念。
高石垣は、見事でした。

天守入口にて、受付の方に出していただきスタンプゲット。

次の目的地、松阪城へむかいます。
松阪城
2017年11月23日
56城目

上野城より連戦。
伊賀上野市から伊賀鉄道〜近鉄急行で、1時間強。
松阪市内にて、松阪牛焼肉で、お腹を満たしてから、登城です。

駅前から、徒歩15分程かかったと思います。
思っていた以上に本格的な石垣、縄張りで嬉しい驚き。
実戦的な城郭で、蒲生氏郷の能力の高さが伺えます。
城好きにはたまらない城ではないでしょうか。
できるだけ、多くの人に訪れて欲しいお城です。

お城の入口そばの歴史民俗資料館で、スタンプゲット。

松阪の街は、ちょっと元気のない印象で、松阪牛を絡めたりして、なんとか盛り上げることができないかと。
大阪城
2017年11月23日
57城目

三重遠征からの帰りに、まだ時間があったため、地下鉄谷町線より、谷町四丁目駅より登城。

城域に入ってからが遠いですね。
天守に入場する人もかなり多く、駅から天守入場まで30分近く要したかと。
1Fインフォメーションで、受付の方に出していただき、スタンプゲット。
エレベーターは長蛇の列で、階段で天守最上階まで行きましたが、こちらも大混雑。
あまり時間もなくそそくさと退場しました。

以前に一度来たことがあり、今回はスタンプ目的でしたが、あらためて石垣に使われている石材の量の多さに圧倒されました。
これほどの城を造る、秀吉の権力は、凄まじいですね。
そして、この城が様々な歴史の生き証人として、今もこうして大事にされているというのは、とても素晴らしいことだと思いますし、こうして身近に歴史に触れあえることができる大阪の人たちが羨ましい気がしました。
いつか、お隣の歴史博物館もしっかり見学したいと思います。
水城
2018年4月28日
続百名城 1城目
水城が最寄り駅のため、駅で押印。
駅員さんに申し出て、出していただけます。
水城のスタンプはJR水城駅と水城館で押すことができます。
水城駅側は案内板による説明書き等が整備されています。
水城館は、係員の方が常駐しておられ直接説明を受けることができ、簡単なVTRを見たりすることができます。
また、水城に上ることができる階段も整備されており、時間がある方は水城館に行かれるのがいいと思います。
水城駅から水城館まで、徒歩だとややアクセスが悪いので御注意ください(30分はかからない程度かと思います)。
西鉄の都府楼前駅からは、水城館まで徒歩15分程度になります。ただし、博多からのアクセスは、断然JRが便利です。
また、博多駅から都市高速を通るバスが最も近くまで行けますが、本数が少ないです
城というより、延々と続く土塁ですが、初めて見る方には、新鮮に思えるのではないでしょうか?
水城を見に来るのであれば、太宰府、大野城等も併せて見られるのがお薦めかと思います。
小倉城
2018年4月28日
続百名城 2城目
小倉で所要があり、西小倉駅からアクセス。
10分かからない程度で到着。
小倉駅からも10分前後で着くと思います。
だいぶ前に登城したのですが、石垣とお堀が結構良い雰囲気ですね。
スタンプは、天守閣1階のチケット販売所で出していただけます。
時間がなく、天守閣のみバタバタと見学しましたが、いつか小倉城庭園も見たいなと思います。
基肄城
2018年4月29日
続百名城 3城目
自宅から車でアクセス。
基山町民会館に行って、スタンプを出していただきました。
その後、水門跡へ。
町民会館で、地図もいただきましたが、自分の車はナビが古く、地図がなければ、たどり着けなかったかと…
帰りに、水門跡の手前の道を1本間違ってしまい、細い道に入り込んでしまい、冷や汗をかきました…
水門跡は、小さいスペースながら、良く整備されていて、見応えがあります。
余力がある時に、山頂まで行ってみたいと思っています。
この後、久留米城へ。
久留米城
2018年4月29日
続百名城 4城目。
基肄城の後、車で30〜40分程度だったかと。
表側は、立派な高石垣で、お堀も一部残っています。
ですが、実質は篠山神社、有馬記念館としての敷地として使われており、城址としてのアピールは少ないです。
筑後川のほうの裏側の石垣は、全く未整備でもったいない気がしました。
久留米大学のグラウンドに沿った側(東側)に神社兼有馬記念館の駐車場(10台程のスペースだったかと)があり、そこに停めて問題ないかと。
スタンプは、社務所にて。
申し訳ないので、神社に参拝するとともに、おみくじを購入させていただきました。
せっかくなので、有馬記念館も見れば良かったな、と思いました。
まったく知りませんでしたが、初代久留米藩主で、久留米市の礎を築いた有馬豊氏という人、なかなかの人物だったかと。
千早城
2018年5月12日
58城目

仕事に絡めての遠征。
河内長野からバスで金剛登山口を目指します。
休日でバスはかなりの混雑。スーツに革靴の私は、かなり恥ずかしいものがあります。
休日は、バスは本数が多いですが、平日は1時間に1本程度の模様。

バス降車場から、城の登り口はすぐそば。
かなりきつい勾配の階段が続きますので、軽く登山の趣です。
それなりの装備があったほうが良いでしょうね。
だいたい20分程度で、城址の神社に到着。遺構はほぼ何も無いようです。
確かに正成公の軍略も優れていたと思いますが、圧倒的に地の利のある場所で、攻め落とすのは難しいと思います。

下山後、まつまささんに向かいます。城の登り口のちょっと手前で、私も駐車場の方に教えてもらいました。
千早城といえば、しいたけそば!
とても美味しかった!
この後、高取城へ。
高取城
2018年5月12日
59城目

千早城から、バスで河内長野に戻り、近鉄で壺阪山へ。
タクシーで、壺阪門口跡まで。タクシーが駅前に全然いなくて、駅前のタクシー会社で呼んでもらったのですが、この日は相当忙しそうで、30分程は待ったでしょうか。

入り口からは、ほぼ登山。
仕事のついでで、革靴の私は、山城攻略失格でした…
それでも、石垣は大迫力、実戦的な城構え、日本一の山城は素晴らしい名城でした。

壺阪門口跡〜本丸〜猿石を経由し、駅前の商店街にたどり着くまで、1時間半くらいだったでしょうか。
夢創館でスタンプを押し、地元の素朴なお土産を買いました。

町屋カフェnoconocoさんで、遅めのランチ。
駅近は、あまり食事をするところがないので、御注意です。

今回の遠征で、近畿の難所2城を攻略でき、有意義な遠征でした。
ただ、筋肉痛がひどく、運動不足を痛感。
唐津城
2018年5月13日
続百名城 5城目

自宅から、自家用車で登城。
一度、行ってみたかったので、楽しみにしていました。
福岡の中心部からでも、1時間半ほど見ておけば大丈夫かと。
西九州道を通るルートが近いと思います。

駐車場は、東側に1ヶ所のみのようです。
あいにくの雨模様でしたが、観光バスもいて、思ったより多くの人が訪れていました。

建物自体はきれいに改装されていて、正直見所は少ないと思いましたが、回りの海や橋と一体になった姿はとても美しく、日本的な風景だなと思います。
また、天気はイマイチでしたが、最上階から見る海もきれいです。

スタンプは1Fの受付にて。入場しなくても、スタンプは押せるようですが、せっかくなので、入場して海風を感じて欲しいと思います。

唐津城だけでなく、名護屋城跡や、イカで有名な呼子も近いので、セットで訪れるのがおすすめかと思います。
角牟礼城
2018年5月20日
続百名城 6城目

自宅から自家用車でアクセス。
福岡市内から、高速で1時間半程度かと思います。
スタンプのあるわらべの館までの終盤の道、城址までは、かなり細い道なので、小さめの車がベターです。

わらべの館2Fの豊後森藩資料館でまずスタンプを押させていただきました。
スタンプだけだと無料でも良いとのことでしたが、申し訳ないので入館料百円を押し付けるように払わせていただきました。
資料は、そそくさと見て、時間があまりなく城址に向かいます。
なお、城址までの地図も資料館の方にいただきました。

城址までの道は、途中に角牟礼城址の旗だったかと思いますが、それを見落とさないように気をつけてください。
三ノ丸の入り口までは、1本道です。
前述しましたが大型車は、離合困難。途中はまったく離合できない部分がずっと続きます。
登山道も別にあるようです。

みなさんが書いておられるように、立派な構えの山城です。
今回は、嫁連れで三ノ丸周辺をさっと見たのみ。。
続百名城に指定されるまでは知りませんでしたが、続百名城にふさわしい城で、いつかじっくり見学したいと思います。
八代城
2018年5月23日
続百名城 7城目

仕事のついでに登城。
あいにくの天気で、周囲と天守跡周辺を見学しましたが、いつかじっくり見れたらいいなと思います。
麦島城址もいつか行ってみたい。
新八代駅からは、タクシーで1200円程度。
八代駅からのほうが近く、徒歩でも可能のようです。

八代市立博物館・未来の森ミュージアムの受付でスタンプを出していただけます。
伊藤豊雄氏設計の素敵な建築物です。
600円払って見学しました。
見学しなくてもスタンプは押せそうですが、気弱な私にはできませんでした。

ミュージアム側から見ると、石垣が連なって見え、圧巻です。
城址近くには、松井家の庭園の松濱軒、松井神社等ありますが、八代市の方には申し訳ないのですが、市内に見所は少ないので、熊本などと組み合わせるのがお薦めかと。
松濱軒の菖蒲が、今は見頃を迎えています。
中津城
2018年5月27日
続百名城 8城目

自宅から、自家用車で登城。
高速を飛ばし気味で、福岡から2時間弱です。
訪れる人はそこそこあり、続百名城の効果が出ているようです。

駐車場は無料です。
本丸天守閣で入場料を支払い、スタンプを出していただけます。
この施設を維持しなくてはならないので、入場料程度は仕方ないかなと思います。

天守閣は再建ですが、最上階からは中津市街を一望でき、なかなか気持ちがいいです。
出発が遅くて、福沢諭吉旧居、合元寺など見学できず。
唐揚げの街として有名な中津市ですが、今回は道の駅で食したのみ。
近くには、耶馬溪や青の洞門といった有名観光地もありますので、それらにお城と唐揚げを絡めるのがお薦めかと思います。
原城
2018年6月17日
続百名城 9城目
福岡近辺の自宅から、自家用車でアクセス。
とても遠いです。
諫早IC経由、途中休憩を挟んでですが、丸々4時間以上かかりました。

まず、有馬キリシタン遺産記念館へ行き、スタンプを押印させていただきます。
小さいながら、島原の乱、及び天正遣欧少年使節に関する力の入った展示は、見て良かったです。
お城までは、記念館から車で5分かからず。
あれだけの悲劇があった場所ですが、海、空、大地のコントラストは無情なまでに美しいです。
亡くなった方々の冥福を祈るとともに、平和な時代に生きる幸せを噛みしめました。

地理的に遠くて、訪れるのは大変かと思いますが、歴史的な位置付け、思ったより大規模な縄張りでもあり、名城です。
日本人として、来るべき場所であると思います。

今回、世界遺産に登録決定とのこと。
これで、さらに多くの人が訪れることになるでしょう。
高田城
2018年7月16日
続百名城 10城目
新潟への帰省に絡めて登城。
上越妙高駅付近に宿をとり、車で10分程度でしょうか。
三重櫓付近の入場券売場でスタンプ押印。
係の方にお願いして、スタンプを出していただけます。

三重櫓は木の香りがするきれいな建物です。
戦国が終わった後の政庁としての城かなと思います。
夜桜のライトアップに、三重櫓が映えてきれいでしょうね。

この後、春日山城址へ。
春日山城
2018年7月16日
60城目

新潟への帰省に絡めて登城。
高田城から春日山城址ものがたり館へ、車で20分はかからなかったと思います。
無料なのが申し訳ないですが、展示物をそそくさと見て、係の人にスタンプを出していただき押印。
周りの古戦場的な展示も力が入っていますが、時間の関係ですぐに城址に向かいます。
車で10分かからない程度でしょうか。

今回は嫁連れで、神社と謙信公の像の周辺のみ。
いつか、しっかり見たいと思います。

この後は、家族サービスで水族館のうみがたりに行き、その後鮫ヶ尾城へ。
鮫ケ尾城
2018年7月16日
続百名城 11城目
新潟への帰省に絡めて登城。
高田城、春日山城を駆け足で見て、水族館のうみがたりで家族サービス。
城に関係ないですが、この水族館へ至る道は恐ろしい渋滞です。

私もこちらのサイトの方の意見を参考に、斐太神社を目的に設定。
近くには、城址、歴史の里公園の看板がかなり出ており、あまり迷わず到着することができました。

歴史の里公園の管理人さんにスタンプを出していただき、押印させていただきました。
みなさん書いておられるように、本当に良い方ですね。
無料で申し訳なく、パンフレットを購入させていただきました。

時間の関係もありましたが、日射病も怖いため、登山は頭にありませんでした。
いつの日か、本丸まで行けたらいいなと思います。
大内氏館・高嶺城
2018年8月25日
続百名城 12城目
既に17時近くに上山口駅に到着。
駅から10分弱でしょうか。
大路ロビーに向かい、スタンプを押印します。
私が調べた大路ロビーは、近くですが場所が移転しており、近くのお店の人に親切に教えていただきました。
大路ロビーでパンフレットや、マップ等いただき、高嶺城へのアクセス等も教えていただきましたが、時間的なものや当日の暑さもあり、登城は断念。
近くの大内氏館である龍福寺を見学しました。
まあ、お寺です。
資料館もすでに閉まっており、もう少し早く出てくればとやや後悔。
いつか高嶺城も行きたいと思っております。

登城は断念しましたが、瑠璃光寺の五重塔は観に行き、素晴らしい姿に感動しました。

この後、新山口に1泊し、翌日は津和野城へ。
津和野城
2018年8月26日
61城目

宿泊先の新山口から、特急スーパーおきで津和野へ。
特急があれば、1時間ですが、普通だと約2時間ですね。
津和野駅前すぐの貸自転車かまいさんで2時間500円からのレンタサイクルをお借りします。

津和野城跡の入口の道までは、10分もかからず。
ただ坂道で、ママチャリは私の体力ではきつくて乗れませんでした。

リフト乗り場でスタンプゲット。
リフトで上がって、本丸付近までは10分かからず程度かと。
ただ本丸付近は足場がイマイチ。
運動靴程度はあったほうがいいです。
途中は虫よけもしたほうがいいでしょう。

山頂にあらわれる石垣は素晴らしいです。
三十間台からの景色が本当に素晴らしい。
意外に縄張りも広く、城好きを満足させる魅力のある城跡ですね。

その後、西周旧居や道の駅を急いで周り、2時間弱でした。
津和野は、いろいろ楽しめる町で、また行ってみたいと思いました。
鞠智城
2018年9月2日
続百名城 13城目

自宅から、自家用車で登城。
福岡から、途中休憩を含め、2時間ちょっとでした。
菊池市内には駅がなく、車以外の交通手段ではかなりアクセスしづらい場所だと思います。
思っていたよりは人がいましたが、駐車場は多くの台数が停まれて余裕があります。

特徴的な鼓楼の復元がシンボルとして出迎えてくれます。
嫁連れのため、そそくさと温故創世館付近を見学。
城域は思ったより広く、すべて見ていたら、半日はかかるかもしれません。
鼓楼等の復元建物は温故創生館付近に集中しています。

スタンプはガイダンス施設である温故創世館の受付の前にて。
入場は無料で、少し申し訳ない気持ちでしたので、隣接するお土産と食事処にて、お土産を購入させていただきました。

城の位置付けとしては、同じく古代山城である大野城や基肄城の補給基地としての役割が大きいようですが、温故創世館の展示も充実しており、思った以上に楽しめました。
特に球磨工業高校の生徒さんが作られた鼓楼の模型は、非常に精緻でとても美しいものです。
一見の価値があると思います。
赤穂城
2018年9月17日
62城目

翌日からの大阪での仕事に絡めて登城。
岡山まで出て、赤穂線で播州赤穂まで行くルートを選択しました。
播州赤穂駅から徒歩で10〜15分程度です。
大石神社を参拝してから、本丸跡を中心に見学しました。
スタンプは本丸の入り口にて。
係の人が常駐されています。
パンフレット類は百円ですが、内容盛りだくさん。
私は買って良かったお思いました。
場内は、再建されている施設も多いようですが、思ったより大規模な縄張りで、城好きな人なら、楽しめると思います。
本丸の周りの二の丸が輪郭式に配され、北側の三の丸が梯郭式ということですが、このような縄張りは初めて知ったので、興味深かったです。
往時は、城下町も含め、相当栄えていたのでしょう。
再建物もお堀や門などが中心で、城の雰囲気を壊さないような復元に留められていると感じました。
あまり時間がなく、駆け足で見学しましたが、もっと時間を取り歴博や市内の他の史跡も含め、じっくり見れば良かったと思いました。
まだ、再建されている施設もあるようで、すべて出来上がったら、また来たいです。
この後、明石城へ。
明石城
2018年9月17日
63城目

赤穂城登城の後、赤穂線〜山陽本線を使い、明石まで。
本当に駅近で北側から出てすぐです。
登城前にお城の反対側、パピオスあかし内の松竹さんで、玉子焼き(明石焼き)の遅め
の昼食。行列途切れずの人気店で、美味しかったです。

明石公園とし整備されている城内ですが、思っていたよりかなり広大な敷地でした。
スタンプは、入口付近にあるサービスセンターにて。
この日はイベントの真っ最中でかなりの人出でにぎわっていました。
お堀、石垣は残っていますが、史跡というより市民憩いの公園としての位置付けが濃
いですね。
石垣の上にある坤櫓が公開されていましたので、見学させていただきました。
重文に相応しい建物かと思いますが、内部の資料はもっと少なくてもいいかと思いま
した。
巽櫓も時期により公開されているようです。
平日は櫓は公開されていない模様ですが、城域をゆっくり見学するのは平日のほうが
良いかもしれません。
宮本武蔵の庭園もゆっくり見たかったのですが、人がいっぱいで断念。

この後、和歌山へ向かい、翌日は和歌山城を見学。
和歌山城
2018年9月18日
64城目

午後の大阪での仕事前に登城するため、和歌山市内にて前泊。
有名店の井出商店で和歌山ラーメンを美味しく堪能しました。

南海の和歌山市駅側に宿を取り、9時の開城前に登城。
JR和歌山駅からはやや離れており徒歩20分程度はかかるかと思います。
和歌山市駅からは、15分程度かと。
さすが紀伊徳川家の居城だけあり、立派なお城です。
城域が広く、お堀、石垣も多く残されていて、見どころに事欠かないですね。
天守にいたる坂は、意外ときつかったです。
坂の中腹で、動物園が上から見えるのがちょっと面白かったです。
スタンプは天守入口チケット売り場で、係の人に言って出していただきました。

天守は再建ですが、往時の大きさを良く表現しているのではないでしょうか。
最上階からは和歌山市内が一望できます。
特に紀ノ川の河口から海につながる風景が良いなと思いました。
歴代藩主もこの風景を見ていたのかな、と感慨に浸りました。
観音寺城
2018年10月21日
65城目

まず、安土駅すぐそばの安土城廓資料館で2城分のスタンプ押印。
安土駅前から、レンタサイクルたかしまさんで、自転車を借り、桑実寺より登城を目指します。
桑実寺の石段、すごいです。。
そんなに普段運動していない私には、かなりの苦行。
そこからは登山で、何度も気持ちが折れそうになりましたが、なんとか頂上の本丸跡までたどり着きました。
案内が少なく、何より脚が厳しかったため、大石垣方面は諦めました。
行きよりはいいですが、帰りも脚に厳しい道のりです。
体力に自信がなければ、麓から頂上を仰ぐというでもいいのではないでしょうか。
そのくらい、厳しかったです。

クタクタになりつつ、次は安土城へ。
安土城
2018年10月21日
66城目

観音寺城から、文芸の郷レストランで遅めの昼食。
信長そば、でエネルギーを補給します。
案外、といったら失礼ですが、美味しかったです。
安土は、食べるところが本当に少なく残念です。

レンタサイクルで観音寺城から行きましたが、大手口の強烈な石段にまたも戦意喪失の寸前。
観音寺城との1日2城制覇は、無謀でした。
観音寺城登城の後では、脚はガクガク。
やっとの思いで、天守跡まで到達。
ですが、天下の名城の遺構は本当に興味深いものがあります。
まさに近代城廓の先駆けですね。

天守まで見学した後、総見寺跡方面から下山。
三重塔は修繕中のようで残念。でも二王門は見事な作りです。
正面より、こちらのルートが下山は楽だと思います。

安土城は、拝観料として700円で、信長の館、城なび館などすべて有料なのは、どうかと思いました。
城址との共通割引券とか作れば、もっと人も集まるのでは、と思います。
佐土原城
2019年2月1日
続百名城 14城目

宮崎市内での仕事の合間に思いがけず時間ができ、市内からバスで登城。
たしか橘通り3丁目というバス停から、西都方面行きに乗り40分弱でした。
交流センターというバス停が、城跡の目の前です。
こちらも城跡の目の前、城の駅 佐土原いろは館でスタンプ押印。
ささやかですが、こちらで飲み物を購入させていただきました。

分かっていましたが鶴松館は平日で入館できず、城跡までの道も立入禁止。
台風の被害とのことで仕方がありませんが、早く立ち入れるようにして欲しいものです。

スタンプのところに記名欄がありましたが、全国から人が来ていてすごいなと思いました。
立入禁止が解除になったら、またあらためて見学したいと思いました。
延岡城
2019年2月20日
続百名城 15城目

宮崎市内でレンタカーを借りてアクセス。
思っていたより遠かったです。
2時間前後でしょうか。

駐車場は3時間無料でありがたいです。
駐車場の奥の二ノ丸付近の管理事務所でスタンプ押印。
みなさん書かれているように、24時間押印できるようです。

千人殺しの石垣が立派です。
そんなに大きな城ではありませんが、随所に立派な石垣が残っていて、結構見どころのある城趾でした。
天守台に登ったら、ちょうど時報の鐘を突くところでした。
きれいな音が響き渡り、つかの間癒されました。
駿府城
2019年6月1日
67城目

静岡方面に行く所要と絡めて登城。
静岡駅から徒歩で10〜15分程度でしょうか。
堀、石垣以外の遺構はあまりないですが、天下人が住んでいた城趾としての雰囲気が感じられました。
かなり日射しが強く、やや駆け足気味での見学。
もう少し、涼しい時期にあらためて見学したいと思っています。
紅葉山庭園は、手入れがよくされていて、とても良い庭でした。
山中城
2019年6月2日
68城目

三島駅前からレンタカーを借りて登城。
40分はかからなかったと思います。
混雑という程ではありませんが、国道1号線は途上の三島スカイウォークが大人気、また箱根方面に行くバイクや車が予想以上に多く、意外と交通量が多い道でした。

スタンプは、売店にて押印。
パンフレットもいただけます。
食事もできますが、食事時ではなく申し訳なかったので、障子堀ワッフルを購入させていただきました。
時間が限られていて、しかも城に興味のない嫁連れで、駆け足で見学。
城域の2割も見学できませんでしたが、畝堀などの北条流の築城術が色濃く残っており、興味深かったです。
緑いっぱいの気持ちのよいところで、ワンちゃんのお散歩や、ハイキングをしている人などで、思いの他にぎわっていました。
戦国期には激しい戦いが行われた跡は微塵も残っていませんが、こうして城巡りをできる平和な時代に生きることができる幸せを感じました。
浜松城
2019年6月3日
続百名城 16城目

浜松市内で前日宿泊し、時間がもったいなかったのでタクシーでアクセス。
駅前から15分程度で、千円ちょっと。
バスでもそんなに時間はかからないし、調査不足でした。

スタンプは、天守1Fにあります。
天守は再建ですが、家康公の居城だったという歴史があり、三方ヶ原の戦いの舞台の一端を担った城としての雰囲気を楽しみました。
二の丸、三の丸は宅地化され、お堀もなく、歴史上かなり有名にもかかわらず小さいお城だなというのが正直な感想ですが、野面積みの石垣は往時の雰囲気を色濃く残しています。

この後、嫁に付き合って、楽器博物館を見学。
まったく城とは関係ありませんが、思いの他楽しめました。
滝山城
2020年6月7日
続百名城 17城目

緊急事態宣言が解除され、県をまたがずに見学できる城をということで、滝山城に行ってきました。
移動は電車〜バスで3密に気を付けながら移動。
京王八王子駅バス乗場4番より乗車して、20分程度で滝山城址下バス停に到着。
バス停付近から、すぐアクセスできますが、軽い登りが続きます。

城域は、都立滝山公園として整備されています。
三の丸、千畳敷、二の丸、本丸、中の丸などを見て回りました。
石垣等はありませんが、各郭の間に空堀が配され、実戦的な戦国の城で見応えがありました。
城域は広く、すべてを見ようとしたら、半日以上かかるかもしれません。

コロナ禍だからかもしれませんが、人影はまばら。
1時間弱の滞在で、10人くらいしか見かけませんでした。

スタンプは中の丸広場にて。
インクの量はたっぷりで、状態はまずまず。
ただ、夏場は場所的に押印コンディションは悪くなると思われます。
大多喜城
2020年10月10日
続百名城 18城目

都内から、総武線〜外房線を経由して、いすみ鉄道大多喜駅から登城しました。
台風は逸れたものの、当日は雨模様。
地図上では、駅のすぐ近くに見えますが、お城(資料館)まで1.5kmの表示。
徒歩で行きましたが、雨で低温ミストサウナのような状況に参りました。。
空堀、土塁等ありましたが、城の遺構はあまり確認できず。
スタンプは資料館の2Fです。

駅から向かって、資料館の入口手前側、大多喜高校の入口側付近に薬医門〜本丸附井戸の遺構があるようです。
大多喜高校側から資料館に抜けられるか不明だったのですが、余力があれば見ておきたかったです。
こちらの登城記録をもっと調べておくべきでした。
正直、あまり城に行ったという気にならない登城でした。

天気もイマイチだったので、早々に駅に取って返しました。
線路を挟んでお城の反対側が城下町の風情を残した街並み等あるようです。
駅のすぐそばの案内所兼お土産処にレンタサイクルがありますので、大多喜町巡りをしたい方は、そちらが便利だと思います。
いすみ鉄道は電車の本数がとても少ないので、御注意ください。
掛川城
2020年10月16日
69城目

仕事に絡めて、掛川駅から徒歩で登城。
天守閣のすぐ下に券売所がありますが、駅から10分前後で到着するかと思います。
天守入口から少し離れたところに再建の大手門があり、江戸時代幕末期の建物、大手門番所が現存しています。
また、券売所では申し出ると荷物を無料で預かっていただけるのは、とても親切。
嬉しかったです。
木造の再建天守も趣がありますが、やはりこの城の白眉は御殿が現存していることでしょう。
素晴らしい建築物で、ほぼすべてが公開されています。
スタンプも御殿内にて押印。

とにかく御殿が素晴らしく、楽しい有意義な登城になりました。
アクセスがいいのもポイントが高いです。
本佐倉城
2020年10月18日
続百名城 19城目

いろいろ検討して、京成酒々井駅〜酒々井町中央公民館を経由して登城し、大佐倉駅より帰るプランとしました。
すべて徒歩でしたので、相当時間がかかりました。
このルートはおすすめしません。
日曜日にも公民館はあいていますので、助かりました。
外郭も見たいと思い、このルートにしましたが、外郭はほぼ山。
基本的には、整備されている内郭のみしか見学するのは難しいかと思います。
内郭は城山、蔵址、奥ノ山と整備されているところを見学。
さらに奥の主殿まで道がつながっているようでしたが、ほぼ藪のように見えたので断念。
もっと整備して欲しいとも思いますが、本当の城跡というのはこういうものなのかもしれないなとも思いました。
規模としては大きく、全盛時の千葉氏の権勢は相当なものがあったと偲ばれました。
大佐倉駅からは、城址に入る道が分かりづらいので、御注意ください。
また、大佐倉〜城址まで店、自販機等はなかったと思います。
石垣山城
2020年10月24日
続百名城 20城目

こちらの皆様のルートをいろいろ検討して、早川駅から徒歩でアクセス。
早川駅にはマップなど全くなく、少し残念。
舗装はされていますが、途中かなり勾配がきつい部分もあり、完全に登山ですね。
案内の矢印等は非常に限定的で、スマホのマップで確認しつつ歩を進め、40分程度でした。
このルートは、脚力に自信のない方は、おすすめできません。

一夜城として有名ですが、城域もかなり広く、しっかりした縄張りで見応えのある城でした。
短期間で、これ程の城を築城することのできる秀吉の財力に感服。
これでは北条氏も一たまりもありませんね。
小机城
2020年10月25日
続百名城 21城目

小机駅に到着し、まず駅近の小机地区センターにてスタンプをゲット。
入り口入ったところにすぐにスタンプがあります。

お城は駅から徒歩で15分前後でしょうか。
夏場は、やぶ蚊がすごそうですが、今回は虫よけ効果もあったのか、大丈夫でした。
城域は意外と大きいですが、見学箇所としては、本丸広場と二の丸広場が中心に整備されている程度です。
縄張りとして特筆すべきようなところはないと思いますが、埋もれた古城という雰囲気が歴史を感じさせるお城だと思いました。