トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID106
名前ベンジャミン
コメント 以前から城郭めぐりは好きだったのですが、
書店で偶然にも『歴史群像シリーズ 日本100名城
公式ガイドブック』を見つけたのが運のつき(!?)でした。
 2007年6月9日(土)今治城から始めました。
皆さん、よろしくお願いします。
  登城生活、13年目の年となりました。
2007年は28城で終了。2008年は46城で終了。
2009年は53城で終了。2010年は57城で終了。
2011念は60城で終了。2012年は63城で終了。
2013年は68城で終了。2014年は75城で終了。
2015年は81城で終了。2016年は85城で終了。
2017年は88城で終了。2018年は90城で終了。
チャシ、新発田、七尾、高遠、根城、
人吉、平戸、沖縄のグスク3つ
合計10城が残っています。
最後はチャシでフィニッシュの予感・・。

     続100名城は、2018年4月6日(金)
芥川山城からスタート。
2018年は13城で終了。
2019年は、小机城、滝山城、品川台場
からスタート。
7月上旬に増山城、富山城に登城。
7月下旬に浜松城、吉田城に登城。
9月上旬に秋田城、脇本城、
     白石城、米沢城に登城。
2019年9月上旬現在、26城。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
今治城
2007年6月9日
 受付のおじさんの対応が丁寧で好印象でした。
天守は、創建当時の層塔型天守ではなく、
望楼型の模擬天守です。
 8月12日(土)、2回目の登城時には、
駐車場が完成していました。
有料です。
松山城
2007年6月10日
 スタンプは、天守の入り口にあります。
ほかの記念スタンプと同じように無造作に置かれていて
少しびっくりしました。
 伊予松山城天守は、現存する12の天守のうちのひとつです。
追記
 2008年4月5日(土)、県庁裏登城口から再登城。
天守曲輪を外側からじっくり時間をかけて観察してきました。
あらためて三大平山城連立式天守の強固な守りを体感しました。
湯築城
2007年6月10日
 伊予松山城に行ったあとに行きました。
 受付で申し出ると、スタンプを出してくださいます。
応対が丁寧で好印象でした。
彦根城
2007年6月16日
 スタンプは、表門券売所のスタンプ置き場にあります。
 彦根城天守は、現存する12の天守のうちのひとつです。
追記
 2008年8月17日(日)再登城。
スタンプはゴム印に変わっていました。
昨年6月よりは綺麗に押印できました。
大洲城
2007年6月23日
 スタンプは、台所櫓入り口の券売所受付の方に申し出て
借りてください。
 天守は、10年の月日をかけて、木造で復元されました。
4層4階、見応えがあります。
 伊予大洲駅からやや遠いです。暑い時期に
駅から天守まで歩くのは避けたほうがいいかもしれません
(汗だくになります・・)。

追記
 2007年11月23日(金)に2度目の登城を果たしました。
相変わらず惚れ惚れとする4重天守です。
スタンプも変わらず良好です。
安土城
2007年7月22日
 城跡への登城は、2006年秋から有料となりました。
 スタンプは、城跡受付のほか、安土城天主信長の館
にもありますが、ここの受付嬢の対応はあまりよくなかったです。
追記
 2008年4月27日(日)、久々の登城です。
何度来ても飽きないです。
城跡料金所で、新しく案内パンフレットが発行されていました。
「第2版2007年1月1日発行」とあり、
シリアルナンバーまで付いていました。
080416でしたので、
料金を取り出してから8万人以上が
登城したということかな?
丸亀城
2007年7月28日
 丸亀城天守は、現存する12の天守のうちのひとつです。
 スタンプは、天守入り口にあります。受付のおじさんに申し出てください。
高松城
2007年7月29日
 スタンプは、東・西入り口の2カ所にあります。
受付のかたに申し出てください。
 天守を再建すべく、現在復元作業中です。
明石城
2007年8月7日
 暑い日でした。説明板がまったくないので、
事前に予習していかないと、面白さがないかもしれません。
 スタンプは、太鼓門そばのサービスセンター受付窓口に
申し出て借りてください。
徳島城
2007年8月17日
 スタンプは、徳島城博物館受付カウンターに
ほかの記念スタンプと一緒に置いてあります。
岡山城
2007年8月21日
 岡山城は過去2度登城したことがあったが、
今回は石垣に注意を払いながら登城。
 本丸下の段を一周。石垣の観察で
1時間半もかかってしまいました。
 スタンプは、天守入り口の券売所にあります。
受付のかたに申し出てください。
スタンプを押す机が小さいので、注意してください。
追記
2009年7月12日(日)再登城。
 早朝から、西の丸、二の丸の遺構を確認しつつ登城。
西の丸西手櫓は学校の敷地内。校門から見えていたが、
中には入らず(学校敷地内の出入りにうるさい昨今なので)。
どなたか西手櫓見学に関する情報をお持ちのかたは
教えてください。
 受付の女性は2年前と変わらず無愛想でした。
二条城
2007年8月26日
 スタンプは、休憩所のスタンプ置き場とは別の場所、
すぐ横の管理事務所の入り口に置いてあります。
事務所内のかたに一声掛けてから押印されるのが
よろしいかと思います。
大分府内城
2007年10月6日
 念願の九州初登城でした。
 天守台が現存しますが、天守は再建されていません。
しかし、櫓と大手門だけでも見ごたえは充分です。
特に、西の丸西南隅櫓から東の丸西南隅櫓までの景色が
よかったです。
 入城料は不要です。
 開城時間は未確認です。すみません(公園化しているのかな・・)。
この日は、曲輪内で産業フェア?らしきものが開催されていました。

 スタンプは良好です。
西の丸の文化会館北側、外の階段をあがった
2階入り口にポツンと置かれてあります。

 
熊本城
2007年10月7日
 九州2つめに訪れた城郭です。
 まさに圧巻です。圧倒されました。
飯田丸五階櫓、宇土櫓は、天守級です。
石垣も「二様の石垣」は必見です。
 個人な感想として、大天守・小天守は
外観は確かにほれぼれとするのですが、
中がいかんせんコンクリートなのが
惜しまれます。
 
 開城時間、4〜10月 8:30〜17:30、
      11〜3月 8:30〜16:30 です。
入城料は高校生以上500円です。旧細川刑部邸との
共通入城券は640円。別々に買うよりも160円お得です。

 スタンプは良好です。私は、櫨(はぜ)方門で押印しました。
入城券売り場の方に申し出れば、貸してくださいます。
 
岡城
2007年10月8日
 九州では3つ目に訪れた城郭です。
お昼過ぎに行きました。やや蒸し暑い日でした。
 なんといっても、ここは石垣でしょう。
ガイドブックなどに紹介されている見所に
偽りなし、といったところです。

 入城時間は未調査です。すみません。
入城料(観覧料)は、300円です。
駐車場奥に、観覧券売り場があります。
観覧券(登城手形)と一緒に
巻物風城郭案内がもらえます。
なかなかの値打ち物です。

 スタンプは良好です。
観覧券売り場の方に申し出れば、貸してくださいます。
松阪城
2007年10月13日
 早朝、思い立って、三重の2城郭に出かけることにしました。
朝の草津線、関西本線、紀勢線の接続が良かったので、
スムーズに移動できました。

 JR・近鉄松阪駅から、城郭跡へは徒歩15分といったところでしょうか。
野面積の石垣を見たあと、松阪市立歴史民俗資料館へ。
開館時間は午前9:00〜午後4:30。
入館料は100円です。

 ここのスタンプは良好です。受付の方に申し出れば貸してくださいます。
大変丁寧な対応で感激しました。
 「昭和をかざった電気製品展」開催中です。
『松阪城跡ガイドブック 松阪城再発掘』を購入。
780円です。
伊賀上野城
2007年10月13日
 近鉄松阪駅から、近鉄特急を乗り継いで
伊賀神戸駅へ。そこから、伊賀鉄道(もとの近鉄伊賀上野線)
に乗り換えて、約30分で、上野市駅に到着。
往復利用されるかたは、「オフピークフリー乗車券」(500円)がお得です。

 入城時間は、午前9:00〜午後4:45。
入城料は500円。

 スタンプは、天守入り口券売所でどうぞ。
スタンプは良好です。
受付の方に申し出れば貸してくださいます。
大天守1階右側のスタンプコーナーには
シャチハタ形式のスタンプが!初めて見ました。

 高石垣は是非ご覧ください。
大阪城
2007年10月13日
 通勤で行き来しながら、後回しになっていました。
石垣、打込はぎと切込はぎの融合がなんともいえないです。

 入城時間は、原則午前9:00〜午後5:00。
今は、午後6:00までです。
入城料は600円。

 スタンプは1階の入り口を入り、向かって左側の
受付嬢二人の入る案内コーナーへ。
申し出れば貸してくださいます。
2階のスタンプコーナーは、大阪城独自のスタンプです。
姫路城
2007年10月21日
 秋晴れの良い一日でした。

 JR・山陽姫路駅から、北へ徒歩約15分。
大手門から入り、正面登閣口へ。
開城時間は9:00〜17:00(入城は16:00まで)。
入城料は600円です。

 ここのスタンプは良好です。
券売所向かって左側頭上に
「臨時入口」という案内板がさがっています。
手前に、国宝4城とオリジナルのスタンプ、
やや奥まったところに、歴史街道と100名城のスタンプがあります。

 白鷺城の名の通り、白く透き通った城郭です。
今日は備前丸のみ重点的に見てきました。
赤穂城
2007年10月21日
 JR播州赤穂駅から徒歩約15分。
駅を出て正面の道をまっすぐ歩いていけば、
大手門と大手東北隅櫓に突きあたります。
 開城時間は9:00〜16:30(入城は16:00まで)
入城は無料です。

 100名城スタンプ設置場所は3カ所。
?本丸櫓門、向かって左側
?赤穂市立歴史博物館
?近藤源八宅跡長屋門
朱肉を用いて押すゴム印タイプでしたが、良好です。
それぞれにオリジナルスタンプも置いてあります。

 10年前は大手東北隅櫓しか記憶にありませんでした。
今回は、天守台跡など石垣を中心にじっくりと見てきました。
本丸櫓門内で、100名城写真展開催中です。
和歌山城
2007年10月28日
JR和歌山駅から徒歩20分、
駅前のけやき大通り左側をまっすぐ進んでください。
まずは大手門につきあたります。
 野面積み、打ち込みハギ、切り込みハギの
3種の石垣加工法が同時に見ることのできる
素晴らしい城郭です。
とくに、緑泥片岩の野面積みは荒々しく
徳島城の石垣を思わせます。
 天守の登閣時間は
11月までAM9:00〜PM:5:00(入閣はPM4:30まで)です。
12〜2月は終了時間が30分早まります。
入閣料は350円です。
天守は3層3階。内部はコンクリート造(一部木造)で
甲冑や刀剣、古文書の展示です。
おおよその和歌山城の歴史はつかめます。
 予想以上に天守からの眺めが良く、
「南海の鎮」と呼ばれたゆえんを認識しました。
 スタンプはゴム印。
天守入閣券を購入する窓口は緑色、
チケットをチェックする楠門では赤色です。
楠門には、独自のスタンプと歴史街道のも
置いてあります。
「史跡 和歌山城」のパンフレットは200円。
篠山城
2007年11月4日
 JR篠山口駅で下車、
改札口を出たら左に曲がり、
神姫バス「篠山営業所」行きに
乗車してください。約15分で「二階町」に
到着、運賃は280円です。

 思っていたより小さく、
ミニ二条城といった趣です。
南東側は工事中で立ち入り禁止でした。残念。
大書院、石垣、ともに立派です。
 この城の地政学的位置に思いをはせると
登城の楽しみも格別です。 
 
 スタンプは△(インクやや薄)。大書院受付のテーブルに置いてあります。
大書院は、AM9:00〜PM5:00(入場はPM4:30まで)
入場料は400円。
中央部分が薄かったので
受付のお姉さんにインクを補充していただきました。
お仕事中すみませんでした。
吉野ヶ里
2007年11月17日
佐賀空港から、佐賀駅バスターミナル行きのバスに乗り
JR佐賀駅へ。JR長崎本線鳥栖方面行きの普通に乗り、
スタンプのある東口には、JR吉野ヶ里公園駅で下車。
普通は1時間に2本しかないので注意してください。

 秋晴れの良いお天気でした。
丁寧に見ていくと3時間はかかるのかな?
 お薦めの場所は「北内郭」です。
ここを見れば、100名城の1つに選定された
理由が実感できると思います。
 展示室には出土品が展示されています。

 スタンプは○。良好です。セルフ押印できます。
受付のお姉さんに申し出れば貸してくださいます。

 開場時間は、季節によって違いますので
注意してください。現在は、9:00〜17:00です。
入場料は400円です。
佐賀城
2007年11月17日
JR佐賀駅のバスターミナル3番乗り場から
佐賀城行きに乗車。150円です。

 バスの終着点の目の前が
鯱の門です。佐賀城唯一の遺構。
屋根の上の鯱が見事です。

 本丸御殿を復元し、佐賀城本丸歴史館
としてします。御玄関で靴を脱ぎ、右に折れて
総合案内所にスタンプが置いてあります。良好です。
受付のお姉さんに申し出れば貸してくださいます。

 皆さんの登城報告にもあるように、
入館は無料ですが、「満足度に応じた寄付を
お願いします」とのことです。
開館は9:30〜20:00。
2007年12/7(金)〜2008年1/20(日)まで
「城の歴史〜佐賀城基礎知識〜」が開催
されるようです。

 道を挟んで向かい側にある県立博物館は
無料で見学できます。龍造寺氏・鍋島氏の
解説部分もあって満足でした。
宇和島城
2007年11月24日
 天守への登城口は2カ所。
桑折(こおり)氏武家長屋門と
上り立ち門です。
 時間的余裕のある方は、
桑折氏武家長屋門前の駐車場
(1時間110円)で車を止め、
上り立ち門(ゆっくり歩いても10分)
まで歩き、そこから登城されるのも
いいかもしれません。中腹にさしかかると
今は児童公園になっている長門丸があります。
長門丸、井戸丸の石垣も
じっくり眺めてみてください。
藤兵衛丸の野面積みの石垣は
なかなか見応えがあります。
藤兵衛丸の山里倉庫は、
城山郷土館(入館無料)となっています。
 天守は現存木造12天守のひとつで国重要文化財です。
天守の見所は、入り口の三つの家紋です。
あと、二の丸から見る天守もなかなかのものです。
 天守開城時間は9:00〜16:00、入閣料200円です。
 スタンプは良好です。入り口受付に置いてあります。
 時間的余裕のある方は、天赦園、伊達博物館へもどうぞ。
 これで自身100名城のうち、1/4達成です。
気長に気長に・・と言い聞かせつつも
はやる気持ちを抑えられない今日この頃です。
鳥取城
2007年12月9日
 JR鳥取駅から、徒歩では若桜街道を直進し、
約30分。100円循環バスくる梨
「青コース」は「県立博物館・仁風閣」下車、
「赤コース」は「県民文化会館」で下車して
徒歩5分です。
 山下の丸二の丸三階櫓石垣は必見です。
ただし、天球丸は復元工事中で足下が悪いです。
山上の丸への道のりは結構きついです。
朝から登りましたが、あいにくの雨で
傘をさしながらの登山となりました。
足の速い人で10分といったところです。
 スタンプは仁風閣受付にあります。
良好です。受付のお姉さんに申し出れば
貸してくださいます。
 観覧料は150円。観光案内所などに置いて
ある「文化・観光施設優待割引券」のパンフを
持参すれば、120円です。
開館時間は9:00〜17:00。
館内の鳥取池田家関係の展示は良かったです。
また、受付付近の記念スタンプ押印場所には
「鳥取城跡 附太閤ヶ平」の長細いパンフが
置いてあります(無料)。
 鳥取池田家、鳥取城の歴史を学びたい方は
ぜひ鳥取市歴史博物館「やまびこ館」へ。
鳥取城復元CGは必見です。
犬山城
2007年12月26日
 「国宝四城への旅 スタンプラリー」を
完結させるため、今年最後の登城の旅へ。
 名鉄特急で名古屋から「犬山」駅まで
約30分。「犬山遊園」駅で降りる方法も
ありますが、「犬山」駅で下車して
本町通りを北に上がるコースをお薦めします。
お寺通りもいいですよ。
 国宝の天守、久々に対面しましたが、
なんだかあっさり(?)した感じで
自分のなかでの感動はいまひとつ。
しかし、天守4階から金華山・岐阜城が
見えたときには、なんだか戦国時代に
タイムスリップした感覚になりました。
 天守・犬山市文化史料館・からくり展示館
3つで500円です。9:00〜17:00(入場は16:30まで)。
年末年始は開城日程を事前にチェックしておでかけください。
城郭関係の資料は犬山市文化史料館の受付で
購入できます。
 スタンプ(国宝四城も)は、本丸門の城郭管理事務所
に置いてあります。状態はやや△。強く押しすぎると
不鮮明になる可能性大です。
2018年10月 再登城。現存12天守松山城観光案内
スタンプ帳をコンプリート。
松本城
2007年12月26日
 特急「しなの」でJR松本駅へ。
名古屋からちょうど2時間です。
 駅からは徒歩も可能です。約15分。
黒門受付で天守・松本市立博物館共通観覧券を
購入。600円です。9:00〜17:00(入場は16:30まで)。
年末年始は開城日程を事前にチェックしておでかけください。
 惚れ惚れする国宝天守です。
寒空のもとぼうっと見とれておりました。
熊本城を思わせる黒漆下見板です。
内部も圧巻です。まさに戦闘のための城です。
それぞれの城主の家紋を記した軒丸瓦が
見所です。石落とし、狭間、花頭窓なども
じっくり見てください。
 スタンプ(国宝四城も)は、売店横の城郭管理事務所
入り口に置いてあります。状態は良好です。
国宝四城の景品は、売店で購入できる12枚組の
絵はがきかガチャガチャを5回まわして松本城ピンズ
http://www.gotohchi.com/koshinetsu_hokuriku/matsumoto_jyou.html
をゲットするかです。私は絵はがきを選びました。
犬山城のタオル(2枚)のほうがよかったかな・・。
高知城
2008年1月13日
 今年初めての登城です。
 入城時間、入城料、交通アクセスなどは
高知城のHPをご覧ください。↓ 
http://www.kochipark.jp/kochijyo/index.html
 現存木造天守12城のひとつです。
本丸の城郭建築が完全に残る唯一の城です。
小振りな本丸ですが、感動しました。
4重6階の天守に惚れ惚れです。
軒丸瓦は右三巴紋ですが、鬼瓦の上部分のみ
丸三葉柏紋です。
 スタンプは良好です。
本丸御殿入口にあります。
受付の方に申し出れば貸してくださいます。
 五藤吉兵衛の子孫の書店「冨士書房」に
岩崎義郎(2001)『高知城を歩く』高知新聞社
(本体1,714円+税)がありました。
 土佐山内家宝物資料館↓
http://www10.ocn.ne.jp/~yamauchi/
にも資料が販売されています。 
 これで、日本100名城のうち、
四国は制覇しました!
追加情報
 土佐山内家宝物資料館の入館券を
高知城本丸御殿の入り口で見せれば
団体割引料金で入城できます
(逆も割引です)。
鹿児島城
2008年1月26日
 飛行機で遠征しました。
 鹿児島空港に着くまで、
人吉城か鶴丸城かで心が揺れていましたが、
飛行機の到着時刻を見て、
あっさりと人吉城をあきらめました。
 期待が大きすぎるとがっかりするかもしれません。
曲輪には遺構がほとんど残っていませんので・・。
砲弾の跡の生々しい石垣を見ると
西南戦争の激しさを想起できます。
北東面石垣の入隅が見られたのでよしとします。
 スタンプは良好です。
鹿児島県歴史資料センター黎明館
http://www.pref.kagoshima.jp/reimeikan/
1階の総合案内で申し出てください。
黎明館のスタンプも2種あります。
館内展示の鶴丸城模型は必見です。
 「鶴丸城跡」のスタンプが
二の丸跡に建つ県立図書館入り口すぐに
置いてあります。
  時間的余裕のある方は
照國神社に行ってみてください。
石灯籠などに島津家の家紋「十文字」を確認できて
見ごたえ充分です。照國文庫資料館(大人100円)
もご覧ください。
 登城で満足できなかったので、
黒豚とんかつ膳とさくらビールで
満足しました。
小谷城
2008年1月27日
 今回はスタンプ押印のみにしました。
春先に登城したいと思います。
 過去、文献で縄張図を見ていましたが、
さずが戦国五大山城に挙げられるだけあって
巨大な山城です。
 スタンプは良好です。
小谷城戦国歴史資料館
http://www.town.kohoku.shiga.jp/sengoku.htm
受付入口にあります。
JR河毛駅より徒歩約20〜30分、約2kmです。
道に不安のある方は、河毛駅の方に聞くと
いいかと思います。
小さい展示室ながらも、第1、第2と分け、
小粒ながらも資料は充実していると思います。
 その後、
滋賀県立安土城考古博物館
http://www.azuchi-museum.or.jp/
の開館15周年記念 第35回企画展 
「信長と安土城−収蔵品で語る戦国の歴史−」
に立ち寄りました(というよりも
今日はこちらがメインだった?)。
福山城
2008年2月1日
 出張で前乗りして、登城しました。
コンクリートで復興した天守内は
福山城博物館
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyamajyo/
となっています。
 やはりコンクリート天守は味気ないです。
おまけに内部の展示は、昭和40年代で
時が止まっているという感じです。
もっと積極的に福山城を知ってもらう内容に
できないのか、ちょっと悲しくなってきました。
 伏見櫓、筋鉄御門は重要文化財です。
見ごたえあります。
 スタンプは良好です。
天守入口を入り、入城券(大人200円)を買って
階段左手に登り終えた突き当たりの詰め所に
置いてあります。受付の方に申し出でください。
押す場所の面がやや凸凹です。注意してください。
加えて照明が薄暗いです。
 時間の余裕のある方は、近辺の広島県立歴史博物館
http://www.manabi.pref.hiroshima.jp/rekishih/
へどうぞ。あの草戸千軒に関する展示があります。
福山城に関する出版物はここのショップでどうぞ。
2冊置いてあります。 
広島城
2008年2月2日
 天守の開城時間前からたっぷりと観察しました。
 まずは、二の丸へ。見事な角馬出しです。
復元された表御門、平櫓、多聞櫓、太鼓櫓は
一部を除いて無料で見学できます。
 天守はご存じのように被爆して
あとかたもなくなりましたが、
コンクリートで外観復元されました。
http://www.mogurin.or.jp/rijo/rijo.main.html
2基の小天守があればより映えたことでしょう。
 福山城と違い、内部展示は充実していました。
入城口階段をあがってすぐの広島城模型は必見です。
圧巻です。かなり大きな城郭だったことがわかります。
櫓の多さに驚きです。
 スタンプは良好です。売店で呼び鈴を押して
受付の方に申し出てください。
 2/9(土)〜6/15(日)の期間、会期中無休で
天守再建50周年記念事業として
天守第4層で写真展示があるようです。
タイトルは「広島城の近代」「広島城の50年」。
 石垣の構成がなんとも複雑です。
毛利製か福島製か浅野製か・・
見ながら考えるのも一興です。
 縮景園もおすすめです。
駿府城
2008年2月22日
 大御所四百年祭も終盤です。
JR静岡駅から徒歩約10分です。
 典型的な輪郭式縄張。
内堀は完全に残っています。
本丸堀は南東・東部分が発掘されています。
外堀を制覇するには、やや時間がかかるでしょう。
しかし、石垣刻印を探し出すという楽しみがあります。
 本丸売店に観光案内所があります。
そこで、「駿府城独案内」というパンフを入手されてから
登城すると、観察もスムーズに進むでしょう。
 二ノ丸東御門と巽櫓。中の展示もさることながら
復元された内部をじっくり観察されることをお薦めします。
無料で音声案内もあります。
http://www.city.shizuoka.jp/deps/kouen/koshin_kouen_higashigomon_web_index2.html
スタッフの皆さんは大変応対が丁寧で親切でした。
 スタンプは、東御門券売所にあります。
受付のお姉さんに申し出れば貸してくださいます。
なぜか警備員さんが、彦根城スタンプの劣悪さを
語られたのには、驚きました。
江戸城
2008年2月22日
 とりあえず和田倉休憩所にて押印。
良好です。
放置されているので、盗難がやや心配です。
 月に1回、東京出張が入りましたので、
今後じっくりと登城していきたいと思います。
追記
 2ヶ月ぶりに登城。
九段会館を経て清水門から攻めました。
北の丸を抜けて、乾門(警備厳重!)、
北桔橋門から東御苑に入りました。
旧本丸、見所満載です。
 大手門、巽櫓、伏見櫓を二重橋ごしに眺めたのち、
楠公レストハウスで2回目の押印。
和田倉休憩所のよりこちらのスタンプが
綺麗に押せました。
 ちなみに、(財)日本城郭協会が発行している
全国版のスタンプ帳をいただきました。
情報提供、ありがとうございます。
レストハウスの店員さんに頼めば
スタンプとともに奥の方から
持ってきてくださいました。
観音寺城
2008年3月29日
 滋賀県立安土城考古博物館で開催中の
第35回企画展「信長と安土城」の後期展示が
未見だったので、閉幕ぎりぎりに行きました。
ここで観音寺城古城図をばっちり見学してきました。
膳所城図を見るのは4回目でしたが、
いつ見ても綺麗な図です。
 公共交通機関を利用される方は、JR安土駅で下車。
駅前のレンタサイクル利用が無難でしょう。
2時間500円。保証金500円を預けることになりますが、
あとで返却してもらえます。
 スタンプは良好です。石寺楽市会館で押印。
JR安土駅から自転車で15〜20分です。
 登城はもう少し暖かくなってから・・。
滋賀県、まだ桜が咲いていません。
 蛇足ですが、琵琶湖文化館が明日3・30(日)をもって
休館となります。明日は入場無料で見学できるそうです。
混雑が予想されますのでお早めに。
収蔵されている仏像群は一見の価値ありです。
休館後は、安土城考古博物館に移管されるのでしょうか?
岐阜城
2008年4月4日
 10年以上前、ロープウェイに乗るお金をけちり、
めい想の小径(水手道)を往復したことを
なつかしく思いつつ、ロープウェイで登城。
ロープウェイのチケットの裏側に、親切に登城案内が
記してあります。これを頼りに登城されると
よいでしょう。
 季節により、天守入城時間、ロープウェイ営業時間が
異なりますので、事前に調べてください。
 天守よりやや下がったところに
スタンプ設置場所の岐阜城資料館があります。
残念ながら、スタンプの状態は△です。
これもひとつの味と思って(私だけ?)
綺麗に押すのはあきらめて押印しました。
ただ、これで落胆しているようでは
関東での登城で立ち直れるかどうか心配です・・。
 岐阜城資料館受付近くの図書コーナーウィンドウの上に
最新版の『城のしおり』(全国城郭管理者協議会、
平成20年3月1日発行)を見つけ、無料でいただきました。
少し得した気分です。
 帰りには山麓売店で岐阜城のパンフレット(1,000円)、
岐阜市歴史博物館で数冊、岐阜城関連の展覧会図録を
購入し、名古屋城に向かいました。
名古屋城
2008年4月4日
 年に1度の、西北隅櫓と東南隅櫓の同時公開を
ねらって、登城しました。
 滞在は短時間でしたが、事前にしっかりと予習して
登城したので、効率よく見学することができ大満足です。
お薦めコースは
外堀1周→正門→西の丸→御深井丸→不明門→本丸
→小天守・大天守→本丸御殿跡→表二之門→二の丸
→埋御門跡→東門  です。
東南隅櫓3階の北面の格子越しに臨んだ
大天守・小天守は、満開の桜と調和して大変綺麗でした。
石垣だけ見ていても飽きないです。
 スタンプは良好です。私は、正門受付で押印しました。
 正門横の売店で、名古屋城関連の書籍と
名古屋城検定のテキスト(1,300円!)を購入。
名古屋城検定は5/10(土)実施。テキストは持ち込み可!
検定料2,000円も含めて、本丸御殿再建の資金になると思えば、
安いのかも・・。ちなみに西之丸展示館で
本丸御殿復元協賛イベントが開催されていました。
本丸御殿復元説明パンフや基金への寄付金申込書などが
入手できます。
 大天守2階では、「城の春〜さくらの美術〜」展開催中です。
飫肥城
2008年4月20日
 日帰りの強行軍でした。
飫肥での滞在時間、わずか1時間30分!
しかし、要領よく要所を駆け抜け(!?)、
厚焼卵、おび天、芋焼酎などの名物も
しっかり賞味してきました。
今度はゆっくり登城したいな・・。
 あとで発見したのですが、
宮崎空港から飫肥までバスを利用・乗り継ぐ場合、
宮崎交通バスが販売している「乗り放題ワンデーフリーパス」が
断然お得です。大人2,500円。
このパスは全国の有名4大コンビニで購入できます。
私は、その存在を知らなかったために、
片道1,610円+390円を支払う羽目になりました。
 バスは飫肥行き直通が少ないです。
油津・日南行きに乗る場合、「山形屋前」で降りると
飫肥行きに乗り換えられます。本数は1時間約3本と少ないですが・。
宮崎空港案内カウンターで詳細なバス時刻表・路線図がもらえます。
 日南海岸の千畳敷の眺めは格別です。
 スタンプは良好です。松尾の丸受付と豫章館受付にあります。
歴史資料館、松尾の丸ともに受付のお姉様たちは
親切丁寧で聞き上手・話上手でした。ありがとうございます。
金沢城
2008年7月21日
 暑い中40城目達成。
城内にある石垣見学コースの案内板に沿って登城。
櫓もさることながら、石垣を存分に楽しみました。 
 スタンプは、石川門入り口案内所の
守衛さんにお借りして押印。
状態は良好ですが、ややにじみますので
ご注意ください。
 意外と穴場だったのが、
石川県立歴史博物館近くにある
藩老本多蔵品館です。
本多の家紋「立ち葵」が
映える名品が揃っています。
岩国城
2008年8月26日
 JR新岩国駅までは、引退間近の「0系」で
時間をかけてゆっくりと・・。しかしながら
冷房が寒すぎる!昔の車両だから調節できないのか?
 新岩国駅からは、バスで
錦帯橋バスセンターまで約15分。280円。
 皆さんもご指摘の通り、
錦帯橋・ロープウェイ往復・岩国城入城料セット券は
930円。錦帯橋を渡り、ロープウェイ乗り場まで。
毎時0・20・40分の運行。時間を合わせて利用してください。
 外観復元・模擬天守は、それなりに見ごたえはあります。
それ以上に、私は北の丸の空堀にびっくりしました。
ぜひ見ておいてください。
 スタンプは良好です。天守入り口にてお借りしました。
受付のお兄さんは、クラブのお姉さんにいかに気をつかうか
という苦労話を、もう一人の受付のお姉さん相手に
熱弁をふるっておられましたので、
岩国城のことについておたずねするのはやめました。
 吉川史料館にも立ち寄りました。
吉川家に関する史料は充実していそうです。
徴古館は8/30まで休館とのことです。
一声掛けて図録だけ見せてもらい販売してもらいました。
川越城
2008年10月19日
 保存修理のため、長期にわたるお休みを
とられるということで、急遽登城しました。
朝1の「のぞみ」に乗り、池袋から
東武東上線川越駅(池袋〜川越450円、急行で約30分)から、
イーグルバスに乗車(駅前〜本丸御殿前180円)
 ちょうど川越祭の日で、祭の山車巡行を堪能
しました。
 スタンプは大変良好です。
本丸御殿は高知城本丸御殿を思い描いて登城すると
やや拍子抜けするかもしれません。
ただ、歴代藩主の説明書きや展示の数々は
よかったと思います。
富士見櫓跡も訪れましたが、なんだかさびしかったです。
ただ、将来に向けて復元計画があるらしく、
町を歩いていると、「復元計画チャリティー」の文字が・・
(具体的な行事名は忘れました)。
 川越市立博物館の展示を堪能しました。
ジオラマはすばらしいです。
図録もたくさん買い込みました。
 共通入館券を購入すると、ややお得です。
佐倉城
2008年10月28日
 東京出張の際に登城。
前回、川越城の登城時に登城する
計画でしたが、行けなかったので、
今回は満を持して・・。
 京成電鉄日暮里から京成佐倉まで
特急で約50分、640円。
京成佐倉駅前から徒歩で約15分。
 スタンプ設置場所、本サイトでの情報が役立ちました。
ありがとうございます。
一応、国立歴史民俗博物館の受付で
聞きました。丁寧に教えてくださいました。
スタンプは良好です。ゴム印です。
 空堀のあまりの深さに驚きました。
さすが関東の土づくりの城。
高取城
2008年11月3日
 休日を利用して念願の山城へ・・。
 まずは、夢創館へ。
ここでの情報通り、おばさんは
とても親切で応対は丁寧でした。
高取城の復元CGと現在との比較映像を
見せていただきました。
「高取城の図」(縄張り図)10円、
「WELCOME to TAKATORI-まちあんないNo.1-」100円
を購入。近畿版のスタンプ帳が置いてあります。
 スタンプは大変良好です。
インクを補充された後とかで、
押す際にはご注意を。
 土佐街道は、思った以上に風情があって驚きでした。
 夢創館の駐車場から、車で、本丸近くの七つ井戸下の
空き地まで登りました。そこから徒歩で
七つ井戸〜本丸〜二の門井戸・猿石の往復コースで
登城しました。天守台の石垣は圧巻でした。
その他の石垣も、在りし日を思い起こさせる存在感で、
日本一といわれる山城址を堪能しました。
千早城
2008年11月3日
 高取城をあとにして、車で、千早城へ向かいました。
 やはり、情報通り、まずは、「まつまさ」へ。
駐車料金は600円ですが、「まつまさ」での食事・買い物
2,000円以上で1時間、4,000円以上で2時間無料となります。
私は、「しいたけごはん」650円を食しました。まあ、ふつうです。
 スタンプは、レジの右横に置いてあります。
やや薄目でしたが、強めに押せば問題ありません。
ちなみに、四の丸の茶店にもあるとのことですが、
私は実物未確認です。
 「まつまさ」より、金剛山道を右に曲がり、千早城址へ。
 はっきり言うと、100名城に選定された理由に悩むほどに、
城の遺構をはっきり確認できません。
しかし、四の丸からの大阪の風景はすばらしいです
(残念ながら今回は曇っていましたが・・)。
千早神社を見たとき、楠木正成と天皇家との深いつながりを
感じました。
松江城
2008年12月21日
 2008年は、松江城で終了です。通算46城目です。
  3/29(日)に2回目の登城。
天守は想像以上に大きくてびっくりします。
現存天守で3番目の高さです。
一重目・二重目の黒々とした下見板張が
とても印象的です。
腰曲輪の石垣、二の丸の東半分の石垣と西半分の土塁を
対照的に見ると面白いです。
 スタンプは良好です。
天守受付の入り口で。
竹田城
2009年3月28日
 3か月ぶりの近世城郭への登城。
3/16(月)には、摂津・河内の要の城、
飯盛山城へ登城しました。
解説は、あの中井均先生!幸運でした。
 今回は、友人に車を出してもらい、
竹田〜津山〜松江〜月山富田のルートで
1泊2日の登城。
 47城目。JR竹田駅内の観光案内所で
スタンプ押印。良好です。強く押しすぎると
滲みますので要注意。
 15年ぶりの登城でした。そのときは
青春18きっぷの旅で、駅前の登城道から
登城したのを覚えています。
 今回は、予習済みだったので
縄張りや石垣配置をばっちり堪能しました。
近畿の100名城はこれでようやく制覇。
津山城
2009年3月28日
 48城目。
ここも15年ぶり。津山駅からてくてく歩いたのを
思い出します。
 最初、間違って、北側の会館の駐車場に入ってしまいましたが、
薬研堀が見られたのでよかったです。
 津山森家を意識しだしてから、
ぜひとも登城してみたい城郭の1つでした。
 こんなに縄張が複雑だったとは!
実戦を相当意識していたんだなとびっくりしました。
登城料として210円。郷土博物館との割引もあります。
 スタンプは備中櫓にて押印。良好です。
 天守台には感動・五重の天守を頭に思い浮かべながら
地階部分に佇みました。
月山富田城
2009年3月29日
 49城目。
前日は松江泊。
朝から、出雲大社〜松江城(2008年12月に登城済み)とたどり、
午後3時半頃到着。
 資料館横の道の駅で遅い昼食をとったあと、
まずは安来市立歴史資料館でスタンプ押印。
やや薄いものの良好です。
ここの展示は思ったより充実していました。
 途中、山中御殿まで車で行き、そこから登城。
駐車スペースは限られているので注意してください。
 山頂の曲輪、しっかりと確認できました。
二の丸と本丸の切岸がしっかりと確認できます。
 今回の登城旅はこれで終了。
備中松山城
2009年7月11日
 記念すべき50城目。
 JR岡山駅から、特急やくもに乗り、
JR備中高梁駅で下車。
駅前右手の備中松山城観光乗合タクシー
(片道420円)を利用。御根小屋跡の石垣を
車窓に見つつ、ふいご峠広場駐車場に到着。
 3時間かけて、前山、小松山、天神の丸、大松山を
周りました。大松山にはこの時期長袖長ズボンで
行かれることをお勧めします。
草木が多く、案内標識を確認するのに苦労しましたが、
主な遺構は確認してきました。道にはぐれないよう、
縄張図・地図を持って行ってください。
 小松山の天守曲輪は小さいながらも均整のとれた
構成でよかったです。
天然の岩盤を利用した大手口や三の丸の石垣は圧巻です。
復原された六の平櫓内のVTRは
時間があれば見ていってください。
 スタンプ良好です。南御門受付で。
 帰りは、遠州堂で「のべし」を購入。
お土産物屋さんは総じて愛想がよくないと感じたのは
私だけか?城下町はじっくり見られませんでしたが、
頼久寺庭園でしばしの休息。庭を駆け抜ける夏風が
大変心地よく感じられました。
鬼ノ城
2009年7月11日
 51城目。
 JR備中高梁駅からJR伯備線普通でJR総社駅へ。
このサイトで教えていただいた
「観タクン」(4,900円。400円分の金券がついてくる)を
利用。運転手さんは、「鬼ノ城だけなら観タクンはもったいないよ」
とアドバイスを受けつつ、ビジターセンターへ到着。
 まずは押印。スタンプ良好です。
ゴム印タイプでした。
 1時間で4門を制覇。古代山城の壮大さに驚きました。
吉備の国の豊かさに思いをはせました。
 帰りは、JR総社駅前の菓子匠「平川本店」総社駅前店で
お菓子購入。なかなかの美味です。
五稜郭
2009年9月3日
 52城目。
函館空港からバスに乗り、
午後3時過ぎに五稜郭近くのホテルに
チェックイン。
 まずは公園管理事務所を目指す。
スタンプは良好です。
 復元工事中の箱館奉行所が姿をあらわしていました。
総工費35億円!とのこと。箱館開港150年の今年に
竣工させるはずが、費用負担でもめたらしく来年にずれこんだとか。
NHKの夕方ローカルニュースでも取り上げられていました。
 城内はその復元工事のため立ち入り禁止区域が多くて
あまり見られず。最後は新タワーから全景を眺める。
展望台に昇るエレベータ内。タワー展望チケットが
青白く光ることをご存知でしたか?
年甲斐もなくちょっとした工夫に驚いた次第です。
松前城
2009年9月4日
 53城目。
 函館駅午前7時ちょうど発の
特急スーパー白鳥10号に乗車。
木古内駅午前7:38着。
函館バス松前バスターミナル行きが
7:41ですぐの連絡。バス停「松城」に9:10着。1,220円
12:41の木古内駅行きのバスにあわせて、登城しました。
 入城料(350円)を払う受付でスタンプ押印。良好です。
「概説 松前の歴史」を購入。1,200円。
縄張りで見所があまりなく、少々がっかり。
土塁や城郭東側の復元物をくまなく見る。
本丸御殿跡に尋常高等小学校があったようです。
でも、城郭北側の寺町のお寺には満足。
 蝦夷松前龍野屋さんで、松前漬(100g315円)購入。
旅館矢野の売店で桜アイス(370円)購入。
そば屋さん「まるに」でなっとそば(820円)を食す。
 昔の栄華を思えばなんだかさびしくなる
現在の松前です。
岩村城
2010年3月22日
 半年ぶりの登城旅行。2010年最初の登城です。
今回は1泊2日の日程で、関ヶ原→名古屋城(名古屋泊)
→岩村城→長篠城→岡崎城と攻めました。
 岩村城で54城目。
  スタンプは良好。
岩村町歴史資料館で。入館料400円。
城郭の古地図は見ごたえがあります。
 念願の山城だけに、一歩一歩かみしめつつ登城。
6段石垣もさることながら、
中世の遺構(大堀切)も確認できて満足です。
この岩村城で日本三大山城をすべて制覇。
長篠城
2010年3月22日
 55城目。
 スタンプは良好。
長篠城址史跡保存館にて。入館料210円。
受付の男性、無言。もてなしの心がありません。
いろいろ聞こうと思っていただけに幻滅しました。
 南側の橋まで行き、天然の要害であることを
実感しました。
 予定では岡崎城のスタンプをギリギリ午後4時半に
押す予定でしたが、東名高速の事故渋滞のあおりを受けて
一般道でむかったところ、一般道も渋滞。
岡崎城は残念ながらスタンプが押せませんでした。
しかし、しっかり縄張は確認し、本丸付近をくまなく
見て回りました。左近将監さんのがっかり具合には
同感です。
大野城
2010年9月15日
 6か月ぶりの100名城登城です。
水前寺清子状態です(古いか・・)。
56城目。あいにくの曇り空。
 西鉄太宰府駅で降り、
レンタサイクル(500円、電動は1,000円)。
 冒険でしたが、「県民センター」の
道路標識を頼りに、舗装されたさびしい山道を
漕いでのぼりました。
 大宰府口城門を見つけ、じっくり観察。
県民センター事務所を探すも、頂上の案内地図では
皆目分からず断念。
 もちろん、岩屋城跡には立ち寄り、墓参りをすませて
本丸跡へ、最高の眺めでした。
 スタンプは、大宰府展示館で。
インクがかなり濃くちょっと失敗。
福岡城
2010年9月15日
 大野城跡に登城し、太宰府天満宮に参拝した後は、
福岡市内へ戻る。57城目。
 ちょっと疲れていたので、地下鉄空港線に乗り、
赤坂駅で下車。登城開始。鴻臚館展示館でスタンプ押印。
大変きれいに押せました。
 事務所のおじさんに福岡城のあれこれを教えてもらう。
あまり予習していなかったので、大変ためになり、大満足。
 本丸の石垣をじっくり眺める。
黒金門跡には感動。黒田父子の縄張りの妙を実感。
 今回の登城旅はこれにて終了。
 翌日は2回目の大分府内城登城。
スタンプは会館の外に置かれていました。
大変きれいに押せました。
 
津和野城
2011年5月24日
 久々の登城でした。58城目。
あこがれの津和野城跡。
 前日の雨がやむかどうか
心配でしたが、夜明け前には晴れました。
 6:30からリフト乗り場付近の山道入口
から登城開始。約20分で本丸到着。
 最初は薄暗い曇り空で霧がかかっており、
石垣などがすっきり見えにくい状態でした。
やがて、8時前から明るく朝陽が差し込み、
石垣がくっきり見え始めました。
しっかり仕事をすませて平日にきた甲斐がありました。
 スタンプは、リフト茶屋で押印。8:30〜17:00までです。
スタンプ良好です。
八王子城
2011年9月16日
 四か月ぶりの百名城登城。
この間、連続講座「近江の城郭〜歴史の舞台
となった城」に参加していました。
 今回は、初めて触れる後北条の土の城です。
 前日に、八王子市郷土資料館へ行き、図録を購入。
 早朝から、最初は滝山城にアタック。
予定には入れていなくて思いつきで行ってしまったので、
縄張図もなく、おまけに蚊と格闘しながら攻めました。
八王子駅前からバスで11番乗り場から「滝山城址下」
下車(300円)。
巨大な空堀、馬出、堀切・・圧倒されました。
 再び八王子駅へ戻り、高尾駅へ移動。
八王子城へ。59城目。
バスで1番乗り場から「霊園前」下車(180円)。
登城口まで10分ほど歩き、管理事務所に到着。
スタンプ良好です。
 真夏の暑さと蚊にやられ、山頂部の遺構を
思うように確認できず、残念。
でも、北条氏照の両方の居城が見られて満足でした。
鉢形城
2011年9月16日
60城目。
 八王子城をあとにして、高尾駅へ戻り、八王寺駅へ。
八高線に乗り、高麗川でディーゼル車に乗り換え、寄居駅へ。
寄居駅にはコインロッカーがありません。
大きな荷物を持ち歩く方は要注意です。
 真夏並みの暑さの中、歩いての登城を覚悟しましたが、
駅に降り立ってみると、な、なんと
「電動自転車、無料貸し出し」の貼り紙が・・。
地元の観光協会の方々が、10月半ばまで試験的に
おこなっておられるようです。
本当に助かりました!
 まずは、鉢形城歴史館へ。受付で入場料(200円)を払い、
スタンプ押印。良好です。図録も購入しました。
 歴史館の展示を見たあと、外曲輪から登城開始。
深沢川沿いの土塁や堀にまずびっくり。
電動自転車で移動して、二の丸、本丸へ。
八高線線路沿いの堀や土塁の大きさに驚きました。
二の丸の馬出、堀は見ごたえがあります。
 後北条氏の土の城を堪能した一日でした。
帰路は、東武東上線寄居駅から池袋まで。
小田原城
2012年5月18日
 61城目。
 約8か月ぶりの100名城登城。
ペースはかなりにぶっていますが、
ぼちぼち行きます。
 予定していた午後のひかりが、
「架線への飛来物」(ビニール袋)
除去作業のため、40分遅れ。
仕事の方々と待ち合わせをしていたので
予定していた登城時間1時間も、
結局20分しかなく
タクシーで天守を往復したのみ。
スタンプだけ押印。やや濃いめでした。
押印時には試し押しをお薦めします。
天守1階で、城絵図(文久図)を購入。1000円。 
 小田原はなかなか来にくいけど・・他日を期します。
山中城
2012年5月19日
 62城目。
 仕事上でお付き合いのある方々と視察の途中で
降ろしていただき、2時間たっぷり堪能しました。
 5/21が山中城祭りでその準備が朝から始まっていました。
日が合えばな・・残念。
 西の丸、すり鉢曲輪から、きれいな富士山がばっちり見えて
良かったです。むろん初!障子堀も堪能しました。
 縄張りはばっちり頭に入れたつもりで登城しましたが、
本丸、二の丸、北の丸への接続を探すのに
本当に迷ってしまいました。滝山城といい、山中城といい、
北条の山城の縄張りの妙を体感しました。
 スタンプ、山中城跡駐車場のお茶屋さんで。
営業時間外のときは、外にスタンプがありますのでご安心を。
外のスタンプで押印。薄目でしたが形はバッチリです。
春日山城
2012年8月4日
 63城目。
 スタンプは、登城より先に
春日山城跡ものがたり館
http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/kanko/kankou-shisetu-jo-10.html
で押印。良好です。
 8/6(月)に登城しました。
http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/kanko/kankou-kasugayama.html
千貫門のあったといわれる曲輪の空堀は壮観でした。
 本丸の土は、当初の高さより10cmほど低くなったそうです。
あまりにも訪れる観光客が多くて土が削られたそうです。
おそるべし、謙信公人気。
 各曲輪の切岸を堪能しました。
岡崎城
2013年6月23日
 幻の56城目でしたが、無事、64城目となりました。
スタンプは天守1階で無事押印。良好です。
綺麗に押せました。
 東隅櫓の内部を見てきましたが、1階の奥の部屋に
エアコンと流し台と机があって、「えっ」と一瞬絶句。
いくつか城郭建築を見てきましたが、こんなにも
近代的な内部の櫓建築は初めて見ました。
 復興大手門の眼前にそびえたつ高層マンションは
なんとかならなかったのでしょうか。
とても残念です。
 三河武士のやかた家康館、コンクリート天守内の
ビデオなど、展示解説が詳しくて良かったです。
 縄張のみどころは青海堀です。
郡山城
2013年7月13日
 65城目。
 金曜日の晩から、地元で数少ない宿、
「いろは家旅館」に泊まり、早朝4時から
4時間かけてじっくり縄張を取りました。
とにかく曲輪の多さにびっくりです。
旧城本丸への道のりはややハードです。
 現在のスタンプは、強く押すとやや滲みますので
注意してください。きれいに押せました。
吉田歴史民俗資料館の展示をじっくり見たかったのですが、
午後いちの仕事に備え、午前10時に毛利の旧本拠地から
新本拠地広島へと向かいました。
名護屋城
2013年7月16日
 66城目。
 JR唐津駅前12時31分発のバスに乗り、
名護屋城博物館を目指しました。
休館日でしたが、守衛室でスタンプを押印
させてもらいました。良好です。
 大手口入り口で、環境整備費(?だったか)
100円を納めてください。
パンフレットがもらえます。
 大手口からぐるっと2時間かけて
縄張を取りました。
 縄張り図を見ていて、
山里丸へは三の丸から行けると思い込んでいて、
失敗しました。「桃山市」という道の駅の
交差点からしか行けないようでしたが、
猛暑で断念しました。
 本丸や天守台からの海の眺めは格別でした。
 唐津駅から路線バスの昭和バスで行かれる方は
時刻表の後ろのほうに掲載されている
昭和バス時刻表をよく調べて行くとよいです。
帰りで気をつけていただきたいのは、
呼子行きのバスが、そのまま唐津駅のバスに
なるので、運転手さんによく確かめて
乗り換えをしてください。
山形城
2013年8月28日
67城目。
 事前に縄張図で縄張を取りながら、
今回は本丸、二の丸にしぼって
登城することにしました。
 朝7時半から二の丸南大手門からスタート。
まずは、二の丸の堀を、外から西→北→東大手門(木造復元)と
1時間半かけてじっくり歩きました。
石垣は4つの枡形虎口のみに使用され、あとは土塁です。
土塁は高さ約8〜10mほどか?かなり大きな規模に驚きました。
 本丸は、一文字大手門が、現在復元中のため、木橋は渡れず。
8/31に現地説明会があったようです。
山形市役所のHPに現地説明会資料がアップされています。
 驚きだったのは、二の丸土塁上の塀礎石が
完璧とは言わないまでも、かなりしっかり残っていること。
二の丸坤櫓の礎石がきれいに発掘されていました。
堀田氏時代の鬼瓦が見つかったようです。大きな発見です。
 午前11時ごろに、東大手門櫓門内部→最上義光歴史館とまわり、
12時前に登城を終えました。本丸一文字門と三の丸土塁は次回に。
掛川城
2013年9月13日
 68城目。
 このラリーが始まってから
ずっと新幹線の車窓から眺めてばかりでしたが、
ようやく登城できました。
夏の暑さがぶり返し、汗だくになりました。
 スタンプは二の丸御殿玄関にて押印。
やや薄め。
許容範囲ですが、もう少し濃くでたほうが良いかな。
ここに、絵図の複製や天守復元記録の本(3,000)など
城関連のグッズがたくさん売られています。
二の丸御殿は見ごたえありました。
 天守丸、天守は、やや拍子抜け。
日本初の本格木造復元はわかるのですが、
完全に史実に基づいていないところに
スッキリしないもやもやが・・。
十露盤堀、三日月堀は見ごたえありました。
仙台城
2014年3月24日
 69城目。
 久々の100名城登城。
スタンプは、本丸の仙台城見聞館にて。
良好です。

 縄張の妙に感嘆。じっくり堪能しました。
個人的には、本丸の埋門がおすすめです。
本丸会館の青葉城資料展示館、
復元CGは見ごたえありです。

 一部、通行止めがあったり、清水門の石垣は
間近で見ることができません。
盛岡城
2014年3月25日
 70城目到達。

 盛岡城の石垣、堪能しました。
復元CG図を持ち歩きながら登城すると
いっそう楽しめます。
 スタンプはもりおか歴史文化館にて押印。
良好です。展示内容もgoodです。
南部家の歴史と南部家の政治が
比較的短時間で理解できるようになって
いると思います。
高岡城
2014年5月16日
 71城目。念願の高岡城跡。
 時間の都合で、日本三大仏高岡大仏は
スルーしたものの、朝5時からたっぷり
3時間、縄張をしっかりじっくり堪能しました。

 高岡市立博物館でスタンプ押印。
良好です。博物館の展示内容は良いと
思います。時間があればじっくり見たかったです。 
水戸城
2014年8月17日
 72城目。初の茨城県入り。
 JR水戸駅→東二の丸→本丸→二の丸→三の丸
の順で登城。くまなく縄張をとりました。
 曲輪内はほとんどが学校の敷地ですので
立ち入り禁止ですが、藥医門は見学可能です。
本丸堀、二の丸空堀、三の丸空堀の深さに
驚きました。
 スタンプは、弘道館料金所で押印、良好です。
弘道館、見事に修復されていました。
職人技に拍手です。
 足を伸ばして、偕楽園へ。好文亭の襖絵が
良かったです。
白河小峰城
2014年8月28日
 73城目。
 修理中は知っていたので、
とにかく見られる縄張、石垣は見て
おこうと、周囲をくまなく歩きました。
本丸は全面立ち入り禁止。
立て看板によると、2015年春には
完全修復後に公開の模様。
いつかまた三重櫓や本丸の石垣が
じっくりたっぷり見られることを
祈念しつつ、二本松城へ向かいました。
 スタンプは、JR白河駅の観光協会窓口で。
良好でした。
二本松城
2014年8月28日
 74城目。
  8年前に初めて訪れたときは
まだ城郭めぐりに目覚めていなかったので、
本丸石垣と天守台・東櫓台からの眺めしか
記憶していませんでした。
 今回は、JR二本松駅⇒大手門跡
⇒歴史資料館⇒三の丸箕輪門⇒本丸
⇒空堀⇒搦手門⇒洗心滝⇒るり池⇒三の丸
というルートで登城しました。
 登城していくと、中世城郭と近世城郭の
融合を実感できました。土塁、切岸、堀切が
しっかり確認できました。
 スタンプは歴史資料館のほうが
良好です。丹羽家の資料を200円で
購入しました。丹羽家って不思議ですよね。
もっと丹羽家について勉強したいです。
弘前城
2014年9月21日
 75城目。100のうち、あと1/4まで
たどり着きました。ここまで足かけ8年。
 10月から10年間の本丸東側の石垣修復工事と
天守移設が始まるというので、
今の姿を目に焼き付けておこうと
急遽登城しました。
飛行機からはっきりと弘前城跡が
見えて感激しました。

 滞在時間たったの5時間でしたので、
西側は歩けませんでしたが、
それ以外は隅々まで縄張をとりました。
本丸の角馬出、本丸南西隅の旧天守台、
本丸の北東角の欠け、要所の腰巻石垣など
重要文化財の現存建物以外の部分も
魅力満載でした。
 スタンプは、御三階櫓内で。
きれいに押せました。
武田氏館
2015年3月3日
76城目。
 ようやく甲斐府中を訪れることができました。
 新宿から、特急スーパーあずさに乗り、
約1時間半で甲府駅に到着。
駅北口バス乗り場から武田神社行きに乗車。
平日は毎時0、30分発。片道190円です。
 中曲輪の鳥居付近は閉鎖、西曲輪南虎口は工事中
でしたが、通行可能です。近くで石垣の積み直しを
見ることができました。
 連郭式平城とはいえ、
かなりの土木量に圧倒されました。
大手門周辺の復元の解説は丁寧で良かったです。
 スタンプは宝物殿で。良好でした。
甲府城
2015年3月3日
77城目。
 躑躅ヶ崎館をあとにし、甲府城へ向かう。
 山手御門より登城開始。本丸に至るまで
各曲輪をくまなく攻めました。
石垣の量に圧倒されました。天守台の石垣はもちろん、
とくに数寄屋曲輪の高石垣は見ごたえがあります。
高石垣が重層的に見え、重量感のある城郭です。
 スタンプは、舞鶴城公園管理事務所入り口で。
きれいに押せました。
 これで、甲斐国のスタンプは制覇。
さらに、関東の諸城を攻めたいと思います。
が、来週は、山陽新幹線40周年のスーパー早割切符を
使って、島原城を攻める予定です。
島原城
2015年3月12日
78城目。
    山陽新幹線40周年の
スーパー早割切符を使って、
博多→諫早→島原鉄道で島原駅下車。
駅でレンタサイクルを借り、スタート。
     本丸、二の丸の石垣をくまなく観察しました。
圧巻は、本丸南東隅の屏風折れ。
相当の防御力を誇ったのではないかと想像しました。
ただ、外観復元の外塀の鉄砲狭間を覗いたら、
直下に取り付く敵への攻撃が無理な角度に
なっていましたが。
     廊下橋復元プロジェクトのパンフレットを
森岳商店街でもらいました。
本丸北側の枡形虎口は、鏡石を含め、なかなか立派です。
     スタンプは、復元天守地階の受付で。
良好でした。
会津若松城
2015年10月19日
79城目。
7か月ぶりの100名城登城。
    会津若松城は、スタンプラリーの始まる前、
2006年の6月に登城していました。
その時は、本格的に城巡りにのめり込んでいないとき
だったので、天守の大きさだけ記憶に残っています。
  今回の登城は、甲賀町口郭門からスタート、
北出丸、西出丸、三の丸、二の丸、伏兵曲輪、
そして、廊下橋から本丸に入城し、
縄張をくまなく取りました。
    石垣もさることながら、土塁の高さと土木量に
圧倒されました。今回も三次元で感じる大切さを
痛感しました。  
     スタンプは走長屋内の売店で。
綺麗に押せました。
足利氏館
2015年11月29日
 節目の80城目到達。
今回は東武鉄道伊勢崎線の旅。
足利市駅と太田駅をめざします。
 せっかくなので、始発の浅草駅から
特急りょうもう3号に乗車。
 まずは足利市駅下車。
コインロッカーがないかと焦ったが、駅の北口の
自販機裏側に。わかりにくい。
 駅から徒歩約10分。早速、堀を一周。
西門⇒北門→東門⇒山門から大イチョウの木へ。
朝から、七五三と大イチョウ目当ての参拝客でにぎわっていました。
一切経堂で、室町幕府歴代将軍の木像を特別公開。
京都の等持院以外にも、別の室町幕府歴代将軍木像があると
初めて知りました。
 スタンプは本堂受付にて。このサイトの情報をもとに
心づもり(!?)をしていったので、一切の感情を捨て(!?)押印に専念。
スタンプはなんとも残念な状態でした。
 足利学校も見学後、新田金山城へと向かいました。
金山城
2015年11月29日
 81城目。
 太田駅に到着後、わかりやすい(!?)位置にある
コインロッカーに荷物を預け、時間短縮のためタクシーに乗車。
ガイダンス施設まで1,090円。ガイダンス施設、せっかく良い
解説なのに、時間がないので、泣く泣くさっと見て、登城開始。
 「史跡金山城跡」のパンフレットにしたがって登城。
土と石垣の融合を楽しみました。
 スタンプは、南曲輪の休憩所で。足利氏館の受付の
おじさんに見せたい(!?)くらいの綺麗な印影でした。
 帰りは、大光院に通じる登城道を下っていきました。
最後は山田屋本店の上州名物「焼きまんじゅう」2本を
食べて太田駅に帰りました。
今回の東武鉄道伊勢崎線、登城の旅、無事終えました。
冷え込みを心配していましたが、暖かな秋晴れで良かったです。
特急りょうもう30号で、北千住まで向かいました。
萩城
2016年4月1日
82城目。念願の萩城登城。
松江から特急スーパーまつかぜを乗り継ぎ、
東萩駅前のホテルに投宿。
  朝からあいにくの雨。午前中は、萩博物館で過ごし、
天気の回復を待つ。
   午後1時過ぎからようやく雨もあがり、
レンタサイクルで、まずは本丸門受付を目指す。
スタンプはそこそこ。
    天守台→詰丸→南門→青海櫓跡→塩櫓跡→東門
→二の丸東側海岸沿いの櫓跡、石垣を見て、
最後は、北櫓跡で終了。海岸沿いの石垣、土塀には感嘆。
萩城の防御を充分堪能しました。
詰丸の残念石、貯水槽はただただ圧巻。
    これで、中国・四国地方は終わり。
長い道のりでした。
     帰路は、東萩駅前発着の新山口駅行きバスで。
新幹線、鉄道で来られる人は、
東萩駅〜新山口駅間のバスがオススメです。
片道約2時間半、2060円。
松代城
2016年9月22日
 83城目。
 念願の信濃国、松代城、上田城、小諸城3城の登城。
今回は、案内も兼ねた団体行動だったので、細部を確認する
時間はありませんでした。
来年、じっくり登城したいと思いました。
 雨の降りしきる中、1日目は松代城へ。
雨さえ降っていなければ・・。
 スタンプは、旧真田邸 門前のテントにて。
良好でした。
上田城
2016年9月23日
 84城目。
 本丸の要所は確認したものの、二の丸の3つの門など
外郭を確認できず。他日を期します。
ブーム中とブームが去った後の変化を観察できれば。
 スタンプは、上田市立博物館別館にて。
シャチハタタイプのため、濃淡の加減が難しいです。
お気を付けください。
小諸城
2016年9月24日
 85城目。
 穴城の名のとおり、地形と縄張りの妙を実感しつつ、
大手門から登城開始。
千曲川を望む水の手不明御門跡(見晴らし展望台)で
高低差を存分に味わいました。
 スタンプは懐古園事務所玄関にて。
やや難。
箕輪城
2017年5月13日
86城目。関東平野の100名城、最後となりました。
行きは、JR東京駅から新幹線でJR高崎駅へ。
群馬バスで、伊香保温泉行「城山入口」で下車。
椿名口から登城開始です。事前に、縄張図を印刷して
おきましたので、それを頼りに攻めました。
今回は、あまり予備知識を入れずに、攻める兵士の気持ちに
なってみました。木俣→郭馬出→大堀切→二の丸
→搦手馬出→北虎口→新曲輪→三日月堀→稲荷曲輪
→御前曲輪→本丸→堀底を歩いて三の丸→虎韜門
と回りました。
 土の城を堪能しました。
最後は、スタンプ設置場所の箕郷支所にて押印。
なお、本丸南虎口の手前に、小さな緑色のBOXがあります。
そこに、押印済みのスタンプ紙と折り畳み式パンフレット
があります。
 群馬バスの時刻表をよく確認して
登城計画を立ててみてください。
帰りは、JR高崎駅始発のJR伊東駅行きに乗りました。
疲れていたので、グリーン車に乗りました。
多賀城
2017年6月9日
 87城目。
なんと、偶然にも、
多賀城登城日は、100名城めぐり
10周年記念日!あと13城、
楽しみながら登城します。
 仙台空港から、空港アクセス線で仙台駅着。
仙台駅から東北本線に乗り、国府多賀城駅下車。
 駅の改札口近くに、スタンプが設置されています。
良好です。
 まずは、駅前にある東北歴史博物館からスタート。
多賀城コーナーで予習して、
今野家住宅→多賀城廃寺跡→舘前遺跡→外郭南門跡
→多賀城碑→政庁跡 と回りました。
 恥ずかしながら、平城京や平安京のような
平地をイメージしていましたが、
政庁跡は高台にあるのですね。
防御や監視、威厳を示す、いろんな意味で
高台につくられたのだと現地で理解できました。
久保田城
2017年9月3日
  88城目。
城郭めぐり以外でも
全国をめぐっていますが、
今回は秋田県初上陸。
これで47都道府県すべて訪れることができました。
 いわずとしれた土の城。
随所にある解説版に「天守閣と石垣のない城」と
書かれているが、なぜそんな自虐的な?ことを書く?
堂々と「土の城の最高傑作のひとつ」と書けばいいと
個人的に思う。
 本丸、二の丸、三の丸など
主要な曲輪と標柱の立っているポイント
(櫓跡、門跡など)を訪れることができ、
縄張をほぼとれました。
 スタンプは御隅櫓で。きれいに押せました。
佐竹史料館でも押せるのですが、
押印するスペースは御隅櫓のほうが広いので
落ち着いて押したい方は御隅櫓をおすすめします。
芥川山城
2018年4月6日
続100名城、記念すべき1城目。
スタンプは、高槻しろあと歴史館にて。
私で3人目だったようで、まだまだインクが
新しく、慎重に軽く押しました。
飯盛城
2018年4月10日
続100名城2城目。
以前、登城したことがあるので、今日は押印のみ。
スタンプは、大東市立歴史民俗資料館にて。
まだまだインクが新しく、慎重に軽く押しました。
現在、特別展示「野崎観音の信仰」開催中です。
5/27(日)まで。
大和郡山城
2018年5月19日
続100名城 3城目。
以前に登城済みも、
城下町全体はまだ歩けておらず、
他日を期します。
スタンプは、柳沢文庫にて。
綺麗に押せました。
現在、「松平忠明」展開催中。
    解体修復された天守台は
すっかり綺麗にかつ重々しく
感じました。
福井城
2018年6月30日
続100名城 4城目。
 今回は、北陸1泊2日の登城旅です。
出発は、福井城から。
朝一の特急サンダーバードに乗り、
JR福井駅に到着。ホテルに荷物を預け、
福井県庁1階通用口へ向かう。
 このサイトで、休日もスタンプを
押せるとの情報をいただいていました
ので、警備員さんに申し出て押しました。
 今回の新しいスタンプは、
皆さんもお気づきのように
強く押しすぎないことです。
試し押しをして感覚を確かめるのが
よろしいかと思います。
 とりあえず、押印のみで、
越前大野城に向かいました。
→一乗谷から戻り、夕方は本丸の縄張を
じっくり取りました。
復元された山里口御門は無料で内部見学
できます。
 午後7時まで開館してくれている
福井市立郷土歴史博物館と舎人門を見学。
養浩館も見学し、初日の登城を終えました。
 だいぶ暑さにやられました。
越前大野城
2018年6月30日
続100名城 5城目。
JR越美北線に乗って、越前大野駅と
一乗谷駅を目指します。
 強行スケジュールを敢行しました。
福井駅9:08発→越前大野10:05着。
駅の2時間300円レンタサイクルを借り、
まっしぐらに越前大野城を模擬天守を
目指しました。許される滞在時間は
11:29までの1時間20分そこそこ。
 駆け足で登城し、縄張を取りました。
「施設入館&まちなか循環バス利用
パスポート」なるものがあり、
これを利用すると、模擬天守の入場料は
無料になります。
 スタンプの色が、ほかのスタンプの色と
混ざって、少し良くないです。
一乗谷城
2018年6月30日
89城目。
越前大野城に登城後、
JR越前大野駅11:29発
JR一乗谷駅12:05着で
まずは一乗谷駅から徒歩3分の
福井県立一乗谷朝倉氏遺跡
資料館にてスタンプ押印。
早くここに来たかった。
ようやく来られて感慨ひとしお。
 保証金1,000円を収め、
レンタサイクルで、一乗谷を目指しました。
 下城戸、上城戸、想像以上の
スケールで、朝倉氏がこんな巨大な
土塁を構築する技術と財力と動員力に
感嘆しました。
 朝倉館はじめすべての史跡をめぐりました。
さずがに真夏並みの暑さの中では
詰城の一乗谷城は無理です。
他日を期します。
 最後は資料館前のバス停から
14:59発の京福バスでJR福井駅に戻りました。
運賃は610円でした。
丸岡城
2018年7月1日
 節目の90城目です。
念願の現存12天守コンプリートです。
 今回はスケジュールがタイトで
とにかく交通機関の選択に迷います。
京福バスの目指すべき情報が探しにくいです。
 そこで、早朝に起床し、
福井駅6:12発→丸岡駅6:24着。
丸岡駅から丸岡城天守まで歩きました。
約50分。地図検索アプリ通りの時間です。
 8:30の開城まで、貸し切り状態で
四方から天守を眺めました。
 スタンプは良好です。
初めて城カードも買いました。goodです。
 天守内部の観察にじっくり時間をかけ、
最後はタクシーで丸岡駅に向かいました。
1,750円です。
小倉城
2018年7月22日
続100名城 6城目。
 今回は、日帰りで近世の2つの城と
大宰府防衛に関する2つの城(土塁)の
登城を計画しました。
 まずは、小倉城から。
JR西小倉駅まで行き、そこから徒歩で
駅前の大門の石垣→三ノ丸土塁跡→西の口門
→鉄門→槻門→大手門→引き返して天守。
 スタンプは天守1階受付にて。
内部の展示は、解説以外は△。
 天守を出てから、多聞口門→本丸北辺の石垣
→北口門→虎の門 を通って終了。
 次の目的地、久留米城へ向かいました。
久留米城
2018年7月22日
続100名城 7城目。
 新幹線の車窓から、筑後川に張り出すように
久留米城のある丘が見え、期待値が高まる。
 言わずと知れたブリヂストンの城下町、
ではなく、土木巧者、有馬氏の城下町。
しかし、三ノ丸、二ノ丸は完全に工場、学校、
住宅地と化している。致し方ないのか・・。
 古地図をたよりに、
久留米大本営跡→大手門跡→三の丸濠跡
→二の丸跡→本丸 に到着。
 篠山神社 社務所にてスタンプ押印。
このサイトでの情報通り、自由に押せます。
逆に、スルーされているようで少し寂しい気も。
 本丸跡をくまなく回る。高石垣は圧巻。
しかし、所々孕んでおり、今にも崩れそうな箇所が
あり、大変気になった。古写真の往時の姿を想像し、
四周を多聞で囲まれ、四隅に三重櫓があるという様子は
なかなか重装備で、有馬氏の心意気を感じる。
 さて、有馬記念館へ。心に留まったのは、
木造の本丸のミニチュアくらいか。
期待値が高かっただけに、ここの展示は△。
 最後は、
久留米駅駅前のラーメン屋さんで、
久留米ラーメンを堪能。
 次の目的地、基肄城へ向かう。
基肄城
2018年7月22日
続100名城 8城目。
 JR基山駅で下車。
ここから、スタンプ設置場所の
基山町民会館へ徒歩で向かう。約20分。
 豪雨で入山禁止となっているため、
スタンプ押印のみ。
 職員の方によると、
ラリー開始からスタンプ押印にきた人は
651人とのこと。
 関屋土塁の解説版や一部を見て歩く。
JR基山駅から、いよいよ今回の最終目的地
水城へ。
水城
2018年7月22日
続100名城 9城目。
 JR水城駅到着。
ここで早速スタンプ押印。
駅の待合室にあったモニターで
水城の説明動画、短編4つを鑑賞したあと、
車窓から見えた土塁断面広場へ。
 大きい、想像以上に大きい。
 途中、雲行きが怪しくなり、
土塁を東方向にたどりながら、水城館を目指す。
 御笠川。あまり川幅は大きくないのに、
深いことに驚く。水城の保全の観点からか、
水城周辺の橋の少なさにさらに驚く。
水城を避けるよう、意図的に迂回させているのか?
 雨が降り出す前に、水城館へ滑り込みセーフ。
到着後、1分後には雨が降り出していました。
 展示やビデオを鑑賞する。
閉館の4時30分近くになり、ようやく雨も小降りになり、
館を辞す。館の上に設置された展望台の四阿でさらに雨宿り。
 雨も止んで、東門跡から探索再始動。1時間半ほどかけて、
東門跡から西門跡へ。
 とにかく、この大きさ、長さ。
古代の人の、外敵への危機意識をひしひしと感じた。
小牧山城
2018年10月21日
続100名城 10城目。
  名古屋駅からスタート。
名古屋市営地下鉄上飯田線平安通駅から
名鉄小牧線小牧駅へ。
史跡小牧山へは徒歩約15分。
駅前の東西に延びる道をまっすぐ
西に向かうと到着です。
 頂上の小牧市歴史館(模擬天守)
受付の外に置いてあるスタンプを押印。
きれいに押せました。
 山頂石垣の世紀の大発見から
一段落したのか登城者も少なめ?
土塁の断面展示や
虎口fの食違、
直線の大手道などみどころ多しです。
 
大垣城
2018年10月21日
続100名城 11城目。
 25年ぶりの大垣城。
しかし、復興天守に登ったことを
覚えているだけ。
あの頃は、青春18きっぷでの
電車乗り継ぎがメインで
城は二番目だった!?
 今回は、まずスタンプを押して
本丸石垣の化石探し。
唯一見つけられたのは
ベレロフォンだけでした。
 さて、美濃路をたどりつつ、
東総門、西総門
七口之門跡めぐりをしました。
すべてに説明版が設置されていて
位置を把握することができました。
 外堀の牛屋川、水門川、その他の水路など
水の豊かなまちだと実感しました。
 当時の浮き城の様子を想像しながら
今回の登城は終了。
岸和田城
2018年11月2日
 続100名城 12城目。
近くて遠かった岸和田。
登城目的で南海岸和田駅に
降り立ったのは初めてでした。
 はじめに岸和田古城跡へ。
住宅街に案内板と石碑。
高低差が古城をしのばせるか。
 駅にもう一度戻り、
駅前から商店街アーケードを
通り、コシノ洋装店の前を通り、
旧和田家住宅へ。
古城川のあとをたどりつつ、
城見橋→東大手門跡→かむろ坂
→坂口門跡→三の曲輪→東取切跡
→岸城神社→本丸を北東側から南東側、
南西側に回り込んで→復興天守。
復興天守受付にてスタンプ押印。良好です。
台風の影響で、八陣の庭への入場は
制限されていました。
 本丸をあとにし、二ノ丸→北大手門跡
→西大手門跡→伝馬口門跡→紀州街道を
北上→中之浜の石垣→内町門跡→欄干橋
で終了。
 地形、高低差を丹念にたどれば
往時の様子をしのぶことができます。
洲本城
2018年11月23日
 続100名城 13城目。
神戸三ノ宮の神姫バスターミナルから
洲本バスターミナル行きに乗車。
往復チケットがお得です。
 洲本バスターミナル到着後、
まずは御門筋を通り、淡路文化史料館へ。
入場料400円。
スタンプは入口左側に設置してあります。
インク良好です。
「洲本御城下絵図」を購入。300円。
城下町は、堀跡(現在の堀端筋)を境に、
内町、外町に二分されます。
道筋がきれいに分断されていて
古地図を持って昔の痕跡をたどることができます。
 上の城は、パンフレット通りの道筋をたどり、
三熊山登山口から東側(左側)の登城道を選び、
約15分(かなりゆっくり)。
きついかなと思っていましたが、しんどい思いを
せず登れました。ただ、右側(西側)はやや急で
距離は長いです。
小天守台の隅欠き、石垣のシノギ積、登り石垣など
チェック。西の丸まで足をのばし、
西の丸の石垣も見てきました。
小机城
2019年1月25日
  続100名城 14城目。
今年は、小机城からスタートです。
新幹線新横浜駅で下車後、
JR横浜線八王子方面に乗り、一駅で小机駅で。
最初に、城郷小机地区センターに寄り、押印。
良好です。
 駅や駅周辺に、小机城への案内板がありますので
それを頼りに歩くとよいでしょう。徒歩約15分。
 城跡に住宅が張り付いている感じで、
一瞬、「本当に城跡か?」と思ってしまいますが、
山の中に分け入っていくと、城道が現れます。
そして、巨大な空堀に圧倒されます。
箕輪城をおもわせる深い空堀。
コンパクトな大きさですが、山城に触れるのに
うってつけの、入門書のような山城だと感じました。
このあと、JR横浜線で滝山城に向かいました。
滝山城
2019年1月25日
 続100名城 15城目。
数年前に登城しましたが、
前回は時間がなく、早々に退散して
いましたが、今回はじっくりと
縄張を取りました。
 公式ガイドブックの案内の通り、
JR八王子駅から西東京バスの
12番乗り場から乗車。
スタンプは加住市民センターで押印。良好です。
 登城口に備えてあるガイドマップを
1部頂戴し、今回はそれにしたがって歩き、
歩ける範囲の縄張をすべて取りました。
 二ノ丸に付属する3つの馬出と土橋に
感動です。攻め手は大いに躊躇しつつも
突っ込んでいかざるを得なかったでしょう。
怖い仕掛けです。
3時間ほどじっくりたっぷり堪能しました。 
品川台場
2019年1月26日
 続100名城 16城目。
 午前8時に、ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」に到着。
スタンプ設置場所のマリンハウスは午前9時からなので、
まずは第3台場に向かいました。
あいにく、風が強く、土塁上にたつともろに風を受けて
寒いです。しかし、土塁に囲まれたなべ底のような窪地に
入ると、ぴたっと風はやみ、不思議なくらい静かになりました。
土塁の遮断の威力、おそるべしです。
約1時間じっくり歩き、マリンハウスに向かい、押印。
良好です。
 レインボーブリッジの遊歩道は午前10時ですし、
今回は風が強いので、他日を期して品川に戻りました。
米子城
2019年3月25日
続100名城 17城目。
米子城登城は3度目ですが、
今回は初めてすべての縄張りを取り
ました。ハーベスト出版発行の
『伯耆米子城』を片手に、
ガイドに示された順路に沿って登城しました。
やはり山頂からの眺めは最高です。
 城下町の寺町方面にも足を伸ばし、
岩倉町と立町の境目、道がクランク
している、
中世の湊と近世の城下町の交差点を
堪能きました。
 スタンプは山陰歴史館で。良好です。
登城前に立ち寄り、ガイドマップや
資料(有料)を入手されるとよいかと
浜田城
2019年3月30日
 続100名城 18城目。
たぶん私を含め、ほとんどのみなさんが、
「なんで浜田城が選ばれるの?」と
疑問に思われたことでしょう。
やはり現地を歩くと、この疑問は氷解します。
石見国の重要な都市、北前船の風待ち港の外の浦、
益田経由で津和野〜小郡へ、浜田〜広島という
交通の要衝。浜田城はもとより城下町の道筋も
改変を受けずにかなり残っています。
最近設置されたとおもわれる大橋の南東のたもと
「浜田町道路元標」近くの案内板は
解説と古地図があり、勉強になります。
 スタンプは浜田護国神社にて。良好です。
午前8時以前でも、社務所が開く場合があります。
 城内はすべて縄張をとりました。
要所ごとに解説版があり、goodです。
裏門、中の門の石垣は民家に隣接しており、
見学される場合はひと声かけたほうが無難です。
増山城
2019年7月5日
 続100名城 19城目。
雨の降らない曇り空の中、
JR新高岡駅からJR城端線で
砺波駅へ。
 前の登城者の方が書いて
くださっていたように、
コインロッカー(小200円)に荷物を預け、
観光案内所で電動のレンタサイクル
(4時間300円、1日500円)を借り、
増山城を目指しました。
 思いがけず、チューリップ公園の
南入り口にある郷土資料館,
旧中越銀行本館建物に出会いました。
天井の金唐皮紙を
是非見てください。
 レンタサイクルで行かれるかたは、
是非心折れないよう強気で
自転車をこいでください!
距離が結構あるので大変は大変です。
 埋蔵文化財センターで押印。良好です。
受付のかたが丁寧に道順を教えてくださり
大変助かりました。
 さて、パンフレットに案内されていた縄張は
すべてとりました。二の丸が最高所で、一の丸、
三の丸、安室屋敷を統括しているさまが
よくわかりました。
 ちなみに、増山陣屋というのは
ただの休憩所(失礼!)です。
本当の陣屋かと勘違いしてバカでした。
富山城
2019年7月5日
続100名城 20城目。
2回目の登城です。
まずは、郷土博物館で押印。
良好です。
 今回は石垣観察と縄張観察に
力を入れました。
 大手門跡のプレート板も確認し、
太平洋戦争後の区画整理で
なかなか痕跡がみいだせない
富山城の縄張を想像しながら
歩きました。
 これで続100名城は5分の1登城。
100名城のほうは残り10城で足踏み。
新発田城、村上城に早く登城したい!
浜松城
2019年7月26日
続100名城 21城目。
新幹線で浜松駅。
初めて浜松に来ました。
駅から徒歩で
大手門跡→出丸跡→清水曲輪跡
と訪ねて、浜松城公園入口の
整備された広場へ。
ここの解説版をじっくり読んだあと、
登城開始。天守曲輪の石垣の折れは
なんとも絶妙で驚きました。
復元された天守門の鏡石を
しっかり見つつ、天守へ。
1階奥のスタンプ設置場所で押印。
右上の部分がかすれています。
ご注意ください。
 せっかくなので、
浜松市役所の屋上に上がって
数枚撮影。7/1から屋上禁煙に
なったとのことで、1階受付で
申し出れば、屋上を開放してもらい
撮影できます。
吉田城
2019年7月26日
続100名城 22城目。
浜松に続いて豊橋も初上陸。
往路は暑さで疲れていたので
路面電車に乗り、市役所前で下車。
三の丸口門跡の石碑のある豊橋公園
入り口からスタートです。
二の丸を進んで、いよいよ本丸へ。
鉄櫓でスタンプ押印。良好です。
 地図に示された櫓跡をすべてたどり、
最後は、外郭の東側の土塁まで行きました。
秋田城
2019年9月2日
続100名城 23城目。
 続100名城が選定される前に
登城していたので、今回はスタンプのみ。
 スタンプは、秋田城跡歴史資料館と
ボランティアガイドの方々が詰めている
史跡公園管理棟にあります。
 秋田城跡資料館では押印しようとすると
入館料を求められます。ご注意を。
 スタンプは良好です。
 多賀城を登城したときに
気づかされたのは、
古代城柵は、小高い丘の上に作られたということ。
方形居館のイメージがあったので驚きました。
この秋田城も高清水岡(たかしみずのおか)という
小高い丘陵に築かれています。
脇本城
2019年9月2日
続100名城 24城目。
 秋田市特有の降ったりやんだりの雨の中、
寒風山経由で脇本城跡に向かいました。
 国道101号線は、現在、生鼻崎(おいばなざき)
トンネルが工事中。生鼻崎第二トンネルを抜けた
菅原神社の鳥居が、脇本城跡へのみちしるべ。
しかし、ここが入りにくい。秋田市側から来ると
右折できませんので注意してください。手前の善法寺あたりから
わき道をそろそろ進むとよいのかもしれません
(実際、試したわけではないのでわかりません)。
結局、行き過ぎて、第二トンネルを抜けて、
男鹿市側から切り返し、トンネルを抜けてから
左→左と回って、なんとか鳥居に到着しました。
 案内所にスタンプがあり、押印。
良好です。内館の縄張りはすべてとりました。
 雨のやみまに、たっぷり2時間
ほぼ貸し切り状態で、土塁と虎口と美しい景色を
堪能しました。
 城主安東氏の曲輪と家臣の曲輪が
同じ高さにある。同質性のあらわれでしょうか。
白石城
2019年9月7日
続100名城 25城目。
 真夏を思わせる猛暑でした。
JR仙台駅より奥羽本線白石行き
で約50分。
駅から外曲輪取水口→神石白石→
沢端川沿いに歩き、→旧小関家武家屋敷
→厩曲輪口門→神明社
→白石城歴史探訪ミュージアム
→大手一ノ御門→大手二ノ御門
→本丸御殿跡→三階櫓→未申櫓跡→裏御門跡
→辰巳櫓跡→二の丸大手二の門跡
→当信寺→延命寺→駅
という経路で歩きました。
 共通券を買って廻りました。
ミュージアムの本丸御殿の復元CGは
是非見てください。10分ちょっとです。
 ミュージアムのシアターは
渡辺謙ファンは必見です。
片倉小十郎編で若き日の渡辺謙が
拝めます。こうご期待!
 三階櫓で押印。スタンプは良好です。
米沢城
2019年9月7日
続100名城 26城目。
 5年前に、本丸の縄張をすべてとりましたので
今回は押印のみでした。本丸内の観光協会の
建物内にスタンプはあります。良好です。
 米沢城は、本丸の防御は手薄い感じがします。
二ノ丸、三ノ丸、松川(最上川)、堀立川、
城下町に隠した様々な仕掛けで
守る感じでしょうか。
遠藤英(2014)『直江兼続がつくったまち米沢を歩く』
1000円+税 で勉強します。