トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID10515
名前れんくんです
コメント
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
彦根城
2012年10月21日
国宝ですが、こじんまりとした可愛らしいけど、破風がかっこいいお城です。天秤櫓、玄宮園、太鼓門櫓など見所多いですが、やっぱり、ひこにゃんですね。20分見ましたが、短足のため、演技がワンパターンで可愛過ぎます。ほかの四つの国宝とは異なった戦わないお城?です。
犬山城
2012年11月18日
白帝城と呼ばれるだけあり、木曽川のおかげで後ろ堅固です。天守閣の付櫓がなんとも可愛らしいです。国宝としての威厳バリバリです。城下町も色々見応えのある資料館があります。特に歴史資料館やからくり資料館は必見です。
岐阜城
2012年11月28日
登山には金華山ロープウェーをお勧めします。私は、健脚コースを選択して登山しましたが、約1時間ほどかかり、足がガクガクになりました。天守閣は資料館で、斎藤道三の稲葉山城時代の知識を得ることができます。近くにある別の資料館は見ても見なくても構いません。麓の信長館の跡地も興味をそそります。
和歌山城
2012年12月13日
連立式の天守です。平山城ですが、結構歩きますので、登山靴?をお勧めします。御橋廊下も珍しく、藩主気分でお渡り下さい。徳川御三家のため、復元されても立派ですね。石垣自体も、野面、打込、切込の歴史が見られます。
千早城
2013年1月6日
金剛山を麓から一部登山する必要があります。4の丸跡が一番広い曲輪として残っています。鎌倉幕府の大軍を楠木正成が破った状況が目に浮かびます。しかし、その後、後醍醐天皇にそそのかされて足利尊氏と対立するのも知らずに。赤阪城の登山もお勧めします。
高取城
2013年1月16日
三大山城の一つです。車で途中まで行けますが、当時は車道に沿って駐車した思い出があります。高石垣が複数現存しており、登城した後の気持ちが高揚します。出迎えてくれる猿石🐒も可愛らしいですよ。当時の規模は凄かったようです。豊臣秀長の配下のお城でしたが、管理は大変だっでしょうね。でも、山城と言ってもよく作りましたね。
篠山城
2013年1月20日
豊臣家監視のための元々天守閣のない天下普請のお城です。バイクツーリングで何度も篠山に行った折に目に焼き付いているお城です。堀づたいに学校があります。高石垣と馬出し(角馬出し)が見事です。大書院も、必見です。当時の荘厳さ感じます。
明石城
2013年1月20日
なんと言っても、巽櫓、坤櫓の三重櫓が立派です。特に、坤櫓は伏見城の遺構らしいです。唐破風、千鳥破風、入母屋破風と天守閣並みの建物です。ここも、天守台の上に天守閣はなかったようです。秀忠の築城命令で立ったお城です。だから威厳もあり立派なお城です。
伊賀上野城
2013年1月27日
模擬天守ではあるが、見事な天守閣と小天守です。石垣も大阪城に劣らぬ高石垣で見応えすごい。さすが、藤堂高虎ですね。
松阪城
2013年1月27日
野面積の高石垣がいいですね。また、御城番屋敷を二の丸から見るのもおつなもんですよ。
本居宣長の記念館にも立ち寄って下さい。
松江城
2013年2月21日
訪問当時は重文でしたが、今は、5番目の国宝です。国宝にならない方が不思議だなと感じていました。戦いの城のため、黒いお城です。複合式の付櫓が犬山城とは異なり重厚です。破風もすべて入母屋破風で、狭間だらけです。私は乗りませんでしたが、お堀を遊覧船で巡っては面白いと思います。お城の周辺には、小泉八雲(ラフカディオハーン)の住処などがあります。探訪の必要があるお城です。
津山城
2013年2月22日
なんと言っても、本丸、二の丸、三の丸を雛壇状にした一二三段が圧巻ですね。備中櫓も粟積櫓も天守台も綺麗に石垣が残っていますよ。森忠政の戦う城🏯を強く感じました。
備中松山城
2013年2月22日
現存12城で一番小さい天守閣が備中松山城です。丸亀城や弘前城、丸岡城など可愛らしい天守閣がありますが、より一層、魅力的です。名前を忘れましたが、あるじのニャンコ?ワンコ?がいました。小さな囲炉裏もあり、天守閣への篭城を配慮していますね。岩盤上に作られた高石垣が毎年少しずつ下の方向にずれていると聞いています。以前は測定器もありましたが、現在は撤去されています(なぜでしょう?)。当時は土日OKでしたが、現在は、土日、休日は手前の公園に車を駐車してバスでのピストン輸送になっているようです。機会があれば、大松山城や雲海に浮かぶお城を見たいですね。
鬼ノ城
2013年2月22日
初めての古代山城です。一周約4kmほどほぼ平坦な道のりですが、トレッキングシューズの装着をお勧めします。尾根沿いの屏風折れの高石垣を当時どんな工法で作ったのか感心しました。第二水門の排水設備もよく考えて作っていますね。版築の土塁も見事です。
名古屋城
2013年3月2日
天下普請のばかでかいお城です。堀に鹿がいました。どこから入ったのでしょう。本丸の復元中で、一部公開中でした。なんて華やかな内装でしょう。当時の荘厳さを感じます。御深井丸西北隅櫓の三重櫓は威厳のある櫓でね。他に無い櫓です。
岡崎城
2013年3月2日
家康の生誕のお城です。復興天守のため、当時の物とは違うのでしょうが、関係ないですね。風格のあるカッコいいお城です。公園内のからくり時計も面白いですよ。
長篠城
2013年3月2日
後ろ堅固のお城です。武田勝頼の攻撃によく耐え忍んだと思います。資料館の展示がなぜか懐かしさを感じます。資料を詳細に読んでいたため、1時間はいました。近くの設楽が原の馬防柵も見ました。歴史資料館での勉強にまた、1時間費やしました。皆さんも資料館に行かれたら時間の許す限り、歴史の勉強と自身の思い違いの訂正に役立つと思います。
小谷城
2013年3月11日
かなり歩きます。ても、心地良い歩きです。浅井長政の悔しさを感じます。黒金門や堀切、連郭式の郭など見所満載のお城です。安土城も併せて登城をお勧めします。
観音寺城
2013年3月11日
観音正寺の横を通って山頂へ。平井丸の石垣、虎口は、必見です。六角氏の逃亡にまで信長さんは
追い詰めたのか。
竹田城
2013年3月20日
当時は石垣の上に登れましたが、城に興味が無く、サーチエンジンの『竹田城に連れてって』にばかされた人たちがマナーを守らずに荒らしてしまったことが残念です。立雲峡からの雲海を眺めるのも凄いですが、これもまた、マナーを守らない人たちが多く、そう言う連中にはお城見学はやめてほしいですね。立雲峡登山も足腰弱ければかなり辛いですよ。
鳥取城
2013年3月20日
鳥取の渇え殺しのお城です。説明を読んで身震いしました。飢えには人は耐えられない戦法で恐ろしいです。米子城でも同じ戦法があったようで、長期になると籠城ではもたないのが当然?。山上ノ丸と山下ノ丸の両方を見学しましたが、登城には健脚が必要です。かなりきつかったことを思い出します。天球丸の丸い石垣も珍しいですよ。麓の洋館で、映画🎞タイトル忘れましたが、撮影されています。
赤穂城
2013年3月23日
海城であり、全体の縄張り(基本設計)も山鹿・甲州の二つの流れがあるようです。このお城も天守台はありますが、天守閣はなかったようです。財政難だったのか分かりませんが。大石神社と四十七士の石仏も見ものです。義士好きの方々にはたまらんと思います。
徳島城
2013年4月27日
鷲之門の威厳さが目を引きます。高石垣の石に阿波の青石がよく似合っています。お庭(御殿跡)も立派な佇まいを表しています。
高松城
2013年4月27日
海城のため、堀に海の魚がいます(当たり前か)。近々、天守台に天守閣が復元されるとか。市民の声が高いようです。早く実現して欲しいですね。艮櫓の三重櫓は隅櫓として威風堂々とした姿を見せてくれています。また、月見櫓、付櫓、水手御門の設備も美しく立派な建物です。必見です。当時は、ここから藩主や家老たちは海に出入りしてたんですね。
丸亀城
2013年4月27日
四段の高石垣はあまりにも圧巻です。資料によると約60mにもなるそうです。玄関先の御門も薬医門で城門らしくない建物です。可愛らしい天守閣もまた魅了的な出来栄えです。最初、急な坂道を登る必要があり、これが結構きついです。覚悟して登る必要があります。麓のお土産さんに可愛らしい亀のぬいぐるみがあり、思わず買っちゃいました。このお城は石垣ファンならたまらないと思います。逆にこのお城を見ないでお城大好きと自負している人はまだまだ可愛いですね。
今治城
2013年4月28日
今治城も海に城です。海の魚が泳いでいます。天守閣も立派ですが、層塔型がなぜに望楼型で模擬天守とされたのでしょう。堀に映った櫓などシンメトリーで写真を撮影されることをお勧めします。山里櫓と山里門も堂々としています。流石に藤堂高虎の縄張です。鉄御門も立派に再建された
門です。
湯築城
2013年4月28日
道後温泉のすぐそばにあります。全体的にこじんまりしたお城です。武家屋敷の復元や屋敷内の武士の行動(内容は覚えていません)を紹介しています。丘陵部も含めて、約60分の時間で見ることができました。近くに松山市立子規記念博物館がありますのでお立ち寄り下さい。
松山城
2013年4月28日
何故このお城が国宝でないのか分かりません。天守閣が江戸末期に再建されたから?戸無門をはじめ、上り石垣(彦根城、洲本城にしかない)、埋め門、連立式の天守閣など見所一杯、歴史的に価値ある建物が多いのに何故でしょう。他のお城にない独特の戦う城の作りと風格を感じます。ゆっくり見学したため、2時間ほど滞在しました。でも、観光客が多いのには参りました。登城には歩き、リフトを選択できます。
大洲城
2013年4月28日
閉館ギリギリに入りました。木造の綺麗なお城です。天守閣と台所櫓、高欄櫓との連結式の接続が良いですね。苧綿櫓という変わった名前の櫓も何か切なくて良いですね。30分ほどでの観察のため、次回はじっくり見たいです。
宇和島城
2013年4月29日
野面積みはじめ、さまざまな石垣を見ることができます。天守まで結構登ります。狭間のない天守は珍しいです。小さいながらも破風が可愛らしいですね。戦うお城ではなく、見せるお城という感じです。現存のお城であり、趣があります。麓の薬医門も現存です。
高知城
2013年4月29日
追手門から見る天守閣は良いですね。天守の下の本丸御殿も現存です。詰門の上の渡櫓も珍しいです。後ほど、 二の丸から本丸へ移動する際に櫓を渡りました。訪問した日は、大河ドラマで撮影されたお千代(仲間由紀恵)の衣装の展示などがありました。天守の石垣に忍び返しの工夫がありました。
姫路城
2013年7月20日
言わずと知れた国宝で世界遺産のお城です。連立式の天守群が見事です。和歌山城、伊予松山城とは異なる雰囲気の天守群ですね。菱の門以降の い門 から天守まで、敵を欺く仕掛けと回り道で戦うお城を堪能できます。本多忠刻の嫁であった千姫のための化粧櫓も圧巻です。秀忠よりも祖父の家康の孫への思いが凄かったでしょうね。2020年の現在、入場料が1000円は如何なものかと思います。確かに大天守の修復があったにせよ、全国のお城でこんなに高い入場料はありません。値下がりしてほしいです。
安土城
2013年9月1日
大手道脇の臣下の住処跡(秀吉など)もあるし、天主閣の礎石もあり、ここに当時は本格的な高石垣の近代としてのお城があったのかと物思いにふけました。天主までは、結構きついです。残っているお寺の三重の塔や門も歴史を感じます。
吉野ヶ里
2013年9月6日
あいにく雨でしたが、傘もささずに見学しました。環壕集落というものを初めて見ました。弥生人もかなりの知恵を持って構築したのだろうなと。全て見学するのに約2時間半ほどかかりましたが、一度は訪れるべきお城ですね。再建された施設ばかりですが、全て目を丸くして関心の連続でした。北内郭は特にお城ですね。
大阪城
2013年9月11日
石垣の蛸石など、鏡岩の規模がものすご過ぎます。全体の高石垣も見事で、何時間見ていても飽きません。現在の天守閣が三代目であることが結構知られていません。大阪冬の陣の後に埋められた堀が相当大きかったことでしょう。一日中探索しても回りきれないお城ですね。
高岡城
2013年9月22日
本丸〜二の丸間の土橋の石垣が圧巻です。連続馬出の構成も確認できました。高山右近が海外に追放されるまでの縄張の跡が偲ばれます。1時間ほどで探訪できます。
七尾城
2013年9月22日
朝の6時に到着、眠いことをよそに、探訪開始。トイレは駐車場にありますので、事前に済ませておいて下さい。桜馬場の石垣には圧倒されました。本丸からの眺望は気持ちいいです。
金沢城
2013年9月22日
見所満載のお城です。海鼠塀、鉛瓦、唐破風付きの石落とし、石川門、河北門、圧巻は橋爪門続櫓、五十間長屋、菱櫓の構成です。建物自体が、金沢城は他のお城にはない独特の風貌があります。さすがに加賀百万石のお城ですね。
丸岡城
2013年9月23日
現存12城のお城です。可愛らしい天守がたまりません。回り縁と高欄で風格もあり、雪国用の屋根瓦に見られる笏谷石も見逃せません。下見板張と真壁造が戦う城を象徴しています。現存する天守で一番古い誇りを感じます。
一乗谷城
2013年9月23日
城下町を含んだ縄張の一部が復元されており、壮大です。朝倉館の唐門も歴史を感じます。町屋では、定期的に当時の状況を芝居していました。先日のブラタモリでも、紹介されてました。今、大河ドラマでも、明智光秀がちょうど朝倉家に世話になっているところなので、興味深いです。
福山城
2014年1月25日
天守閣も立派ですが、伏見城から移築された(伝)伏見櫓が超凄いですよ。鉄筋御門も同じく移築(伝)されてます。大きい櫓門です。新幹線の福山駅からすぐの所にあります。
広島城
2014年1月28日
色的にもお城らしいお城です。所謂、戦う城の焦げ茶色。中は鉄筋コンクリですけど。二の丸表門、二の丸櫓群の復元が凄い。縄張が聚楽第を模した設計らしく、京都もこうだったのかと偲ばれます。でも、原爆の爆風で倒壊するほど凄まじいものだったんだろうと怒りを感じました。
岡山城
2014年3月23日
望楼型の天守閣ですが、他の望楼型とは一風変わった天守閣です。付櫓も松江城や犬山城とは異なり、端っこ過ぎるほど端っこにあり凄い違和感?ありでした。お庭の後楽園も見応えあり、必見です。彦根城の玄宮園とは異なったお庭です。
弘前城
2014年5月12日
戦う天守閣として威風堂々な姿でした。遅咲きの桜とともに感動しました。
久保田城
2014年5月12日
典型的な土の城です。表門の櫓門は威風を感じます。その近くの御物頭御番所は現存の遺構です。
根城
2014年5月13日
復元整備がしっかりしていて、本丸跡の当時の様子がうかがえます。
盛岡城
2014年5月14日
高石垣の存在が縄張りを主張していました。
多賀城
2014年5月14日
工事のおじさんに簡単な説明をしてもらいました。
当時の政庁跡を想像しました。また、多賀城碑も見て下さい、なぜか感動します。
仙台城
2014年5月15日
伊達家の威厳を感じさせます。本丸の北壁石垣は、圧巻です。大手門の脇櫓も見ものです。石垣も野面積み、切込接を多く見ることができます。
山形城
2014年5月16日
二ノ丸東大手門必見です。一週、1時間くらいです。最上義光歴史館では、説明員さんから結構長い間、丁寧な説明をしていただきました。
二本松城
2014年5月18日
多聞櫓、箕輪門、二階櫓、本丸跡、本丸石垣など見所満載です。天守台はありますが、とうじ、天守閣はなかったようです。
会津若松城
2014年5月18日
赤瓦が綺麗で印象的です。大河ドラマでも撮影されていましたが、戦うためのお城ですね。武者走りや多聞櫓で構成された枡形など見所満載です。さすが、築城めいじんの蒲生氏郷の改造の賜物です。
白河小峰城
2014年5月19日
この日は、ちょうど地震の影響で石垣などの修復のため、近くに行けませんでした。次回、機会あれば、一二三段や三重櫓など間近で見たいです。
飫肥城
2014年9月1日
再建ではありますが、大手門に入るといきなり枡形の設計になっています。石垣の石は、飫肥石を使用したらしいです。本丸か松尾の丸か忘れましたが、お風呂があったと思います。もちろん、お殿様専用のお風呂です。
人吉城
2014年9月2日
このお城の特長は何と言ってもはね出しの石垣ですね。確か五稜郭にも同じはね出しがありました。珍しい遺構です。また、胸川に沿った角櫓、長塀、多聞櫓はお城やなを強く感じます。隣接している歴史館も見学をお勧めします。巨大な地下室が公開されており、何のための地下室かは分からないようです。
鹿児島城
2014年9月2日
外城制のため、天守がなかったお城です。島津家が建てたお城なんです。石垣がほとんど切込接で、お金かけてます。お堀沿いに西郷隆盛のでかい銅像があります。上野の銅像とは似ていません。城内に篤姫の銅像もありました。大河ドラマを思い出します。お城見学の後、城山に登り、桜島を見ながら西南戦争の説明を読み、実際の自決場所を訪れると自然に涙が出てきました。
島原城
2014年9月3日
再建されたとは言え、大きなお城です。やはり五重五階の天守はでかいし、威圧感バリバリでした。また、巽、丑寅の三重櫓も見逃せないですね。何しろ、本丸の大きさ広さが名古屋城とほぼ同じらしいと確認してなるほどと感じました。事前に調べてきましたが、島原の乱で有名な戦場はこのお城ではないんですね。そのお城は近くにある原城なんです。お城ファンとしては勉強が足りませんでした。日本100名城ではないですが、あとで見学しました。幕府の猛攻にも耐えたキリシタンノ精神が凄すぎます。天草四郎の銅像がなぜか物悲しく感じました。
熊本城
2014年9月3日
とにかく見たかったお城です。地震の前に訪問しました。一日も早く復興することを祈ります。天守も宇土櫓もでかい。宇土櫓も第3の天守と呼ばれているらしいですが、地方の天守よりも相当大きいですね。攻める気持ちで石段を登りましたが、枡形だらけと戦闘威力を削ぐ全体の縄張りと普請に何度か戦死してしまいました(笑)。闇御門も他のお城にはない設備で、お城ファンにはたまりませんでした。約3時間かけて全てを見学できました。フェリー⛴で島原へ渡るために惜しい気持ちを残したままサヨナラしました。あっ、くまモンいましたよ。
名護屋城
2014年9月5日
このお城が朝鮮と明を攻めた際に築城したものか、規模がでかいと感じました。短期間での築城であったため、相当な人工が必要だったでしょう。五重七階の天守はさぞかし、周りを驚かせたことと思います。諸大名の戦闘時の配置図を見ても秀吉の権力の大きさを想像できました。本丸から海を眺めて遥か遠くに半島があるんだなと。お城の位置を今まで福岡と勘違いしていました。正しくは、佐賀県でした。隣接した名護屋城博物館も必見ですよ。
平戸城
2014年9月5日
現地の子供達の説明書きが印象的でした。天守は模擬天守のため、当時の天守はどんな姿であったか想像してしまいました。背景が海で後ろ堅固のお城ですね。また、随所に水軍らしい設備の数々がありました。小船入、御船入などの船着場や大きな二の丸などです。恐るべし松浦党。松浦史料博物館も必見です。澄み渡った青空に白い天守が浮かび上がります。
大野城
2014年9月6日
朝鮮式山城を初めて見ました。石垣(石塁)の積み方の技法も当時は確立されていなかったのかな。朝鮮の技法?版築の土塁は、鬼ノ城で見たものと同じでした。日本のお城とは完全に異なったいかにも防御に徹したお城ですね。時間がなかったので次回はゆっくり見たいです、
佐賀城
2014年9月6日
やはり本丸御殿を見学しないと始まりません。しかし、現代の消防法で復元の規模がかなり縮小されるんですね。鍋島藩の誇るお城の天守🏯は見たかったですね。鯱の門も資料で見るより迫力倍増でした。大きくて荘厳で立派です。
福岡城
2014年9月7日
南の丸多聞櫓は長くて見応え十分ですが、一部劣化して壁が落ちていました。おそらく天守は存在しなかったという説が正しいのでしょう。本丸や二の丸の石垣が高石垣で、立派な壮大な設備です。伝潮見櫓も是非見て下さい。ひとまわり約2時間かかりました。
大分府内城
2014年9月8日
人質櫓、宗門櫓の現存、隅櫓、廊下橋は再建物。天守台が小さいので、当時の天守閣も可愛らしいと思われます。見学に30分ほど要します。大分市のど真ん中にあります。
岡城
2014年9月8日
三の丸北の落積みなどの高石垣が圧巻です。観覧料を支払うと巻物型の資料が貰えます。大手門跡の石垣が出迎えてくれます。本丸の御三階櫓台も天守(?)にあたる櫓が立っていたらしく、ガッチリとした凄みのある設備です。大分市内から車で結構走りますので、余裕のある計画をお勧めします。滝廉太郎の銅像があったので、?となり、説明を読むとここで荒城の月が生まれたようです。
岩村城
2014年11月5日
三大山城のひとつだけあって、結構歩くのかなと思いきや、車で上の方まで行けるので安心です。当時の曲輪が残っており、特に本丸の六段の石垣に圧倒されました。山の麓に地酒屋があり、女城主の日本酒が売られています。お土産にどうぞ。
掛川城
2014年12月15日
天守閣よりも二の丸御殿は必見です。国内のお城で、本丸、二の丸の現存が殆どないためです。高知城の本丸も合わせて是非見学を。天守閣は下の階段から見上げると最高に良い眺めです。山内一豊の改修の苦労を感じます。
駿府城
2014年12月16日
家康が牽制を振るっていたお城であることを感じます。堀と石垣の規模に圧倒されます。特に、東御門の周辺の門、櫓などで構成される枡形はあっぱれです。二の丸の巽櫓(有料)では、VRを体験できました。隣にある県庁の上から見下ろすと広大なお城であることがより一層分かります。
小田原城
2014年12月17日
復元天守ですが、他のお城にはないデザインかなと思います。高欄のせいかもしれません。当時の北条家の堅固な守りで、総構えの綺麗なお城です。銅門も立派てす。当時の誇らしさを感じます。
山中城
2014年12月17日
晴れた日には富士山が目の前に現れます。畝堀、障子堀が見ものです。当時の北条氏の城造りの巧妙さを感じます。実際、この穴にハマりたいぐらいです。トイレが朝の8時?にならないと開かないのでご注意を。
上田城
2016年5月1日
大河ドラマの真田丸の放映もあり、記念館も見学しました。家康を騙して攻略したお城だけあって、攻守をよくよく考えた縄張りであると感じます。特に、西櫓側を見ると攻めることが不可能だと分かります。徳川家の2回の戦いを退けた功績を肌で感じることができます。
探訪をお勧めいたします。
小諸城
2016年5月1日
穴城と呼ばれる全体の構成がはっきり分かります。本丸が一番低い場所にあり、通常とは全く真逆の建設です。大手門、三の門も立派です。天守台の野面積みがなぜか共感を呼びます。公園内に小さな動物園もありました。
松本城
2016年5月1日
国宝の威厳があります。今日は、お庭を見るだけなら無料でした。月見櫓、辰巳付櫓、天守閣、乾小天守は圧巻です。老朽化のせいで赤橋が改修中でした。戦う城カッコいいです。
津和野城
2016年11月2日
竹田城ではないですが、綺麗に石垣が残っています。特に、人質櫓台の高石垣は野面積みで、迫力があります。登城にはリフトを利用しましょう。見学者の多くが、熊予防用の鈴を携帯されていました。駐車場からリフトに乗って見学して約1時間半ほどの探索で満足できますよ。
萩城
2016年11月2日
小学校高学年以来、2回目の登城です。子供の時と印象が違いました。当時は物凄くおおきな天守台のイメージでしたが、今はお城好きの目からして妥当(?)と感じています。最終的に萩に追いやられて無念の内に作ったお城で、毛利輝元の悔しいけど立派なお城が完成したんでしょうね。長い雁木が戦う城を印象付けています。お城の周りには萩焼のお店が多いです。
郡山城
2016年11月3日
麓の歴史民俗博物館で毛利氏とお城の勉強をしましょう。殆ど歴史的な物が残っていませんが、勉強の後、当時を想像して登城すれば楽しいですよ。とにかく、縄張がかなり大きいです。曲輪だらけと言っても過言ではないと思われるほど大きいです。毛利氏の戦国大名としての威厳をかんじます。
岩国城
2016年11月3日
錦帯橋の後ろの山上に映る岩国城は非常に美しいです。ロープウェイで山上まで約5分ほど。元の天守台の上ではなく、少し離れた新しい天守台の上に南蛮造の復興天守が建っています。当時は、天守閣ができて七年間で破却されており、残念ですね。麓の吉香公園に御土居が残っていました。また、白蛇の館(有料)もあります。
月山富田城
2016年11月4日
尼子氏の居城。訪問当時、月山の工事のため、七曲の道は歩けませんでした。花ノ壇が復元されていました。当時は巨大なお城であったことが説明から感じ取れました。あの毛利元就も攻めあぐねていたお城です。山城のため、脚力が必要です。安来市立歴史資料館でスタンプを押して、車を駐車しておきましょう。見学に2時間ほどかかりました。
江戸城
2016年11月23日
とにかく広い、大きいお城です。外周含めて3時間ほど探訪しました。現存する富士見櫓、水堀、空堀、切込接ぎの天守台、松の廊下跡などゆっくり見ていたらあっという間に時間が経ちます。お城見学の醍醐味?ただ、外周歩くときは、マラソンランナーに気をつけましょう。
中城城
2017年1月29日
沖縄のお城を初めて見ました。全てが本州のお城と違っていますね。グスクと名前だけが異なっているのではないです。城壁の出入り口、城壁の左右対称さ、石の積み方(例えば相方積み)などが独特です。雨の日に訪問したので余計に情緒的でした。
今帰仁城
2017年1月30日
本州では見ることのできない百曲がりの曲線を初めて見て感動しました。万里の長城ではないですが、綺麗な曲線の石垣ですね。蛇に例えると変ですが、あのくねくねを思い出します。思わず写真を撮るのも忘れて暫し、佇んでいました。勝連城、座間城よりも曲線が綺麗でした。沖縄の統治していた王の歴史を少し調べて栄枯盛衰の流れが悲しく感じました。
首里城
2017年1月31日
首里城の火事は残念でしたが、なぜに防火設備を導入していなかったのかとても疑問です。日本人の伝統でしょうか?ことが起こってから理不尽な反省と再発防止を考える人種だと思います。
さて、守礼門を通過して正殿に入って?となりました。自分の目でお庭の正殿に向かう模様が正面を向いていないことを確認できました。以前から気になっていましたが、現地で理由を確認できました。お上のおられる建物を真正面から一般人が見ないようにとのことのようです。勉強になりました。また、アーチ式の門が独特の雰囲気を醸し出しています。いつ復興するのでしょうか。沖縄の行政の人達に確認したいくらいです。
二条城
2018年9月9日
唐門、二の丸御殿、隅櫓、東大手門など見所が一杯あります。大政奉還など歴史的に重要な役割を果たしたお城でもあります。当時の天守閣を想像すると、感慨無量です。徳川家の威厳のある荘厳なお城ですね。
富山城
2018年9月15日
富山県庁の前にお城はあります。模擬天守のため、実際の天守が気になります。当時の縄張りや普請時の資料に記載がないのでしょう。鉄御門の五つの鏡石がとにかく目立ちます。前田家分家のプライドがそこにありました。全体が公園になっており、歩き易い平城でした。
増山城
2018年9月15日
到着時間が遅くなり、雨が土砂降りのため、登城は諦めました。埋蔵文化財センターの方に詳細な説明をしていただき、お城の小さなシールを頂きました。当日、訪問者の出身地を確認されており、結構、京都出身者が多かったです。
鳥越城
2018年9月16日
櫓門と高麗門で構成された枡形は見事です。復元されている設備は少ないですが、当時はかなりの防御設備であったであろうと思われます。朝早く現地に到着しましたので、お城全体🏯貸切状態でした。早起きは三文の徳でしたね。