トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID9992
名前のぶくん
コメント40歳を過ぎて、新しいことにもチャレンジしたいなあ
と思っている折、日本100名城・続100名城に出会いました。
歴史は好きでしたが、城に関しては素人。
勉強の日々ですが楽しくやっていこうと思います。
そしてスタンプだけに終わらず、全部の城に登城していければ。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
箕輪城
2019年7月14日
雨で足元が悪い中お堀を歩いてまわりました。
岩櫃城
2019年7月20日
9時に到着 
軽装だったので周りが登山スタイルで焦るも、お城の4合目までは問題なし。
駐車場からは15分ぐらいだったかな。
階段等整備されているけど、滑りやすい箇所があるので要注意。
ここに勝頼公を迎えていたら歴史はどうなっていただろう?
真田昌幸も相当の狸だから、上手く取引材料にしていたのかも。
なんて想いを馳せたくなるほど堅固な山城でした。
名胡桃城
2019年7月20日
岩櫃から車で20分強かな。
国道のカーブを曲がると突然右手に現れる。
駐車場も史跡の跡地らしい。
案内所の女性にビデオを流してもらう。
歴史が動いた城とのことだが、この事件がなくとも北条氏は遅かれ早かれ秀吉に滅ぼされていただろうな。
沼田城
2019年7月20日
岩櫃→名胡桃→沼田 名胡桃からは車で15分かからず。
戦国無双版幸村がお出迎え。場内にはあちこちにゲーム仕様の絵が飾ってあったけど、どうなんでしょ?
河岸段丘の縁にあることから、駅方面からは相当な高さ。まあこっちからは攻めないだろうけど。
案内所にスタンプあり。先に訪れた名胡桃で真田3城(岩櫃・名胡桃・沼田)のスタンプを集めた方にはクリアファイルプレゼントと言われていたので、係の人に申告して頂いた。
でも、これ名胡桃の人に教えてもらえなかったら貰えなかったよ。群馬県の気合は感じたけど、今まで申告せず貰えてない人もいるんじゃないかなあ。
新高山城
2019年7月28日
家内と広島遠征にて東広島3城(新高山・三原・福山)を攻めます!
東広島駅のホテルよりレンタカーにて8時に駐車場到着
登山口入口に多少迷う。
小雨だったのでそのまま登城。
いや〜登山結構きつかったですが登った甲斐がありました。ちょこちょこ休憩挟んで本丸まで30分弱。パンフには石垣の大部分は三原城に持っていったとありましたが、結構残ってましたよ。こんな山城にと思いましたが、側を流れる川を利用したんでしょうね。
その後、少し離れた生涯学習センターにて押印。
ちなみに下山後、iPhoneのヘルスケアアプリを確認したら47階まで登ったことになってました。鈍った体にはいい運動でした。
三原城
2019年7月28日
新高山城より三原城へ
近隣の駐車場に車を入れたら、受付のおばちゃんが、もう出かけるから100円だけ先払いで頂戴との事。いやーのどかですね。
小早川氏の新高山からの移転先ですが、見事な石垣ですね。
海軍を率いるのにうってつけの城なんでしょうね。まあ今は石垣の上に新幹線が載ってますけど。
福山城
2019年7月28日
レンタカーにて新高山城→三原城経由。
先の二城と違い、江戸幕府政権樹立後に建てられた城とあって、優雅さを感じますね。
駅側の石垣には職人が彫ったであろう刻印が様々見れて楽しかったです。
現存する伏見櫓と鉄鉄御門は必見ですね。
この後、尾道にて一泊。尾道駅の裏にお城があるのでググって見ると、「1964年(昭和39年)に博物館として建てられた歴史上存在しなかった城」との事。
城なんかなくても本当に綺麗な街なのに勿体ないなあ…。
松代城
2019年8月11日
11時登城
車にて長野ICから10分もかからず
石垣は野面積みだが打込接のような趣を感じた。
真田邸にてスタンプ押印。真田邸の庭は美しく場所もあってかサマーウォーズを思い出した
上田城
2019年8月11日
車にて 松代城から高速利用で30分ほど
暑い日だったが、とにかく混んでいた。
さすが真田の代名詞の城。
南櫓と北櫓に500円で入場(博物館と一緒で)。
ビデオを見て上田合戦をお勉強。何度も味方と敵を変え、真田の勢力を保ち続けた昌幸の鬼謀、父弟と袂を分かってまで真田家を存続させた信之。そして猛将信繁。
やっぱり真田はロマンがあるよな。
出店で六文銭のタオル買っちゃいました。
小諸城
2019年8月11日
100名城5城(続5城)マイカーにて 松代城→上田城→小諸城
上田城から下道で40分弱
喧噪の上田城と比べお客さんも少なくゆっくりまわれました。
駐車場から三の門を見学した後、300円払って場内散策を。
上田城同様、石垣の巨石が多かった印象。
空堀は非常に深く、ここを落とすのは大変だったろうなと印象を受けた。
ついでに20年ぶりに動物園をまわって、線路を潜り大手門見学。
大手門まで登っていくと穴城であることを実感しました。
金山城
2019年8月13日
100名城6城目(続100城5城)
城に全く興味の無い娘を佐野アウトレットで釣り、金山城→足利氏館→唐沢山城の北関東攻略に向かいます。
8時に見晴らしの良い駐車場着。ロードバイクのおじさんから、ここの駐車場はバックナンバーの聖地なんだよと教えて頂く。群馬出身とは知っていたが、100名城まで進出していたとは…。
なだらかではあるものの600M歩いて、虎口のスタンプまで到達。
足場まで整備された見事な石垣にはびっくり。復元らしいが、本当に昔もこのように整備されていたのでしょうか?
城に関して言えば断然、新田(の後裔)>足利でした。
足利氏館
2019年8月13日
100名城7城目(続100城5城)
金山城から下道で15分ぐらい。県を跨ぐとはいえ、太田と足利は近いですね。
足利氏館はもう完全に寺。
国宝の本尊をお参りしてきました。せめて木彫りの尊氏像を見たいと思ったが、正月など特別な時期しか一般公開はしていないとの事。
娘は獅子舞のおみくじで喜んでました。滞在は15分ほど。
唐沢山城
2019年8月13日
続100名城6城目(100城7城)
足利氏館から高速を使い30分弱。狭いヘアピンカーブを進み、到着。
暑さでダラッとした可愛い猫だらけでした。
山城ですが、かなりの距離を車で行けるので、楽にまわれます。
ここも本丸は神社になっていますが、城郭はしっかり整備されています。
風鈴の音も心地よかったです。100名城巡りより猫目当ての観光客のほうが多そうでした。
なお娘によるとポケスポットだらけでいっぱいGETできるそうです。
忍城
2019年8月15日
続100名城7城目(100城7城)
家内を誘って、忍城→菅谷館→杉山城→鉢形城で北埼玉巡り。
9時過ぎに駐車場着。
もう周囲は完全に埋め立てられ、湿地帯に浮かぶ浮城の面影は無し。
模擬天守も悪くはないんだけど、目立つところにガラス窓は流石にいただけないなあと。
それでも水城公園まで行くと湿地帯の雰囲気は感じられました。
菅谷館
2019年8月15日
続100名城8城目(100城7城)
忍城から下道で45分くらい。
超大型台風による雨は何とか持ってくれていたけど、着いた瞬間豪雨に。。
資料館は随分力を入れてますね。回転式紙芝居面白かったです。
雨を押して遺構に向かいますが、豪雨となり搦手門跡で退散。
杉山城
2019年8月15日
続100名城9城目(100城7城)
菅谷館から車で10分ほど。
公式ガイドによると杉山城の築城の経緯は未だはっきりしないとの事。
うーん、こんな城が何で続100名城にって思ったけど、登城してみて納得です。
土塁もしっかり残っており、城の輪郭がよく分かるように整備されていますね。
一緒にいった家内もとても分かりやすかったとの事でした。
鉢形城
2019年8月15日
100名城8城目(続100城9城)
杉山城から車で40分ほど
城郭規模が大きいですね。車道が城郭内に入っており2分されています。
何故か民家も城郭内にあります。
自然の川を上手く防御機構に取り込んでおり、北条氏の北関東統治の要というのもよくわかります。
そういえば資料館でウチワを頂きました。北条氏スタンプラリーも8月11日(〜12月31日まで)から実施されているようで、スタンプ押してきました!
小田原城も山中城も八王子城もこれからだから何とか行けるかな?
川越城
2019年8月17日
100名城9城目(続100城9城)
お盆休みもあと1日。午前中に時間を作れたので、近場で川越城に登城しました。
川越は子供のころ住んでいたことがあり、隣の初雁球場で2軍戦を覗き見た記憶はあっても、本丸御殿に入った記憶は無し。
現存する本丸御殿はほとんど無く、非常に貴重な遺産というのも川越を離れて初めて知りました。
城郭も大きく、子供のころお世話になった焼きそばのみどりや辺りまで入っていました。
富士見櫓、中ノ門堀跡まで見学し、ついでにみどりやで焼きそば食べようかと思いましたが休みでした、残念。
大多喜城
2019年8月24日
続100名城10城目(100名城9城)
レンタカーで大多喜城→佐倉城→本佐倉城の房総半島巡り
駐車場代200円、資料館入場料200円を支払ってスタンプ入手。
大井戸や薬医門も見学し、それなりに楽しめたから良かった。
妙に刀の展示が多かったのは、誰かの趣味だろうか?
佐倉城
2019年8月24日
100名城10城目(続100名城10城)
大多喜城から下道で1時間45分ほど。結構遠かった。
まず国立歴史民俗博物館でスタンプ。
特別展もののけの夏、とても楽しそうだったが時間の都合でパス。
とにかく堀が深いなあという印象。
また陸軍中隊絡みの史跡も数多く、意外な発見を楽しめた。
本佐倉城
2019年8月24日
続100名城11城目(100名城10城)
佐倉城から車で。
名前は本佐倉だが、城郭の大部分は酒々井市。
酒々井中央公民館でスタンプ。パンフレットが多数揃えてあり、特に散策マップはとても役立ちました。
千葉氏の月星紋がお出迎え。最近人気らしいが、確かにセンスあるよなあ。
400年以上前のデザインが今でも通用するのは凄い。
建物は一切残っていませんが、虎口・土塁などが写真付きで解説されていてわかりやすかった。
土塁に上がり北側を見ると、見事な田んぼの海。
秋の収穫時期なんかはまた違う景色を見せてくれるのでしょうね。
新発田城
2019年9月21日
100名城11城目(続100名城10城)
マイカーにて向かう。
台風による悪天候を懸念しながらの登城となったが、結果的に次の日まで天気は持ってくれた。
三階櫓近くの駐車場に停車。見事なT字型の鯱鉾がお出迎え。
中は4分の1ぐらいしか見学できなかったが、他の櫓は見学でき十分楽しめました。
村上城
2019年9月21日
続100名城11城目(100名城11城)
新発田城から車で1時間ほど。
まずおしゃぎり会館で捺印。向かいの小学校で運動会が行われてました。
その後、車で七曲道の前へ。
山道は広く、とても歩きやすかったです。
中世散策コースを経て天守台に登るルートを選択。
帯曲輪群を歩きながらの登城は楽しかったですが、少し滑りやすいので注意が必要ですね。
天守台からの日本海は絶景!
参考までにヘルスケアアプリでは20階の登りでした。
鶴ヶ岡城
2019年9月21日
続100名城12城目(100名城11城)
新潟、村上城から車で2時間と少し。
途中の笹川流れの奇岩群は最高でした。
鶴岡市初訪問でしたが綺麗な町ですね。
到道館の警察署や庭園等々、入館料700円分しっかり楽しめました。
鶴ケ岡城は神社と公園として整備されており、
正直城址としての見所はなかったですが、これはこれでいいかと。
その後、北前船で栄えた商人の町、酒田市に宿泊。美味い地魚に酔いしれました。
同じ庄内平野にありながら、対照的な発展の仕方をした2つの市。
セットでまわるとより興味深いと思います。
山形城
2019年9月22日
100名城12城目(続100名城11城)
前泊の酒田市から車で2時間強。
山形市郷土館(旧済生館)で捺印。中庭を中心にハイカラな病院でした。
まだまだ発掘中とのことで今後の本丸内の再建を楽しみにしています。
米沢城
2019年9月22日
続100名城12城目(100名城12城)
山形市内から車で1時間ほど
駐車場が無料でよかったです。
意外と人が多いのは上杉神社への参拝客かな?
伊達正宗からはじまる武将の銅像がズラリ。
お城としての遺構はあまり残っていませんでしたが、鶴ケ岡城同様、市民に親しまれる神社公園として機能しているのでこれはこれで良し。
二本松城
2019年9月22日
100名城13城目(続100名城12城)
越後→出羽と続く6城巡りのラストは二本松。
米沢から車で1時間強と意外と近かったです。
スタンプは歴史資料館で捺印。1Fは美術品2Fの博物館のは興味深かったです。
戊辰戦争は戦国時代と比べ、つい最近の話だから生々しい遺留品も残ってますね。
菊人形祭り準備で忙しい職人たちを横目に、箕輪門から登城。
20分ほど登って、天守台へ。素晴らしい眺めでした。
智恵子抄詩碑は洗心亭、自刃の碑など他にも見所はたくさん。
これほどの城が落城する時はやはり時代が動くときなんだな。とつくづく思いました。
小机城
2019年9月28日
28城目
群馬出身の私にとって横浜という街は、同じ関東にありながらなかなか縁遠い街。
よって小机という駅は降りたことも通ったこともなく、大きなスタジアムには驚きました。
小机地区センターにてスタンプ捺印後、10分強、住宅街を歩いて到着。
城の縄張の規模はさほど大きくないものの、空堀・土塁がしっかり残っており城内散策を楽しめました。
1点気になったのが、竹林の丘陵にお城があること。
竹は根が弱く、特に傾斜地の竹林に建造物を作るのはあまり良くないと聞いたことがあったので。
何て思っていたら、帰り道に「小机城のある街を愛する会」のスタッフと話す機会があり聞くと、竹林が城址に拡がったのはここ30年ぐらいとのこと。
納得です。
逆に言えば、築城時には全く想定されていない景観を私達は楽しめるという事。
竹林は手入れも大変でしょうが、いつまでも素晴らしい景観を守って欲しいですね。
品川台場
2019年9月28日
29城目
新橋からユリカモメに揺られ久しぶりのお台場へ。
スタンプは皆さんのレビューを参考にマリンハウスで捺印。近くて助かりました。
そこからグルっと回り込むように第三台場へ。
城といえるかは微妙ですが、幕府がペリーに慌てて急ピッチで仕上げた台場に立つとやはり感慨深いです。
100名城スタンプラリーをやらなかったら来ることはなかったでしょうね。
角牟礼城
2019年10月20日
30城目
妻と娘と一緒に九州遠征。北九州空港でレンタカーを借り、角牟礼城に向かいます。
中津名物の唐揚げ定食を食し、青の洞門を抜け、耶馬溪を横目に向かう事、2時間半。
皆さんのレビュー通り、「わらべの館こと豊後森藩資料館」に到着しました。
スタンプ捺印後、親切な学芸員さんより豊後森藩の成り立ちについてレクチャー。
来島→久留島への変遷の歴史、城を建てられない小藩の苦悩、大名と一括りに出来ない歴史があるんだなと感じました。
頂いた地図を頼りに三の丸駐車場まで移動。途中で1台とすれ違いましたが、まあ何とかなります。
穴太積みの石垣いいですね。二本松城で見て以来ですが、荒割石の積み方に強固さと緻密さを感じます。ほとんど登城できていない西に多い石垣らしいのでこれからが楽しみです。
中津城
2019年10月20日
31城目
角牟礼城より車で
15時30分出発で間に合うか微妙でしたが、とりあえず向かってみることに。
結果、16時45分到着。
受付に「17時で閉門してしまうけどいい?」と申し訳なさそうに言われつつ何とか登城。
こちらこそギリギリでも入場させて頂き、助かりました。
城内はコンパクトで15分でも十分。
模擬天守・模擬二重櫓ですが、違和感なく風景に溶け込んでいる印象。
その後、中津神社でお参りしラグビー日本代表の勝利を祈願。
小倉のスポーツバーに向かいます。(結果負けたけどナイスゲームでした!)
小倉城
2019年10月21日
32城目
前泊の小倉のホテルから徒歩より朝一に向かいます。
史実では破風が一切ない層塔型だったらしいですが、破風が多い望楼型での再建。
このへんの改編が100名城から漏れた理由なんでしょうかね?
ただ、城内のエンターテイメント性はすごいですね。
真田昌幸…ではなく草刈さんのナレーションによる紹介、駕籠に乗れたり、流鏑馬出来たりで娘は楽しんでたのでこれはこれでいいですね。
スタンプはこれまたお洒落な「しろテラス」にて捺印。
福岡城
2019年10月21日
32城目
小倉城から車で1時間強。
福岡は出張で何回か来ているものの、レジャーで来るのは初めて。
車窓から改めて大きな街を堪能させていただきました。
そして福岡城の規模も大きい!
福岡城むかし探訪館で捺印後、天守台まで行きましたが、三の丸、二の丸の大きさに驚愕しました。
唯一現存している多聞櫓は入れず。入口何個あるの?って言いたくなる横に長い櫓。
いつか入ってみたいですね。
基肄城
2019年10月21日
34城目
九州遠征ラストは基肄城。
まずはテーマパークばりに巨大な基山町民会館で捺印。スタッフに水門跡と基肄城への2つのルートを教えて頂く。
まずは水門跡へ。
昨年の台風の影響で水門前まででで車は通行止め。民家への被害状況は痛々しいですね。水門も裏側を見ると多少被害を受けていますが、形はとどめてます。
地元の方より水門の少し上に美味しい湧き水があるとのことで、少し登って飲んでみると本当においしい!!おすすめです。
その後、車で草スキー場へ。
バッタと戯れながら、ある程度登ると右手に「きのくに古道」の案内があります。草スキー場で頂上に向かうより、こちらのほうがある程度整備されてますので多少楽だと思います。
道なりに見張り台までいくと、眼下に「いものがんぎ」があります。
名前の通り可愛らしい丸々した堀切は必見。その先に基肄城址の石碑が建ってます。
古代城の趣はいいですね。今後の大野城・水城、そしていつの日か行きたい金田城が楽しみです。
龍岡城
2019年10月26日
35城目
まずは五稜郭であいの館を訪問。出土品・変遷を勉強後、城郭へ。
函館五稜郭に比し小振りな分、堀に沿って歩けば星形の輪郭はつかめると思います。
そしてここの見所は多彩な石垣。
切込み接ぎ(布積み・亀甲積み)、打込み接ぎ、野面積みと楽しめます。
大砲設置予定の石垣には強固な亀甲積み、あまり目立たない堀の外側は打込み接ぎや野面積み等、決して財政にゆとりのない小藩ならではの優先順位なのでしょう。
威容を誇るために豪華絢爛に造られた城もいいですが、限られた予算で工夫した痕跡の残る龍岡城のような城も面白いですね。
土浦城
2019年11月9日
36城目
JR土浦駅より徒歩にて10分強で登城。
城郭内は亀城公園の名の通り、市民の憩いの場となっていました。
現存する櫓門は見事。
スタンプは東櫓内にて。
春日山城
2019年11月23日
37城目
雪が降る前に登城してきました。
天候にも恵まれ、紅葉のシーズンということで最高のコンディション。
ものがたり館で捺印後、まずは長尾氏・上杉氏の菩提寺の林泉寺へ。謙信公の墓所や川中島合戦の戦死者の供養塔へお参りしてきました。
春日山城の登山口である上杉神社では、おもてなし武将隊の謙信公も兼続もお出迎え。
三の丸から登り、柿崎屋敷・天守台・大井戸・毘沙門堂・直江屋敷と歩き回りました。
iphoneヘルスケアアプリでは35F分登ってましたが、見所が多く疲れを感じず楽しめました。
高田城
2019年11月23日
38城目
春日山城から直行、車で15分ほど。
三重櫓→上越市立歴史博物館を見学後、極楽橋を通って終了。
共通券600円は少し高いけど、歴史博物館が綺麗で展示も良かったのでOK。
その後、皆様のレビューに書いてあったトン汁たちばなへ。
玉ねぎの旨味が凄かったです。
鮫ケ尾城
2019年11月23日
39城目
春日山→高田城と続いた上越地区の城巡り、ラストは上杉景虎最期の地、鮫ケ尾城へ。
スタンプは斐太歴史の里にて。今季は11月24日までで閉園となり、それ以降の冬季は神の宮温泉かわら亭での捺印受付となるそうですのでご注意ください。
親切なスタッフに登城方法を教えて頂き、往路は東経路、復路は北経路にて登城。
東登山道は緩やかというものの、所々傾斜の厳しい箇所があり、また時期がら落ち葉が滑りやすいので注意が必要ですね。
何か所からある堀切の深さから防衛機能の凄さが窺い知れます。
米蔵跡では炭化した米粒も見つけました。
参考までにiphoneヘルスケアアプリで39F分の登りでした。
江戸城
2019年12月7日
40城目。
大嘗宮の一般公開が明日までということで、小雨模様でしたが併せて行ってきました。
大手門から行こうとするも、大嘗宮の会場である本丸付近は坂下門からしか行けないとの事。
仕方ないので、大手門から二の丸を見学し平川門から出て坂下門に向かうという面倒くさい工程を経て、ようやく天守台へ。
殆どの方が大嘗宮目当てのなか、天守台の見事な切込み接ぎに見惚れていました。
あ、大嘗宮はやっぱり見事でしたよ。ただ儀式の費用は27億1900万円で、大嘗宮の設営費用は9億5700万円。これだけのお金を掛けて、即取り壊してしまうのはなあ。
後世に残らないものに何となく虚しさを感じてしまうのは、史跡巡りをしている身だからなのでしょうかね。
八王子城
2019年12月14日
41城目
大分寒くなったこともあり、八王子城に登る事にしました。
まず車にてガイダンス施設を訪問しスタンプ捺印。その後、ボランティアガイドさんと一緒に御主殿地区を回りました。とにかく人が多いです。半分はハイキング目的でしょうか?
その後、ガイドさん同伴でないと、入れないという金子曲輪を経由し本丸へ。かなり登りましたが、山城にも随分慣れてきたのか以前のようにヘロヘロになるような事もなく登城することが出来ました。まあ季節と購入したトレッキングシューズのおかげも多分にありますが。
その後、下山するとガイダンス施設手前で橋が崩落しており、一瞬焦りましたが左手に迂回路があり無事帰還できました。逆にガイダンス施設から直で本丸に登城する際は、橋の右手の迂回路を使えば登城できますよ。
トータルで2時間半、ヘルスケアアプリで70Fの登り、たっぷり楽しむことができました。
滝山城
2019年12月14日
42城目
八王子城から車で20分ほど
典型的な山城である八王子城と違い丘陵に造られた城ですが、防御機能の巧みさに驚きました。
各曲輪に設けられた深い薬研堀、東馬出と南側の大馬出を結ぶ行き止まり廓など随所に工夫が凝らされています。
これは信玄公も攻めあぐねるよなあ。
スタンプは中ノ丸に設置。インクが薄いんで強く捺印することをお勧めします。
石垣山城
2019年12月28日
43城目
今年最後の登城は石垣山城+小田原城。妻を連れて車で向かいました。
ミカン畑を登った先にある駐車場から、いきなり石垣が見れます。
トイレ前にてスタンプを捺印。パンフレットも揃っています。
三浦半島を望む海岸線に癒され、井戸曲輪の見事な石垣に酔いしれ、展望台から小田原城を望むと秀吉気分を存分に楽しめます。
それにしても小田原城から見えないはずの西曲輪にまで見事な石垣が作られているのは、秀吉の権力の現れですね。
その後、予約した一夜城ヨロイヅカファームで、妻とちょっとしたランチ忘年会を実施。
ヨロイヅカファーム目当てのお客様も是非、石垣山城に立ち寄って城の魅力に触れてくれれば嬉しいなあ。
小田原城
2019年12月28日
44城目
石垣山城から車で。僅か数qの道のりだが渋滞に巻き込まれ結構時間がかかった。
当時の小峯曲輪に当たる報徳二宮神社から登城。
天守閣は閲覧料510円と少しお高いものの、展示資料の充実を考えるとまあ納得かな。
上映されていたビデオは、石垣山城を築かれた氏政氏直親子が後北条氏の歩みを振り返るという秀逸な出来栄えでした。
その後、本丸より常盤木門、銅門、馬出門を経て正面出口へ。
ちょっとした遊園地あり忍者館ありでエンターテイメント性の高い城址公園として機能していますね。小倉城もそんな感じでしたが、子供達や外国人にも親しみやすい観光地として今後も頑張ってほしいです。
松本城
2020年1月2日
45城目
令和2年度の登城は国宝松本城からスタート。
天守の料金が700円。今年から値上げしています。
お城の前は登城者で並んでいますが、危惧していた程の待ち時間では無し。正月だったからかな?
堂々とそびえる黒漆の城は見事。
高島城
2020年1月2日
46城目
松本城から車で向かう事30分。駐車場が狭く、空くのを待ってようやく駐車。
310円はらって登城。スタンプは入場料を払わないと押せません。
コンクリートの城ですが、昭和45年の再建ということで味が出てきている感じがします。
高遠城
2020年1月2日
47城目
高島城から下道で45分ほど。途中、諏訪大社への参拝客渋滞に巻き込まれ、大幅に遅れてしまいました。
歴史博物館は休館でしたが、スタンプは外に設置してあり捺印できました。
ビックリするくらい人がいない城址公園でしたが、その分曲輪と堀をじっくり楽しめました。
甲府城
2020年2月11日
48城目
祝日を利用し妻と甲府市3城を巡る旅へ。
隣接する県庁の地下に車を停めると警備員さんから
「石垣を見に来たと伝えると1時間無料だよ。」との事。
よく理解できないまま駐車場を出ると、同じフロアに復元された石垣が!
なるほど、これを見に来たと1Fアンテナショップ?の店員に伝えると1時間無料に。
さて、甲府城の見所は石垣。特に野面積みが見事ですね〜。
石垣の反りを見ると、なるほど織豊期の城だなという気もします。
もともとは関東の家康に対する抑えの最前線。威厳のある城にする必要があったんでしょうね。
要害山城
2020年2月11日
49城目
甲府城を見学した後、藤村記念館へ行きスタンプを捺印後、車で移動し登城。
大体の予備知識は入れていたが、登山口に杖の用意が。
過去杖の用意があった城(新高山城等)は苦戦した記憶が(笑)すごく有難いことなんですけどね。
笹がギリギリまで迫り出し狭い遊歩道、展望も望めない山道、案内図がほぼ無く主郭まであとどれくらいなのか分らない不親切さ、久しぶりに疲れました。
ようやく登った主郭はそれなりの広さですが、腰かけるスペースは切り株が4つほど。しかもお食事中のグループが先に陣取っており、全く休むことが出来ずまた下山と。
せっかく続100名城に選出されたんだから、もうちょっとインフラ整備されても良いのでは?
虎口や竪堀等、見応えあっただけに少し残念に思いました。
武田氏館
2020年2月11日
50城目(ようやく4分の1まで到達…あと何年かかる事やら)
要害山城でクタクタになった足を引きずり、本日最後の躑躅ヶ崎館こと武田氏館へ。
ここは1度来てみたかった城(館?)。
「人は城、人は石垣、人は堀」なんて言い切れてしまう信玄公はどんな防御機構のある所に住んでいるの?って子供の頃からの疑問でしたからね。
まあしっかり石垣も堀もありました。ただ防御力は無いですね。
勝頼が新府城に移ったのも当然の流れかと。
山中城
2020年3月7日
51城目
とても楽しみにしていた城の1つ。受験が終わった息子と一緒に訪問。
北条氏の築城技術の最終形態。
滑りやすい関東ローム層を蟻地獄にまで昇華させた結果のワッフル堀に、北条氏のおそらく最後となった角馬出。
もう興奮するしかありません。
結局、想定を超える秀吉の大軍に半日で落とされてしまうわけですが、この城には関東の覇者として君臨した北条氏の最後のプライドを感じます。
2時間弱タップリ堪能した後、北条氏の始まりの地である興国寺城へ向かいます。
興国寺城
2020年3月7日
52城目
山中城から車で。
関東の城巡りをすると半分近くは北条氏に関わる城であり、その原点ともなる城がここ興国寺城。
コンパクトな城ですが、大空堀は滝山城の薬研堀を思い浮かべ、深い堀に隔てられた廓は鉢形城を思います。早雲の頃から引き継がれた築城技術がきっとあるんでしょうね。
歴史を逆にまわって北条流築城術を紐解いていきましたが、石垣をほとんど使わない(使えない)土の城の魅力を存分に楽しめました。