トップ > 城選択 > 千早城

千早城

みなさんの登城記録

2494件の登城記録があります。
1件目〜50件目を表示しています。

●2020年8月29日登城 みなりんさん
71城目。
実は1城目、伊賀上野城の日に行ったのだけれど、その時点ではまだスタンプ帳を持っていなかった。
6年ぶりに再訪。この時期は虫が多くてオススメできない
●2020年8月22日登城 YOPPYさん
ハイキング
●2020年7月23日登城 ひろきさん
25城目
●2020年6月18日登城 丸に蔦さん
6
●2020年4月26日登城 naojiさん
2巡目 14城
車にて
駐車場:金剛山麓まつまさ(裏の駐車場)有料
    ※食事をすれば1時間までなら無料だって
スタンプ 53:金剛山麓まつまさ

外出自粛のなか出かけてしまいました。スミマセン。

登り口
前回は千早神社参道登り口から550段の石段を登ると四の郭へ
今回は金剛山登り口から途中、千早城登り口分かれ道へ行く。四の郭と三の郭の間に出る。

二の郭にある神社の裏から主郭へ行きたいところだが立入禁止となってます。
●2020年4月21日登城 本城慎太郎さん
●2020年4月5日登城 zyuppouさん
百名城 5城め

ほんとにこの城の周りに数十万の鎌倉武士が取り巻いたのか?
●2020年3月28日登城 すまいるまんさん
●2020年3月25日登城 パルコさん
登りの長さはそれ程ではないですが、結構急な石段が続き、すこしきつかった。暑い時期は結構大変だと思う。廓の有るあたりはそれ程広くなく、見るのは時間かからず。
●2020年3月22日登城 akkyさん
88城目
中国・九州城巡りの旅の8日目。
宮崎から神戸にフェリーで移動し、二条城のあとに行きました。
楠木正成が籠もった城でした。
3時頃に着いて城跡まで登ったので、心細かった。
●2020年3月9日登城 ごっちゃんさん
まつまさという山茶屋みたいな所にスタンプ
(スタンプ無料)
●2020年2月23日登城 モッチー3さん
正午前後に訪問。まつまささん駐車場600円でしたが、同店で食事すると駐車代は0円。まつまささんの食事も美味しかったです。
●2020年2月17日登城 ♪345♪さん
南海なんばより往復する方は「金剛山ハイキングきっぷ」が1,740円と410円お得です。
河内長野よりバスのみ往復する方は河内長野駅改札の向かい側にあるコンビニアンスリーにて「ワイドモックルカード」が900円と60円のお得です。
まつまさにて御朱印と御城印が一つになった「なんていうんだろう?⇒御城朱印でいっかな(笑)」が300円で入手出来ます。登城すると所々に「正成公御兵糧米」1,000円の案内板はあったが、この御城朱印は見逃してたようで偶然にも入手できてよかったです。
椎茸そば700円をいただきましたが皆さんの言うとおり絶品だったので、お土産に椎茸を購入しました。湧水も美味しいです。まつまさの道はさんで向かいと、まつまさルートで登城するならその途中にもありました。
●2020年2月13日登城 のんべいさん
車は「まつまさ」に止めて(駐車代¥600)目の前の登山道から登城
●2020年2月9日登城 ふくろう-わにさん
32城目。計47城目。
北条鎌倉幕府を翻弄した楠木正成のお城。
金剛山中腹にある城址には千早神社が建てられています。
登山道途中で今年初めての雪を見ました。
●2020年1月29日登城 いさおさん
64城目 金剛登山口バス停を降り右手道なりに上がると、急勾配の階段が城へと続いている。健脚であれば10分程で二の丸の広場へ到着するが、私は途中途中で呼吸を整えながら階段をひたすら登りました。後から分かったのだが、バス停から左手に道を下ると名城スタンプ場所でもある「まつまさ」食事処から城跡へ登るほうが山道で登りやすいと地元の方から教わった。本丸には千早神社がありお参りして下山した。住友家15代当主、住友吉左衛門友純の寄付を示す石碑などが数多くあり、楠木正成等を大事に祀っていることが伺えた。
●2020年1月25日登城 aotoさん
本丸跡へ向かう為石段を上がるが、思った程辛くなかった。
まつひさでスタンプをゲット。
●2020年1月19日登城 涼風さん
27城目
●2020年1月18日登城 たくわんさん
50城目.まつまさの駐車場に車を停めてスタンプを押し,まずは名物「しいたけうどん」を頂きました.想像していたものと違っておいしさにびっくり.金剛山名物「ごまどうふ」も美味.山道ルートで千早神社(千早城址)に向かいました.軽いハイキングの感じです.下山後,まだ早かったので千早赤坂村の郷土資料館に寄りました.
●2020年1月17日登城 一丁目一番地さん
55 大阪
楠木七城の一つ。
鎌倉時代楠木正成が後醍醐天皇に忠義を尽くし皇居前には像もある 日比谷公園寄り南東の一角。この騎馬像は隠岐の島から帰還された後醍醐天皇をお迎えの際の雄姿。大阪唯一の村とお江戸皇居がつながっている(何度か皇居訪れ外苑でキーホルダーを土産に買ったが今思えば正成公の騎馬像)。上赤坂が本丸 下赤坂が出丸 金剛山中腹の千早城が詰。二の丸跡に神社。
近くに続百名城でないが 南朝忠臣で楠木公の後胤弘川城主隅屋与市正高卿が大阪府南河内郡河南町「弘川寺ひろかわでら」(近鉄富田林駅より河内行バス終点下車100m)近くに築城。境内桜下にて奮戦虚しく討死、河内名所絵図にてもその一本の枝垂桜「隅屋桜」が伝えられる。ご住職が色々御存じのよう。古城跡も寺の上。
ここは歌聖西行法師の終焉地「願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ」西行法師古墳もあり春は狙い目。スタンプ設置のない城巡りも又楽し。案外身近な所にあるのです。百名城マップ塗りつぶせなく残念だが。
●2020年1月3日登城 仲ちゃんさん
 金剛山登山の途中に登城。石段は見事だったが、城跡はあっさりしていた。中世の城跡って感じがした。
●2020年1月2日登城 ケンさん
スタンプだけ頂きました。
●2019年12月29日登城 トモユキさん
2019年12月29日登城

スタンプが設置してある商店「金剛山麓まつまさ」の店主は、
自身も100名城スタンプを達成したとのことで気さくな方です。
100城目のスタンプが千早城であった場合にはワインをプレゼン
トしているとのことです。
●2019年12月29日登城 ムラサメさん
京都でのランニングイベントに参加してから向かいましたが、予想より時間が掛かってしまいまつまさに到着したのが16時過ぎ。スタンプゲット後参道から急いで登城開始。石段ではありますが積み方が荒くかなり脚にきます。夕方だったこともあり神社は無人で閑散としていました。城跡感は薄いですが神聖な空気は感じました。下山後17時のバスで富田林駅まで戻りました。2019年の登城はこれで最後となります。年明けからは関東の城攻めです。
●2019年12月28日登城 unpocoさん
62ヶ所目。
スタンプは「まつまさ」の入り口すぐにあります。手作りの案内板あり。
登山口はそこからやや離れたところにあります。本丸の千早神社までかなり急な石段が続きます。
●2019年12月15日登城 だいようりきさん
記念のスタート(1/100)

何度か行ったこともあったが改めて大阪城を登ってみて思ったこと

・1階のシアターで一通り勉強してから登るのが勧め
・戦国時代のイメージはないので期待しない
・石垣はやっぱり立派でした
・散歩が楽しかった
●2019年12月14日登城 しげお&なおこさん
《畿内編》近畿5名城めぐりツアーに参加(4城め)
2日目は和歌山から千早城に移動。
郷土資料館で千早城の資料を入手してから千早城へ。
550段の石段からの登城ではなく、まつまささん側の金剛山登山口?からの登城でした。すれ違う人は登山帰りの方々と高校部活の方々でした。
石段ではなかったけど、七曲がりのような登城道で月山富田城を思い出しました。
千早神社から石段を下って登城終了です。
●2019年12月8日登城 じゅんさん
2
●2019年12月1日登城 あしとみさん
バス利用なら、時間にゆとりを持って行った方が良いです。
●2019年11月28日登城 たまごんさん
★パワースポットの城★
登城前に、オススメの『まつまさ』の椎茸蕎麦をいただきましたが、椎茸が大きくて肉厚で香りが強くて、忘れられない味になりました。
さてさて、千早城ですが、まつまさ方面から登りました。
表の無限階段20分より楽かなあと思ったのですが、運動不足の自分にはこちらも容赦無かったです。
1時頃冷たい雨の中、かなり急な登り坂と階段を20分くらい登ると、頂上の神社に着きました。
帰りは10分くらいで、1時間に1本のパス1時50分発に間に合いました。
千早城の看板に、『人は知力・体力・気力の限りをつくせば無限の力を発揮する』って書いてあり、この城を諦めず登れて良かったなあと思いました。
●2019年11月16日登城 会津セイユーさん
56城目、38/100,18/続
●2019年11月16日登城 むぎめしさん
奈良の城、車で巡る、この後、宇陀松山城
●2019年11月9日登城 エンドロールさん
お食事処にスタンプが置いてあります。
しいたけの天ぷらがとても美味しかったです。
●2019年11月4日登城 ゆうくんさん
まつまさ(食堂?)でスタンプGET。
まつまさの駐車場に車を停めて千早神社まで歩いて上がりました。
(まつまさで買い物・食事などをすれば、駐車料金サービスありです)

城跡は神社になっており、石碑がないとお城があったかどうかわかりませんでした。
ただ、神社までの傾斜は急であり、山城として難航不落の城だったんだろうと想像できます。
●2019年11月2日登城 HABUさん
19城目。
周りが登山客だらけでした。
●2019年10月27日登城 あーさん
37城目
奈良から「奈良満喫フリーきっぷ」を利用して新今宮へ、新今宮から南海電車の「金剛山ハイキングきっぷ」を利用しました。
金剛登山口バス停から千早城跡(千早神社)までは、普段山登りをしているので15分くらいで到着しました。気持ちの折れそうな石段がずーっと続くので、登るのであれば気長に休み休み登るのをおすすめします。
スタンプは麓の「まつまさ」さんで、金剛山を登った後、バス停に戻るときに押しました。
「まつまさ」さんで売っている棚田米プリン、とても美味しかったです。
●2019年10月26日登城 チャンパー米さん
初登城、天気曇
●2019年10月26日登城 gvyectvvcsvyv4cさん
10城目
●2019年10月20日登城 崎っちょさん
千早城、制覇。
●2019年10月20日登城 悠樹さん
八十四城目。百名城五十七城目。1332年、楠木正成が鎌倉幕府軍に対して籠城した山城。幕府軍十一万人に対し、楠木軍は八百人だったが、千早城の防御性能と奇策によって勝利したと言われる。スタンプは金剛山麓まつまさで押印。車をそこに停めたまま山道を30分程歩き、千早城に到着した。千早城の周りは急な斜面に囲まれており、まさに要害でした。本丸には現在千早神社が建てられており、神社では楠木正成が落城させず守り抜いたことに因んだ御守りが売られており、購入しました。千早城から下山後、結構汗をかいたのでまつまさ隣の山の豆腐で豆乳アイスクリームを食べたがおいしかった。
●2019年10月20日登城 ひこさん
バス停奥のおよそ550段の階段から登城し、散策-参拝後、まつまさの方へ下山。道中やけにヘリコプターが飛んでるなぁと思ったら、金剛登山者が滑落した(怪我で済んだみたい)そう。雨上がりで滑りやすかったんだろうなぁ。登城する皆様も気をつけてください
●2019年10月14日登城 火ノ島豊後守正宗さん
43城目。
小雨が降り続く中で頂上まで敢行しました。
頂上にて何もなくがら〜んとしていました。
スタンプはバス停近くの「まつまさ」で頂きました。
●2019年10月13日登城 たこちゅーさん
2周目54城目(101/200)。

河内長野駅から車で40分ほど。
バス停近くの駐車場に600円で駐車。
バス停側の登城路は階段が急であり、スタンプ押印もかねて、まつまさより坂道を登城。

登城路は金剛山の登山路にもなっており、通行人自体は多い。
登城路というよりも渓流の山道という感じが強く、自然の地形を要害として活用している様を強く感じられる。
周囲は木々に覆われ、登城中の眺望は望めないが、急峻な高低差を活用した郭や、
アクセス方向の限定、登城路の狭さなど、難攻さを実感できる。

スタンプは千早城であり、周囲に上下赤坂城もあるが、アクセス手段は劣悪(道路はば狭小等)であるため注意が必要。
下赤坂城周辺の棚田は見どころあり。
●2019年10月13日登城 スンさん
だいぶバスで上る。
地上より気温が低い。
●2019年10月10日登城 なるちゃんさん
69城め(初登城)

朝6時過ぎの新幹線で新横浜より新大阪へ。電車を乗り継いで河内長野駅前から、南海バスに乗り金剛山登山口バス停で下車。まずは登城口とは逆方向の「金剛山麓 まつまさ」でスタンプを押しました。同じバスに乗った方は皆、金剛山をハイキング登山する方で、まつまさを通り過ぎて行きました。バス停まで引き返した少し先に登城口が有りました。そこから延々と登りの石段(入口に約660段あると書いて有りました)。10月でも汗だくで息切れしっぱなしでした。
四の丸→三の丸→二の丸と進み、千早神社社殿の裏側は神聖な場所で立ち入り禁止の為、尾根づたいに右側から迂回して本丸に行きました。
見所は少ないので滞在は約1時間程。この後、河内長野駅前にバスで戻り、河内烏帽子形城跡にも歩いて行きました。
●2019年10月5日登城 ⭐忠さん
24城目
●2019年10月5日登城 ⭐忠⭐さん
23城目
●2019年9月27日登城 げんげさん
河内長野駅から金剛山ロープウェイ行きのバス。
「金剛登山口」で下車。歩いて3分ほどで「まつまさ」到着。
金曜日で定休日とのことでしたが、事前に電話すると「10時〜14時は開けています」とのこと。無事、スタンプをゲットできました。
●2019年9月26日登城 ラムダさん
53城目

和歌山大阪旅行2日目。
日本橋から河内長野駅。そこからバスで金剛山登山口へ。
バスを降り、「まつまさ」へ向かいスタンプGET
スタンプの状態は良好。

「まつまさ」前の登場口から登山道を登り分岐を左へ。裏参道を通り約20分で千早神社へ到着。
裏参道は意外に道が整備されていた。

千早神社を参拝し、帰りは表参道を下山。
表参道の石段は足場が悪く、足への負担が大きい。

帰り、バスを待つまでの間、「まつまさ」に戻り、シイタケそばを食す。
肉厚のシイタケの天ぷらが、いと美味し。

シイタケの美味しさを再確認しながら帰路につく。
LV.53
●2019年9月26日登城 Michioさん
62

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 次のページ

名城選択ページへ。