トップ > 城選択 > 高取城

高取城

みなさんの登城記録

2329件の登城記録があります。
1件目〜50件目を表示しています。

●2019年1月20日登城 太刀三郎さん
80/200 登城

夢創館の場所が分かり難いです。
あいにくの雨の為スタンプだけになりました。
日本一の山城を前に残念です。
●2019年1月13日登城 青空ペダルさん
壺阪山駅から11kmの徒歩コースでまわりました。最強の城を堪能したので歩数計の数字は14km。帰りの壺阪寺方面への道は面白くなかったので、次回チャンスがあれば吉野口の方に下りてみたい。
●2019年1月3日登城 たつリンさん
難攻不落であることを鑑み、前泊しいざ攻城。朝、大阪阿倍野駅から8時20分発吉野行急行にて出立。9時5分頃壺阪山駅着。駅にあった周辺マップを参考に急いで夢創館へ。約10分。さすがに正月休みだったが、店外に城のパンフとともにスタンプが準備されていた。駅に帰り9時45分発のバスに乗り込み壺阪寺前(終点)へ。基本的に便は極めて少ない。寺入口の案内板に従い山登り開始。道はそこそこ険しく、落ち葉も手伝い分かりにくい場所もあったが、丁寧な案内板のおかげで無事本丸へ。山登りで疲れた身体にエネルギーを与えてくれた。まさに立派の一言につきる。山登り約45分。素晴らしい石垣に後ろ髪をひかれつつ下山。12時のバス、12城23分の近鉄線にて大阪に。
●2018年12月30日登城 おかきさん
日本三大山城だけあって風格が違う。石垣の高さ、迫力、曲輪の設計など素晴らしいの一言。
●2018年12月28日登城 ゆうすけさん
【行き方】
東京→京都(新幹線)→大和八木
宿泊:カンデオホテルズ橿原奈良

【高取城】
交通:大和八木駅からレンタカーで約40分。
料金:無料だが狭い。駐車場じゃないスペースに止める。朝早くないと止められないかも。
所要時間:約70分(本丸までの往復)
感想:山城のため登山靴があるといい。途中から階段だが結構岩が沢山ある。
駐車場がないかかなり狭くスペースがないため朝早くいかないと埋まる可能性がある。
石垣が残っており壮大。
クマが本丸の案内をしている。

【夢創館】
交通:高取城から車で15分。
料金:無料
所要時間:10分
感想:近くの住人の憩いの場所になっている。
ほのぼのしている。
●2018年12月23日登城 てるさん
最初に「夢創館」でスタンプゲット。館内の人に、車でどこまで行けますか?と聞いたら、「シーズンオフなので、壷阪寺から、さらに上の七ツ井戸まで行っても大丈夫ですよ」と丁寧に写真まで見せて場所の説明をしてくれました。
七つ井戸まで車で行きましたが、道幅は狭く、ガードレールの無いところも多く、かなり怖いです。ただ、ここまで行くと、本丸跡までは20分ぐらいで登城できました。
三大山城と称されるだけあって、見事なお城です。
うっそうとした林を抜けたところに現れる壮大な石垣、二の丸から本丸の、平城を思わせるような立派な城郭は、ここが山の頂きの中だとはとても思えず、異次元な空間に思えてきます。
ここは、苦労しても登城する価値大です!
●2018年12月16日登城 アトムさん
57
●2018年12月15日登城 ぼぴちゃんさん
78城目。
前日大阪出張。新大阪の宿から夢創舘の開館に合わせ電車移動。夢創舘で縄張図等をいただき、徒歩での道順のポイントを教えてもらった。
登城、いや登山開始。厳しい山道を登ると猿石。思ったより小さいが和む。側には山城なのに水堀としての池。ここから次々と石垣が現れる。本丸の石垣群に圧倒される。こんな高い山にこんな高石垣があることに驚き。天守や多くの櫓があったことに感動。吉野口門跡側には堀切がある。国見櫓跡からの景色も絶景。
帰りは壺阪寺からバスで下山。
●2018年12月14日登城 hiroshi.Eさん
壺阪寺の駐車場から攻城。約1時間かけて本丸へ。荘厳さを感じる素晴らしい石垣でした。城の全体が見たくて、七曲り方面から下城。猿石→火薬櫓を遠目で見て、植村家長屋門、松ノ門から夢創館へ。ここで体力尽き果て、タクシーで壺阪寺へ戻りました。あちこち落石があり、石垣の歪み、膨らみ箇所があって心配です。
●2018年12月10日登城 聖隷さん
城は、高取町から4キロメートル程南東にある、標高583メートル、比高350メートルの高取山山上に築かれた山城である。山上に白漆喰塗りの天守や櫓が29棟建て並べられ、城下町より望む姿は「巽高取雪かと見れば、雪ではござらぬ土佐の城」と謡われた。なお、土佐とは高取の旧名である。
●2018年11月27日登城 きみちゃんさん
千早城の後、電車で壺阪山へ行きました。時間もないので、夢創館まで歩いて城下町を散策しスタンプを押してきました。高取城へはいつか行ってみたいと思いますが、どうなるでしょうか?
これで、近畿は終わりました。頑張りました。
●2018年11月25日登城 せんたろさん
夢想館近くの観光駐車場に車を止めて徒歩で登城。
約90分かけて登りました。(;´Д`)
山頂付近になると急に石垣と陽の光が。とても立派に残ってます。
こんな高いところに、石垣を構築した当時の人に敬礼です。
●2018年11月24日登城 朝田 辰兵衛さん
リッチモンドホテル名古屋納屋橋から高取城へと移動。
近鉄名古屋駅→伊勢中川駅間 近鉄名古屋線(急行),
伊勢中川駅→大和八木駅間 近鉄大阪線(急行),
大和八木駅→橿原神宮前駅間 近鉄橿原線,
橿原神宮前駅→飛鳥駅間 近鉄吉野線(急行),
飛鳥駅前の,明日香レンタサイクルにて,
電動アシスト自転車を1日レンタル。
料金は1日単位で【1,400円(JAF割100円)】。
高松塚古墳,高松塚壁画館に寄り道してから,
夢創館にてスタンプペッタン。
前日の“たかとり城まつり”の影響からか,
山城にしては人数の多さを感じました。
登城ルートは,猿石ルートをチョイス。
中高年男性はすぐにへばって,
中高年女性は健脚でという例にいくつも遭遇しました。
近鉄週末フリーパス【4,100円】の初日。
●2018年11月24日登城 まりんこさん
天候に恵まれ意気揚々と登城に挑戦しましたが、思ってたより段差がきつい!苔むした石垣が見えるとテンションも上がり、伐採した古木から作った熊さんと天守閣が作成されてあり癒されました。景色はとても素晴らしくさすが日本一の山城、感激でした。
●2018年11月23日登城 やすおんちゃんさん
高取城祭りも行われていました。
●2018年11月23日登城 YANKEYさん
later
●2018年11月23日登城 Nancyさん
高取城まつりが開催されていたからか、駅の改札を出る前から行列するほど人が多かった
壺阪寺までバスで行く予定が満員で乗れず、全行程徒歩でぐるっと11キロまわりました
がんばって登山した甲斐があって石垣群は素晴らしかったです

高取城址から壺坂寺への道が一部、危険ということで迂回路みたいになっていて、黄色いロープを木々に渡してくれていたが、その道がシャレにならないぐらいきつかった
自分は下りでしたが、上りで行く方(壺坂寺から城跡へ向かう反時計回りルート)は大変かもしれません
バスに乗れず時計回りコースに変えて良かったな〜と思いました
●2018年11月23日登城 つぬっこさん
日本100名城・登城20城目!
●2018年11月23日登城 うにちゃんさん
日本100名城/22城目
●2018年11月23日登城 くすださん
3大山城
●2018年11月17日登城 りこばさん
75城目、遂にスリークォーター
宇陀松山から南周り行程のラスト4キロ程は対向困難道、自信無き者は夢創館でスタゲトしてから西方から向かうのが無難かも、それでも負担減は半分程度だけど。
結果、最初に城跡行ってしまったとこでスタここに有らずに気付き傷心モチベ上がらず運転疲れで登山見送り...さっき続宇陀で頑張ったからまぁいいさ
おや?ここは日本三大山城に数えられているのでは?
なんか日本最強のぼり旗掲げるけど
...ってそんなの関係ねぇ!
●2018年11月10日登城 まつぎんさん
スタンプ収集開始より78城目。(名城:62/続:16)
入場料:無料
大和郡山城⇒高取城⇒宇田松山城の大和城巡りにて登城。
朝一で大和郡山城登城後、近鉄にて移動、畝傍御陵前で
レンタカーを借り、高取へ向かう。
車で20分程で、夢創館到着。夢創館の係員の方が丁寧に
高取城について登城経路などを説明してくれた。
車で行けるとこまで車で行き、いざ登城。
紅葉シーズンであることもあり、登山姿の方々が多い。
3大山城の一角で『最強の城』と謳われたノボリが
いっぱい立っており、天守までは徒歩だとかなりの苦行で
ある事が容易に窺える。
城跡は紅葉がキレイなのも手伝って、石垣など山城らしい
山城で素晴らしく、正に『最強の城』。
多くの方々がハイキングに来られるのも理解できる。
次は宇田松山城へ。
●2018年11月10日登城 ■□▲あ!徳川くりたろう。□■◆さん
≪86城目 高取城≫
【スタンプ押印場所】夢想館

近鉄郡山9時29分発、壺阪山10時5分着。10時15分発のバスで壺阪寺まで10時30分着。

日本3大山城とは大和高取城(麓からの高低差446m)、備中松山城(同290m)、美濃岩村城(同150m)のことを言う。
松山城は山腹までミニバスで運んでくれ、歩く距離は15分ぐらい。岩村城は30分かかって城跡まで行った。

今回の高取城は壺阪寺までバスでそこから1時間かけて登った。石垣しか残っていないが、登るに従い横から石塁があらわれ、まさに自然林の中にある。
頂上には大きな石垣が残っており、そこからの風景は絶景である。

帰りは壺阪山駅まで徒歩で2時間。途中に猿石があり可愛い。
日本一の山城を攻略できたことはうれしかった。

13時23分発の列車で次の宇陀松山城へ。3時間かかりました。
駅の近くにはコンビ二もなく、食事できるところもあまりないので、事前に飲み物、食べ物の準備が必要。
●2018年11月7日登城 政宗&信繁さん
53城目(通算84城目)です。
大阪出張にかこつけて、奈良3城巡りに出掛けました。
まずは、ずっと行ってみたかった高取城。宿泊先の心斎橋から出発し、壺阪山に7:45着。徒歩10分程でスタンプを設置してある夢想館へ。店が閉まっていても押印可能でパンフも頂けます。そこから延々坂道と階段を登っていき、早足で駅から1時間で本丸に到着。すごい疲れました。しかしあの石垣群は一見の価値ありです。さすが「最強の城」に選ばれるだけのことはあります。帰りは壺阪寺ルートで下山。下りは楽チンです。再度、夢想館へ立ち寄り、お城のご朱印(?)を購入。お店のママさんが優しく出迎えてくれ、疲れを癒してくれます。また、外には設置していなかったパンフを頂きました。
そのまま壺阪山駅へ行き、次は宇陀松山城を目指します。壺阪山駅に到着してから、全て徒歩移動で、同駅を出発するまで2時間15分。かなりの早足です。
●2018年11月6日登城 いけちゃんさん
百名城スタンプラリーのスタート 2018年11月6日 1城目
先ず手始めに、このサイトを紹介してもらった会社時代の友人に案内してもらいました。
10:05 近鉄壺坂山駅 土佐街道〜七曲がり〜一升坂〜国見櫓跡〜高取城跡〜壺坂寺〜
16:00 壺坂山駅に戻る
数年ぶりのハイキングで疲れたが楽しい一日でした。

この後八木駅に移動 近鉄百貨店展望レストランで二人でおいしいビールを頂きました。
印象に残ったのは七曲がり一升坂の急な坂がしんどかったことと国見櫓跡から見た眼下の奈良盆地と二上山の展望。 特に過去4回登った二上山(510m)から見た奈良盆地を今回は反対側の高取城跡(583m)から見れて感動しました。
(曇りのち晴れ、同行者は会社時代の友人K氏)
●2018年11月4日登城 アドレスV125さん
腰痛で登城断念
●2018年10月27日登城 ラガービールさん
23城目。
●2018年10月20日登城 てつやまさん
後日記入
●2018年10月20日登城 どらみさん
63城目。スタンプのある夢創舘前の道は一方通行で狭く、観光客も多いので注意が必要です。駐車場は舘の先に数台停められます。城跡へは、壺阪寺の方から狭い道を登っていくと、終点の仮設トイレのところに数台、少し下の仮設トイレのところに数台停められます。道の駅飛鳥にしっかりした薄い冊子のパンフレットがあり、とても役立ちました。
●2018年10月20日登城 たこちゅーさん
2周目21城目。

大和八木から車で20〜30分ほどで夢創館着。スタンプ押印。
「日本最強の山城」との幟が印象的であるが、実際に登城することで、
それが過言ではない様を確認できた。
徒歩での登城は相当時間がかかるため、車で仮設トイレまで登り、
そこから登城。下車後25分ほどで本丸へ。
道中足場が悪い箇所もある。特に下山時にはつま先に力が必要。
本丸に近づくと、石垣が目立ち、
多聞櫓からの見晴らしは素晴らしいし、天守跡からはその多聞櫓を見下すことができ、
山城の要素を数多く堪能できる城である。
敷地も広く、探索のボリュームも十分である。
駐車スペースは多くないため、駐車時には注意が必要。
●2018年10月19日登城 相模の獅子さん
壺阪駅から壺阪寺まで相当時間がかかりそうだったので、バスを利用。あまり本数がないので、時刻表をしっかりチェックし徒歩で高取城へ。
所要時間約50分〜1時間。岩村城や月山富田城と同じくらいのキツさはある。平日でしたが、NHKで最強の城と紹介されたこともあり、トレッキングの人も結構いました。帰りは舗装されている道で下山。帰りはバスを途中下車し夢創館で押印。昼食はのNOCONOCOでランチをいただきました。
最強の山城でした。
●2018年10月7日登城 Morizoさん
最強の名に相応しい素晴らしい数多くの城壁の残った山城。早朝だったので、車を停め、親父を残して登ったが、こみ合うことは間違いなさそう。違う季節にまた登ってみたい。
●2018年10月7日登城 まっくん21号さん
72城目
●2018年10月6日登城 かこちゃんさん
夢想館で先にスタンプを押した後タクシーを呼んで貰い、壷阪寺の上まで運んでもらったが
車を降りた途端に土砂降り。山の中。途方に暮れるが次第におさまり、陽が照るほどになる。誰一人出会うこともなく本丸跡を散策。遠く奈良、飛鳥を望む。
●2018年10月3日登城 氏政の野望さん
千早城から自動車で遠征。
スタンプはの夢想館で貰いますが、この10月3日は町のお祭りみたいで「カカシ祭り」をやっていました。もし、この時期に行くのであれば、ぜひ見学してください!
スタンプを貰い、車で一気に上まで行きましたが…林道最終点には1台分しか止められない…
しかもターンするにもギリギリ…
一旦戻り八幡登山口まで戻りました。ここは3〜4台くらい止められそうです。
登山道を登って行くと山奥に無数の石垣が現れます。自然の中に突然現れる巨大な人工物です。
他の山城で山奥に石垣築いてあるのはあったかな?
●2018年9月24日登城 くろすけ&マッキーさん
高取城下の風情が心地よく、長居をしてしまいました。
●2018年9月22日登城 白髪爺さん
城跡の裾まで行ったが残念して夢創館でスタンプゲット。
●2018年9月17日登城 Hiroshi.Yさん
11:20登城 39/100
●2018年9月14日登城 そうすけ&あかりのパパさん
67城目

本日は、先日「日本最強の城」に選ばれし高取城を攻略すべく、壺阪山駅におりたちました。
日本三大山城であり楽しみにしていました。
壺阪山駅から軽いジョグで登城。
途中、観光案内所「夢創館」にて、スタンプとハイキングマップをゲット。スタンプは館内で押しましたが良好。
さて、城跡。かなりの規模に圧倒されます。石垣好きにはたまらんお城でした。二の門のところにある水堀が幻想的でした。
帰りは、五百羅漢および壺阪寺経由でハイキングルートを帰ろうとしましたが、道に迷いました(笑)
●2018年9月12日登城 ぼんどさん
7城目。
仕事のついでに登城。
大阪市内から車で約1時間半。
味のある城下町内にある夢創館でスタンプゲット。
そこから高取山頂上付近まで車で15分登る。
平日で天気が悪かった事もあり、登城者は自分だけ。
おかげで素晴らしい空気感を堪能出来た。
台風21号の影響で、山中はかなり荒れていたが、それがまた怪しげな雰囲気を醸し出し、
立派な石垣と共に最強の山城に相応しいと感じさせた。
●2018年9月10日登城 東ハルさん
72/100城  近畿名城ツアー2日目
和歌山城より高、速(京奈和自動車道・無料)で新しいPA御所南で昼飯、途中大雨でツアー2日目で断念か?とおもったが、PAに着いた処で雨が止み、御所ICで降りて高取へ向かう市役所でも高取城登城は、難しいと云われた。TV放映の影響で最強山城ののぼり多数あり。
 観光案内書「夢創館」火曜休館で外に有るカウンターからスタンプゲット。徒歩の高齢の人1人は、此のまま駅まで戻るとの事でしたが、我らは、車なので行けるとこまで行くことにした。
 途中、町の古老の方が、「気をつければ上迄行けるヨ」との言葉で登城決めました。
雨上がりなのでかなり悪路でしたが、天守跡下150m位の処に駐車(当然無料)20分位見事な石垣!!三大山城制覇!
 安全運転心がけ、千早城へ向かう。
●2018年9月6日登城 みーや3さん
56城目(100名城26城目)
電車が止まり遅れてしまったためスタンプのみ。
●2018年9月1日登城 広小路 敏さん
httpkum.dyndns.orgshiroindex.phplogin=XAVT09391
●2018年8月29日登城 hiroさん
日本100名城61番
●2018年8月28日登城 nonbeikenさん
テレビで最強の城と紹介され、地元でも力を入れているようです。夏のマムシとアブは嫌いなので城下町の門を見学。
●2018年8月27日登城 たかはむ★そうたさん
35/100 65/200
●2018年8月22日登城 た〜☆さん
本日2城目。たかとり観光案内所「夢想舘」に向かい、まずはスタンプゲット。そこで、お城までのルートを教えてもらい、いざ出発。狭い山道を車で登っていき、教えてもらった登城口に到着。駐車場はないものの、道路に若干のスペースがあるため、そこに駐車。三大山城、最強の城といわれる高取城にいざ、出発。583mの山中に築かれているにもかかわらず、すばらしい石垣や虎口が残っており、感動。さすが!!往復約1時間、苦労して山道を登っていく価値ありです。来て良かった。
●2018年8月16日登城 こうじごんさん
2018/08/16
●2018年8月16日登城 Rさん
交通手段:車
困った点:特になし

城自体は遠いようだったので、スタンプだけ押して終了。
こちらも町並みは雰囲気があった。
近くに明日香村があるので、ついでに石舞台古墳も立ち寄った。
●2018年8月14日登城 しっぺいさん
スタンプは城跡から離れています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 次のページ

名城選択ページへ。