トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID8382
名前さがみのかみようすけ
コメント振り出しは、2016.9姫路城
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
松代城
2017年4月8日
武将姿の役者さんが川中島の戦いのショーをやっていた。
土塁から城内への入り口が見つけにくく、よく出来ていると思った。
上田城
2017年4月8日
櫓からの眺めは素晴らしいです。
櫓内にて、火縄銃を持って撮影できます。
高遠城
2017年4月8日
長野城廻り旅行、初日に時間が確保できたので、訪問。
日暮れ近かったので、城の外をドライブし、スタンプ押印して引き上げました。
桜祭りの予定だったようですが、開花が大幅に遅れ延期となっていました。
小諸城
2017年4月9日
数年前に長野旅行をした際に寄ったことがあるが、スタンプ押印のため再訪。
門が立派です。小さな動物園も併設されていて、子供を連れていきました。
駐車場脇の民芸店でそば用のザルをお土産で購入。
松本城
2017年4月9日
姫路城との対比で黒い姿が美しいです。写真映えする城です。
城内も木造で雰囲気があります。
江戸城
2017年4月16日
JR東京駅から巽櫓、桔梗門、和田倉門を散策。
広大な敷地で江戸幕府の権威を感じました。
会津若松城
2017年5月28日
石垣に残る弾痕から会津戦争の激しさが伝わります。
まるとく会津のクーポンで、天守閣+茶室麟閣・共通入場券が450円で買えるが、天守だけ見るなら正規金額の410円で入れます。
白河小峰城
2017年5月28日
こじんまりとした櫓ですが、木造建築で雰囲気は良いです。
幕末の弾痕が床に残っており、戦争の激しさを伝えています。
駐車場のトイレも、昔風の建物かつ清潔で感心しました。
東日本大震災で崩壊した石垣の補修工事中でした。
設備や工事にお金がかかっていそうなのに、無料で入場できるのは有難いです。
水戸城
2017年5月29日
弘道館前に駐車し、城郭のようなスクールゾーンを通り、水戸一高内の薬医門を訪れる。
大手門修復が始まるところ。完成が楽しみ。
二本松城
2017年5月29日
箕輪門近くの駐車場から、本丸の天守台まで登山。朝食の腹ごなしにちょうど良い運動。
天気に恵まれ、天守台からの眺望は絶景、素晴らしいです。
帰りは別ルートで下り、箕輪門へ。
スタンプ押印のため、車で5分ほどの歴史資料館まで行くが、月曜休館。
そこから車で2〜3分のJR二本松駅の案内書にて押印。
駅前ロータリーに20分程度なら無料の平面駐車場があり、便利です。
佐倉城
2017年6月17日
予想よりも見応えがあり、90分近く滞在。天候良く、気持ちよく散策。空堀が見事。
八王子城
2017年7月23日
城ガイドの方に案内を依頼し、御主殿〜金子曲輪を探索。保存のため、発掘後に埋め戻したところが多く、ガイド説明無しでは通り過ごしてしまい、ただの登山になる可能性あり。山城の見方をレクチャーして頂き、理解が深まりました。また、ガイド同行でないと入れない場所も多いです。台所門から金子曲輪までは一般立入不可のショートカットの道を案内してもらいました。ぜひガイドを依頼することを薦めます(八王子城跡オフィシャルガイドで検索)。
9時着〜11時30分発。曇りで気温は低かったが、湿度があり、一回りしたら汗をよくかきました。登山のつもりで服装・飲料水など準備すると良いです。
甲府城
2017年7月24日
月曜に訪問。当日になってネットを見ると、スタンプのある稲荷櫓、管理事務所が閉まっているとの情報が知ってがっかりしていましたが、幸い管理事務所が開いていてスタンプを押せました。
敷地をJRが横断しており驚きました。天守台の見晴らしは大変良かったですが、曇りのため富士山など見えないのが残念でした。謝恩塔近くのトイレが火事で焼けており、仮設トイレが置かれていました。
武田氏館
2017年7月24日
甲府駅から武田神社まで緩い勾配の上り坂道がまっすぐ伸びており、武田神社から城下を見下ろせます。スタンプは神社拝殿横のお守りなどを売っている所で押しました。拝殿左奥から神社西の無料駐車場まで抜ける道に堀や土塁があり、城としての機能はしっかりあることが実感できました。駐車場は月曜昼前ということもあってか、ガラガラでした。暑かったので門前のかぶとやで信玄ソフトを食べたが、とても美味しかった。門前通りにはかぶとやぐらいしか土産店が無いのは不思議でした。観光地というよりは、地元の神社、という感じなのかと思いました。
川越城
2017年8月20日
本丸御殿は開放的な居館で、風が気持ち良い。庭は枯山水できれいです。中ノ門堀跡は小規模ですが、壕の様子が分かります。富士見櫓は木が生い茂った高台で、暑い日でしたが、風が吹き抜け涼しく感じました。スタンプは入場券売り場で押しました。城から離れた小江戸散策も楽しかったですが、メインストリートの車の往来の激しさは歩行者にとって怖いです。
中城城
2017年9月27日
那覇空港から車で高速道を通り30分程度で到着。券売所でスタンプ押印後、電動カート(入城料に含まれています)に乗って城の入り口に向かいます。太平洋と東シナ海の両方の海が一望でき、とても気持ちの良い眺めです。青空の日に訪れると良いです。石垣は野面積をはじめ、色々な積み方がされています。出口を出ると券売場・駐車場のすぐ近くです。
今帰仁城
2017年9月28日
午前中に美ら海水族館に行き、車で移動、昼食後、午後に登城。券売場奥の休憩所にてスタンプ押印。城説明ツアーを希望したが、係員の昼休み時間で、残念ながら説明無しで回りました。3・5・7段の繰り返しとなる階段を登っていき、主郭までは岩場道のちょっとしたハイキングになります。幾重にも連なる石垣は見事です。
首里城
2017年9月29日
2005年にも訪れたが、百名城スタンプラリーのため再訪。正殿内の説明ツアーに参加しました。復元工事は開園後25年経過した現在も、新知見に基づいて続行中とのことです。琉球王国が薩摩侵略を受けた後にどのように存続したかや、発見された資料の鑑賞ポイントなど、色々な知見を教えて頂き、理解が深まりました。首里城公園が実施している園内スタンプラリーで10個押印の景品はミニクリアホルダーとシールでした。
鉢形城
2017年11月5日
朝9時すぎに歴史館の駐車場に到着。歴史館が開く9時半まで待ち、スタンプ押印、城地図を入手。
ジオラマを使った城紹介ムービーで、城の成り立ちや城主の遷り変りが理解できた。城の構造の説明も分かりやすかった。入館は有料だが、散策前の予習のため入る価値はある。
自然の地形を利用した堀、土塁など迫力があった。2時間程度かけて散策した。
山城でも傾斜はそれほどきつくない。春か秋の陽気の良い日は散歩に丁度良い。
以前訪問した佐倉城(千葉)と雰囲気が似ているように感じた。
本曲輪を抜けて搦手を出たところにある正喜橋の上からの荒川の雄大な眺望もお薦め。
足利氏館
2017年11月26日
朝8時50分に太平記館の無料駐車場に到着、行楽期のためかスペースは既に8割方埋まっていた。
鑁阿寺(足利氏館)と足利学校は隣接しているので、両方の訪問をおすすめします。
寺正面の山門にかかる太鼓橋や、方形の敷地を囲む堀の景観は美しいです。
ただ、城というよりは、寺ですので、そのつもりで訪れた方が良いでしょう。
戦国の城を見たい方は、ここから車で30分程度で行ける金山城や唐沢城などの山城とセットで訪問をお薦めします。

境内の大銀杏やモミジが紅葉しており、見事でした。
陽気が良く、気持ち良く散策しました。
スタンプは本堂脇のお札売店で無料で押せます。
歴代足利将軍の像の拝観は有料。

多宝塔の脇の休憩所でフルベッキ写真(幕末志士の集合写真)を最後の1枚と言って売るオジサンがいて、買って行った人がいたけど、次の日にまた最後の1枚を売っていないだろうか?ネットで画像検索すればすぐ見つかるので、買わないのが吉です。
金山城
2017年11月26日
足利氏館から車で30分。
ヘアピンカーブのある山道を車で登る。
麓から徒歩でも行けますが、登山用の準備をして時間をとって臨むべき。

始めに予習のためガイダンス施設へ。城入口の駐車場から結構離れている(車で5分程度)ので、登城前の訪問がお薦め。紹介動画で城の概要を把握できる。

スタンプは城駐車場から15分程度登った南曲輪にある。
城の主要部分を見学してからという点では良いですが、悪天候時は大変。
天候の良い日に訪問すると良い。

大手虎口の石垣や、眺望ポイントからの景色、紅葉した木々は見事。
案内板の説明も良かった。

月の池で、巡回中の城ガイドの人にお話しを伺うことができた。
この山は岩盤質のため、堀切などの掘削には非常な労力を要したそうだ。
また、貯水のための月の池は冬でも枯れない、理由は未解明だが岩盤質で水はけが悪いことが一因かもしれない、とのこと。
往時は大雨の後の排水に腐心したそうだ。
青いホースが月の池に伸びていて、これで給水しているから枯れないのでは、と思われるようですが、逆にポンプを池に入れて、大雨後の排水に使っているとのこと。
箕輪城
2018年2月25日
● スタンプ
休日は8時30分〜17時15分に箕郷支所の裏手の窓口でスタンプ押印、パンフ受取できます。
8時20分に着きましたが、窓口の電灯がついていたので、インターホンを鳴らして職員の方を呼び、押印させてもらいました。
箕郷支所から搦手駐車場まで車で5分(約3km)。

● 感想
昨年復元された郭馬出西虎口門はまだ木材の新しさが残って浮いた感じがしますが、これから経年劣化していくと味が出てくると思います。
幅約30m、深さ10mの空堀の斜面を登り降りして楽しめました。
長野、滝川、北条、井伊の時代で堀の位置、規模が異なっているのが興味深いです(高崎市の箕輪城パンフで確認できます)。
現在残されているのは井伊時代のもので、当時はほぼ倍の深さとのことで、高い防御力であったことを偲ばせます。

本丸には重機が入っており、3月9日まで工事中との掲示でした。
本丸には入れませんでしたが、その回りを1時間かけて散策。麓の眺望なども見事。
十分に楽しめました。
駿府城
2018年3月28日
静岡駅のコインロッカーに荷物を預け、徒歩で向かい10分程度。
開門時刻9時前に、桜満開の堀の周囲を散策し、隣接する県庁別館21階展望ロビー(8時半〜・無料)より城の全体を俯瞰。
まず、坤櫓にてスタンプ押印。
天主台近辺の発掘現場「きゃっしる」で石垣の規模の大きさに感動。
周辺は子供が遊べる広場・遊具があり、桜も満開で見事でした。
その後、家康像を見て、東御門・巽櫓を見学し、退城。約1時間滞在。
駅前のまるしまで早目の昼食でオデン・おにぎりを頂き、新幹線にて掛川城へ向かう。
掛川城
2018年3月28日
朝に駿府城を訪問し、続いて掛川城を訪問。駅コインロッカーに荷物を預け、徒歩で向かい10分程度。小高い丘に建つ天守と満開の桜の景観が見事。初めに天守を見学、梯子に近い感じのかなり急な階段を登り、最上階のガイドさんから城の説明を受ける。次に御殿へ向かい、入口料金所でスタンプ押印。御殿は同じく現存の川越と雰囲気が似ており、開放感があり、気持ちの良い造り。約1時間滞在し、この日最後の予定地の浜松城へ新幹線で向かう。
小谷城
2018年3月29日
朝8時過ぎに米原駅でレンタカーを借り、名神高速で関ヶ原へ。午前中に松尾山の秀秋陣、麓の家康陣、笹尾山の光成陣を回り、昼食後に国道365号線で姉川古戦場を経て、小谷城戦国歴史資料館を訪問、スタンプ押印。資料館では標高入りの城地図を入手できるので、登城前の資料館訪問がお勧め。資料館から徒歩での城へ向かうことも可だが、本格的な登山となり大変なので、車で金吾丸付近の中腹駐車場まで登る。10分程度登りますが、道の幅員は狭く、軽・小型車がおすすめ。駐車場〜山王丸往復で約1時間。山道なので、登山の服装は必須。山上から信長が陣を置いた虎御前山や周辺の景色を一望でき、景色の素晴らしさに感動。本丸、小丸や、秀吉が攻め落とした京極丸など、小説やドラマなどで想像していたより小規模でした。百聞は一見に如かず。麓との行き来が困難な山中の城で、長政、お市、その子供たちはどのような暮らしをしていたのか、興味を覚えます。
この後、長浜城をちらりと見て、琵琶湖沿いに南下して、翌日訪問する彦根に向かう。
観音寺城
2018年3月30日
彦根のホテルから、9時前に多賀大社を訪問した後、国道8号で南下、繖公園の脇道から林道観音寺線にて観音正寺へ。林道は幅員が狭く、2度対向車と鉢合わせになり、カーブにある退避場までバックを余儀なくされた。軽自動車は林道通行料も最も安く、すれ違い容易なのでお勧め。駐車場から寺までは徒歩約10分程度、途中に祀られている山肌の巨石は大迫力です。寺の敷地に入ると、麓が一望でき壮観です。スタンプは寺に着いてすぐの小屋に置かれています。城へ入るには拝観料が必要。寺本堂とその脇の山肌の石積は見ごたえあり。城へは本堂左横の側道から入っていきます。そこから本丸までは10分程度の登山道なので、登山用の服装は必須。小谷城でも感じましたが、このような山上での生活はどのようなものであったのか、興味がわきます。
安土城
2018年3月30日
朝の観音寺城に続いての訪問。駐車場に車を置き、登城。以前は有料だったが、ガイダンス施設でトイレ有料とすることで、駐車無料となったそうです。ただ、ガイダンス施設は非常に狭く、展示もそれほど充実していません。安土城跡内にトイレが無いので、どうしてもトイレに行きたい時だけ利用すると良いように思います。スタンプは城跡料金所の出口にあり、帰りに押印できます。城跡料金所を入ると幅の広い石段が続きます。段差が高く結構きついので、登山用の服装を勧めます。二の丸、本丸を経て天守台へ。本などで想像していたよりも床面積は狭かったです。麓は干拓で水田が広がっていますが、当時は湖面だったとのことで、眺望も素晴らしかったと想像できます。その後、?見寺三重塔、仁王門を通って出口へ。約1時間の滞在でした。
彦根城
2018年3月30日
観音寺城、安土城に続いての訪問。堀周りの桜が満開で見事。15時のひこにゃんショー直前に到着。西側の京橋口有料駐車場に車を置き、大手門橋から入りましたが、料金所にてショーは南側の表門橋を入ってすぐの博物館にて実施とのことなので、慌てて堀沿いに移動。ゆるキャラだけあって、ショーは本当にゆるいです。ショーの後に入場、Suica支払いで一割引です。
天秤櫓、太鼓門櫓、本丸を経て天守内を見学。現存天守で趣があり、満開の桜も合わせた景観は非常に素晴らしかったです。天守内の柱に心無い悪戯書きの傷があるのは残念でした。
その後、城内でお土産を買い、城を出て南にある開国記念館でスタンプ押印し、続いて隣接する玄宮園も散策しました。約1時間半の滞在でした。
姫路城
2018年3月31日
2016年9月29日登城、スタンプ帳を持っていなかったので、2018年3月31日に再登城。
白くて美しい天守だけでも感動しますが、今回は桜満開でより一層見事な景観でした。
花見客で混雑しており、天守入場は1時間待ちの掲示が出ていました。
2016年に天守入場済みだったので、今回は券売所脇の事務所でスタンプ押印のみ。
ですが、桜の時期に来ただけでも価値がありました。
明石城
2018年3月31日
姫路城に続いて訪問。JR沿線火災で電車が止まり、途中山陽電車に乗換えて明石駅到着。駅北出口脇のコインロッカーに荷物を預け、公園入口までは信号をわたって水堀沿いに歩いてすぐ。公園に入って見上げる石垣は非常に高く、本で想像していたよりも迫力がありました。桜が満開で花見客で混雑していました。坤櫓の西から北に回って本丸、天守台へ。奇数月でしたので、坤櫓の内部が公開されていました。櫓入口の受付にてスタンプ押印。櫓内では鎧兜、瓦、鯱や城下町ジオラマなどが展示されており、実際に登ることはできませんが上層階へ上るための急階段もありました。
小田原城
2018年4月29日
車で8時45分到着。学橋向かいの本町臨時駐車場に駐車、8割程度埋まっていた。
GW初日だが、駅からの人出も少なく、天守も並ばず入場、中の展示もゆっくり鑑賞できた
順路に従って、馬出門から入り、銅門、常盤木門、天守閣の順に回る。
いずれの門も大きく迫力あり。各郭の広場もきれいに整備されていた。
常盤木門での動物臭は、門を抜けた広場の猿の檻が原因。
ネットで事前にSKY広域圏内施設優待券を印刷してきたので、天守料金所で10%の入場割引を受けた。
スタンプは料金所で押印、印影良好。
天守内は北条氏博物館のようになっていて、1時間程度かけて展示・動画ともに興味深く見ることができた。
最上階の展望フロアからは小田原全体が一望できる。
石垣山城も場所を示していたが、天守などの目立った構造物がないので、小田原城からどのくらいの大きさで見えたのか想像できなかった。
(この後、石垣山城を訪ねて小田原城を見ると、かなり小さく見え、迫力は感じなかった。当時は大型構造物が無く、この距離でも石垣山城に威圧感を覚えたのだろうか)
常盤木門と歴史見聞館には入らず、学橋から退城、2時間半の滞在。
金沢城
2018年7月28日
加賀百万石の威容を示す巨城。旅程の都合上、2日に分けて登城。初日9時に金沢駅からタクシーで石川門へ(1200〜1400円)。石川橋からの外観は威厳を感じられ見事。
三の丸広場は広大な緑の芝で、その向こうの石垣の上に五十間長屋と両方の櫓がそびえており圧倒されます。二の丸から料金を支払い五十間長屋の中へ。まだ木の質感に新しさを感じます。長く続く廊下は歩いていて気持ち良いです。
その後、三十間長屋へも入る。五十間長屋を一回り小さくした感じで、こちらは年季の入った建築物です。黒金門から退城。
2日目、朝4時の兼六園無料開放の後、石川門から再登城。今度は鶴丸倉庫へ向かい、丑寅・辰巳櫓から兼六園方向の眺望を楽しむ。本丸園地は鬱蒼とした密林です。玉泉院丸へ抜けて、いもり坂口から退城。全体的に整備状況が良くて美しく、非常に見ごたえがありました。利家とまつを祀った尾山神社も見事なので、併せて訪問を勧めます。
高岡城
2018年7月28日
金沢城から車で1時間。近隣の高岡大仏をまず拝観し、そこから徒歩5分で駐春橋から入城。護国神社から射水神社までの参道はカラスの羽、糞が積もっており、気分が萎える。整備の行き届いた金沢城を見た後なので、そのギャップは如何ともし難い。射水神社参拝して本丸広場へ。芝の広場の周辺には銅像が数体展示されていて、一番奥に前田利長の像がある。そこから朝陽の滝、朝陽橋、民部の井戸を通り、動物園を横にみつつ市立博物館へ向かい、スタンプ押印。大手口から退城。最大の見どころである水堀は、見ることのできる場所が限られており、その凄さがあまり伝わってこない。濠の遊覧船は季節限定運航で、訪問時に乗って濠の大きさを体感できなかったのが非常に残念。運航している時に訪問することを勧めます。100名城として他城と比べ物足りなさを感じます。全体的に見せ方をもっと工夫してほしいです。
七尾城
2018年7月28日
金沢城〜高岡城を経て、能登半島東側を車で北上、約1時間で七尾城史資料館へ。スタンプ押印し、七尾城のパンフを入手。史資料館へも入場し、2階展示室を見学。こじんまりとした展示でした。その後、車で本丸下の駐車場まで登る。以前に訪れた小谷城や観音寺城ほどではないが、かなりの距離の山道。歩いて往復すると1日がかりとなるでしょう。駐車場から本丸へは歩いて10分程度。途中の石垣は見ごたえがあります。本丸から七尾湾を見下ろす眺望は見事としか言いようがありません。
大阪城
2018年9月22日
KKRホテルから見下ろす天守のライトアップは見事。ホテルで1割引きの天守閣チケットを入手、天守入口券売所の列に並ばず、直接入場口前に並べる。玉造門から入城。観光バスから続々中国人が降り立ち、周囲は9割方中国人。9時天守開場、一番乗りでエレベーターへ。最上階から階段で下りながら見る。天守眺望は見事。展示も充実していて、見ごたえ十分。時間が限られているので、じっくり見られなかったのが残念。1階インフォでスタンプ押印。真田丸跡から天守閣までの広大な縄張や、石垣の巨石など、他城と桁違いの規模にも圧倒される。
千早城
2018年9月22日
まつまさに駐車し、駐車場脇から入城。本丸から三の丸と階段を下って、登山口へ抜けてまつまさ駐車場に戻る。約1時間。
かなり急な斜面で、登山に適した服装が必要。事前に太平記や楠木正成の小説・漫画・ドラマなどで赤坂・千早の戦いを予習しておくと、崖上からの丸太・岩・熱湯掛けなどの攻撃や、藁人形の罠など、当時の戦いの様子を想像しながら登城でき、楽しめます。
下山後にまつまさでスタンプ押印。食事をして駐車場無料。
和歌山城
2018年9月22日
城北西のタイムズ和歌山城前に駐車し、歴史館脇から入城。御橋廊下を渡り、伏虎像を見て、裏坂から天守へ入る。
堀や石垣は見ごたえあり。天守閣はコンクリ造で残念だが、眺めは素晴らしく、展示も興味深い。天守受付でスタンプ押印。表坂、岡中門を見て、東の堀沿いに大手門から抜ける。約1時間。
徳島城
2018年9月23日
東側の堀沿いを歩み、南東の鷲の門から入城。博物館入口でスタンプ押印。南側から天守跡・本丸へ登る。階段の横は手すりがなく急な崖になっている。登っていると石が上から転げ落ちてきて少し驚いた。注意が必要。本丸広場からは徳島の町や海が一望でき、心地よい。本丸北の出口から降り、公園の北東の親水公園へ抜ける。城山の東側を南下し、数寄屋橋から退城。山肌の石垣や、昔の海岸の名残の貝塚や荒々しい岸壁の岩も見ごたえあり。
篠山城
2018年9月23日
復興建築した大書院に入場してスタンプ押印。展示されている紙製鎧は見事な作り。国替え手続きの展示なども興味深かった。城の石垣から見渡す丹波の山々の風景、城外の街並も楽しめます。城外南西の安間家武家屋敷も併せて見学。1時間超の滞在。