トップ > 城選択 > 郡山城

郡山城

みなさんの登城記録

1858件の登城記録があります。
1件目〜50件目を表示しています。

●2019年5月23日登城 としぽんさん
本格的な山城。広大な山域に多くの砦、出丸、曲輪があり、さすが毛利氏の城です。
本丸からの帰り道、どこかで道を間違えましたが、なぜか駐車場に出ました。不思議。
●2019年5月22日登城 らくださん
博物館でスタンプをいただいた後は時間の都合で元就公の墓所のみ見学
●2019年5月19日登城 聖隷さん
吉田郡山城(よしだこおりやまじょう)は、広島県安芸高田市吉田町吉田にあった日本の城。安芸国の戦国大名毛利氏の居城であった。城跡は「毛利氏城跡 郡山城跡」として国の史跡に指定されている。
●2019年5月16日登城 038さん
過去に訪問済 訪問日 訪問番不明
●2019年5月16日登城 M&Aさん
 
●2019年5月16日登城 熊猫さん
登城
●2019年5月6日登城 KAZUさん
雨が降っていたため資料館だけを見学しました
●2019年5月5日登城 loopさん
小さくても天守がきれいな形だった。
●2019年5月5日登城 み〜ちゃんさん
 安芸高田歴史博物館に昼過ぎに到着。歴史館前の駐車場はそんなに広くはないですが無料で止められます。スタンプ設置場所を聞いたら、受付の女性がスタンプを渡しながら、「300円ですが、館内も見学されますか?」と聞かれたので入館しなくてもスタンプは押せると思います。今回は時間の都合でスタンプのみでした。
●2019年5月5日登城 ばぶちゃんさん
山歩きです
覚悟してください
清神社は祭りをやっていて御朱印もらえず
●2019年5月4日登城 uiwamさん
スタンプ押印前に朝早く登城。
澄んだ空気の中、朝日に照らされた元就公の墓所は神秘的な雰囲気でした。
これで中国地方制覇です。
●2019年5月4日登城 ★毘沙門天★さん
毛利元就公のお墓がこちらにあるのは知りませんでした。
●2019年5月3日登城 暴れん坊さん
中国城巡り5城目! 山城でそれなりに歩くが、ちょうどいい程度に木々が生えており、太陽の光がちょうどいいくらいに遮られて、木漏れ日の中、快適に登山できた。
ただ、まむし注意の看板があり、とかげが多数いてガサガサ動くので、びくびくしながら歩く。本丸まで行って、まっすぐ来た道を駐車場まで帰るつもりだったが、地図も見ずに適当に歩いていると間違えて郡山公園の方に降りてきてしまい、あせった。間違えてから真剣に地図を見て、なんとか駐車場まで帰りついたが、安芸高田市歴史民俗博物館で地図をもらっておいてよかった。やはり山城は注意が必要。 

毛利元就の墓などを見学。本丸なども一通り見学した。

 
【駐車場】
安芸高田市歴史民俗博物館を見学後、再度、車で大通院谷公園の駐車場(無料)に駐車。5−6台?程度しか止めれなかったと思う。満杯だったがちょうど出ていく車があり、なんとか駐車。
【所要時間】
上記のように迷ったが、安芸高田市歴史民俗博物館も含めて全部で2−3時間くらい?
【スタンプ】
安芸高田市歴史民俗博物館にて。スタンプの状態は良好。
●2019年5月3日登城 ミルクティー太郎さん
飛行機の時間までの突発的登城
時間がなく資料館でスタンプのみでしたが
いつかしっかりまわりたいです
大河ドラマ毛利元就また見たくなりました

5日目行程
9時 備中高松城
10時半 鬼ノ城
鬼ラーメンお昼ご飯
12時 福山城
14時 新高山城
15時半 吉田郡山城
20時過ぎの飛行機で帰宅

走行距離 200k
総走行距離 約1250k
登城数 19城
満喫いたしました
●2019年5月2日登城 まぐろやうのさん
good!
●2019年5月1日登城 たみばさん
車にて。安芸高田市歴史博物館でスタンプ押印。
●2019年5月1日登城 キンちゃんさん
38城目
●2019年5月1日登城 ヒロポンさん
●2019年4月30日登城 広瀬きょうさん
62
●2019年4月30日登城 ヤドキング514さん
59城目
平成最後の城なのに、歴史民俗博物館が休館日でスタンプを押せず、既に押してある用紙を取ることに。
●2019年4月30日登城 せつころころさん
 55城目。毛利元就の居城。スタンプのある歴史民俗博物館は休館日で、門の前に置いてあるスタンプを押したメモをいただいた。やっぱり、足を運んだ証拠に直接スタンプ帳に押したかったなー。
 新高山城からの道は、2018年7月の水害で、大きな被害を受けたところで、復旧して通れるようにはなったものの、まだ手付かずの老人福祉施設の建物や土石流で流されてきた大木や巨岩が今にも落ちてきそうな厳しい姿が心に残りました。当時の被害の大きさが、一目瞭然でわかりました。被害に遭われながら、復旧作業にがんばってこられた皆さんの苦労はいかほどだったでしょう。
 郡山城には、着くのが遅くなったため、毛利のお墓と「三矢の訓」の碑のみ見て、宿へ向かいました。
●2019年4月30日登城 アルウェンさん
安芸高田市博物館は、月曜日が祝日の場合翌日休みとのことだが
ゴールデンウィーク中はやってるだろうと甘い見込みで行ったら、休みでした。

入口にスタンプを押してある紙が置いてあった。
●2019年4月29日登城 ryuさん
初登城。
想像以上の縄張りの広大さに驚きでした。
●2019年4月28日登城 あきおさん
85城目
●2019年4月28日登城 長宗我部 長親さん
57城目
GW 朝一(9時前)で博物館前Pに到着
開館前だったので毛利元就の墓まで散策
ここで断念
昼から厳島神社に行く為
●2019年4月23日登城 ともすけさん
73城目
今回は、高速バスとレンタカーを利用。
広島より、レンタカーで1時間10分位で、到着。
スタンプは資料館で、開館時間は9時から16時位まで?駐車場は無料。
資料館は、入館料を払わなくても、押せそうですが300円払って見学。毛利家の展示が多く民俗資料館としては、どこにでもあるような感じです。甲冑も着れます。
城跡を元就公を荼毘に臥したところから所から。登城。
隆元公墓所、旧本城、尾崎丸、各所曲輪を見て、本丸、元就公墓所の経路で見学。かなり整備されてますが、本城へ行く道は、はっきりしません。また、足元が悪いときは、滑りやすいかと思われます。
中国地方大半をを治めるのは手狭な感じでした。滞在は2時間。
●2019年4月20日登城 じぇいむすはんとさん
広島バスセンターから1時間30分くらいでした。990円でした。
●2019年4月18日登城 そらさん
そこそこハードな山登り
●2019年4月17日登城 あおしーさん
91城目
(通算114城目)
●2019年4月5日登城 zicoすずきさん
昨年7月の豪雨で、JR芸備線が一部不通ということでしたが、思い切って安芸高田市へバスで訪れました。到着時間が早く、資料館がまだ開いていませんでしたので、本丸まで1時間以上かけて一回りしました。その後、資料館も見学して、毛利一族の発祥の地を満喫しました。
●2019年4月4日登城 マツジュンさん
広島市内から安芸高田市歴史民俗博物館まで車で1時間あまりかかりました。館内には郡山城の模型があり、これから登る山のイメージが頭に入りました。地域の歴史民俗についてわかりやすく展示されていました。館長さんがフレンドリーで、ここからもっと先まで車で登れることや登城ルートの途中にある清神社で御朱印がもらえることなど、親切に教えてくださいました。
車は毛利隆元の墓所近くまで行けました。そこから毛利元就や一族の墓所までは歩いて数分で、年配のご夫婦がそこまでは往復していました。その先はちょっとした山歩きになりました。お天気も良く、自然を満喫しながらのんびり歩いているとやがて本丸に着きました。帰りは展望台や清神社(杉が見事!)を回って駐車場に戻りました。1時間半ほどかかりました。
●2019年4月4日登城 すわこばさん
77城目
東京から車の強行軍でした。
朝一に歴史民俗資料館でスタンプし、館内を見学。
資料館の脇の道から途中の駐車場まで行き、天守台まで往復約1時間でした。
桜がまだ咲いていて奇麗でした。
●2019年4月2日登城 tsukaraさん
毛利氏の原点がこの城跡にあるということかな、博物館で途中まで車で登れることを教えてもらい助かった。
●2019年3月30日登城 もっちんさん
突然の雷雨でした。歴史民俗博物館でしばし雨宿り出来ました。
●2019年3月29日登城 ベニマシコさん
ツアー8城目
参加者が 一人はぐれ、 松江城で合流。  
●2019年3月26日登城 にゅんちゅんさん
86城目
●2019年3月26日登城 ザッカーさん
広島から路線バスで、移動時間も含めると本当にハード。百名城で貸切状態になったのは初めて。
●2019年3月23日登城 子栗鼠さん
広島バスセンターから安芸高田市役所前までバスで約90分(990円)。安芸高田市歴史民俗博物館でスタンプ押印後に登城。歴史民俗博物館が予想以上に充実していたので良かったです。ここで知識と事前情報を入手することをお勧めします。
山道が狭く苔が生えているところ注意しなければいけませが、山登りというより山歩き的な感じで予想より楽な登城でした。但し、旧本城本丸跡は別です。道になっていないところもあるので軍手があったほうが良いですね。戦国最大級の山城だけあって遺構を一つ一つ見ていくと90分以上かかってしまいました。
●2019年3月21日登城 ゆうたろうさん
山城です。
資料館より車で2、3分行ったところに駐車場があり、そこから30分ほどで本丸に到着します。
途中、資料館と駐車場の間に登山用の棒が置いてあるので、足に自信のない方はこれをもって行ったほうがいいです。重宝します。
また、舗装はもちろんありませんので、雨の日に行くと足場が非常に悪くなりお勧めしません。

毛利元就の墓があり、とても趣のある場所です。
●2019年3月20日登城 富士山さん
博物館の展示物は毛利元就の一生涯が理解できて興味深い。人生は何があるか分からないし、全力でいろいろなものにぶつかる意義を実感する。
郡山城は新高山城に続いてこちらも山城。山登り。
毛利元就や親族、家臣の墓も城跡内にあり、見どころがある。こんな山のなかから中国地方を支配するまでに至った毛利氏の求心力は凄いと思った。
広島県内の名城もすべて制覇できたので、お好み焼きを食べる。広島もよい夜。
●2019年3月10日登城 エリミGT3さん
73
●2019年3月10日登城 臥龍梅さん
72 郡山城(こおりやまじょう)広島県安芸高田市吉田町吉田字郡山
JR広島着9:05
雨で標高390m郡山へは登れず 290以上の曲輪跡や広大な城跡はお預け 
本丸二の丸三の丸にも招待頂けず墓所巡りでした。

次男元就は27歳で家督をつぎ一代で西日本最大の戦国大名に。
長男の隆元と共に周防の大内氏 出雲の尼子氏を攻略し郡山を生涯本拠地とした元就は75歳で終える。 火葬場伝承地も有り 土葬でなく火葬らしいです。

「毛利隆元墓所」「毛利元就墓所」雨に苔むししっとりとした雰囲気が戦い終えた元就によく似合う。
子供達への教訓状「三本の矢」逸話@長男・毛利隆元 A次男・吉川元春(吉川家に養子)B三男・小早川隆景(小早川家に養子)私も子供時代漫画で読んだが、今やゲーム、アニメで知るという。
元就墓所前に「百万一心碑」が 築城の際工事がうまくいかず人柱寸前のところ「大石」を埋めた伝説。こんな城主が好き。次回は本丸まで登城させてください。
(スタンプは安芸高田市歴史民俗博物館、玄関花が池坊だった。小倉城庭園、佐賀城床の間も池坊)
●2019年3月8日登城 kumataro12さん
登城39城目(正34城目)。

広島バスセンターから広電バス・吉田行きに揺られること1時間45分。歴史民俗博物館でスタンプ(赤色シャチハタ印、印面良好)を押印してからの登城です。

博物館で教わった通りに、元就像(御里屋敷跡)→火葬場→石垣跡→毛利隆元墓所→薬研堀跡→毛利元就・一族墓所、百万一心碑の順に上っていき、御蔵屋敷→釣井の壇→姫の丸壇→釜屋の壇→厩の壇→三の丸→二の丸→本丸→勢溜の壇→満願寺跡→尾崎丸と一周しました(旧本城は日没時間を考慮して断念)。階段状に細分化された郭が山の尾根全体に張り巡らされており、毛利氏の拠点に相応しい巨大要塞だと実感しました。また、杉の高木に覆われ苔むした一族墓所の静謐な雰囲気は忘れがたいものになりました。

道中の案内表示が少ないので、博物館でもらったパンフレットを手掛かりに歩かなければなりません。続100名城に手を出して山城には少し慣れてきましたが、途中道が崩れて狭くなっていたり、削れて歩きにくくなっている箇所もあり、正100名城の中では有数のハードな城ではないかと思います。

これにて広島県の正・続5城は登城完了しました。
●2019年3月8日登城 MKDさん
百万一心の碑側から本丸へ。
土が流れて減っている道があり、登り辛かった。
●2019年3月8日登城 たかはむ★そうたさん
88/100 175/200

大阪から自動車で。
雪は全くなく好天のもとスムーズに訪問できた。

お好み焼きハチヤで昼食。
●2019年3月1日登城 まきこさん
済み。
●2019年3月1日登城 さるさん
•登城した感想
●2019年2月20日登城 かんぺさん
■カウント:62/100城
■天気:曇り
■スタンプ設置場所:安芸高田市吉田歴史民俗資料館
■スタンプの状態:○
■近隣のお薦め:-

広島出張の際、郡山城に立ち寄りました。
広島駅からバスで1時間乗車し、安芸高田市役所前で下車、郡山城の入り口である安芸高田市吉田歴史民俗資料館までは徒歩10分です。
安芸高田市吉田歴史民俗資料館の方に聞いたところ、郡山城がある山頂までは徒歩40分ほどとのことだったので、時間の制約上、山頂まで行くことは断念し、途中の毛利元就墓所までとしました。
山頂までは本格的な登山道のようなので、ご注意下さい。
●2019年2月2日登城 LEVOさん
39城目
広島空港→バスセンター→路線バスで移動。スタンプと登城で2時間位かかった。天気の悪い日は大変です。
●2019年2月1日登城 けいたろうさん
毛利元就居城

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 次のページ

名城選択ページへ。