トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID8175
名前たか■
コメント城跡だけでなく神社仏閣など、歴史建造物が好きです。
お城は石垣に魅せられます。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
松山城
2012年3月19日
2000年以来。
駿府城
2015年5月4日
後日
備中松山城
2015年7月19日
本丸からの眺めがすばらしい。
仙台城
2015年10月11日
記録忘れ
宇和島城
2015年11月22日
2006年以来。
二本松城
2016年4月22日
二本松城
安土城
2016年4月24日
見晴らしがよい
観音寺城
2016年4月24日
安土城スタンプと共に
新発田城
2016年8月7日
後日
小田原城
2016年9月28日
リニューアル後初
広島城
2017年2月18日
10年ぶり
岡山城
2017年3月18日
11年ぶり
今治城
2017年3月19日
初の今治城
白河小峰城
2017年4月30日
快晴で周囲の山も綺麗に見えた。
地震による石垣修復工事のため、一部しか立ち入りできず。
五稜郭
2017年5月20日
10年ぶり3度目
弘前城
2017年6月17日
11年ぶり。天候快晴也。
久保田城
2017年6月18日
4年ぶり。ババヘラアイス食べました^^
上田城
2017年7月15日
真田丸ブームもひと段落し、落ち着いて見学できた。
松代城
2017年7月16日
静かな所でよいところです。
松本城
2017年7月17日
8年ぶり3回目の登城。埋橋が渡れなくなったり、人が多すぎたりとずいぶんと変わってしまった。それにしても、天守へ行くのにいつからあんな待ち行列になってしまったんだろう??(自分は9時前だったので待ち時間ゼロ)
佐倉城
2017年7月29日
歴博へは何度か行っているので馴染みの場所です。
土塁の城なので、石垣好きとしてはやや物足りないか。
多賀城
2017年8月20日
国府多賀城駅でスタンプGet。
鳥取城
2017年10月7日
5年ぶり2度目
松江城
2017年10月8日
5年ぶり3度目
福岡城
2018年1月6日
7年ぶり
佐賀城
2018年1月7日
12年ぶり
川越城
2018年2月12日
約3年半ぶり
冬の御殿は足が冷たいです。。。
岡崎城
2018年3月3日
5年ぶり、スタンプのために。
名古屋城
2018年3月4日
7年半ぶり。
和歌山城
2018年4月29日
石垣は見応えがありすばらしい。
大阪城
2018年4月30日
スタンプ押印のために。外国人が多すぎる。
水戸城
2018年5月5日
弘道館を主に見学。
根城
2018年5月19日
風雨が強く、冬のような寒さのためにゆっくり見学できなかったことが残念。
盛岡城
2018年5月20日
9年ぶり。
石垣は見応えあり。
天気快晴で岩手山が綺麗に見えた。
会津若松城
2018年6月16日
8年ぶり、3回目
山形城
2018年7月14日
11年ぶり。山形市郷土館も見学したが、こちらのほうが印象が残り良かった。
姫路城
2018年8月25日
通算4回目。修理後は初。
天気も良く、色々な角度から城が綺麗に見えた。
予想していたほど人は多くなかった。
鹿児島城
2018年9月11日
スタンプ押印のために4回目?の鹿児島。
熊本城
2018年9月12日
スタンプ押印のために3年半ぶりの熊本。
天守復興以外は手付かずの放置状態。復旧まで先は長い印象。
大分府内城
2018年9月13日
10年以上前に少し立ち寄った記憶が。。
敷地内はイマイチだが、周囲の堀や石垣の景観は悪くないです。
高岡城
2018年11月3日
お城感はあまりないが、博物館・動物園があり、意外に楽しめた。
金沢城
2018年11月4日
何度目かの登城。スタンプ押印のため。
首里城
2018年11月23日
4年ぶりの沖縄、首里城4回目。
今帰仁城
2018年11月24日
県庁前からやんばる急行バスで今帰仁城址入口。行きはそこから更に無料の接続バスで交流センターまで行けたので上り坂は助かる。帰りは徒歩で坂を下る。
二条城
2019年1月13日
5年ぶり
松阪城
2019年2月9日
予想に反して敷地が広かった。
建物の類はないが、石垣は見ごたえがあり感動。
石垣好きには良いところです。
甲府城
2019年3月2日
スタンプのために登城。
福山城
2019年4月12日
スタンプのために6年半ぶりの登城。
桜もちょうど満開。
丸亀城
2019年4月13日
約8年ぶり。
天気も晴れで瀬戸内海も良い眺め。
石垣も素晴らしい。
高松城
2019年4月14日
初登城
丸岡城
2019年6月8日
スタンプのために5年ぶり2回目。
天守内の急な階段が他の城にはない見どころか。
一乗谷城
2019年6月8日
雨上がりで緑が映え、牧歌的な景色が思ったより良かった。
昔の栄華がしのばれる。