トップ > 城選択 > 五稜郭

五稜郭

みなさんの登城記録

1934件の登城記録があります。
1301件目〜1350件目を表示しています。

●2012年5月6日登城 nicotomoさん
【12城目】
【交通手段】道南桜の名所巡りバスツアー(0泊2日)に参加
【入場料】無料。五稜郭タワーは団体割引で740円。
【メモ】ツアーバスは松前城の次にこちらへ。あまり時間が取られてなかったので、まずは五稜郭タワーに登り、上から桜を眺めてから1階の管理事務所へおじゃましスタンプゲット。外から五稜郭タワーの写真を撮ったらタイムアップ。
昼食時間は朝市付近で自由行動だったので、赤レンガ倉庫を散策。
【ご当地グルメ】昼食「ラッキーピエロ」の「チキンバーガー」350円「ラキポテ・エビ」390円をテイクアウトしてバス内で食べました。
●2012年5月5日登城 一心斎さん
22城目の登城です。
函館の五稜郭です。前日の松前城に続き、
こちらも桜満開でした。
タワーから眺める五稜郭はすばらしい!の一言です。

中央に函館奉行所が新しく復元されていてお見事でした。
●2012年5月5日登城 s036388さん
登城済
●2012年5月5日登城 kazさん
6城目。桜がきれいだった。
●2012年5月4日登城 きっちゃんさん
桜と五稜郭を一緒に楽しめました。
●2012年5月3日登城 どら猫さん
91城目
●2012年5月3日登城 大和さん
10城目
●2012年4月30日登城 けめりんさん
あいにく桜の開花には1週間ほど早かった・・・
スタンプは五稜郭内の函館奉行所の向かいにある土産屋さんで。
●2012年4月29日登城 もんたろうさん
函館から市電で五稜郭公園まで行き、徒歩でまずは五稜郭タワーを目指しました。タワーのチケット売り場でスタンプをゲット。入場料は高いですが、やはり五稜郭の全貌を見るにはタワーからの見学はかかせないでしょう。
ちなみに、出発前に五稜郭タワーのHPを見ていたら、「お得なクーポン券」というリンクがあり、「ソフトクリーム割引券」と「ちょっぴりプレゼント引換券」がありました。「ちょっぴりプレゼント」は四季の五稜郭の写真でした。
そのあと、箱館奉行所に行きました。木造で復元したのはすごいと思いますが、太鼓櫓に上がらせて貰えないのが残念。上がらせてくれたら入場料500円にも納得できそうなのですが。。。次回行くとしたら、外観写真だけでいいかなぁ。
●2012年4月17日登城 初音さん
弘前から津軽海峡を越えて北海道上陸。
ここはやはりタワーからの眺めが最高です。
函館戦争の史料館にもなっていました。

スタンプはタワーチケット売場
●2012年4月15日登城 ひよこさん
パパが行きました。
●2012年3月29日登城 りんたろうさん
ようやく五稜郭に行けました^^
●2012年3月17日登城 あおいさん
飛行機で函館へ、空港からはレンタカーを借りて一路五稜郭へ向かいました。
寒いと思っていたのに、この日はまさかの雨模様。雪は結構残っていたのでシャーベット状態。
駐車場は時期もあってかガラガラ。まずは五稜郭タワーから全体を一望しました。
あいにくの天候でしたがなかなかの景色でした。
そのあと復元された奉行所の中を見学しました。
スタンプは奉行所にあるかと思いきや向かいにある喫茶兼売店のようなところに置いてありました。
●2012年3月11日登城 Smirnoffさん
この日の函館は雪が舞う中、五稜郭タワーへ。
雪をかぶった五稜郭は幻想的で、寒かったですが来て良かったとしみじみ。

▼スタンプ
五稜郭タワー券売所にて

▼アクセスメモ
札幌から特急スーパー北斗号に乗車し、五稜郭駅下車。
タクシーで雪道を10分走って五稜郭タワー着。
●2012年3月4日登城 まなつの夢さん
職場の人たちと社員旅行で行きました。記念すべき1スタンプ目でした。
●2012年3月4日登城 まなとの夢さん
記念すべき1号スタンプ。職場の人たちとの旅行で訪れました。
●2012年3月1日登城 yellowsさん
1
●2012年2月24日登城 さちさん
雪深いときに登城。真っ白な☆はとてもきれい。スタンプ良好。クーポン持って五稜郭タワーへ行き、ポストカードをもらう。クーポンは他の割引と併用不可。公園内の函館戦争時の大砲は雪にうもれていて、何が何だかわかりませんでした。春に行けば桜が美しそうなので、その時期にまた行けたらいいなあ。
●2012年2月20日登城 しどう丸さん
寒かった。
●2012年2月18日登城 歴士さん
大雪の中での登城となりました。
函館奉行所が綺麗に復元されていました。
五稜郭タワーから見た城郭に思わず感嘆の声をあげてしまいました。
日本式城郭ではないものの見ごたえ十分でした。 
スタンプも良好です。
●2012年2月12日登城 ひろ&ひろさん
雪の五稜郭も素敵です。
●2012年2月12日登城 宇喜多弘福さん
豪雪の五稜郭でした。
●2012年2月6日登城 鬼の作左衛門さん
雪をかき分け登城しました
●2012年2月5日登城 25馬力さん
大雪の中、登城。
五稜郭タワーでタワースタンプラリーの存在を知り、こちらも開始。
函館のローカル飯、ラッキーピエロ、焼鳥弁当おいしかったです。
●2012年2月4日登城 りとるさん
雪景色の五稜郭もきれいでした。
●2012年1月30日登城 熊野ちょう人さん
五稜郭に着いたのが、17時過ぎでした。箱館奉行所を見学しようと急いで行ったのですが、入口が既に閉まっており、入れませんでした(開館時間が今は冬のため、17時まででした)。奉行所は雪に覆われていて、綺麗でした。仕方なく、イルミネーションされた「五稜星の夢」の看板を見て、帰りました。スタンプは五稜郭タワーのチケット売り場でゲットしました。インクは少し濃いめでしたが良好です。この後は函館山に行き、展望台から夜景を見学しました。大沼公園では雪でしたが、展望台に昇る頃には天気もよくなり、空気が澄んでいて、展望台の外は寒かったけど、100万ドルの素晴しい眺めでした。
●2012年1月28日登城 kojizmさん
☆第39城☆
雪の五稜郭素敵でした!!
●2012年1月15日登城 まーにむさん
五稜郭、まずは城の全貌を見ようと五稜郭タワーに登ってみます。
タワーの料金窓口で、百名城スタンプをゲットします。
日本百名城めぐり 第38城目の五稜郭のスタンプをゲットしました!
早速、五稜郭タワーに登ってみましょう。

うぉーーーー!
なんと素晴らしい!
この城には芸術的な美しさがあります。
昨日の雪で、真っ白に輝く五稜郭。
美しさに華を添えています。
名前の通り綺麗な星型五角形をしているのが分かります。
ちなみに1辺は255mとのことです。
天気も良く、絶好のタイミングでやって来たものです。
まさに素晴らしいという言葉しか見当たりません!
五稜郭から目を転ずると、函館市街地、函館山もバッチリですね。
タワーの内部には箱館戦争の歴史などが勉強できます。
さぁ、次は実際に五稜郭を見に行ってみましょう。
我が国初の洋式城郭である五稜郭、この五稜郭を目にすると、幕末に生きた男たちのロマンを感じることができますね。
奥に進むと、復元された箱館奉行所も見学できます。
●2012年1月3日登城 ダイスケさん
函館駅前から路面電車に乗って五稜郭近くまで。無粋なタワーが横にあり、何じゃこりゃ!と思いつつも、五稜郭内を回った後にタワーへ・・・・展望台から五稜郭を眺めてやっとこのタワーの意味を知った。
●2012年1月1日登城 たまさん
●2012年1月1日登城 坂石雅城さん
行ったことがある。
●2011年12月18日登城 ゆたさん
80城目
松前から2時間半。五稜郭タワーの目の前の駐車場に駐車できました。
まずはタワーで全体像を把握しました。タワーからは雪で覆われたきれいな
五稜郭を堪能しました。その後再建された箱館奉行所を見学しましたが
あれで500円は少し高いかな〜

スタンプは管理事務所ではなく隣の休憩所で押印しました。
状態は非常に良かったです。

帰りにタワーの対面にある塩ラーメンあじさいで昼食をとろうとしましたが
12:00にして並んでおり、飛行機の時間もあったので断念。
かわりに空港で塩ラーメンを食べました。
●2011年12月17日登城 やいちゃんさん
27番目 雪の中、来城。休憩所にて押印。3年連続行っています。
●2011年12月1日登城 amyさん
お城だったとは知らなかった、
もう一度訪れたい。
●2011年11月29日登城 九兵衛さん
函館駅からバスで五稜郭入口バス停まで移動。
五稜郭タワーの展望台(展望料840)から見学したあと、外堀を1周(約1.8km)し、
複眼された箱館奉行所(拝観料500)を見学。
奉行所の向かいにある売店のレジ係に言ってスタンプを出してもらい押印しました。
帰りに「土方歳三最後の地碑」にも寄って来ました。
●2011年11月27日登城 ディファイアントさん
雨の中、五稜郭へ
函館奉行所・タワーとその後観光する。
●2011年11月25日登城 Misakiさん
奉行所がオープンするまで待ったら結局真冬の登城に…
暴風雪の中でしたが、五稜郭タワーから見た雪景色は最高!
★登城レポ→ http://ameblo.jp/junebear/entry-11249626131.html
●2011年11月24日登城 cliffordさん
51城め。函館駅から市電15分五稜郭公園前下車、徒歩15分でタワーの横から入城。スタンプは、函館奉行所(入館料500円)前の管理事務所にて、良好。新しい(江戸末期)ので当然だが、いわゆる「お城」の雰囲気は希薄、建物も一部復元されているが、中途半端なような気がした(事前の期待が高過ぎたかも)。★
●2011年11月20日登城 ゴルゴンさん
登城82城目!
今回、旅行の幹事をする事になった、「これは良い機会だっ」
と言う事で旅行場所をここ函館にした、もちろん目的はここ五稜郭!(職権濫用?)

まず五稜郭タワー1階にて入場料を支払う、スタンプはここにあります、最上階からの眺めはなかなかのものです、その後函館山に行き展望台から函館の街並みを見学、とても気持ち良かった、あと前日の夜に食した’活イカ’のお造りもとても良かった。
●2011年11月17日登城 やーたんさん
a
●2011年11月13日登城 マリノス君さん
・函館旅行2日目。ちょっと早起きし、函館朝市を見学。
・ホテルチェックアウト後、函館八幡宮を参拝して、五稜郭に向かいます。まずは五稜郭タワーへ。ここのタワー展望チケット売場でスタンプを押せますが、ちょっとインクが多めのため一度別の紙に押して、力加減をみてから押すことをお勧めします。
・タワー展望台から見る五稜郭は圧巻です。本当に星型の形をしているのがよくわかります。また、紅葉が少し残っており、赤や黄色の木々がより一層雰囲気を出しています。展望台は歴史回廊として五稜郭についての歴史をフィギュア、ジオラマを使って展示しており、なかなか興味深いです。その後、タワーから下りて五稜郭公園へ。公園の中央には平成22年に復元完成した箱館奉行所があります。伝統工法にのっとり復元されてこともあり、外観はもちろん建物内部も見応えがあります。
・充分、五稜郭を堪能した後、トラピスチヌ修道院、四稜郭、ダム園見学、最後に空港近くの日帰り温泉施設で温まり、空港での夕食後、帰路に着きました。
●2011年11月13日登城 隼士丸さん
28城目。
札幌からスーパー北斗で函館に移動、函館駅からは市電1日乗車券(600円)
を利用しました。小銭を準備しないで済むので便利です。
スタンプは五稜郭タワーのチケット売り場にて、状態良好です。
復元された箱館奉行所は見所が多く、タワーからの眺めも楽しめました。
日曜の午後でしたが、思いのほか見学者が少なく静かな雰囲気でした。
●2011年11月13日登城 ナラさん
半日タクシーコースに五稜郭があったので利用したが、修道院訪問が長引き、五稜郭はスタンプ中心の訪問となった。歩いて城の大きさや石垣の造作を間近に見ることができず残念。再訪したい。
●2011年11月10日登城 Soraさん
57城目初登城。
函館駅から路面電車で行ってきました。
スタンプは五稜郭タワーで。だいぶ台帳がふにゃふにゃになってきたせいか、
まっすぐにスタンプが押せず、右端がかけてしまいました・・・。
スタンプ自体は良好と思います。

再建された箱館奉行所の中にグーグルマップを使った世界の五稜郭が閲覧できる
モニターがあり、非常に興味深かったです。

そこではじめて四稜郭というのも近くにあることを知り、次の日にレンタカーで行ってきました。規模は非常に小さいですが興味ある方は合わせていってみるのもよいかと思います。
(五稜郭から車で10分程)
●2011年11月3日登城 kajiさん
好き度:★★★★

函館で宿泊した翌朝、函館朝市で食事を済ませ、市電で向かい
ました。(函館駅前→五稜郭公園前:220円)
スタンプは五稜郭タワーのチケット売り場にて。
(タワー:大人840円)

タワーからの眺めは最高です。 それから、復元された奉行所
がみごと。 復元の様子を映したビデオなども鑑賞できます。
(拝観料500円)
●2011年10月29日登城 kazzyyさん
札幌出張を利用。
朝、JR特急スーパー北斗で札幌から函館へ。
五稜郭駅で降り徒歩だと20分位歩きました。
タワーが新しくなって初めてですが、城郭も
全体が見えて満足できました。
その後、奉行所を見学に。
銀杏がとても綺麗でした。
函館で泊まり、朝イチで松前城へ行く予定です。
●2011年10月26日登城 masa. kさん
寒いし、曇ってるし、タワーから全景撮れないし・・・
●2011年10月25日登城 まるさんさん
64城目

修学旅行生が多い人気のスポットでした。
ただ、タワーに登る料金が少し高めかと・・・・
確かに上から見ないと、五稜郭の形がわからないので登らないとなんですが・・・
人気のスポットなので、もう少しなんとかならないものかと・・・
●2011年10月22日登城 まさのぶさん
新築の奉行所があるが、城って感じが正直あんまりないです。
●2011年10月10日登城 kyuu_chanさん
2回目♪

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 次のページ

名城選択ページへ。