トップ > 城選択 > 人吉城

人吉城

みなさんの登城記録

1822件の登城記録があります。
401件目〜450件目を表示しています。

●2017年5月6日登城 ニシやんさん
74
●2017年5月5日登城 岸和田の夫婦さん
80城目
●2017年5月5日登城 nabeさん
【98城目】人吉城がこんなに魅力的な城だとは想定外。
相良家が鎌倉時代から七百年近くも、同じ居城でいられた理由が現地に来てやっとわかりました。
それにしても訪問しにくい城でした。
翌日は、かわせみやませみ号にて、99城目に近づくべく、山口の湯田温泉へ。
●2017年5月5日登城 Yabu sobaさん
nabeに同じ
●2017年5月5日登城 仮面ライダー 50'sさん
バイクで南九州ツーリング二日目。
熊本から人吉へ高速道を爆走中、追い越し際、覆面パトカー発見!命拾いをしました。警官と至近距離で目が合い、思わず会釈を交わしました?ご苦労様です。
ウロウロしてみましたが、城の全容が掴めませんでした。
●2017年5月5日登城 Hiroshi.Yさん
2017.5.5 15:10登城
18/100
●2017年5月4日登城 やまちゃんさん
88城目。
珍しい武者返しの石垣のある人吉城に行きました。城跡の周辺環境がとても綺麗な場所で気持ちよく散策できました。近くに国宝の青井阿蘇神社もあります。
●2017年5月4日登城 tk-chuさん
97城目。

鹿児島から、肥薩線吉松経由で3時間強で人吉着。
駅から球磨川を渡り、大手橋まで徒歩30分未満。
周囲には温泉も多く、宿泊しての登城も楽しみである。

球磨川水系が大きな堀の役割をなしている。
建築物としては、長塀と櫓が目立っているが、地下室が2つ発見されている。
ひとつは人吉城歴史館内にある。
スタンプは歴史館にあるが、ここには百名城踏破中の足跡を残せる。
全国どこからの来場か、人吉城の前後にはどの城に訪れるのかなどを記すことが出来る。
このような記録帳を目立った形で発見できたのはここが初めてであった。

東方へ向かうと城山があり、程よく登りやすい形で整備されている。
ロープが張り巡らされていないのは危険とも言えるが、雰囲気があり開放感があるとも言える。
雨天時、雨上がり時は注意が必要か。
二の丸、三の丸は半ば公園のように広々としており、雰囲気や眺望を楽しめる。
●2017年5月4日登城 ミスターたかさん
5城目。
熊本駅から観光電車に乗って人吉駅へ。
人吉の町の雰囲気が良いので、徒歩で散策しながら行きました。
石垣の残り方が綺麗です。本丸からの景色も珠麿川が綺麗に見えます。
徒歩で言った最後に本丸まで登ったので、平山城とはいえ足がしんどかったです。
そのまま、ホテルにチェックインして温泉で疲れを癒しました。
●2017年5月4日登城 琥心パパさん
日本100名城、90城目。
武者返しの石垣が印象に残っています。令和2年7月豪雨をニュースで見た時、ショックでした。1日も早い復興頑張ってください。
●2017年5月3日登城 うっしーさん
ゴールデンウィークの休みを利用しての登城。
新幹線で新八代まで来てからの乗り換えでもともとタイトな時間でしたが、新幹線が10分遅れたため更にぎりぎりなうえに八代から人吉までのワンマンカーは大混雑で大変でした。
駅に到着の後、徒歩で登城。資料館で見学の後散策。
思っていた以上に石垣等が残っており満足でした。
昼食はうなぎと思いましたが、連休中で大行列で断念。駅前の駅弁屋で鮎寿司を食べました。
●2017年5月3日登城 のりたまんさん
54
●2017年5月2日登城 しんちゃんさん
80城目
●2017年5月2日登城 うつやんさん
2017GW城巡り3城目。
●2017年5月1日登城 もってぃさん
【76城目】
歴史館でスタンプ。入り口にあります。
時間の都合でスタンプだけ。
●2017年5月1日登城 まーさん

●2017年4月29日登城 おかきさん
城もそうだけど、街中にある銭湯が気持ちよかった
●2017年4月29日登城 キンちゃんさん
20城目
●2017年4月28日登城 JO009さん
人吉城歴史館
●2017年4月27日登城 まさみさん
九州1城目
●2017年4月27日登城 まさあき・まさみさん
九州1城目
●2017年4月24日登城 sen-katoさん
九州ツアーの2日目。宿泊地鹿児島から、レンタカーで約1時間半。歴史館でスタンプ押印。歴史館のビデオは分かり易くて、秀逸でした。
教えて頂いた「上村うなぎ屋」は定休日でしたが、お隣の「しらいしうなぎ屋」で、うな重を満喫。
その後、阿蘇を経て、黒川温泉に向かいました。
●2017年4月22日登城 はなみずき 2巡目!さん
人吉城歴史館(相良清兵衛屋敷跡・地下室)→ 軍役蔵跡 → 多門櫓 → 大手門跡 → 大手橋 → 武家屋敷跡 → 武者返し石垣 → 水ノ手橋 → 間米蔵跡 → 水の手門跡 → 御下門跡 → 中の御門跡 → 御津賀社跡 → 三の丸 → 二の丸 → 本丸

【人吉城歴史館 受付】

熊本から飫肥城を目指す途中で、人吉城に立ち寄りました。
時間があればゆっくり人吉の町を散策したいのですが、今回も時間に追われて人吉城歴史館で相良清兵衛の地下井戸を見学した後、大急ぎで隅櫓、多聞櫓、大手門から武家屋敷跡を横切って武者返し石垣から水の手門跡を見ながら、御下門跡から一気に本丸まで登って行きました。
時間が許せば、上原城にも行ってみたかったのですが、断腸の思いで人吉を後にしました。(泣)今回も、好来ラーメンはお預けです!
●2017年4月22日登城 遅れてきたファンさん
32番目
●2017年4月20日登城 ざわさん
鹿児島でレンタカーを借りて出発。人吉城歴史館でスタンプをゲット。相良氏がこの地で800年続いたのは驚きました。南北朝時代から戦国時代にかけて、主従を変えて生き残ったのは大したものだと思いました。特に関ヶ原の戦いにおいて家老の相良清兵衛の時を見る目は大したものだと感じた。清兵衛の屋敷の地下室も見学させてもらった。不思議な空間に驚きを感じる。又、息子の屋敷にも似たような地下室がありそれは外から見れます。城は復元された多門やぐらや、隅櫓、長塀などがあります。水の手門と羽だし石垣が面白かった。三の丸、二の丸、本丸とめぐり、見学用階段を下りて、御殿跡へ下った。
ゆっくり見すぎて、うなぎ屋時間間に合わず。
●2017年4月17日登城 謎の商人さん
59城目。
人吉城歴史館にてスタンプget。
頂いたパンフレットが纏まっててgood。
●2017年4月13日登城 かずおさん
平日であったためか人も少なく、ゆっくり見学できました。
石垣が見事です。珍しい武者返しの石垣も見られて満足です。
●2017年3月31日登城 さく1さん
雨でしたが武者返しの石垣を見てから本丸まで登城。
ここも川沿いの平山城で雰囲気(眺め)は良いです。
西南戦争で官軍に攻撃を受けたそうです。
スタンプのある歴史館の方は丁寧に資料の見方を教えてくれました。
人吉城に来てほぼ知らなかった相良氏を良く知ることができました。
●2017年3月31日登城 カラ元気さん
胸川沿いの角櫓、長塀、多門櫓が残っている。清流と漆喰の城壁がマッチして美しい。
私が一番好きなのは、刎出し石垣です。こんな珍しい石垣は、五稜郭ぐらいしかない。
●2017年3月28日登城 Pちゃんさん
80
●2017年3月21日登城 コマトラさん
九州ツーリング 4つ目
●2017年3月19日登城 よっしーさん
77城目
鹿児島中央駅から電車、吉松駅から人吉駅は観光列車のしんぺい2号で、途中、スイッチバックやループがあり、楽しい移動だった。歴史館は相良氏の歴史が詳しく展示してあり、分かりやすかった。本丸、二の丸には立派な石垣が残っていた。
●2017年3月18日登城 はちかづきゆうさん
あんまり期待してなかったけど素晴らしかった。すごく長い歴史があり、しかもずっと同じ一族が治世をおこなっていたのは、すごいことだとおもう。平山城とのことだけど、ほぼ平城ではないのかと思う立地に河川を利用したところは、なかなかみごとでした。
●2017年3月18日登城 城好きやっこさん
69/100
熊本城復興城主になるため、今回嫁と旅行を企画。
姫路6:30の新幹線で博多8:30着。
そこから、青春18きっぷで約2時間半かけ熊本着。

荷物を今夜泊まる「東横イン熊本駅前」に預けて、駅前の熊本ラーメン「黒亭」
に向かうも長蛇の列の為、諦めて隣の「埼陽軒」で熊本ラーメンを食す。
その後11:59の八代行きに乗り、八代で乗り換え約2時間かけ人吉着。

2:30頃ウナギの名店「上村うなぎ屋」に向かうも閉店。
嫁が「どうしてもウナギが食べたい」と例のごとくゴネ出したため、隣の
「しらいし」へ行き「うな重」を食す。カリッとふわぁとでとても美味!!
お腹も満足し、歩いて「人吉城歴史館」で押印し見学。地下室は必見!
城跡を見学し、「幽霊寺」と呼ばれている「永国寺」を訪れ、国宝「青井
阿蘇神社」に参詣。本当に素晴らしい神社でした。

その後、駅前で「球磨焼酎」を購入し、熊本まで戻りました。
●2017年3月17日登城 しげお&なおこさん
鹿児島城から高速を利用し移動、歴史資料館裏の駐車場(無料)を利用。
武者返しの石垣が珍しかった。
歴史資料館でスタンプを押し、地下室遺構を見るために入館。
受付の方に申し出ると、入り口鍵を開け、一緒に中に入ってくれて丁寧に説明をしていただきました。球磨川の水位とは連動していないとのこと、不思議な湧き水です。
昼食は有名な上村うなぎ店へ。14時過ぎだったためか、待ち時間なしでした。
その後、明日のために日南に移動。
●2017年3月14日登城 のんのんさん
うなぎ食べました
●2017年3月10日登城 圭介さん
相良700年と言われた人吉城、球磨川とその支流に囲まれて、まさに川の城でした。
発見された石積みで囲われた地下は地下水もあり、深く掘った井戸とは違い確かに珍しいと思いました。
●2017年3月10日登城 柏ひろしさん
梯郭式平山城。水運を利用するため、球磨川と胸川を外堀に見立てて石垣を築き船着場が設けられている。
●2017年2月25日登城 クアンタさん
95城目。

鹿児島仙巌園を観光し、桜島の迫力に圧倒され、九州自動車道で人吉市へ。
約1時間強。行列のできるうなぎの上村でうな重を堪能してから球磨川を
渡り、人吉城登城。

石垣がお見事です。球磨川の対岸から眺める人吉城は素晴らしいです。

お城のほか幽霊掛軸など見どころはたくさんあります。おすすめの町ですね。

山江村の温泉に立ち寄って、鹿児島空港から帰京しました。

夏には長崎県へ行こうと思っています。
●2017年2月20日登城 つーさん
熊本から鹿児島本線・肥薩線乗り継ぎで2時間ほどで人吉へ。
思っていたより大きな縄張りでした。二の丸からは市街地が一望でき、おすすめです。
国宝青井阿蘇神社や永国寺、焼酎蔵、うなぎ等見どころの多い街でした。
帰りはしんぺい号で熊本まで。
車利用で高速道路で行こうか迷いましたが、球磨川沿いの景色も見られ満足でした。
●2017年2月20日登城 結飛じったんさん
人吉城は江戸時代を通じて人吉藩相良氏の居城。相良氏は鎌倉時代に地頭として赴任して以来ずっとこの地に在城。
熊本マラソンの翌日、足が痛いながら頑張って訪問しました。
広く石垣の多い城跡だけど、登りはそれほどできつくはありません。
●2017年2月18日登城 FJさん
ここではハンコの試し押しが必須です、改善されていれば良いのですが。
●2017年2月18日登城 もっちんさん
翌日のマラソン大会を控え、準備を行ってました。19日に予定したら大変だった!
●2017年2月18日登城 愛姫さん
熊本城マラソン参加とセットで
●2017年2月18日登城 ywscrewさん
熊本駅からバスなんぷう号に乗り、人吉ICから歩いて20分くらいで人吉城歴史館に到着。
スタンプGETし、武者返しの石垣や対岸から見る櫓を堪能。
球磨川沿いを歩いて好来ラーメンの真っ黒ラーメンを喰らい、青井阿蘇神社に寄って人吉駅へ。
●2017年2月13日登城 Oiyanさん
人吉駅から、鉄道ミュージアムや武家屋敷に立ち寄りながら、徒歩で登城、あいにく歴史館は休館日でしたが、入り口でスタンプを押し、案内図を頂き散策、川や地形を活かした城割を感じながら、散策しました。
●2017年2月12日登城 玉田の皇帝さん
1泊2日 南九州の旅 2日目

鹿児島から高速道路で1時間半 人吉城到着 観光客用駐車場へ駐車し人吉城歴史館へ行き 入口でスタンプゲット(入館しなくても自由に押せます)

人吉城歴史館 入館料200円を払い人吉城の歴史や相良氏について学ぶ コンパクトにまとまっておりわかりやすかったです 観光客も少なめ

相良家家老相良清兵衛の屋敷跡にあった用途不明の地下室が見れて面白い(希望者には地下まで降りて見学できるようです)

多門櫓内も無料(無人)で見学できるようです(簡単な展示や鎧などあり)

角櫓、大手門櫓、多門櫓等が一望できる川向からお城撮影(定番撮影スポット)
その後 水ノ手門跡や御下門跡等周り何もないのはわかっていながら本丸まで登る(本当に何もなく景色もイマイチ)二の丸、三の丸からの眺めの方が良いです。

帰りに人吉のうなぎを食したく“上村うなぎ屋”さんへ午後2時頃(時間をずらし)行ったがお客がお店の外まであふれており断念 鹿児島空港で遅い昼食をした後にお土産に鹿児島限定の焼酎を買って岐路に着く

九州は遠い・・・
●2017年2月12日登城 つきやんさん
鹿児島中央ターミナルから高速バスを利用。人吉ICからは徒歩で行きました。とっても広いです。イノシシが出るため通行止めになっているところがありましたが、地元の人は慣れているのか、普通に進入して犬の散歩をしてました。
●2017年2月4日登城 馬鹿琴さん
クラブツーリズムさんの名城と名湯を楽しむ「人吉城跡」「鹿児島城跡」「飫肥城跡」南九州3名城の2日間の旅に参加。

熊本からバスで1時間半くらいで人吉城に到着。
地下の泉が凄すぎ、神秘的。

お城内の杉林がまたお見事でした。
●2017年2月1日登城 クロさん
2週連続の城廻。思っていた以上に立派なお城でした。
いざ鹿児島城へ

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 次のページ

名城選択ページへ。