トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID3491
名前タケパン
コメント 日本百名城巡りを足掛け8年(2009-2017)かけて完遂した頃、丁度続日本百名城が始まりました。また全国行脚の旅が始まります。

 地域振興の意味も込めて、出来る限り飛行機・鉄道・路線バス等の公共交通機関を利用したお城巡りを心掛けております。(車やレンタカー、ツアーの誘惑に負けてしまうこともしばしば^^;)

 よろしくお願い致します。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
五稜郭
2009年6月20日
記念すべき一城目。まだ奉行所が復旧される前でした。

最初からスタンプ押し失敗。もうこれで吹っ切れました、これ以降スタンプに
失敗しても気にしないように(笑。

このお城の真骨頂は、五稜郭タワーから眺める景色だと思います。地上から見ても、ただクネクネ折れ曲がっている堀ぐらいにしか感じないかもしれません。
根室半島チャシ跡群
2009年6月21日
登城埋め
松前城
2009年6月22日
登城埋め
弘前城
2009年6月23日
登城埋め
根城
2009年6月24日
登城埋め
盛岡城
2009年6月25日
登城済みログ残しです。
多賀城
2009年6月26日
登城済みログ残しです。
仙台城
2009年6月27日
登城済みログ残しです。
久保田城
2009年6月28日
登城済みログ残しです。
山形城
2009年6月29日
登城済みログ残しです。
二本松城
2009年6月30日
登城済みログ残しです。
会津若松城
2009年7月1日
登城済みログ残しです。
白河小峰城
2009年7月2日
登城済みログ残しです。
岩村城
2014年7月21日
後ほど
品川台場
2018年4月6日
続日本百名城一城目

 フレックスタイムを利用し、何とか潮風公園の期限に間に合うように移動。ご存知の通り工事中なため、スタンプはお台場海浜公園案内所にとのこと。19:00まで開いているということなので徒歩で移動。
 この案内所、4階から入りましたが、品川台場含めた周辺の写真が飾ってあり、それはそれで趣深い。スタンプが置いてある窓口の方と少しお話しましたが、自分で70番代だそう。平日というのに皆さん動き出しが早い。

 肝心の品川台場ですが、移動中に雨の気配。本日の登城は諦め、また別の機会にとなりました。自宅に戻るまで雨は降らなかったので、あれは海風に煽られた潮だったのかも。第三台場や第六台場の側は何度も通ったことがあるのですが、中々第三台場へ行く機会に恵まれません。

アクセス:
新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」下車 徒歩約12分(第三台場)

スタンプ設置場所:
お台場海浜公園マリンハウス
4-9月 9:00-19:00
10-3月 9:00-18:00
(工事が終われば潮風公園に戻るのか?こちらは16:00迄)
小机城
2018年4月8日
 駅南口から出て右すぐの城郷小机地区センターでスタンプ押印。試し紙と同じような感じでスタンプ帳に押すと、滲んで失敗します。
 城跡へ向かう途中、城主や家臣の屋敷があったとされる根古谷地区に出るのですが、豪邸の数々。末裔の方々が住んでいたりするのでしょうか?
西側はかつて低湿地帯であり、北は鶴見川が流れています。防御としても活用したのでしょう。
 竹林を抜けると急に大きな空堀が現れます。存在に気づきにくく、かのカポニエールもこんな感じだったのかなと。城の規模は大きなものではありませんが、公園として整備され、曲輪や魯台跡・空堀がよく残っており見応え充分。
 本丸の位置関係について議論があるようです。土塁に囲まれ重防御であること等から、今の位置関係のようですが、出城跡や馬出・魯台の位置等を鑑みると、逆である方を持ちたいと思えます。

アクセス:
JR横浜線小机駅 徒歩約15分

スタンプ設置場所:
横浜市城郷小机地区センター2階
平日・土曜日:9-21時
日曜日・祝日:9-17時
毎月第4月曜日・12/28-1/4は休館

見学所要時間
30-40分程度
石垣山城
2018年4月28日
続日本百名城三城目

 小田原駅から出ている季刊運行の市内回遊バス「うめまる号」(500円)を利用し、途中早川駅から徒歩で登ってくるハイカーの方や各武将の案内板等を横目に見つつ、城前まで約20分で到着。案内の方が乗り込んでおり、途中途中で様々な解説をしてくれます。
 バスを降りたところに、ボランティアの方がおり。お願いすると40分ぐらいで案内してくれます。スタンプは石垣山一夜城駐車場側にあるトイレの前に置いてあります。
 突貫工事で作ったと聞いた割には、石垣がよく残っています。特に井戸曲輪は圧巻でした(井戸は見えませんが)。井戸曲輪へ降りていく部分以外は道も整備され、歩きやすかったです。次のバスまで30分(通常は1時間位ある)しかなかったため、南・西曲輪方面は回れず。この後、滝山城へ。



アクセス:
JR東海道線・小田急小田原駅 バス約20分(500円 春夏秋季刊土休日運行)
JR東海道線早川駅 徒歩約60分

スタンプ設置場所:
一夜城ヨロイヅカファーム側トイレ前 8-17時

見学所要時間
40-60分程度
滝山城
2018年4月28日
続日本百名城四城目

 小田原駅からJR線を乗り継いで八王子へ移動、観光案内所で行き方を聞く。「中野団地行(暁01)以外なら大丈夫ですよ。」を聞いたのですが、「富士美術館行(ひ02)」と「創価大学循環行(ひ04)」も土休日は12番乗り場から出発するらしく、これに乗ってしまうとずいぶん手前で降ろされます。(えぇ、この罠に引っかかりましたよ。30分ぐらい歩かされる羽目に。途中に牧場があったりと発見はありましたが。)
 都立公園ということもありよく整備されています。石垣を持たない中世の城としては最大規模なのではないでしょうか。遺構もよく残っています。地形をうまく利用しており、かなり攻めづらく守りやすい構造をしています。
 でも、北条氏はこの城を捨て八王子城へ拠点を移してしまっています。武田信玄に二の丸まで攻め込まれて嫌になったのでしょうか?


アクセス:
JR中央本線八王子駅 「八王子北口」12番乗り場 ひ02,04,暁01以外のバス「滝山城址下」(約20分)下車すぐ。

スタンプ設置場所:
加住市民センター 8:30-21:45

見学所要時間
60分程度
本佐倉城
2018年4月30日
続日本百名城五城目

 JR成田線酒々井駅西口を出て最初の信号を左折、徒歩10分程度でスタンプのある酒々井町中央公民館に着きます。(お休みでしたが、隣の町庁舎守衛で押印、パンフレットを頂くことができます。)そこから更に徒歩20分程度、東山馬場の駐車場に到達します。行き方のパンフも頂けますし、案内の矢印が適宜あるので迷うことも無いでしょう。
 「散策ガイド」のパンフレットがとても良く出来ていて、それに合わせて見て回りました。案内の看板等は随時設置されていますが、道は大半が獣道レベル、雨上がりや雨の中歩くのは厳しいでしょう。マムシも出るようですし。また、何箇所か判断に迷う分岐がありました。「判断に迷ったら険しい方へ。」が正答?でした。
 その後、京成線大佐倉駅へ抜けました(城跡から10分程度)。城の見学に90分程度を費やした計算になります。内郭だけでこれですから、外郭も整備されたらどれだけの規模になるのかと。

アクセス:
JR成田線酒々井駅 徒歩30分(スタンプ押印時間含む)

スタンプ設置場所:
酒々井町中央公民館
京成大佐倉駅

見学所要時間
90分程度
九戸城
2019年3月24日
 予定に無かったのですが、二戸駅の接続で40分強の空きが出来てしまったため、急遽二戸埋蔵文化財センターへ。アップダウンはあるものの、徒歩15分でセンターに到着。ここ、福祉センター内に埋蔵文化財センターが間借りしているようです。休日だったのに、奥の課長席の方が一人で仕事中。お疲れさまです。
 奥に展示スペースがあり、縄文時代から始まる、九戸城や地域の歴史について知ることが出来ます。
 時間的にこの展示を見るまででタイムアップ。次回は計画立てて九戸城まで見学したいと思います。