トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID11872
名前ううたん
コメント一人で、自由気ままに埋めていっています。
(時間的に、スタンプのみのところがいくつかあるので、いつか登城完了したい)
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
江戸城
2023年12月2日
東京に上京して、皇居周辺はたびたび訪れていたが、100名城の存在を知って、江戸城からスタートする。
(1/200)
この後、品川台場へ
品川台場
2023年12月2日
到着した時は、夕方で、お台場側から眺める。
(2/200)
滝山城
2023年12月9日
西東京の2城を回る予定、
八王子駅からバスで移動。
まだ歩き慣れてなかったので、疲労感あり、スタンプは滲みすぎて、裏の石垣山城のスタンプが押しても見にくい状況になっていた。
(3/200)
八王子城へ移動
八王子城
2023年12月9日
東京最後の100名城、御主殿地区の辺りの雰囲気はよく、スタンプをゲット。
この日は、本丸の方まで、登る元気がなかったが、次は登城しよう。
(4/200)
石垣山城
2023年12月10日
先日、東京が終わったので、お昼くらいに出かけようと思い、小田原まで、駅からは周遊バスに乗って、登城。
見晴らしもよく、城址の雰囲気がすごい好みだった。(スタンプは、紙の裏側の滝山城の赤インクの滲みで見にくい)
(5/200)
小田原城へ。
小田原城
2023年12月10日
小田原城は、過去に2度ほど登城していたので、今回は本丸には入らず、城内を散策。
天守入場の料金支払いのところで、スタンプの人は、こちらへの案内あり。
(6/200)
箕輪城
2023年12月16日
朝8:30に高崎市箕郷支所へ向かう(実際はお隣の公民館しか空いてなかった)
そこから、早歩きで箕輪城を縦断して登城完了。(最寄りのバス停へと向かう)
(7/200)
名胡桃城へ
名胡桃城
2023年12月16日
後関駅から、徒歩で登城。汗だく状態で、スタンプを押して、次の沼田城へ向かうため、駅に戻ろうとすると、
親切な方に、車で連れていってもらうことに、感謝!
(8/200)
沼田城へ
沼田城
2023年12月16日
名胡桃城から、車で登城させてもらう。電車の予定でしたが、沼田駅からのルートが地図上で見るよりもきついことがわかり、強く感謝!そのまま岩櫃城まで連れていってもらうことに。
(9/200)
岩櫃城へ
岩櫃城
2023年12月16日
本日、4城目(途中ロックハート城を横目に見つつ移動。)
初めのスケジュールでは、スタンプのみかなっと思っていたのですが、車で連れてきてもらうことができ、無事登城することができました。まっすぐな上り坂(堀)を登っていくのは、体力がいる。
このお城から、できるだけ本丸まで登城しなければという思いが強くなった。
(名胡桃、沼田、岩櫃を回ってスタンプを集めると特典がありました)
(10/200)
掛川城
2023年12月19日
出張での移動で、訪問。
お城の雰囲気もよく、御殿からの見栄えも最高です。
(12/200)
浜松城へ
高天神城
2023年12月19日
浜松出張のついてに立ち寄るが、時間がなく、スタンプのみで、周りから眺めただけ。
(11/200)
掛川城へ
浜松城
2023年12月19日
本日最後に浜松城。
アクセスはよく、「どうする家康展」を開催していた。
(13/200)
諏訪原城
2023年12月21日
帰京の途中で来訪。
石畳の坂は、しんどい。堀切は、雰囲気のある感じで、本曲輪からは富士山も望める。
(14/200)
駿府城へ
駿府城
2023年12月21日
広い敷地の公園で、歴史を感じる。
石垣も家紋探しを楽しめ、発掘中のところもスケール感が大きい。
(15/200)
興国寺城へ
興国寺城
2023年12月21日
夕方、最寄り駅に着いたが、そこから歩いて移動しているうちに、暗くなってきてしまい、
堀切も全体を俯瞰して見える時間ではないことが残念。
(16/200)
甲府城
2023年12月23日
山梨4城をまわる。
駅近くで、城郭もすばらしく、平野を見渡せるので気持ちがいい。
(17/200)
武田氏館へ
武田氏館
2023年12月23日
駅からバスで神社へ向かう。
お堀で、当時の雰囲気を楽しむ。
(18/200)
要害山城へ
要害山城
2023年12月23日
武田氏館からバスで向かう予定が、本数がほとんどない!!
歩いて、向かうが、入り口までが、遠くてしんどい。
結果、本丸跡まで上がって、ハイキングコースは諦める。
本丸跡からの富士山はご褒美。
(19/200)
新府城へ
新府城
2023年12月23日
本日最後のお城。
韮崎駅から、スタンプを押して、歩いて新府城まで、新府城からの富士山を見るのは、非常によかった。
新府駅で1時間待ち時間ができた時は、近くにカフェとかもなく、つらい。
(20/200)
川越城
2023年12月24日
埼玉5城をまわる弾丸ツアーのスタート。
8:30に川越駅について、入場できるまで、周囲の探索して、待機。
館は天井も高く、雰囲気がいい。
(21/200)
杉山城へ
杉山城
2023年12月24日
スタンプのみ。
武蔵嵐山駅から歩いて、嵐山町役場へ
この後の予定で、杉山城まで登城は無理と判断して、移動。次の来訪では登りたい。
(22/200)
菅谷館へ
菅谷館
2023年12月24日
杉山城の町役場から、歩いて訪問。
.... うん。
(23/200)
鉢形城へ
鉢形城
2023年12月24日
非常に広いエリアのお城で、要所であったことが伺える。
帰りぎわに、川の反対側からの景観もgood.
(24/200)
最後の忍城へ
忍城
2023年12月24日
本日最後の忍城。
ここは、「のぼうの城」で、石田三成の陣取り場所である古墳群まで、歩く。
水城公園を経由して、夕方までに間に合った。
(25/200)
唐沢山城
2023年12月30日
栃木の100名城+金山城の1つ目
最寄り駅から、8:00から徒歩で登っていく。
神社からの佐野市を俯瞰して見えるのは、重要なお城であることを確認できた。
(26/200)
足利氏館へ
足利氏館
2023年12月30日
今は神社なので、感覚としては、武田氏館と似た雰囲気。
(27/200)
金山城へ
金山城
2023年12月30日
群馬最後の100名城へきたが、
唐沢山城を徒歩で上がり、佐野駅まで歩いて、足がパンパンのため、タクシーで登城。
帰りは、歩きで下山したが、矢倉台などは、周囲の監視にいい感じだが、
二の丸、三の丸あたりは、周囲から隔絶された雰囲気が強かった。
(28/200)
松本城
2024年1月2日
朝、高速バスで松本まで。
松本城は、周囲どの角度からでも非常に見栄えがある。
開門の時は、口上を聞けるため、30分並んで、前の方で待つのもよかった。
(29/200)
高島城へ
高島城
2024年1月2日
上諏訪駅から、徒歩で向かうと、川を渡るたびに、三の丸、二の丸と近づいていく感じがしてよかった。
お城もお堀と含めて雰囲気がいい。
昔から、至る所で、温泉が沸いていたのかなと思うくらい湯気が上がってる。
(30/200)
高遠城へ
高遠城
2024年1月2日
本日最後のお城。
正月で資料館は閉まっていたので、お城周りを散策。
ここは、お堀の中に桜の木が植えているので、春に来るのがいいかと。
(31/200)
三春城
2024年1月13日
南東北めぐり その1 (この日の最終は宮城制覇)
駅から歩いて登城。朝のいい運動になりました。
いざ登ってみると、周囲を広く見渡せるいい立地でした。
本丸後にスタンプがありました。
(32/200)
白石城へ
白石城
2024年1月13日
三春城あとの宮城1城目
立派な城の佇まいで、石垣がこのみ。
(33/200)
仙台城へ
仙台城
2024年1月13日
東北大学には過去訪問したことがあったが、こんなに立派な石垣が残っているとは知らずに、圧倒されました。
仙台駅方面を見渡せる要所であることも見てとれた。
(34/200)
多賀城へ
多賀城
2024年1月13日
宮城最後のお城へ
国府多賀城駅から、あるいて、外郭南門や政庁跡や大畑地区を見て回った。
もっと広い範囲が多賀城の史跡と教えてもらったが、もう限界だったので、ホテルへ、次の日に山形に向かう。
(35/200)
山形城
2024年1月14日
最上家のお城。
一言、広すぎる!!二の丸の端から端まで歩いてみたが、大きかった。
お堀や最上観光歴史館の雰囲気よし。
(36/200)
米沢城へ
米沢城
2024年1月14日
雪が残る中、駅から歩いて訪問
神社の雰囲気は、武田や足利氏館をイメージしてもらうといい。
駅の反対側に慶次清水などの名所があるので、時間があれば、いきたかった。
(37/200)
二本松城へ
二本松城
2024年1月14日
南東北その1の最後のお城
圧巻でした。
箕輪門もさることながら、三の丸の庭園の美しさ。
本丸に至っても、周囲を大きく見渡すことができ、神聖な感じがした。
(38/200)
小机城
2024年1月20日
週末久しぶりの雨で、お城廻は休みの週でしたが、
小雨だったので、お昼から小机まで、アクセスはよく、竹藪の管理が行き届いていたので、落ち着く公園となってました。
(39/200)
土浦城
2024年1月27日
茨城3城を巡る
こじんまりとした侘び寂びのあるお城でした。
刀剣の展示が、好み。
(40/200)
笠間城へ
笠間城
2024年1月27日
赤穂浪士とゆかりのあるお城。
本丸あとの神社まで上がって、別ルートがあると思って、裏手の石倉の方に行ったが、神社からのルートはお勧めしない。
(41/200)
水戸城へ
水戸城
2024年1月27日
本丸から、三の丸に向かって、城址の雰囲気の残る学校群となっている。
小学校から高校に上がるに従って、本丸にstep upしてる。
お堀あとは、線路や大通り
(42/200)
大多喜城
2024年1月28日
千葉3城を巡る一城目
茂原駅にあさイチで向かって、バスで訪問。
お城は中に入れなかったが、いい雰囲気でした。
本多忠勝
(43/200)
佐倉城へ
佐倉城
2024年1月28日
JRの佐倉駅から武家屋敷を横切って、佐倉城跡へ
城郭の雰囲気が残る広い公園。
(44/200)
本佐倉城へ
本佐倉城
2024年1月28日
千葉最後のお城
大佐倉駅でスタンプを押して、本佐倉城跡へ、駅から歩くと、小高い丘が見えてくる。
案内所では、ボランティアの方に色々とお話を聞くことができた。
(45/200)
大垣城
2024年2月3日
愛知岐阜の旅1日目
こじんまりしたお城ですが、西軍の拠点として石田三成が陣取った歴史などを学べる。
(46/200)
岐阜城へ
岐阜城
2024年2月3日
稲葉山城からの景色は圧巻でした。
(47/200)
名古屋城へ
名古屋城
2024年2月3日
観光名所だけあって、見るところは多い。
石垣の大きさも圧巻。
(48/200)
小牧山城へ
小牧山城
2024年2月3日
駅から30分ほど歩いて到着。
落ち着く感じのお城です。
(49/200)
犬山城へ
犬山城
2024年2月3日
ようやく1/4の名城を回ることができた。
城下町をへて、天守を拝み、お城の醍醐味をパッケージングできている。
川沿いからのお城を眺めるのも"オツ"なものです。
(50/200)
鎌刃城へ
鎌刃城
2024年2月3日
到着したのが深夜で、スタンプのみ。
しっかり時間が取れる時に、登城をしようと思う。
(51/200)
観音寺城
2024年2月4日
滋賀お城編スタート
7:30に安土駅について、登城しようとするが、裏のお寺ルートで、入山する時間が9:00-ということで、門前払いで諦めた。
近くに信長の館などの観光スポットあり。
(52/200)
安土城へ
安土城
2024年2月4日
観音寺城途中で引き返してから、登城。
8:30には、管理しているお寺の入場が可能になったので、700円払って、入場。
階段を登っていくごとに、有名武将の館跡の敷地が見れて、雰囲気もよし。
(53/200)
八幡山城へ
八幡山城
2024年2月4日
時期を失敗しました。。
ロープウェイのメンテナンスで、楽できず。
スケジュール的にも頂上まで登ると時間がなくなるので、中腹で折り返すことにした(滋賀のお城の宿題が溜まっていく)
(54/200)
彦根城へ
彦根城
2024年2月4日
滋賀のお城この日最後
すばらしいの一言。
(55/200)
岡崎城へ
岡崎城
2024年2月4日
滋賀からの帰京途中に登城。
(56/200)
吉田城へ
吉田城
2024年2月4日
公園内から見るよりは、川の反対側より俯瞰してみた方がいいと思う。
(57/200)
山中城
2024年2月20日
静岡最後の100名城
あいにくの濃霧で、富士山や駿河湾を見ることはできなかったが、
珍しい障子堀など必見です。
スタンプは24時間押せますが、バスの時間が律速になる。
(58/200)
長篠城
2024年3月10日
愛知の残りの城廻
午前中、長篠設楽原を散策。
武田本陣、徳川本陣、織田本陣と廻り、配置を見てみると、
教科書とかで思っていたのとは、異なる気づきを得れてよかったです。
(59/200)
古宮城へ
古宮城
2024年3月10日
バスで、訪問。
時間的に本数が少ないので、基本的に、3時間以上は滞在時間がある。
(スタンプだけで、折り返しのバスに走って乗っている人もいるが、歴史館でのアンケートを書いて受付の人に出してもらうスタイルなので、他の登城者への配慮も忘れずにしてもらったほうがいい)

近くの亀山城跡などもまわった。
道の駅のフランクは絶品です。
(60/200)
鶴ヶ岡城
2024年3月23日
南東北の残りと日本海側南下の旅 1日目
城跡自体は、神社で、平城
(61/200)
村上城へ
村上城
2024年3月23日
しっかりとした石垣が残り、日本海を一望できる天守でした。
(62/200)
新発田城へ
新発田城
2024年3月23日
雨が降る中、駅から徒歩で移動。
門と石垣のバランスが美しかったです。
(63/200)
会津若松へ移動
向羽黒山城
2024年3月24日
二日目で福島の残り3城を廻る。
冬季期間で、車道は通行止めで、前日の雨のため、足元が悪すぎたため、馬頭観音跡の散策をして終わった。
夏場に再訪して、本丸跡まで行きたい。
(64/200)
鶴ヶ岡城へ
会津若松城
2024年3月24日
立派なお城...
天守閣は、資料が多くて見応えあり。
(65/200)
白河小峰城へ
白河小峰城
2024年3月24日
今回の旅で最後のお城
石垣といい、広い公園といい、憩いの場として素晴らしかった。
再訪したい。
(66/200)
新高山城
2024年4月5日
山陽本線の城めぐり1
こじんまりとしているが、しっかりとした山道を30分歩く。
向かいの高山城まで行くなら、足腰が強くないとだめですね。
僕は、新高山の上から見ることで満足。
(67/200)
三原城へ
三原城
2024年4月5日
駅直結で、本丸と周りの堀が残ってます。
本丸からは、しっかりと新幹線の見送りができる。
(68/200)
福山城へ
福山城
2024年4月5日
何度目かの来城ですが、電車からは初めてで、駐車場からは、黒が基調のお城だが、
線路側は、真っ白なので、不思議な雰囲気がある。
天守の外観復元も終わり、美しい城でした。
(69/200)
岡山城へ
岡山城
2024年4月5日
岡山出身ながら、初めての登城。
すごく美しくて、天守内の資料の多さも良き良き。
(70/200)
備中高松城へ
備中高松城
2024年4月5日
山陽本線の旅1の5城目、本日ラスト
(ここは、厳密には山陽本線沿いではないけど)
水攻め後の跡の配置がわかる公園になっているが、
実際に行ってみると、水に沈む地形にはなっているなと。。
(71/200)
鬼ノ城
2024年4月6日
帰省ついでに、昔登城していたところに参る。
いつも、外周を回るルートで散策をしていたので、内側の湿地を経由して、西門へ戻ることにした。
立地の良さからの見栄えは、抜群で、この時期は、周囲の山桜が点々と咲いているので、ウォーキングするのに抜群である。
なお、車での登城は、すれ違いポイントで、待つことのできない人もいるので、時間帯には、注意した方がいい。
9:00より前に駐車場まで上がれば、行きはすれ違いが少ないはず。
(72/200)
備中松山城へ
備中松山城
2024年4月6日
5年ぶりの登城
有名な山城だが、シャトルバス降り場のふいご峠からの山登りは、キツすぎることはない塩梅です。
周囲の自然もよく、環境の良いお城です。
(73/200)
赤穂城
2024年4月8日
仕事でお昼に神戸へと向かうので、午前中山陽本線沿いのお城を巡る。
時間的に散策しか出来なかったが、いしがきといいt、お庭といい、
綺麗な城跡でした。
(74/200)
明石城へ
明石城
2024年4月8日
順番的には、姫路城に寄りたかったが、時間が無さすぎるため、
駅チカの明石城に赴いた。
建物は少なく、大きな公園というイメージだったが、
立派な石垣で、散策が楽しかったです。
山陽新幹線の止まる駅のお城は、どこも素晴らしいです。
(75/200)
春日山城
2024年5月4日
甲信越の残りを攻略する旅の1日目
新潟コース

春日山駅から歩いて登城したが、三の丸までしっかり舗装されているので、歩きやすかったです。
遠景も、構造も良かったです。
(76/200)
高田城へ
高田城
2024年5月4日
新潟part2の二城目。
平地に作られたお城で、本丸跡には学校が入っている。
外掘りと、背景の雪がかかった山の景色が素晴らしかった。
(77/200)
鮫ヶ尾城へ
鮫ケ尾城
2024年5月4日
新潟最後のお城で、北赤井駅から歩いて登城。
朝に春日山を登った疲れもあり、大変だった。
標高以上に登った気がした。
ルートは正面ルートより、東ルートで上がる人が多いみたいです。
(78/200)
次は長野の北の方を攻めるため、長野駅へ
松代城
2024年5月5日
先日の新潟から長野4城を巡る1日に。
長野駅から、バスで川中島古戦場に向かい、公園を散策。
その後、松代城へ向かい、8:30くらいから散策していると、40分ごろには開門をしていただいたので、内側も満喫。
真田邸も9:00-だけど、スタンプはその前から外のテントに設置されていました。
9:00ちょうどに真田邸に入って、9:30のバスで長野駅へ向かう。(パスケースを落として、今日のルートを探し直したりして、3時間予定が狂ってしまった。。)
(79/200)
上田城へ
上田城
2024年5月5日
長野本日2城目。
トラブルもあり、滞在時間が30分しか取れなかったため、全体を散策するにとどまった。
二の丸周りの外堀より、本丸周りの内堀の創りが個人t系には好みでした。
(80/200)
小諸城へ
小諸城
2024年5月5日
上田城から
小諸城は、動物園や児童遊園地もあり、家族連れが来るには、非常に良さそうでした。
平地にあるのですが、城内の堀は、火山灰の地層で、自然に削られた深い谷になっており、天然の要塞になっています。
雰囲気もよきです。
(81/200)
龍岡城へ
龍岡城
2024年5月5日
甲信越最後のお城。
駅から15~20分くらいで歩いて着きます。
小さな五稜郭作りで、中は小学校の跡地?なので、輪郭部分を内側を散策するぐらいです。
ちなみに、この辺りが、日本で海から一番遠い地点みたいです。
(82/200)
弘前城
2024年5月18日
北東北の旅part1
8:00から、公園を散策。
本丸は再建中でしたが、堀や櫓など、揃っており、いいお城でした。
また岩木山が、ずい所に見ることが出来、凄く映ていました。

(83/200)
浪岡城へ
浪岡城
2024年5月18日
弘前城から、中世の館でスタンプを押しましたが、浪岡城案内所や浪岡駅にもあります。
建物は残っていませんが、遺構はわかりやすく、何も無い分スケールがわかって良かったです。
こちらも岩木山がよき。
(84/200)
この後、陸奥の灯台に行って、深夜のフェリーで、函館4城攻略へ。
五稜郭
2024年5月19日
青森から渡り、函館1城目。
朝5時から全体を散策。
建物は空いていないため、40分もあれば、全体をゆっくり見ていける。
(85/200)
志苔館へ、バス待ち。
志苔館
2024年5月19日
五稜郭からバスで登城。
こじんまりとした囲いです。
(86/200)
レンタカーを借りて、松前城へ
松前城
2024年5月19日
すごく整ってはいるのですが、、、
個人的には、大手門は好き。
(87/200)
勝山城へ
上ノ国勝山館
2024年5月19日
函館最後の城。
上ノ国自体が、面白い地形をしていて気持ちよく。
勝山城の遺構もすばらしかったです。
(88/200)
九戸城
2024年6月1日
北東北残りを埋める旅(チャシを除く)
本日は、岩手と根城を回る。
朝8:00から城内をうろうろ。
しっかりとした土塁に、本丸付近に石垣があり、チグハグした感じがあったが、
埋蔵文化センターで歴史を知って満足。
九戸政実の男前の動画をみて、根城へ向かう。
(89/200)
根城
2024年6月1日
九戸城から、銀河鉄道のフリーパスを使い、来城。
(目時駅までなので、そこから八戸駅分を改札で支払う。盛岡から往復だったので、県外の人にはすごいお得)
一戸から九戸までは、牧場をさし、ナンバリングされているとのこと。
立てこもる時のために、実のなる木を植えているみたい。
(90/200)
盛岡城へ
盛岡城
2024年6月1日
本日最後の盛岡城
石垣は立派です。
現在の公園感がすごい。
(91/200)
秋田へ、レンタカーでむかう。
脇本城
2024年6月2日
秋田3城を巡り、チャシ以外の東北を回り切る予定。
朝5時台に到着して、案内所のプレハブ前に車を停める。
広い台地となっており、日本海や城下町の方が一望できる。
(92/200)
門前大滝、入道崎灯台と男鹿半島を満喫して、秋田城へ
秋田城
2024年6月2日
10:30ぐらいに男鹿半島から移動できた。
宮城の多賀城のような古代のお城なので、戦国時代のお城とは違い政庁の雰囲気が楽しめる。
この時代の水洗トイレを構築しているところも、おもしろい。
(93/200)
久保田城へ
久保田城
2024年6月2日
北東北最後のお城。
5年ぶりの来城で、当時は、城址の公園ぐらいの認識で廻っていたので、あまりいい印象ではなかったが、
色々を100名城を廻ってみでから、再訪すると、いいところに気づくことができた。
(94/200)
盛岡まで戻って、レンタカーを返却し、100名城にちなんで、わんこそばを100まで食べて、帰京した。
和歌山城
2024年6月23日
北兵庫を計画していたが、梅雨で雨が続いている予報なので、平城を中心に廻ることにした。
「うみまち39きっぷ」でなんばから和歌山市駅へ、
和歌山城は、お城見学の必要な要素が揃っており、さすが紀州の名門って感じがした。
歴史館のムービーもよく、侘び寂びの効いたいいお城でした。
(95/200)
岸和田城へ
岸和田城
2024年6月23日
うみまち39きっぷで、和歌山城から、
人身事故でダイヤが乱れて、予定が大幅に崩れるかと思ったが、
なんとか再開されて問題なく回れた。
お城のバランスは良いが、、、
(96/200)
洲本城へ
洲本城
2024年6月23日
南海うみまち39きっぷの旅、本日ラスト。
この切符はフェリーの往復がついてるので、14:40深日港からフェリーで洲本に、帰りは18:55発。

天守は階段が外されてるので、少し寂しい感じだが、
山の上に、たくさんの石垣を築いており、楽しい探索ができた。
所々、通行止めがあったのと、雨のため、コンクリの道が滑りやすかった。
(97/200)
千早城
2024年6月24日
100名城としては、ちょうど折り返し。
7ヶ月弱かかったが、ここからはもっとかかるだろう。
朝一で表参道の階段を上がって本丸まで、15分くらいで着いた。
見取り図的には、もう少し奥が本丸っぽいけど、神社の管轄で入るべからず。
裏参道を通って、山の豆腐へ。
8:30くらいだったけど、スタンプは既に設置されていた。
ただ、平日はバスが9:50発なので、ゆっくり休憩した。
(98/200)
二条城
2024年6月26日
小学生の時の修学旅行以来、
子供の時は、廊下のイメージしか記憶になかったが、堀や庭園は本当に素晴らしかった。
ちなみに、スタンプは無料休憩所ですが、入口付近のお土産ショップなので、奥の方の休憩所には無いです。
順路で、お帰りの際に押せます。
(99/200)
芥山川城のスタンプを押して、大阪城へ
芥川山城
2024年6月26日
スケジュールの都合で、観光案内所でスタンプのみ、次は日が高くなる前に登城しよう。
(100/200)
大阪城へ
大阪城
2024年6月26日
小学生の修学旅行以来。
こちらも遠くから見ることはそれなりにあったけど、
いざ公園内を歩いてみると、広い広い。
石垣も天守も最高でした。
200城の半分になったが、今日廻った二条城と大阪城が、なんだかんだで、個人的No.1,2です。
(101/200)
飯盛城へ
飯盛城
2024年6月26日
大阪最後。
野崎城まで登って、山頂は諦めた。
ここも宿題に。
歴史館でハイキングマップが置かれてなかったので、事前に印刷したり、用意しておいた方が良いかも。
ルートが複数あるのと、野崎観音からのルートがgoogleマップでは適切ではなかった。
(102/200)
徳島城
2024年6月29日
四国編〜徳島・香川〜
朝6時から、散策開始。
石垣の作りが面白く、徳島の広い平野を見渡せる趣のある城跡でした。
スタンプは、一宮城の帰りによって押す。
(103/200)
一宮城へ
一宮城
2024年6月29日
徳島城から朝6:50のバスに乗って、登城しました。
登山口から本丸跡には、15分くらいで辿り着きましたが、
陰滝とかを周って下るときは、案内看板が、少しわかりにくく、違うルートを通ったかもしれません。
雨の後で、足元が汚れましたが、楽しいハイキングコースでした。
本丸の石垣は好みです。
(104/200)
勝瑞城へ(徳島駅まで戻って、徳島城スタンプを押して、バスで移動)
勝瑞城
2024年6月29日
徳島三城目、10:30には、三城回れました。
室町時代の城跡で、堀跡や濠が見られます。
(105/200)
引田城へ
引田城
2024年6月29日
徳島から引き続き香川へ。
勝瑞から、特急うずしおで、12:00から登山開始。
本丸跡には、登山ノートが置かれていて、天守台跡からの瀬戸内海は絶景でした。
その後、北二の丸まで行きましたが、石垣は補修中でした。
電車の都合もあり、小走りで、引田駅まで戻りました。(12:40に下山完了。本丸との往復なら、20~30分ほどで往復できるので、どのくらいゆっくりできるかはそこから予定を立ててもらえればいいかと)
(106/200)
高松城へ
高松城
2024年6月29日
香川二城目。
平城なので、のんびり散策できます。
(107/200)
丸亀城へ
丸亀城
2024年6月29日
香川三城目。15:00に丸亀駅へ到着。
電車からも存在感のある石垣で、遠くから映える石垣です。
ただ、階段じゃ無く、坂道なのですが、単調な坂を登るのは、、、
丸亀の街や山を見渡せるのは気持ちよかったです。
(讃岐富士という別名のある山でしたが、見てて楽しかったです。)
(108/200)
松阪城
2024年7月6日
三重
後で
(109/200)
田丸城へ
田丸城
2024年7月6日
(110/200)
多気北畑氏館へ

後で
多気北畠氏城館
2024年7月6日
(111/200)
宇陀松山城へ

後で
宇陀松山城
2024年7月6日
(112/200)
伊賀上野城へ

後で
伊賀上野城
2024年7月6日
(113/200)
高取城へ

後で
高取城
2024年7月6日
(114/200)
1日目修了


後で
赤木城
2024年7月7日
(115/200)
新宮城へ

後で
新宮城
2024年7月7日
(116/200)
津城へ

後で
津城
2024年7月7日
(117/200)
三重南紀旅修了

後で