トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID11866
名前キモタカ
コメント歴史が好きで城めぐりを行うようになりました。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
松本城
2019年4月12日
百名城スタンプラリーはこの城から始めたので、ひときわ感慨深い。
今まで何度も訪問しているが、最近は朝一番に行っても、
外国人観光客の団体で平日も天守に入るには待たねばならず、
人気の高さが伺える。
彦根城
2021年4月21日
写真より現物の天守は遙かに小ぶりな印象であるが、破風の多さは素晴らしいものがある。
天守としては自分が見た今までのどの城よりも風情が感じられ、非常に好きな城の一つである。
大阪城
2021年6月24日
濠の大きさや石垣の素晴らしさなど、江戸城以前の城としては非常に素晴らしいものがある。やはりこの城は大阪の人から非常に愛されていることがわかる。
姫路城
2021年6月28日
言わずと知れた日本最大の現存の城であり、外国人観光客も非常に多く大変混雑していた。
この城はやはり西の丸からの眺めが一番美しい。
松江城
2022年7月30日
国宝に指定されたのが最も遅い城であるが、何故指定が遅れたのか非常に不思議である。
この城はやはり壮大な天守が最高の見所であり、その形状の美しさや力強さは姫路城や彦根城に劣らないものと感じる。
明石城
2022年9月7日
この白の見所はやはり櫓である。敷地もかなり広大であるが、敷地内に野球場があるなど都市化かなり進んでいる。
二条城
2022年9月22日
記念すべき自分の誕生日に登城することができた。
中学以来数十年ぶりの訪問であるが、非常に懐かしく感じた。
赤穂城
2022年9月27日
小学校以来、数十年ぶりに訪問した。昔と比較し整備が進み、綺麗な城となっていた。
ただ、城の周りは人も少なく過疎化進んでいるのが窺える。
水戸城
2022年10月9日
復元された大手門や二の丸角櫓が立派な城。
御三家の城としては質素だが、江戸定府ということを考えると理解できる。
名古屋城
2022年10月29日
スタンプを押すために二回目の訪問であったが、天守閣に入る事ができず
非常に残念であった。
新しく復元された本丸御殿は非常に華美な印象で、近くの商店通りとも併せ、
この城はもはや観光地という印象であった。
岐阜城
2022年10月30日
今回はロープウェイに乗って登城したが、ロープウェイを降りてから
天守まで非常にきつく感じられ、体力の衰えを実感した。
コロナ禍ではあったが人も大変多く、岐阜城の人気の高さが伺えた。
脇本城
2022年12月6日
城と言うよりむしろ古代の国府というのがぴったりで遺構である。
他にほとんど訪問者もおらず、非常に寂しく感じた。
盛岡城
2022年12月8日
一部工事中であったが、石垣が立派な城。
建造物が残っていないのが残念。
岡山城
2023年1月6日
小学校時代岡山に住んでいたため、何度も訪れていたが、当時は無論スタンプなど無く、
そのため久しぶりに訪問した。
昔は天守の外観には金の飾りは無かったと思うが、綺麗に修理されたようである。
岡山城の独特な形状は昔から非常美しいと思う。
福山城
2023年1月6日
駅のそばにこのような巨大な天守があるのも珍しい。
またかつての鉄板張りも再現されていて、整備にお金をかけている事が良くわかる。
広島城
2023年1月7日
一見木造と見間違うような外観でるが、天守前の入り口は思ったより狭く、
何故か観光地化された城のように感じ不思議に思った。
戦争で破壊される前もそうであったたのだろうか?
岩国城
2023年1月7日
錦帯橋が近くにあるせいか。外国人観光客の姿が多く見受けられた。
天守は復興されたものであるが、他に見ない独特の形状をしている。
高松城
2023年2月23日
海城として有名な城であるが、都市化が進んだせいかあまりそのように感じられなかった。
水戸徳川家の御連枝の城でもあるが、本家の城より壮大に感じるのは、生駒氏時代の城を改修したからであろうか?
丸亀城
2023年2月23日
この城はやはり石垣が最大の見所である。
もちろん現存天守が残る由緒ある城であるが、
天守自体は櫓のような感じで正直あまり感動は無かった。
ただ城郭としてはとても五万石の城とは思えないほど壮大である。
小田原城
2023年5月2日
二回目の登城であるが、やはり神奈川在住者としては
天守の存在は大きい.
またこの天守は広島城天守より大きいと館内に展示があったが、
広島城の方が遙かに大きく見えるのは目の錯覚か?
和歌山城
2023年7月12日
徳川御三家の城しては名古屋城と比べると規模は小さいが、やはり立派な城である。
この城も空襲で多くの建造物が失われたことが非常に惜しい。
高遠城
2023年10月25日
平日に訪問したが、ほとんど人もおらず閑散としていた。
ほぼ店も閉まっており、やはり桜祭りが来ないと賑わうこともないのであろう。
高島城
2023年10月25日
由緒ある城ではあるが、いかにも観光用に復元した様な趣である。
城郭としても非常に小さく、復興天守のみが見所でちょっと残念であった。
上田城
2023年10月26日
仕事の関係で何度も近くを通っていたが、スタンプを押すために
改めて訪問。櫓などの遺構が残り、かつての真田氏が徳川軍を撃退した事を考えると
非常に興味深い。
小諸城
2023年10月27日
大手門や三之門が見事に残る風情のある城。
敷地内には有名な蕎麦屋もあり。かつて渥美清さんが訪れた時の
写真が飾ってあったのが興味深かった。
犬山城
2023年10月30日
国宝天守以外の建造物がほとんど残っていないため、その点は寂しいものがある。
この城はやはり木曽川とセットで見るのが美しい。
犬山駅までの通りに新しい店も多く出ていて、若い人もかなり訪れていた。
江戸城
2023年11月1日
日本史上最大の城なので、徒歩で見て回るのはかなり大変。
今の時期なのでとにかく外国人観光客が多かった。
伊賀上野城
2023年11月28日
この城はやはり石垣が最大の見所であり、壕を通して見ると非常に壮大なものである。
天守の周りで何故か自衛隊員が樹木の整備をしていたのが不思議に感じた。
松阪城
2023年11月28日
名将と言われた蒲生氏郷が築いた城だけに、石垣が素晴らしい城であった。
岩村城
2023年11月29日
かなり本格的な山城であるが、平日にもかかわらず結構年配の方が
登っていたのには驚いた。途中の山道では熊の出そうな雰囲気もあり、
熊よけの鈴を着けた人も歩いていて、自分の準備不足を思い知らされた。
岡崎城
2023年11月29日
NHKの大河ドラマ館が臨時に設置され、多くの観光客がいた。
城近くのホテルに宿泊したが、飲食店やコンビニが近くになく、ちょっと不便に感じた。
長篠城
2023年11月29日
朝9時頃訪問したところ、地元の中学生が別の学校の生徒に、
紙芝居のような資料で説明をしている会に出くわした。
往事の長篠の合戦を一生懸命勉強しているようで、非常に興味深かった。
小机城
2023年11月29日
横浜在住者としては家から最も近い城である。
住宅地の中にあり、公園として整備されているようだが
ほとんど訪問者もおらず寂しいものがあった。
高天神城
2023年11月29日
典型的な山城であり、登るのも自分にとっては非常にきつかった。
他に訪れている人もほとんど無く、寂れたような印象であった。
駿府城
2023年11月30日
晩年徳川家康が過ごした城でもあり広大な城である。
未だ天守台の発掘が進められていたのが印象的であった。
また復元された櫓内が展示館となっており、庭園も備わって
非常に見所の多い城である。
掛川城
2023年11月30日
復興された天守は鉄筋ではなく木造であえい、地元の人の寄付で建てられたのが、
この城が地元か愛されていた事を示している。
全国でも数少ない現存の御殿も勿論見所の一つである。
山中城
2023年12月1日
山城ではあるがかなり整備されていて、見て回るのもそんなにきつくは感じなかった。
平日であったため人も少なく、ゆっくり見て回る事ができた。
八王子城
2023年12月6日
この城の本丸まで行き着くにはやはり体力の衰えを感じる。
外国人の青年が一人でガイダンス施設を見て質問していたのには驚いた。
武田氏館
2023年12月6日
近世城郭というよりやはり中世の館という感が強い。
敷地の裏側を近くに住んでいる方なのか、発掘中であったのが印象深かった。
甲府城
2023年12月6日
往事の規模からだいぶ縮小されたとの事だが、やはり一時徳川家が
管理していた事を考えると、壕など見事な遺構がが残っている。
松代城
2023年12月6日
復元された太鼓門や天守台が見所であるが、かつて真田氏が支配していた
往事が偲ばれる城である。
鉢形城
2023年12月13日
北条氏の支城であるが、とにかく広大な城。
ボランティアの方が学生(中学生?)を案内していた。
川越城
2023年12月13日
本丸御殿はかつての規模からだいぶ縮小されたようだが、
玄関前の屋根などはやはり素晴らしい。
石垣山城
2024年1月11日
秀吉の一夜城として有名な城であるが、やはりこの城の見所は井戸郭だと思う。
ただ小田原市街を見渡せる景色も素晴らしく、ここから多くの人が初日の出を
拝むのもよく理解できる。