トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID11634
名前おぎんこ
コメントゆっくりペースで登城します。がんばります。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
郡上八幡城
2018年4月29日
スタンプラリー1城目です。観光列車「ながら」に乗って来ました。城から各方向の街々が見下ろせて良かったです。
佐倉城
2018年5月1日
広いです。歴搏も必見です。
吉田城
2018年5月6日
後ろの豊川へおりると石垣がそびえ立ちかっこいい
名古屋城
2018年9月13日
スタンプのインクがべちょべちょに押せてしまい涙
長篠城
2018年9月23日
土塁がよく残り見事です
高取城
2018年10月21日
明日香村に宿泊し朝7時壺阪山駅から登山いや登城開始。ほんとにミニ登山です。途中はるか遠くあべのハルカスが見えたり、一升坂では無理無理と思いながら、石垣が見えてきたらテンション上がります。帰りは壺阪寺へ出てバスです。
多気北畠氏城館
2018年11月10日
名松線が全線開通して、伊勢奥津駅から紅葉シーズンの臨時バスで行ったような記憶です。館跡は小さいけど風情があります。霧山城に登りましたが道が細く迷いそうでした。
久留米城
2023年1月26日
筑後川の眺めが雄大でした。石垣が高く迫力ありました。
明石城
2023年3月29日
地元の人に大事にされているお城だと思います。淡路島が目の前にあって、明石城の後、五色塚古墳に行きましたが、古墳時代から交通の要所で、明石海峡を通る船への威厳はすごい所だと感じました。本丸の裏側?の高低差と石垣がとても大きかったです。
美濃金山城
2023年4月2日
桜がとてもきれいでした。戦国山城ミュージアムが勉強になります。木曽川での物流の要所だった事がわかりました。
高遠城
2023年4月4日
天下一の桜を狙って行きました。最高の桜でした。桜と人と出店に目を奪われて、同じ場所をグルグル回り、堀や曲輪があまりわからなかったのが残念。名古屋から高速バスで往復。ほぼ満席でした。長野県の100・続100名城を全登城。
安土城
2023年5月3日
安土駅でレンタサイクルで安土城へ。秀吉と前田の屋敷跡へ寄り、天主までひたすら登ります。石垣だけでも当時の安土城の様子を想像して楽しめます。天主の裏のちょっと高い場所から眺める下界は気持ち良かった。お茶を飲み一休みにちょうどいいです。
土浦城
2023年5月12日
土浦駅から10分くらい歩いて到着します。ぽちぽち人がいました。博物館が休みなのであまり知識を得られませんでした。亀のオブジェが広場?のあちこちにあります。
志苔館
2023年7月14日
函館空港に到着し、早速タクシーで寄りました。ちょうど草刈りをされていて、きれいな姿が見られました。対岸の下北半島や函館山がよく見えて、さわやかな風が気持ちよくさすが北海道です。ぼちぼち登城者がいました。帰りは歩いて空港まで戻りましたが、滑走路の下の道は抜け道のようでけっこう車が通ります。
松前城
2023年7月16日
函館は曇りなのに松前は雨で道南の最南端だとわかります。天気が良かったら津軽半島まで見えたと思うと残念ですが、海がすぐの高台で本州からの往来が見渡せる立地です。松前藩屋敷にも行きましたが完全に和人の江戸時代の町並みで、驚きました。寒い中での和人の暮らしの工夫と、アイヌや北方民族との交易について説明が欲しかったです。天守は国宝だったのに昭和24年に火事で燃えてしまったのは非常に残念です。
五稜郭
2023年7月17日
五稜郭タワーの上からの眺めが必須です。
ガイドさんの話だと入口の反対側の石垣の石は川原石を使っているので丸いのと、大正時代に市民に開放されて中に何があるのかと期待して入ったら何もなくてがっかりだったとのお話が面白かった。
赤穂城
2023年9月9日
9~10日と本丸庭園無料公開で多くの人が訪れていましたが、同行の父の足が悪くあまり歩けないので、大石神社の参拝だけでやっとでした。大手門から入り長屋門でスタンプを押してそこから大石神社への行き方がわからず、結局人に聞いて長屋門から先に少し行けば入口がありましたが、案内の標識がなく非常に迷いました。大石神社の駐車場から見える本丸の石垣がとても広く、また歴史博物館へも行けなかったのでまた訪れる事ができると良いです。播州赤穂駅のショッピングセンターで食べた冷たい塩ラーメンがあっさりした和風塩味?なスープでとても美味しかったです。和菓子もみな塩味で美味しく、塩押しな町です。