トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID11111
名前hiro
コメント
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
川越城
2020年10月6日
【1城目】
前回川越に行った時は、街並みを散策しながら最後に川越城…の予定だったが、彼女の体力が途中で限界を迎えたため、川越城行きは断念。
前回の教訓を生かし、今回はバスで最初に川越城に行き、駅までの帰り道を歩きながら、街並みを散策の予定。

7:00前に出発。平日ではあるものの、下り電車のためか通勤ラッシュとまではいかず、2人とも座れて体力温存。
川越駅9:05発の東武バスで「札の辻」下車。少し歩いて念願の川越城!
川越観光局が撮影に来ており、邪魔をしないようにコソコソ。撮影が終わってからユックリ見学しました。
富士見櫓跡、中ノ門堀跡と回り喜多院へ…ん?!閉まってる?!
看板に「中に入れるのは15:30まで」と。現在15:34…川越にまた来いってことですね、ハイ。

19:30に帰宅。歩数計を確認すると、21211歩…彼女よ、また歩かせすぎた。ゴメン。
小田原城
2021年1月2日
【2城目】
三密を避けるべく移動は車で。人の少ない朝イチを狙って7:30に出発。
高速道路も空いており、開城前に到着。

小田原城には何度も来ているが、最後に来たのは2019年の北條五代祭りだったな。
北条氏政に扮した高嶋政伸さんが馬上から手を振って、沿道も人で賑わい、コロナなんか無くて平和だった頃…。

今日は人も疎らな小田原城。馬出門からユックリ散策し、遺構を堪能。天守内も静寂しており、展示物や解説板を熟読。好天にも恵まれ、天守からの眺めも最高。
天守内だけでも2時間半…堪能しました。

人の声が聞こえだしたので、天守からは退散。
二の丸の早咲きの梅や蝋梅もキレイだったな。

街中で蒲鉾を購入し、石垣山城へ。
ホントは徒歩で行きたかったんだけど、今回は車で…。
石垣山城
2021年1月2日
《1城目》
結構な坂道を車で登る。途中、女性2人組が徒歩で向かっているのを抜いた際、助手席の彼女が「大変そぉ」と呟く。
「歩いて行こうと思ってた」などとは、口が裂けても言えず…。

到着すると、駐車場にはヨロイヅカファームの客のものらしき車が多数。
ケーキとシュークリーム、横にある産直のお店で原木椎茸と御城印を購入。車内で、彼女にケーキとシュークリームを食してもらい、疲弊した体力の回復を図る。
で、いざ石垣山城へ。

野面積の石垣がすごい!井戸曲輪の石垣は圧巻!
本丸展望台で、今来た小田原城を確認。一夜城とはいうものの、実際には約4万人の動員数で82日かけての築城と知り、マンパワーのすごさに驚愕…。

小田原城と合わせて14573歩。お疲れさまでした。
小机城
2021年5月2日
《2城目》
ヤブ蚊攻撃を避けるべく、夏が来る前に…との思いで出発。
JR横浜線小机駅。小机城址のある北口とは逆の南口へ向かい、横浜市城郷小机地区センターへ。

スタンプとパンフレットをいただき、小机城までのんびり散歩。大都会横浜のイメージとは程遠く、畑の中の住宅街といった感じ。
住宅地の中の竹林に到着したところで、電柱の看板が「小机城はここ」と教えてくれる。
一見竹林だが、遺構はしっかりと残っており、空堀の中も歩くことが出来る。
自分は遺構を、彼女は植物や昆虫を観察しながら2時間ほど小机城を堪能。
この日はなぜか、二の丸広場にだけ蝶が多く、クロアゲハやアオスジアゲハ等が乱れ飛び。「お弁当は蝶を見ながら」と、二の丸広場のベンチに座り、お稲荷さんをいただく。

帰りは横浜スタジアムを通り、新横浜駅まで歩いて帰宅。
17958歩。清々しい陽気で、彼女からは歩数ほどの疲労感も見られず、良い1日でした。
滝山城
2021年11月21日
《3城目》
彼女が「友達と遊んでくる」と出掛けたため、一緒じゃ行きづらい山城へ。

JR八王子駅からバスで滝山城址下で下車。八王子加住市民センターに行き、資料をいただく。
「すべての市民に知ってほしい」と謳っているだけあって「マンガでわかる滝山城」なんて、子どもから大人にまで周知してもらおうって力の入れようがうかがえる。
そういえば、町のあちこちに「滝山城は500歳」って幟があったっけ。

「滝山城城攻めマップ」を手に進む。天野坂こそthe登山だが、そこを越えると緩やかな勾配。遺構もしっかり残っており、山の神曲輪や中の丸からの眺めも良し。紅葉も良し。
じっくり4時間ほど堪能して滝山城を後に。

んんん?八王子駅付近はお祭り?ってぐらい屋台が並んで人だかり…どうやら今日は酉の市らしい。
人混みかき分け帰宅。本日は17046歩で終了。
高天神城
2021年11月28日
《4城目》
遅い夏休みがとれたので、浜名湖周辺2泊3日の旅行。

ホテルを7:30に出発。
南口駐車場に車を停め、三の丸、本丸へ。
天候にも恵まれ、正面には富士山。眺望最高。
三日月井戸の金魚(?)に癒され、搦手門への坂を下る下る…「下るってことは、またこの道上るんだよね?」と不安そうな彼女だったが「よし!行くか!」と、覚悟を決めた模様。
途中、見事な断層を拝み歴史を感じる。
高天神社、馬場平と…隈なく4時間。高天神城を堪能。

旅のスイッチで御城印と資料をいただき、本日終了。
14542歩…彼女の膝が笑う。明日は筋肉痛確定。
掛川花鳥園、大丈夫かな?
八王子城
2022年4月17日
【3城目】
彼女が「友達と遊びに行ってくる」…ということで、1人山城へ。八王子城は2度目の登城。
高尾駅からバスにて向かい、10分程で到着。曇天ではあるが、程よい風と鶯の鳴き声が心地よい。

前回同様、先ずは北条氏照公と家臣の墓参りへ。
その後、ガイダンス施設でスタンプと資料をいただき、予習。(復習か?)
御主殿跡→御主殿の滝で合掌。
さて、本丸を目指しますか。確か高尾山よりキツかったような…過去の記憶が蘇るも、ここまで来たからには行かない理由がないでしょう。
過去の記憶通り、なかなかな登山で、1人で来てよかったと安堵。本丸手前で八王子が一望出来るポイントがあり「雲は厚いが眺めは最高」と、景色を楽しむ。
本丸に到着し、なかなか大変だったなぁと感慨に浸っていると、松木曲輪からキャッキャと賑やかな声が…大勢の園児が弁当食べてる。君たちも登ったのか凄いなぁ…と、自分も一緒に筍ご飯のオニギリを食す。

桑都日本遺産センター八王子博物館で、今日の写真と滝山城の写真を見せ御城印を購入。
19176歩。そこまでの疲労感なく、良い気分転換になりました。
忍城
2022年5月1日
《5城目》
「のぼうの城」で予習をした影響か、野村萬斎さんの色濃いお城のイメージ。
前日の、あしかがフラワーパークの余韻を残したまま忍城へ。

まず、行田市郷土博物館でスタンプをいただき、忍城と行田市のお勉強。御三階櫓から「忍城おもてなし隊」のパフォーマンスも拝見。
土塁、石垣、水堀…その後、街並みを散策。あちこちに忍城史跡碑が立っており、歴史を感じさせる。
途中、ポツポツ雨が降ってきたため、次目的地の崎玉古墳群へ車を走らせる。むしろ彼女の目的は忍城ではなくこちら。
本格的な雨になり、芝生で靴をグチャグチャに濡らしながら、9つの古墳見学コンプリート。将軍山古墳展示館は勿論、稲荷山古墳と丸墓山古墳も登る。
丸墓山古墳からは御三階櫓が目視でき、ちょっと石田三成気分に浸る。

本日は14328歩。「ゼリーフライが食べたかったなぁ」と言うので、今回行けなかった水城公園とゼリーフライは今度また。
松代城
2022年8月12日
【4城目】
夏休み3泊4日の信州旅行。
6:00に出発。予定通り渋滞に巻き込まれ、殿町無料観光駐車場に11:30到着。
まずは空腹を満たすべく、前回同様竹風堂へ。山家定食を食し大満足。5時間半の運転疲労も解消。

松代城付近で線路跡のようなものを発見。「何だろうね?」と興味はありつつも、とりあえず割引券を使用し真田宝物館、真田邸、文武学校の3施設を回る。
以前にも来ているので復習のつもりだったが、真田宝物館の展示は初めて見るものも多く(気のせいか?)新鮮な気持ちで見学。
真田の君主はよく変わるし、また、信之の93歳という年齢もあり、登場人物や時代背景を確認しながらの見学となったため、施設見学だけで3時間以上を要し…城自体は少々駆け足気味での登城となり、閉館時間ギリギリとなってしまいました。
あ、引橋御門付近の石垣が撓んでいたのが気になったな…そのうち修繕かな…。

その後、川中島古戦場へ行く途中に、旧松代駅を発見。線路跡の謎が解消されスッキリ。
本日は車移動も多く、10035歩。お疲れさまでした。
上田城
2022年8月14日
【5城目】
2度目の登城。
真田家については一昨日の松代城で勉強済み。
先ず上田市立博物館、別館と足を進めるも…?
上田城の敷地内にあっても、市立博物館ということで仕方ないのか、真田についての資料が少なく、また展示の仕方も規則性がなく見づらいように感じる。

櫓の入り口にいる男性スタッフ(ボランティア?)は、到着したばかりで、後ろに誰も並んでいないのにもかかわらず、急かすように「早く入って」と感じが悪い。
昼飯に入った蕎麦屋の女性も、席に案内した途端に「まだメニュー決まってないの?」ときたもんだ。
みんな忙しくて疲れているんだろうけどね…。

どうしても一昨日の松代城と比較してしまうのだが、一般的な知名度も上田城>松代城だろうから、なんだか上田城の名前の上に胡坐をかいているように感じてならない。
松代城が良かっただけに、余計に上田城のガッカリ感が半端ない。

ホテルに帰ってから、徒歩で松本城のライトアップに向かい気分転換。
「松本城カッコいい!」と彼女大喜び。
本日は15348歩。明日は朝から松本城!!!
松本城
2022年8月15日
【6城目】
「ブラタモリ・松本」を3回見て予習は完璧。

8:30開門とのことで、市営開智駐車場に8:00着。昨夜のライトアップを見た興奮のまま「松本城カッコイイ!」と写真を撮っていると、彼女が「あそこに人がいるよ?」と天守を指差す。まだ8:15。「係の人じゃない?」と答えると「リュック背負ってる!早く行こ!」と、腕を引っ張られダッシュ。

???黒門開いてる!本丸に着くと人がチラホラ…そのまま天守へ。
おおお!木造!やっぱり、このミシミシ感はいいなぁ!掛川城は復元だけど、初めて行った時の掛川城の感動に似てるな!階段急だなぁ!彦根城もこんな感じだったな!…興奮冷めやらぬまま天守を出ると、入口には「待ち時間40分」と書いてある。
調べてみると、夏期時間延長期間だったようで、8:00開門とある…彼女good job!
御城印と、念願の御城印帳をget!

縄手通りから源智の井戸、かき船へとブラタモリ。途中の水路でニジマス発見!
11527歩。家に帰りたくないなぁ…楽しすぎた。
笠間城
2022年12月18日
《6城目》
9:30頃、笠間市内を車で走り笠間城を目指す。
笠間は栗が有名なようで、栗菓子や栗おこわの幟が多く見られる。「道の駅かさま」周辺は特に賑わっており「帰りに寄ろうね」と彼女。また、その付近から「テロ対策?」と思われるほど警察や警備関係者が多く、穏やかな街並みに似つかわしくない物々しい雰囲気…。

まずは歴史交流会館井筒屋で御城印とスタンプをいただく。受付の女性と談笑中に「帰りに道の駅に行く予定」と伝えたところ、顔色曇り地図を片手にバタバタ。「今日は10:00からマラソン大会があって、交通規制がかかるから…」と、規制の網にかからない道を、親切に調べてくださる。どうりで物々しい空気だったわけだ。納得。

井筒屋でいただいた地図を片手に散策。荒れた感じで、地図がないと迷子だな…。

帰りに無事「道の駅かさま」で昼食。産直で野菜を山盛り購入し、彼女大満足。
その後、水戸城へ。
水戸城
2022年12月18日
【7城目】
まず彼女の目的地、干し芋専門店大丸へ。珍しい干し芋を大量購入し、彼女大満足。
水戸城へと車を走らせる。

大手門広場の無料駐車場に停め、弘道館へ。
料金窓口でスタンプ、売店で御城印をいただく。
北風強くなり、また、弘道館の床も冷たく、足先が冷え冷えの底冷え。
売店や二の丸展示館の方からも「今日は特別寒いねぇ」と声を掛けられるほど。
とりあえず寒さ凌ぎに歩く。歩けばなかなかの見所あり、大シイの大きさに驚き、写真で馴染みの水戸第一高校内の薬医門へ。

寒さ厳しく、足早に「一通り見た」的な感じになってしまい残念。
暖かい季節に、また来ましょう。
笠間城と合わせて12423歩