トップ > 城選択 > 和歌山城

和歌山城

みなさんの登城記録

3240件の登城記録があります。
2301件目~2350件目を表示しています。

●2011年11月1日登城 太閤傾奇紋次郎さん
日付無効
●2011年10月31日登城 きなこさん
和歌山駅で降りそこからはバスで公園前(220円)下車。午前中の千早城登城の疲れと体調不良によりざっと見ただけで帰ってしまいました。まあこういう一日もあるかと・・ スタンプはチケット売り場にあり状態は良好です。
●2011年10月30日登城 和魂さん
雨が降るなか登城。スタンプはチケット売場にあります。
●2011年10月28日登城 TOM_ATAさん
名古屋からスクーターで訪問しました。(下道、日帰り)
いや〜本当に遠かったです。

城内の敷地は広く、天守閣も立派なものでした。
●2011年10月23日登城 かるれさん
イベントをしてたので、かなり賑やかでした。駅からもそんなに遠く感じなかったので行きやすいと思います。
●2011年10月21日登城 切磋琢磨さん
平成23年10月21日(金)12時33分 大天守 晴
三重天守とはいえ平山城にそびえるため見晴らしは素晴らしく、殿様気分を満喫。菱形連立式天守のユニークさも楽しめる。様式の変化で城の拡張や修復の様子がうかがえる豊臣・浅野・徳川の石垣が何と言っても見所。
【近隣温泉情報】ふくろうの湯:市内のど真ん中に位置する天然温泉。入湯料1000円と高めだがバスタオル・タオル付で七種の湯が楽しめる。炭酸水素塩強塩泉。
●2011年10月16日登城 さいばーぼぶさん
18城目

日曜日、家でくつろぐ予定でしたが、あんまりいい天気だったので、和歌山まで足を延ばしました。

和歌山駅で降りて、レンタサイクルを借りました。
電動自転車しかなく、1日500円とのこと。
レンタサイクル屋のおっちゃんが、「出て大通りを左」だというので、言われた通りに走ったら、90度間違っていて、結構な大回りをしてしまいましたが、なんとかたどり着きました。

お城の入口でスタンプゲット。入場料は400円。
お城はなかなかかっこいいんですが、鉄筋なので、中に入るとガッカリします。
二の丸公園や御橋廊下はなかなか風情があります。

お城以外も街並みを見て回ろうとしましたが、市内は大した見所もなく、仕方がないので和歌山ラーメンを食べて帰路に着きました。
●2011年10月16日登城 21右衛門さん
スタンプは相当にくたびれていました。
短い間に2人ほど、スタンプを求めていましたから捺印率も高いのでしょうかね。
●2011年10月10日登城 へっぽこかずさん
●2011年10月10日登城 ひこじろうさん
別名が、虎伏城とは、かっこいい。
●2011年10月9日登城 茶太郎2ndさん
11城目

この日の1巡目の高取城の後、急遽和歌山で用事ができたので用事を済ませた後、登城日が違うからいいだろうと思い前日に続いて登城しました。

前日は写真撮影に忙しかったので今回はじっくり回りました。本丸の北側の裏坂登り口の入り口の台所門跡の石垣の階段にあるナニコレ珍百景も見つけました。

城の見学終了後、和歌山市立博物館にて和歌山城・城下の模型を見学したり、和歌山城関係の資料を購入して翌日の1巡目の篠山城の登城のため宿泊先の篠山口駅に移動しました。
●2011年10月9日登城 HIRO&NONG-chanさん
KINKI11 2nd time. We met SAKURA at 1st visit. There is zoo.
スタンプは2度目で。銀杏を拾いました。錦鯉の品評会をやってました。
●2011年10月9日登城 備前中納言さん
家族で城郭漫遊
●2011年10月9日登城 西国大将さん
紀伊国【縄】梯郭式平山城【主】紀州徳川【遺】復興天守・櫓・現存門・石垣・堀・曲輪
●2011年10月9日登城 西国将軍さん
62
●2011年10月8日登城 茶太郎さん
82城目

東京駅から大阪駅行きの夜行バスに乗り、その後南海電鉄にて南海和歌山市駅へ移動し、バスにて公園前バス停にて下車。城の北東にある大手門から堀沿いに城外を一周してから城内に入りました。

和歌山城はそれぞれの城主時代によって石垣の積み方が異なるのでなかなか見ごたえがありました。

ゆっくり見学したかったのですが、相変わらず初登城の城は写真撮影に時間がかかりこの日も次の千早城に行くのにぎりぎりまで撮影時間がかかりました。

ただ個人的には御三家の城なのに鉄筋コンクリートで外観復元した天守群に全くの趣が感じられなっかたのが残念です。いまの建物が耐久年数がきて建て直しになったら木造で復元して欲しいです。

スタンプは天守曲輪の楠門下の券売所にて押しました。
●2011年10月7日登城 マルギミさん
18城目、初登城。鈴鹿F1観戦の途上に立ち寄る。
有料駐車場から入ったので、いきなり天守に遭遇。天守内の展示物に、弘化年間に焼失した初代の5層(?)天守に関する資料がなかったのが残念でした。
でも、ここまで石垣が立派だとは思ってなかったので、感動しました。
●2011年10月6日登城 やまみつさん
千早城を見たあとレンタカーで訪問。

近辺には有料駐車場しかない。以外にも見所は多く、広い。
石垣が好きな人でじっくり見たいのであれば、90分くらいは最低必要。
●2011年10月5日登城 あんぱんまんさん
駅から少し歩きますね。
●2011年10月2日登城 てーとくさん
紀州藩徳川家のお城、和歌山城へ行って来ました。
天守閣に行く迄の坂道ですが、安土城や小谷城に比べたらへっちゃらになってるので楽しく登りました。
お城自体はこじんまりとしてていい感じでした。
●2011年10月2日登城 黄色い木さん
街を一望できる天守閣。
●2011年10月1日登城 sdkfz70さん
31城目
高取城・千早城でガッカリしていたところに、素晴らしい縄張りの和歌山城で機嫌が回復!
3時間ぐらい見学しました。ボランティアの方が色々説明して頂いて、とても良かったです。
●2011年10月1日登城 mazさん
子供の頃ですが
●2011年9月26日登城 まーぼーさん
あいにくの雨でしたが、朝7時半にポンチョを付けて出かけました。
大手門一の橋から登城→中門跡→伏虎像→岡門口へ。戻って表坂を登り、松の丸へ。そこから天守閣入口の楠門に到着。9時前で入場できないので、天守閣をぐるりと一周して、新裏坂を下り不明門で高石垣を見物し入場口に戻って、スタンプゲット、良好でした。天守閣内を見物した後、裏坂を下って二の丸へ。お橋廊下をくぐり抜けて一度ホテルへ戻りました。

お城の北側にあるホテルの自室からお城の遠景を写真に収め、11時にホテルをチェックアウトして、再度登城。市役所14階の展望室と食堂(土日は休み)に行き、早い昼食をとりながらお城を眺めました。ホテルからとは角度が少し違う絶景を堪能しました。その後西の丸公園、追廻門を見て廻りました。

雨の為か、生き生きとした緑の苔むした石垣が随所に見られ、赤穂城の石垣とは違い、悠久の歴史の年輪を感じ、感激しました。苔むした石垣を見るのは小諸城以来。
鶴の渓あたりは年代を感じさせる石垣と森閑としたたたずまいがあり、心安らぐ場所で、表坂登り、新裏坂下り登り、裏坂下り、と雨の中を行き来する価値のあるお城でした。
●2011年9月25日登城 チビ&ななさん
初登城
●2011年9月24日登城 ◆はごろも◆さん
大阪に宿泊。朝のJR阪和線紀州路快速で和歌山へ。バスで10分公園前から入城。可もなし不可もなし。
●2011年9月24日登城 あさやんさん
和歌山の街の中だが駐車場もあり。
徳川御三家のお城のイメージでしたが、築城したのは豊臣秀長とは。
お城はかなり広く、あちこちに石垣も残されています。
●2011年9月22日登城 るすねさん
 
●2011年9月21日登城 ツテさん
JR和歌山駅からバスでお城へ向かいました。
●2011年9月20日登城 siotanさん
アクセス:JR和歌山〜徒歩。
スタンプ:本丸入り口の入場券売り場
●2011年9月19日登城 松ちゃんさん
過去に行きました。
●2011年9月18日登城 のっちさん
☆33城目☆ 大阪城→和歌山城 2泊3日関西城攻め 1日目
 スルッとKANSAIで、大阪城から地下鉄経由、なんばから南海線特急で和歌山市駅まで。途中の岸和田でだんじり祭があるため混んでいましたが、問題なく座れました。和歌山市駅からはバスで公園前まで。
 大手門から入り、無料の御橋廊下や庭園を散策、裏坂登り口に戻り、噂のナニコレ珍百景「階段を登るように見える木」を確認後、天守閣に向け登りました。時間が気になったのでこの順にしましたが、表坂からの方が楽そう。
 天守閣はスルッとで100円引き、そこでスタンプを。大天守・小天守・櫓などで連立式天守、一周できるのもいいですね。大阪を見た後でもあり、展示はもう少し手を掛けたらと思いましたが。上からは眺めが良かったです。追廻門、岡口門を見て、大手門に戻りました。
 少し歩き、和歌山ラーメンを。素朴で美味しかったです。疲れていたし、スルッとで乗れるため、バスで駅まで戻り、岸和田で降りる元気もなく、なんばに帰りました。
●2011年9月18日登城 DENVERさん
休日の為、無料で中央郵便局近くの路上(平日60分パーキング)の駐車スペースに車を止めて登城しました。本丸入り口の入場券売り場でスタンプをゲット。天守閣の展示物を見学後、城内を探索しました。
●2011年9月16日登城 クロちゃんさん
羽田発06:20の関空行の飛行機で一路関西国際空港へ!!!。
08:00のリムジンバスにて和歌山城へ(公園前下車)・・・。
登城開始時間08:45にしてうだるような暑さ!!!。
09:00の天守閣にたどり着いた時には汗でびっしょりでした。
でも!雨よりはマシ〜と気を取り直してあちこち見学!!!。
15年前に来たときは大勢だったのでサッ!と見ただけだったので
今回はじっくりと見学させて頂きました・・・。
●2011年9月15日登城 tetsuyaさん
7城目
●2011年9月14日登城 ともろーさん
和歌山の某所のすし屋で、ハーレー友達とランチ。の前に、一人で和歌山城へ。
でかいですね。廊下もなかなかよかです。
●2011年9月10日登城 らくださん
時間ギリギリでセーフ
夕焼けがきれいで天守からの眺めがよかった
●2011年9月10日登城 kazzyyさん
出張を利用し、登城。
天気がよく汗だく。
駅に荷物をロッカーに預けなかった事を後悔…
仕事カバンに一眼レフと荷物が重く、キツかった。
しかし、満足できました。
●2011年9月9日登城 saundersさん
前日に和歌山に着きましたが、夜、お城はライトアップされてきれいでした。翌日は、天気もよく登城するのに汗だくになりました。帰りは、バスで和歌山駅に行きました。
●2011年9月3日登城 yasunobu&emiさん
《登城数》24
《別    名》竹垣城・虎伏城
《天 気》雨
《混雑度》少ない
《スタンプ状態》良好
《石 垣》☆☆☆
《門・櫓》☆☆
《総 合》☆☆☆
《感 想》海上から見た様子が虎が伏したように見えることから、虎伏山と呼ばれているそうです。天守は鉄筋コンクリート造りで立派ではありましたが、味気ない感じがしました。城内は紀州徳川家の縁の展示物が飾られており改修工事の様子のビデオなどはとても面白く拝見しました。できれば、木造で再建した姿が見たかったです。
●2011年8月28日登城 蓋と城(2度目に挑戦中!)さん
岡口門の修復工事も終了していました。桃の刻印がある石垣、いつ見に来ても誰もいませんが、皆、その存在をしらないのかな?
●2011年8月28日登城 taiinさん
羽柴秀長築城、浅野幸長、紀州御三家と歴史の表舞台で活躍した城です。駐輪場に困りましたが、期待を裏切らない名城でした。帰り際、交通事故を目撃、和歌山市内の中心地に位置しているのだと再確認しました。
●2011年8月27日登城 続*越中「井波城」さん
大天守に小天守を構え
要塞化した連立式天守の威容を誇る
紀州徳川家の居城 和歌山城

再登城の目的は二つ!

平成18年に復元された
全国でも珍しい「御橋廊下」
そして一つは「珍・石垣を登る人」

2018年11月25日 四度目の登城        
●2011年8月27日登城 まりかるさん
10城目。
2回目の登城。
●2011年8月26日登城 おじさん
御三家の居城、すべて登城。

御三家の城だけに、造りが大規模であり、城郭の主な箇所が残っている。
駅前で100円の自転車を借りて、濠の周りを巡り、大手門から入る。

城内も広く、本丸までの坂を登りながら、遠くまでの景色が見渡せ、風が心地よかった。
天守郭は、復元だが、天守台石垣の周りは歩くことができ、埋門も見ることができる。

全国でも珍しい坂の渡り廊下を見忘れてしまった。
お土産販売所は、城の本を買おうとしたところ、在庫切れとのこと。
売ってないなら、見本は下げるべきでしょ…

和歌山ラーメンを食べたが、井出商店は塩っ辛く麺が伸びており今一。
ひしおは、真っ黒であったがおいしかった。
●2011年8月26日登城 クロカン野郎さん
マスターズ陸上試合の前日に登城
暑い中、淡々と歩く
スタンプ良好 和歌山ラーメンって黒いの…?
●2011年8月25日登城 ガマさん
25日は、朝方紀伊半島が大雨のようで、電車遅れ気味のため、急いで登城。天守からの紀の川の流れが素晴らしかったです。
●2011年8月20日登城 扇荘太さん
青春18きっぷで日帰り。大阪城も登城。
●2011年8月19日登城 みねさん
?荷物を電車の中に置いてきてしまいましたがかろうじてスタンプ帳は手持ちかばんに持っており・・・予定通り登城。よかった、よかった。(無事翌日荷物は帰ってきました。)
●2011年8月19日登城 なおぴんさん
100名城の登城41城目。
大阪から車で巡りました。真夏の長旅で連れ合いはバテバテでした。

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 次のページ

名城選択ページへ。