トップ > 城選択 > 臼杵城

臼杵城

みなさんの登城記録

443件の登城記録があります。
401件目~443件目を表示しています。

●2018年7月8日登城 きのさん
39城目。交流プラザでビデオ視聴。
●2018年7月6日登城 tanmさん
-
●2018年7月3日登城 tanunuさん
12城目
雨の中登城
●2018年6月29日登城 kenさん
大分からJRで約30分
見学後に雨になりました。
●2018年6月24日登城 かずさん
続登城25城目(通算125城目)
開館前に臼杵城に着き、散策した後、
開館とともにスタンプを押しました。
城下町を車で通りましたが風情のある街並みでした。
●2018年6月23日登城 たるピーさん
続4城目。
臼杵駅から歩いて10分余りで観光交流プラザへ到着。その後、城を30分程度見学し、駅へ戻りました。駅から近く大きな城でないので、鉄道の方は1時間見ておけば十分かと思います。お土産は臼杵煎餅がおすすめ。
●2018年6月21日登城 サイボーグ023さん
四国の八幡浜からフェリーで臼杵へ。
天然の要害として絵になる外観ですが
中は土塀と天守台以外は公園化して残念。
●2018年6月16日登城 GOOPY[ご〜ぴ〜]さん
続・日本100名城巡り☆15城目

綺麗に整備されていてわかりやすい
城跡でした☆
●2018年6月16日登城 リョウさん
75
●2018年6月16日登城 りこばさん
続14城目
東の玄関佐伯から30分程度で大分3つ目の臼杵へ
岩壁を上手く利用した平山城でスタ設置の観光交流プラザからのシーンは緑青映えでなかなかバエ
坂道を登城した曲輪(台地)には神社や公園あるある
上からの風景もそこそこで見所は岩壁に尽きるかな〜
次の目的地、玖珠のスタ現場の営業時間が迫り来ることも考慮しステイ15分程度
今さらだけど城って町のシンボルなんだな〜
●2018年6月9日登城 ひょうごからさんかさん
車はコープ近くの駐車場にとめて登城。
石垣が多く、大門、櫓等の遺構、海辺近くにたっていたことを想像できる岸壁もあり、
見どころが多く中々充実した散策になりました。
国崩とよばれるフランキ砲もみてきました。
●2018年6月9日登城 じろこさん
車にて。
観光交流プラザの駐車場にとめる。
入口から階段を上っていく所、門の所などとても素敵でした。観光交流プラザから見るお城も良かったです。
中ではゲートボールをされている方が大勢いらして憩いの場という感じでした。
近くには武家屋敷跡など観光スポットがありましたが、朝早かったせいかお天気が良くなかったせいか、ひっそりしていました。
●2018年6月3日登城 しげしげさん
想像していたより、城域が、広くしかも石垣も立派で、びっくりしました。大友宗麟が本拠にしたのも納得ですね。
●2018年6月1日登城 ハンクスターさん
2017年5月に登城しました。
●2018年5月27日登城 やすひろさん
無料の駐車場あります。
●2018年5月27日登城 こんちゃんおやじさん
今は本丸,ニの丸等,普通に公園化しており,訪問した時は(土曜ということもあり)地元の方が野球をしてました。よく写真などで大手門付近がクローズアップされ,(見どころ,写真撮影等)当然お勧めですが,意外と搦め手門側もお勧めだと思います。写真は敢えて搦め手門側のものです。
●2018年5月27日登城 IZAKさん
89城目 続41城目

朝から南九州より北上し、6城目。
観光交流プラザが、6時閉環のため、なんとか間に合った。

一見、岩の上に立っている様相がおもしろい。

本丸は、公園として整備されており、大友宗麟関連の碑や
国崩し(模造)などが鎮座していた。

中津城に向かう。
●2018年5月26日登城 よっしーさん
137城目
大友宗麟が臼杵湾の丹生島に築いた臼杵城。佐伯城から臼杵市観光プラザまで車で20分。スタンプは観光プラザ1階にある。ココから臼杵城はスグ。当時は海に浮かぶ要塞だったので今とは違った景色だったのだろう。石垣や堀などが残っていて、結構広い。鎧坂にあるヘビのように曲がった塀が気に入った。
●2018年5月19日登城 まさTさん
【114城目】晴れ
ご無沙汰しておりました、約9年ぶりの書込みになりますが続100名城巡りスタートです。レポートは後ほど。
●2018年5月19日登城 アキさん
大手門からの見栄えがいい。
●2018年5月19日登城 アキアキさん
31城目
●2018年5月13日登城 城攻めでござるさん
百67城、続60城
●2018年5月7日登城 つちなりさん
【臼杵城】2017年1月3日登城
九州の戦国大名大友宗麟の居城として築かれた臼杵城。この地は元々周りを海に囲まれた島で、海が天然の防御になり、島をそのまま城郭化したと思われる。周りを埋め立てた現在もその面影は十分に残っていて、島の岩の上に建築しているので、独特の形態をしている。
遺構は現存の櫓に空堀も本丸と二の丸の間に一部綺麗に残されているがあり、他に門も木造再建されていてよい風情が感じられる。
●2018年5月5日登城 KDG_1412さん
続11
●2018年5月4日登城 たけしさん
続日本100名城・5城目
●2018年5月4日登城 キンちゃんさん
続3城目
●2018年5月3日登城 しまくまさん
臼杵駅から徒歩15分くらい。平地なので楽
●2018年5月3日登城 ダーリンこしょっけさん
大分市から臼杵市へ車で向かい、スタンプは臼杵市観光交流プラザで押印しました。ゴールデンウィークで観光交流プラザでは全国の美味しいものの出店が並び、八幡浜チャンポンを食べて登城に備えました。臼杵城は3方が海に囲まれた天然の要害で、城の下から見上げる櫓の姿はとても美しく、さすがに大友宗麟が築いた城でした。臼杵市自体もコンパクトにまとまった雰囲気のある城下町で大変気に入りました。住みたくなる城下町です。
●2018年5月3日登城 モーリとバラモンさん
臼杵は味噌・醤油の町。川沿いのフンドーキンの工場を左手に見ながら進むと間もなく駐車場。観光交流プラザにスタンプ、駐車場を挟んでAコープがあり目の前に城跡と色々便利。臼杵城は、想像以上に視覚的に優れて素晴らしかった。
●2018年5月2日登城 矢沢水吉さん
104城目。雨もようやくあがって何とか城廻りが出来ました。櫓や石垣もなかなか立派でした。この後別府に向かう。
●2018年5月1日登城 大都会葉栗郡さん
本日2城目。ここも予定には、ありませんでしたが急遽登城。
●2018年4月30日登城 ソーラーさん(。・ω・。)さん
大友氏の居城。昔は干潮時しか城には入れなかったらしいですね(。・ω・。)
大手口の構造は築城術の教科書に載せたいくらい。
●2018年4月29日登城 たかすいさん
15城目
●2018年4月28日登城 バニラアイスさん
戦国時代、大友宗麟がこの地の丹生島に築城したのが始まり。
島津の豊後侵攻の際にもここに籠り守り通す。
江戸時代に稲葉家がこの地に入り、稲葉家の居城として明治を迎えます。

当時は島に築かれた城で、干潮の時に陸地と繋がる大手口と幾つかの出入り口を除き断崖絶壁の天然の切岸に囲まれた要害でした。

現在は周囲は埋め立てられ公園化されてますが当時の面影も色濃く残っています。
城下町も味のある町並みで散策も楽しめます。
●2018年4月27日登城 じいじ キヨトさん
ナビで素直に
●2018年4月17日登城 さん
続4城目(通算101城目)
妻と2人で登城
佐伯城からレンタカーで30分ほどで臼杵市観光交流プラザ駐車場に到着。眼の前に高くそびえる臼杵城を眺めることが出来る。現在は埋め立てれれているが、元々は臼杵湾に浮かぶ丹生島に大友宗麟が築城。島津軍の猛攻にも持ちこたえた名城。防御のため岩を掘り切って造った狭い鐙坂を上り登城。天然の岩の上に石垣・塀を巡らせ櫓を巧みに配置し、堅固な防御態勢を確立している。私にとって名城の一つに入る城である。その後1時間半掛けて岡城を登城し、別府温泉に戻った。
●2018年4月15日登城 Hideさん
登城
●2018年4月14日登城 いそがしいひまじんさんさん
3 大分空港から送迎でレンタカー屋へ。遅延もなくレンタルして空港近くの大漁寿司で昼食。100円なのにメチャ美味い。
高速を通り、一路臼杵へ。若干雨が降り始める。臼杵の交流記念館はかなりきれいだった。
歴史民俗博物館は遠くだったので断念。
前回100名城の際にはこの城の裏を通って臼杵港へ移動したが、今回は城の表から登り、櫓の多さに感動しつつ雨の中散策。30分ほどで一周して佐伯へ。
●2018年4月14日登城 DMYさん
104城目
●2018年4月8日登城 とくべえさん
桜祭りの最中でした。桜は折からの強風で殆ど葉桜模様だけど満開の時は良い花見が出来そう・・・
スタンプのある場所が少々わかりずらくウロウロしたが資料館とかに置いてもらったら分かり易いと思われる。
遠景を見ただけでも浮き城と言う呼び名に相応しい城郭である。
●2018年4月8日登城 とくべえさん
大友宗麟の城。元は島だが埋め立てで陸續になっている。
●2018年4月6日登城 Yukimuraさん
『101城目』
待ってました続百名城(^-^)/
百名城スタンプラリーを達成して5年が経ちました
何か物足りない日々を送ってきたように思います
自分にはやはり城めぐりは無くてはならないものだと確信しました
先ずは前回同様に地元の城から始めました

◎築城は豊後の英雄 大友宗麟
スタンプ設置場所は臼杵城から100mほど
●2018年4月6日登城 のぶひこさん

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 

名城選択ページへ。