トップ > 城選択 > 臼杵城

臼杵城

みなさんの登城記録

448件の登城記録があります。
251件目~300件目を表示しています。

●2019年5月1日登城 kekeryuさん
0
●2019年5月1日登城 とらふぐSEさん
57城目 再訪
●2019年5月1日登城 ふたばさん
大友宗麟さんで有名なお城です。
お城も見ごたえがありますけど神社の鳥居が凄かったです!。
●2019年4月30日登城 ランダム号さん
108城目。交流プラザにⓅ。ただ場所が狭い。車を停めるのにすごく苦労した。
●2019年4月30日登城 ピークハンターさん
続100名城:28城目
●2019年4月30日登城 ひさつきさん
ガイドブックに載っていた入り口付近を俯瞰した写真をみてかなりわくわくしていました。
写真と同じものを撮ることはできませんでしたが満足です。
●2019年4月30日登城 ぐんま〜さん
岡城から電車で大分駅16:20着からの17:06発特急南宮崎行きで臼杵駅17:38着。
スタンプが18:00までなので800mを走って7分で臼杵市観光交流プラザに到着。
地図では小さな城のイメージで、さほど時間はかからないかと思いきや、色々見所があり1時間近くまわっていました。
19:11発の電車で佐伯駅まで行き、駅前のラーメン白龍でNEO佐伯ラーメンを食して付近のホテルに宿泊。
●2019年4月29日登城 おます家さん
観光プラザの駐車場に停められました。ここから見る大手の雰囲気だけでも結構迫力あります。登城して、卯寅口方向まで縦断。なかなか見ごたえのある城でした。
●2019年4月28日登城 あらさん
城跡は臼杵公園があり野球してました
●2019年4月27日登城 D&Cハンターさん
GW初日だったこともあり、自分のような九州外からの訪問者もまだ少なく、イベントもなかったことで観光プラザ駐車場に難なく駐車できました。
ここから見るだけでも要害感満載です。背後がまだ海だったころを想像するとぞくぞくします。
国崩しレプリカは想像より小ぢんまりしていました。
●2019年4月27日登城 yasustyleさん
続57城目
大阪からフェリーで九州到着!別府港からハスラーで走り出す。まずは臼杵城!現存石橋の古橋を渡り、白い土塀沿いに鐙(あぶみ)坂を登る。現存の畳櫓から大門をくぐる。本丸には天守台石垣に空堀、下ると現存の門脇櫓。島津を撃退した国崩しと呼ばれる大砲(複製)。コンパクトにまとまった縄張りに詰め込まれた見所満載!
キリシタン大名、大友宗麟が築城。臼杵川河口の海に浮かぶ丹生島を利用した天然の要害で、島津の軍勢をも退けた堅城。秀吉の九州平定後、大友氏は改易、郡上八幡から入封した稲葉氏が15代続き明治維新を迎える。西南戦争では一度落城する。
●2019年4月17日登城 たくわんさん
豊後森から臼杵駅。駅の駅名はうとハートが書かれていた。ハートをすきと読むようだ。駅から1本道を歩く。10分ほどで左側が城だけど、ガイドブックに写真が載ってる古橋口から入りたかったので、途中卯寅口とか入口あったけど入らず、外周を半周くらいして古橋口到着。そこの向かい側がスタンプのある観光交流プラザでした。おーガイドブックに載ってた景色。いい感じ。堀がある。石垣がある。下から見上げると威圧感ある。かっこよか。くねくね道上がる。櫓が見える。門がある。時の鐘もある。門をくぐる。中に入る。公園です。二の丸です。櫓跡とかがある。さらに進むと堀の残骸がある。ここが本丸入口。本丸には天守跡あり、卯寅神社もありました。二の丸本丸広いす。横の壁は絶壁。
●2019年4月13日登城 58rssplさん
2日目 4城目で行きました。

思っていた以上に大きいお城で石垣もすごかったです。
フランキー砲の複製があったのと日本一大きいもみの木がありました。
●2019年4月11日登城 紀州人さん
臼杵城はかつて「磨崖仏」を見に来た時に寄って以来2度目の登城。

駅から近いので利便。大友宗麟築城時は小島だったとのことだが、今では想像がつかない。

ぐるっと一回りして観光交流プラザでスタンプ押印後、今日の宿泊場所である佐伯市に向かった。
●2019年4月10日登城 saさん
四国・九州城廻めぐりで登城
●2019年4月6日登城 富士山さん
角牟礼城からレンタカーで移動。
臼杵城は4月7日まで桜祭りを開催中だった。城内も桜でいっぱいだし、観光客も大勢いた。個人的には観光化された城跡はあまり好みではないが、臼杵城は一目惚れするほど美しい。桜の時期もあってか全体が輝いているような印象。
観光プラザのあたりから城を見上げてみると圧巻。大友宗麟の素晴らしさも実感。
この城は多くの人にみてもらいたい。素敵な城。
●2019年4月6日登城 せいやーるさん
149/200、続76城目。祭りの影響で人が結構いた。櫓の跡が多かった。
●2019年3月31日登城 じいさん
初登城です。
佐伯城に続いてこちらも桜まつり開催中で少し離れた市役所になんとか駐車場を確保。
花見客も一杯で桜もキレイでした。
●2019年3月31日登城 おやぐま。さん
前日からの、中津、大分府内、延岡、佐伯と来て、ツアー5城め。小学校時に、父に連れられ石仏を見学に来て以来、30数年ぶりの訪問。もともとは丹生島という干潮時のみ陸地に繋がる島に築城し、周辺を干拓整備して整えた城下であったようだ。明治以降、その海も埋め立てられ外観は大きく変貌してしまい、何よりコンクリート塗り塗りの崖地が残念の極みだが、残存する2つの櫓と季節がらの桜の風景がマッチして、お祭りの気分も加点され、プラマイで大きくプラス、大満足であった。城の遺構としても標準以上だが、桜の季節の登城がおススメと思われる。
●2019年3月29日登城 ふるとのさん
観光交流プラザでスタンプを押した後、歴史資料館に行き古い街並を散策後城跡に向かいました。臼杵城址はちょうど桜祭りの真っ只中、露店も出てたくさんの人出で賑わっていました。櫓や石垣など見どころ満載の城でした。
●2019年3月28日登城 Hikkeyさん
大分府内城から車で45分程度で到着。まずは観光交流プラザに駐車しスタンプゲット。交流館の道路を挟んで向かい側が城跡になっているので、車をそのままにし登城。本丸跡は桜が見事でした。次は佐伯城へ。
●2019年3月22日登城 真田の志さん
続日本100名城登城59番目は豊前臼杵城です。佐伯城から車で40分、臼杵市観光交流プラザに到着。駐車場利用。目の前に登城口があります。小高い丘に大門櫓と畳櫓が望めます。
堀端にある城跡碑でさっそく2shot。丘上には、護国神社があり、参拝。眼下の景観は絶景。その後、プラザ受付の方に薦めてもらったインスタ映えする「二王座歴史の道」(宗麟時代から街道筋)を散策しました。辻バス停にある「かぼす工房」で土産物を買い、翌日、豊前高田市の昭和の町を見学後、帰路に着きました。
●2019年3月21日登城 nicotomoさん
【続15城目】通算96城目
【交通手段】佐伯城からレンタカー。
【登城料】なし
【日 記】宮崎県制覇の旅2日目。
 佐伯城から約30分で到着(16時頃着)。晴れ。まだ暑い。
観光交流プラザから見上げる外観は、結構高い場所にあるように見えたけど、
階段あがればすぐでした。
臼杵湾に浮かぶ島だったのに埋め立てられて、今はすっかり町の中。
堀では中高生くらいの子も走りまわっており、憩いの場としてにぎやかでした。
臼杵で宿泊。3日目の岡城へ。

【ご当地グルメ】臼杵みなと市場にて臼杵ふぐ天丼 880円。
もっとふぐを手軽に味わえるような、ふぐ定食みたいのがあればよかったのにな。
コース料理とか量が多くてちょっと食べきれないので。。。
●2019年3月21日登城 あけみさん
?084_2度目の登城。以前来た際は広いと思っていたのが、意外に狭かった。犬の散歩の人たちで一杯でしたね。
●2019年3月20日登城 千葉の風まかせ☆彡さん
続71城目。九州城巡り8泊9日の旅。<8日目>
本日2城目。天候:晴れ レンタカーで移動。
スタンプは観光交流プラザでゲット!
約8分間のビデオは臼杵城下及び町並みの素晴らしさがよくわかりました。
城下町を散策せざるを得ない、そんな気持ちになり、実際に歩いてみました。

期待を裏切らず、本当によかったです。

次は大分府内城へ。
●2019年3月18日登城 にゅんちゅんさん
続20城目
●2019年3月17日登城 めぢかさん
続17城目
●2019年3月17日登城 ファラーさん
佐伯城の後、レンタカーで訪れました。
小高い山の上に作られた城で、ハンコ設置場所である「観光交流プラザ」の真正面が大手になっているので、こちらから登られるのがよいのではないでしょうか。なお、「プラザ」の駐車スペースが少ない(10台程度)なので、訪問するシーズンによっては、駐車場が少し離れた場所になる可能性があるように思いました。
プラザでは、臼杵城の詳しいガイドブックや城下町の案内パンフなどが揃えてあるので、便利です。
城自体は、山の上を切り開いて作られた、ある意味要塞チックな感じでした。そこそこの面積があり、昔は小さな島だった、ということを考えると、さすがは大友宗麟!と、勝手に感動していました。
なかなか風情のある、よいところだと思います。
●2019年3月16日登城 KANTAさん
続・登城14番目

佐伯城からレンタカーにて東九州自動車道利用して約40分かかって臼杵城へ。無料駐車場がわからず、町の駐車場利用。JAのスーパーで吉野鶏めしというおにぎりを購入し、美味しくいただいた。下から見上げた際の、曲線土塀と櫓、鳥居、石垣のセットが一番絵になる。本丸にはたくさんの桜の木があり、4月には綺麗かも。ポルトガルから入手した大砲に驚いた。本丸でお会いした地元のおじさんに臼杵磨崖仏を薦められてたので、臼杵城後にして向かった。朽ちている部分もあるが素晴らしい
●2019年3月9日登城 うつやんさん
友人と。
●2019年3月8日登城 エクブラッドさん
キリシタンの大友宗麟が城主だった戦国時代にはオランダから大砲を買い入れ島津と戦った。大航海時代って夢が一杯!
本丸隅に民家があった。続100名城の認定は災難だろうなぁ。
●2019年3月8日登城 ●◎香里尾州登路之城◎●さん
193城目。
●2019年3月8日登城 ゆりのきさん
《続72城目》ツァー4日目で本日4城目。15:45〜17:00見学時間。臼杵市観光交流プラザにてスタンプ。やや陰影薄い。トイレはこちらを利用。
写真は土橋脇、石垣内部に掘られた十字架。キリシタン大名・大友氏の城跡ゆえか。
本日は別府温泉泊。
●2019年3月8日登城 ベニマシコさん
ツアー 13城目  
●2019年3月8日登城 ●◎祥寺張扇◎●さん
169城目(193城目)。
●2019年3月5日登城 ろ〜まんさん
2019/3/5制覇
●2019年3月4日登城 番頭さん
こちらも3回目の登城。大友宗麟工夫の、岩山の島の上に作られた見事な城ですね。来るたびに櫓などが整備されて立派になっていきますね。
●2019年3月3日登城 まっしぶさん
□続第4城□

「臼杵城」へは、一般道で移動。雨です…。
スタンプは「臼杵市観光交流プラザ」で押印。こちらではお城の情報だけでなく臼杵市の見所も多く紹介されていました。
今回は天候が悪く断念しましたが、城下町の散策も面白いかもしれません。交流プラザで申し出れば、案内をしてくれるようです。
●2019年2月28日登城 とある錬金術の登城目録さん
 臼杵駅から徒歩にて登城しました。以前は丹生島という断崖に囲まれた島だったようです。海に浮かぶ臼杵城を見てみたかったですね。城址では高齢者の方がゲートボールを楽しんでみえました。
●2019年2月28日登城 ふくろうさん
スタンプの場所が道の駅みたいになっていてゆっくりできました
●2019年2月27日登城 だんじりくんさん
昔は島だったという感じが、まだ良く残っている。
二ノ丸と本丸の間に空堀があるが、ほぼ平坦。
かなり広大な面積で、巡るのは結構時間がかかった。
●2019年2月23日登城 アロハさん
【80城目(うち続29城目)】
  続九州攻めの9城目。
  佐伯城を出て、佐伯ICから東九州自動車道を臼杵ICまで進み、約1時間で臼杵市観光交流プラザの駐車場(無料)に到着。観光交流プラザでスタンプ押印と各種パンフレットをいただく。白い土塀と絶壁、畳櫓、大門櫓、石垣らがお出迎えで、絵になっている。古橋口から鐙坂を登り大門をくぐり抜けて二の丸跡へ進む。時計回りに櫓跡や空堀・天守台石垣などを散策した。滞在約50分。
  その後、再び臼杵ICから東九州自動車道を利用し、大分ICを出て別府市の宿泊先にチェックイン。近くの海鮮料理「みなみ丸 合歓」で、生簀で泳いでいた関さばのお造りと麦焼酎で走行390キロ弱の疲れを癒した。(別府市内宿泊)
●2019年2月19日登城 さんしろさん
スタンプ設置場所に置いてある臼杵城跡のパンフレットがとても分かりやすいので、先に入手してから登城することをお勧めします。
●2019年2月18日登城 さくらさくらさん
車で登城。
土日月の城巡りで、月曜でもスタンプ設置場所(臼杵市観光プラザ)が開く臼杵城を月曜にあてました。訪問は2度目。前回は大雨だったので、今回はきれいに写真が撮れればいいなぁという期待を持ちつつの登城です。天候にも恵まれ、そこそこ撮れました。ただ、定番の城正面からの大門櫓や畳櫓は早朝だと逆光。機会があれば、次の登城は午後にするつもりです。
●2019年2月10日登城 やっしさん
島を城塞化していて独特な雰囲気を味わえる城、修道院のイメージとも重なる部分がある。
櫓も残っており、ゆっくり見て回った。
●2019年2月8日登城 マサナオさん
登城
●2019年2月6日登城 フーテンのゆきちさん
延岡〜佐伯〜臼杵と回りました。
個々も2度目でしたが、防空壕があるのは気づきませんでした。
ここの空堀や石垣が好きですね。
埋め立てられなければ浮かぶ要塞でしたね。
●2019年2月5日登城 風雲児さん
臼杵駅から徒歩で10分程度で城跡まで到着できます。
そこからスタンプのある観光交流プラザまで城内を見ながら行きました。
●2019年2月5日登城 藤田城さん
12こめは臼杵城
●2019年2月3日登城 だいゆうさん
車なら、城址目の前にある臼杵市観光交流プラザに無料駐車場あり。ここでスタンプをゲット、登城可能、現存する古橋から。臼杵城は1556年に大友義鎮(宗麟)が臼杵湾に浮かぶ丹生島に築城。鐙坂と呼ばれる登城路を上がって行くと、現存する畳櫓がある。江戸の天保期に再築されたもので、内部に「隠し狭間」があることがわかっている。大友氏が改易された1593年以降は、豊臣秀吉の武将、福原氏、太田氏の居城となる。関ヶ原後は稲葉氏が城主となり、以降、廃藩置県まで15代に渡ってこの地を支配した。二の丸には各種の櫓跡や庭園跡などがあり、一部や野球場になっている。二の丸から本丸へ向かう本丸塁線石垣が残る。また、二の丸と本丸を区切る壮大な空堀もある。高くはないが、本丸の天守台跡が残る。四重の天守があった。天守も含め、城内には合計25個の櫓が建っていた。鉄門の石垣は、巨石の組み合わせて積んであった。角石は算木積み、17世紀後半のものとされる。城内最大の高さ7mの石垣が西の丸居館北側に現存しているので、お見逃しなく。
臼杵城は駐車場からの往復で全ての見所を廻って1時間程度。

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページ

名城選択ページへ。