トップ > 城選択 > 根室半島チャシ跡群

根室半島チャシ跡群

みなさんの登城記録

1451件の登城記録があります。
1351件目~1400件目を表示しています。

●2009年8月10日登城 旅人の福さん
歴史的価値はあると思うが、百名城に入れなくてもいいと思う。
●2009年8月8日登城 フーミンさん
 五稜郭見学の翌日登別温泉観光してから移動したため車でも移動だけで1日を費やしてしまった。資料館の開館を待って見学後、学芸員の方にお勧されたオンネモトシャシの地図をもらい出発。納沙布岬経由で温根元漁港に移動。港の海に向かって左端。すぐ見えるわかりやすい場所にあった。網の手入れをしている漁師の人たちの邪魔にならないよう写真をとってすぐに退散した。それにしても遠すぎる。ここがなければ1日で北海道制覇も可能なのに。
●2009年8月1日登城 よっしさん
40城目。記念すべき40城目は、北海道旅行と絡めて、根室半島チャシ跡に定めた。まずは歴史と自然の資料館を訪問し、スタンプゲット。状態良好、シャチハタ式。資料館は無料で見学できる。なかなか立派な資料館だ。ここでオンネモトチャシの地図をもらって、納沙布岬へ向かう。あいにくの霧模様でなにも見えない。カーナビでオンネモトチャシと打ったが、さすがに出ない。地図をもとに。マニュアルで探すと、チャシ跡なるものを発見、車で向かう。まずは温根元漁港からチャシ全景を撮影。ついで、携帯アンテナ塔から草むらをかき分けチャシ跡を目指した。何もない草むらと思いきや、同好会の皆様が作った獣道があるではないか。土塁を登り、一つ目の標識発見、その後、チャシ先端に二つ目の標識発見。撮影に成功した。なんでこんな思いをしてまでとも思ったが、やはり達成感は格別だった。
●2009年8月1日登城 mahさん
遠かった
●2009年7月28日登城 いーぽん父さん
ゆっきさんとお父さんと3人で行ってきました。チャシに行く前に根室市歴史と自然の資料館に行きスタンプを押し、チャシの地図をもらって出発しました。チャシはポンモイチャシとヲンネモトチャシにいきました。チァシのあるところは草が深くて私の背の高さくらいまであり歩くのが大変でした。あまりお城っぽくはありませんでしたが、資料館でチャシの説明を見ていったので、何となく堀などの様子がわかりました。きのうは天気もよくとても良い思い出になりました。
●2009年7月28日登城 ゆっきさん
最難関と思われるチャシを、同志いーぽんさん・とおさんと攻略(19城目)。
まず、根室市歴史と自然の資料館でNo1スタンプをGET。管理人がヲンネモトチャシまでの行き方を丁寧にレクチャーしてくれます。また、この資料館が只者ではなく、剥製の展示が驚きです。続いて納沙布岬へ。最初にポンモイチャシを攻略。ここは灯台の右手前に位置し、悪路は20m程度のヤブ漕ぎだけ。次にヲンネモトチャシ。温根元漁港からガイドブックの写真と同じアングルで写真を撮り、携帯電話の電波塔に移動、ここに車を置いてヤブ漕ぎ開始。150m程度先に見える示標(白い示標と茶色の柱)を目指し、高さ1〜2m程度のヤブ漕ぎを15分程度悪戦苦闘すると到着。その先にもう1本示標があり、堀跡のような地形をヤブ漕ぎし到着。ここからだと漁港をバックに綺麗に記念撮影が可能。かすかに残る先人のヤブ漕ぎ跡が心強く感謝です。その後、根室駅前の観光案内所で噂のスタンプ帳をGET。
チャシが100名城かどうかは別として、スタンプラリーに参加していないと絶対に出来ない経験が出来、非常に思い出深い旅行になりました。
●2009年7月19日登城 徹太郎さん
スタンプは根室市歴史と自然の資料館にて押印。
前日に1日(約600km)かけて函館から釧路へ移動しました。釧路からは120kmぐらいで、1時間40分ほどかかりました。雨と風が激しかったので、チャシ跡の見学は断念してすぐに移動しました。
●2009年7月18日登城 かしおさん
66
●2009年7月5日登城 たのたのさん
歴史と自然の資料館で文化財マップを入手後、納沙布岬へ向かう。ポンモイチャシ跡は岬からほど近い草やぶの中に有った。しかし標柱が無ければただの藪で、取り立てて見るほどの事も無いか?続いてオンネモトチャシ跡へ向かう。地図を頼りにカラスと抜きつ抜かれつ30分程で携帯アンテナに到着。標柱がかすかに見えるのでその方向に藪こぎを強いられる。手前の標柱まで辿り着いたところでその先は断念。無理すれば行けそうだったが行っても大して成果は得られそうも無かったし・・・。
これにて東日本は完了。残すは九州の5城のみとなった。
●2009年7月4日登城 鬼美濃さん
第33城目
羽田空港→根室中標津空港→連絡バスで根室駅へ。連絡バスのきっぷは往復で購入するとお徳です。根室駅前の観光案内所でスタンプ押印後、タクシーで根室歴史と自然の資料館へ。チャシの資料をもらいました。バスで根室駅へ帰りホテルにチェックイン後、ホテルで教えてもらった店に行き花咲蟹を堪能。翌日は根室駅からバスで納沙布岬へ。タワーに上りましたが曇りで北方4島が見られず。オンネモトチャシへ向かいましたが意外に遠く、帰りのバスのこともあり目視できる位置で写真を撮影し帰路につきました。
●2009年7月4日登城 よーよーさん
【登城数】098
【交通手段】飛行機・レンタカー
【過去登城】無し
【感想】北海道遠征1日目。羽田から中標津まで飛行機、レンタカーで根室市歴史と自然の資料館まで80km(1時間半)。ここでスタンプを押し、オンネモトチャシ位置図をもらいました。納沙布岬経由でオンネモトチャシに行きました。温根元漁港の携帯アンテナ横に車を停めて、肩まである藪の中を進みましたが、手前の看板で断念。整備してほしいです。みなさんオススメの喫茶「どりあん」でエスカロップを食べて、釧路まで120km(2時間)移動しました。
●2009年7月3日登城 ぐぅさん
スタンプ設置場所の資料館に向かったら「駅前のバスターミナルにも設置してます」の張り紙が・・・先に言ってくれって思ったのですが、資料館の近くには”根室車石”があり、ここは花咲港も一望出来、なかなかに風光明媚な場所なので結果オーライでした。
なお、チャシ群を回る場合は、バスよりもレンタカーでの移動をお勧めします。
(途中にある北方原生花園の中に入るとエゾシカやポニーに出会えます。)
根室名物は”ドリアン”もしくは”ニューモンブラン”の”エスカロップ”ですね。
時間があれば”落石岬”もお勧め!!(岬の突端でエゾシカの群れに出会えました)

釧路はやはり”和尚市場”の”勝手丼”と”花咲ガニ”ですね。
”エンガワ”や”ホッキ貝”にすっかりはまってしまいました。
それと釧路湿原カヌーツアーもお勧めです。私たちは大変運が良かったらしく、
エゾシカ、キタキツネ、タンチョウヅル、オジロワシ・・・全部見ることができました。中でもエゾシカの泳ぐ姿は地元のガイドさんも初めて見たそうです。
(たまたま釧路川が雨で増水しており目線が高くなったおかげで、たくさんの動物に出会えたのだとか。)
●2009年6月29日登城 凛太郎さん
初登城(納沙布は25年ぶり2度目)

根室駅からレンタカーで約30分半島南側から納沙布岬へ出発。途中、昆布の荷積みトラックに頻繁にすれ違う。濃霧のため歯舞、国後は全く見えず。チャシは納沙布から北側の温根元漁港越しから確認。近くに駐車して草むらを格闘し到着。帰りは半島北側を通って根室駅に戻ったがこちらのほうが交通量も少なく風光明媚で車の方はお勧め。途中カーナビでいくつかのチャシが表示され、その度に車を止めて確認。
月曜日で資料館は休みのためスタンプは根室駅前の観光案内所にて。押印後いただいたオンネモトの位置図と根室市文化財マップは重宝。ついでにぬかるみに対応できるかどうか靴もチェックも。
根室の他知床や摩周湖など道東を5日間レンタカーで廻り、女満別空港から定額給付金得割12,000円の恩恵で無事帰京。
●2009年6月28日登城 土成さん
最難関の城へ。
根室駅そばにある観光案内所でスタンプを押す。
まだスタンプ帳が残っているという情報があったので聞いてみると、1冊出してもらえた。
97城目にして、正式な?スタンプ帳ゲット。
両方のスタンプ帳にスタンプを押す。
2周目に使いましょうか(笑)
●2009年6月25日登城 ひーさん
3城目。
前日に飛行機で羽田→釧路を移動し、釧路で宿泊し、翌日電車で根室まで。
根室からバスで納沙布岬にて下車。

天気に恵まれ、雲ひとつない青空でした。
写真をとりながら、納沙布岬から灯台まで歩き、灯台から10分ぐらいで発見。
民家の裏手で解りずらいかもしれませんが、目をこらすとすぐに見つけられます。

見つけたのは、ポンモイチャシです。
バス停から10分も歩かない距離でした。
(2つ目の写真でわずかに碑が写っているので、これから行く方は参考にして下さい)
ただ、草が生い茂っていて、間近には近づく事ができませんでした・・・

スタンプは駅前の観光案内所で。外には出てないので話すと出してくれます。
●2009年6月21日登城 ガンバさん
89城目
羽田空港から朝一の釧路便で釧路空港に行き連絡バスで釧路駅(910円)着。
花咲線の快速ノサップに乗り根室駅(2420円)着。
駅を出て左側に観光案内所がありそこでスタンプを押印。
近くにあるバス券売所で納沙布岬往復チケット(1880円)を買いバスに乗り込む。
釧路空港に着いたときから霧が凄かったのですが納沙布岬でも霧が凄かったです。
もちろん北方領土などまったく見えません。
風が強くすごく寒かったのでチャシ跡群には向かわず帰りのバスが来るまで
観光物産センターに待機してました。
帰りは釧路空港から最終の羽田便に乗り日帰り出来ました。
●2009年6月21日登城 タケパンさん
北海道2城目。

 観光案内所の方曰く、
「2つ目でここは珍しい。大抵最後の方に皆さん来られますよ。」
●2009年6月21日登城 タケパンさん
登城埋め
●2009年6月14日登城 くりえさん
寒すぎ。
●2009年6月12日登城 s.wさん
根室市歴史と自然の資料館で押印。あいにくの雨でしたけどレンタカーで根室半島を回りました。納沙布岬の近くにあるチャシ跡と温根元チャシ跡を車の中から撮影しました。
●2009年6月7日登城 カーネルさん
93城目

6月だというのに最高気温8度で雨という悪条件で登城してきました

中標津から根室まではバスで1:40。根室-資料館までは花咲線(1時間に1本)で
車石入口下車が楽ですが、行ったばかりなので1時間かけて徒歩でいきました
バス停からガソリンスタンドの信号を左折して一本道です(15分)
ただその先のバス停で降りたほうが近いですが坂を上る必要があります

根室から納沙布岬へバスで移動。バスの進行方向へそのまま歩きます
長い直線道路の後、緩やかなアップダウンしながらS字カーブを
曲がると温根元中央バス停があり、そこを右折して坂を下るとすぐにT字になりますので
左折すると目の前に半島が見えます。その半島の頂上に棒(?)が3本と1本建っている
のが見えますので、そこを目指してください
草地を分け入るため、雨天時はひざ下はビショビショになります

帰りは野犬4匹に囲まれ遠回りをして戻りました
前日もそうでしたが、歩いているとカラスがすぐ上空を飛び回るので怖いです
ただ、鹿にもあえますし徒歩はオススメです
●2009年6月3日登城 大福まん Jrさん
北海道電車旅行の一部として根室まできました。
納沙布岬もいきました。
スタンプは駅前の売店にあります。
北方領土に関する看板をやたらと街中で見かけるのが印象的でした。
●2009年5月16日登城 じゅんぺいさん
96城目
前回の東北・北海道旅行で残したチャシへ行って来ました。
1城のみなので、ついでに周囲の観光もしようと前日早朝に女満別空港へ向かい、レンタカーでまずは知床方面へ。
この日の前日、降雪があったようで知床峠方面は通れませんでしたが、私たちなりに一帯を堪能してきました。
その後摩周湖、阿寒湖そして宿泊する屈斜路湖へ。
翌いよいよ根室方面へ向かいました(約3時間弱)。
スタンプのある根室市歴史と自然の資料館でチャシ関連の資料をいただきました。
それから日本最東端の駅、東根室などを経由しつつやはり資料館で薦められた温根元チャシへ。
資料館で見た写真と同じ角度から眺めるために、すぐ東側にある漁港まで行き、その後携帯のアンテナ塔の真ん前に車を停め、アシのような植物を踏み分けすすんでいきました。
実際に歩いてみるとかなりのアップダウンを感じましたが、ここまで車窓から見られた地形でも同様な感じのする部分を多数見かけ、どれがチャシでどれがチャシでないのか、いまひとつピンときませんでした。さらにキャプションなどが増えるとよいと思いました。
この日は釧路空港から帰路につきました。
●2009年5月16日登城 もっとさん
40
●2009年5月8日登城 かなちゃんさん
中標津空港からバスで根室駅前、駅前で花咲港行きバスに乗り換えて「車石」下車徒歩約5分の資料館で拝館とスタンプ、翌日根室駅前から納沙布行きバスで「納沙布」下車、灯台へ通じる道(舗装)の1本手前(地道)を入り突き当り風の所を右に行くとこの時期草が短くすぐポンモイチャシ跡の碑を発見できます。本土最東端納沙布岬を散策、北方領土がすぐそこに見えます。
●2009年5月6日登城 やっしぃさん
オンネモトチャシを攻めました。
●2009年5月3日登城 FIT君との旅さん
広い草原のようでした
●2009年5月2日登城 スズコウさん
東京からはるばる車で着きました。
チャシは半島の先端地域にあります。
1番のスタンプは押したときは感動しました。
●2009年4月30日登城 らるふさん
大阪-羽田-根室中標津 片道17,200円のANA乗継割引で行ってきました。
中標津空港<->根室駅、根室駅<->納沙布岬は根室交通バスで移動しましたが、
それぞれ、往復、4枚回数券があり、それぞれ10/20%引きになります。
資料館へは、根室駅から根室交通バス花咲線で車石入口下車徒歩15分位です。
シャチを直接見ることは出来ませんでしたが、資料館、納沙布岬を見てきました。
多分、このイベントがなければ、死ぬまで根室には行っていないと思います。
百名城かどうかは別にして、大変有意義な旅行になりました。
●2009年4月29日登城 ケビンさん
98城目。

釧路からJRで。
スタンプは、根室駅前の観光案内所に置いてあります。

城跡は何もないとの感想を見て、納沙布岬までバスで往復して帰って来ました。
●2009年4月25日登城 Qちゃんさん
44城目
羽田から1番の釧路便で根室チャシ跡群だったが
釧路便がコンピューター部品の故障で遅延
7:40発だが8:30発になってしまった…実際は25分遅れ
釧路空港のタクシーさんが飛ばし飛ばしので釧路駅に
予定通りに根室行きのノサップ線に乗れました。根室半島チャシ跡群登城
⇒根室駅左の根室観光案内所でスタンプ印
昆布焼酎のロックがおいしいですよ!
●2009年4月19日登城 微糖エスプレッソさん
52城目。
前夜に釧路に入り、翌日8:15発の花咲線で根室10:40着。
駅を出て左側の観光案内所でスタンプを押す。状態はGoodです。
また、根室の史跡に関する資料をいただきました。
根室交通のカウンターで納沙布岬往復チケット(1880円)を買い、
10:45発のバスに乗り納沙布岬へ11:20ごろ到着。
平和の塔(900円)に昇り、遠景でオンネモトチャシと近くのポンモイチャシを
確認して撮影。(塔は貸切状態でした。)
塔から降りて、ポンモイチャシのところに行って標柱を撮影し登城終了。
そのあと岬周辺と北方領土関係の施設を見て回り13:05発のバスで帰途に着きました。
●2009年4月18日登城 あらさん
釧路空港から車で約140Km、資料館でスタンプ。花咲灯台の下の車石を観てから納沙布岬経由で温根元チャシへ行きました。
●2009年3月7日登城 にゃ〜ん♪さん
チャシっす膝までの雪と崖で藪の中を つき進み 4つを制覇してきました −4度 風速10メートル きつねと鹿にも 逢えて 幸せっす(=^▽^=)にゃ〜ん♪
●2008年12月8日登城 キャッスル・ホイさん
当初は年明け以降の登城を考えていたのですが、1月、2月は雪で交通に影響が出ることもあるという話でしたので、今月に繰り上げました。この時期は釧路のホテル付きツアーが1年のうちで最も安くなるのも追い風になりました。
釧路から列車で2時間20分かけて根室へ。そこからバスで納沙布岬まで約40分(駅前のインフォメーションセンターで押印)。さらに温根元漁港(温根元中央バス停の先を右折してすぐ)まで20分かけて歩き、温根元チャシを発見。
民家の先の草ボウボウ地帯を踏み分けていきましたが、途中陥没している場所がないかと冷や冷やでした。温根元チャシと記された標柱を撮影して任務終了。根室は午後3時過ぎには日が沈んでしまうので、早めに行かれるほうがよさそうです。
●2008年12月3日登城 筆影映ゆる瀬戸の海さん
99城目。
根室駅でレンタカーを借り、まず温根元港へ。ここで皆さんの書き込みを見ていたお陰で、オンネモトチャシは港の西側に程なく発見。但し入口が見当たらず...。結局、12月の北海道だと言うのに、必死に藪こぎをして到達しました(^^;;
続いて「根室市歴史と自然の資料館」へ移動。車で30分以上かかりました。資料館というよりも研究室の一角、といった雰囲気。隣の小学校と共通デザインなのがほほえましかったです。スタンプは良好。
さあこれで100城達成へリーチです。
●2008年11月29日登城 ビザ皇帝さん
 羽田から釧路行きの格安切符を利用して登城しました.釧路からレンタカーで根室,納沙布へ.温根元小学校わきから入って原野をかきわけてオンネモトチャシへ.ここでも出ていましたが夏なら草ボーボーでしょうが,11月下旬の今は枯草ばかりで比較的マシだったと思います.そう言われるとなんとなく砦のような感じでした.
 スタンプは駅前の観光センターで押しました.状態は良好です.日本城郭協会の全国版スタンプ帳がまだありました.
●2008年11月26日登城 みつKIMさん
二十八城目。
釧路空港から連絡バス約50分で釧路駅。根室駅まで電車で二時間。バスで納沙布岬まで約30分。そこから徒歩20分。思えば遠くへ来たもんだ!
肝心のチャシは、先週の鬼ノ城=古代山城と同様の未知の城郭!  期待してましたが、案内板も説明板も見つけられず。それらしき場所には、辿り着けましたが、そこが100%オンネモトチャシかは自信が持てない!という残念な結果になりました。
  翌日、釧路にいる親戚の案内で、釧路にあるチャシ  チャランケチャシとモシリヤチャシを、見る事が出来ました!
一見古墳のようでもあり、あまり砦には見えませんでしたが、柵を巡らせたら砦として機能したのかな?と想像にふける事が出来ました。
●2008年11月16日登城 茶太郎さん
46城目。

スタンプの置いてある根室市立歴史と自然の資料館に行くために、羽田〜根室中標津空港の全日空の航空運賃が、旅割で非常に安かったのですぐに購入。

空港から根室駅まで空港バスで1時間半もかかります。根室駅に着いたのは午後3時過ぎ。資料館までタクシーで行きました。資料館にはなぜか戦前、南樺太が日本の領土だったときの国境線に使われていたの石碑が展示してありました。樺太に近い稚内で展示するならわかるのですが、なぜ根室にあるのだろうか?

資料館の見学とスタンプ押印後、再びタクシーにて根室駅に戻り、この日は根室グランドホテルに宿泊。

翌日朝一番の路線バスにて納沙布岬へ北方領土を見に行きましたが、天候が悪く全く見えず。その後、空港バスにて根室中標津空港に向かい東京へ帰郷。シャチ跡群は全く見ませんでした。
●2008年11月8日登城 saundersさん
羽田から中標津行きの飛行機に乗って行ってきました。天気はいいがかなりの強風のため条件付きで飛びました。降りられない時は新千歳に行くとのこと。せめて釧路に下ろしてくれ・・。しかし、無事に中標津到着。でも、ほんとにすごい強風でした。おまけに気温4度しかありませんでした。根室に移動して駅前のバスターミナル内にある観光協会にて押印。寒さに負けてチャシは断念しました。

おまけですが・・・
中標津空港から車で2,3分のラ・レトリの飲むヨーグルトかなりうまいです。
根室は、定番どりあんのエスカロップ・・食べて下さい、うまいです。
帰りは、釧路空港でじゃがポックル買ってきました。
●2008年11月8日登城 総武快速線さん
前述の「saunders」さんと同じく自分も羽田→根室中標津のANA便で訪問しました。羽田で既に「天候調査中」の掲示と、場合によって札幌空港に向かう場合ありのアナウンスにどうなるやらと思いましたが無事中標津に到着。根室駅の観光案内所でスタンプゲットしました。翌日ポンモイチャシ見学で納沙布岬に行きましたが、台風並みの強風で見学はできませんでした。
蛇足ですが、根室に行ったら鉄道ファンにはおなじみの日本最東端の駅「東根室駅」見学も話のネタにはなりますよ。無人駅で回りも民家で何も他にありませんけどね。
●2008年11月2日登城 うみんちゅさん
前日釧路入りし、翌朝8時15分の根室行き普通電車で約2時間半、根室駅にたどり着いたのが10時40分のこと。駅を出てすぐ左手にある根室交通のバスターミナルに入ると右手のカウンターが根室観光協会。今はここにスタンプが設置されています。スタンプを押して根室交通のチケットカウンターで納沙布岬行きのバスチケットを買い、10時45分には車内の人となっておりました。終点の納沙布岬まで35分、ここからオンネモトチャシまでは徒歩で約30分強、といったところでしょうか。チャシまですぐの温根元小学校まで行くバスもありますが、こちらは1日2便のみなので、残りはすべてこのパターンになります。

なお、チャシはドコモの鉄塔から入ると約5分で本丸(?)到達です。その殆どは藪漕ぎをしつつ進むのでかなり大変ですが、着いた先は…。ウーム、何だかよくわかりません。堀切と土塁なのは分かるのですが、本土の「土の城」と比べると(正直なところ)随分プリミティブな印象が残りますね。ただし、ここからは歯舞諸島の水晶島がハッキリと見えます。いろいろな歴史が入り混じった納沙布岬、考えさせられることが多いですね。
●2008年11月1日登城 月の輪殿さん
東京から根室中標津行き飛行機に乗っても、着いたら日没寸前。
何て遠いのでしょう。
草茫々だし。
エスカロップは是非食べたい。
●2008年11月1日登城 月の輪殿2さん
東京から根室中標津行き飛行機に乗っても、着いたら日没寸前。
何て遠いのでしょう。
草茫々だし。
エスカロップは是非食べたい。
●2008年10月30日登城 ゆーさくさん
釧路空港からレンタカーで2時間半くらい(距離的には120キロくらいかな)で「根室市歴史と自然の資料館」でスタンプをゲット。
その後、資料館でもらった地図を参考に、オネンモトチャシに行く。
標識も道もなんもないので、はっきりいって良く分からないが、先人達が歩いたであろう道がかすかにあり、それを辿り跡地に。碑が二つある。
その後ノツカマフ一号・二号チャシにもいくが、標識はあるが、そこまでの道がないなど大変。
行かれる方は事前に良く調べておいたほうが良いです。
●2008年10月26日登城 青薫さん
網走からレンタカーを借りて3時間かかりました。資料館のおじさんは親切でした。
●2008年10月25日登城 みーやさん
70城目
釧路から電車で根室まで行きバスセンターでスタンプを押しました。
●2008年10月12日登城 ゆうさん
79城目
●2008年9月30日登城 オシロダイスキさん
 松前城から積丹半島、札幌、旭山動物園、サロマ湖、網走と観光してやっと根室のチャシに着きました。

 根室市歴史と自然の資料館は研究室といった佇まいです。リンドバーク夫妻が根室に飛来した時のものや自然の動物の剥製などが所狭しと並んでいます。押印してからチャシの場所を教えていただきました。

 折角なのですぐ側にある花咲車石、納沙布岬を見学してから温根元漁港近くにあるチャシに行きました。漁港からテトラポット沿いの浜辺の道を抜けてチャシに行きますが、テトラポットを乗越えられません。危うく落ちそうになりました。携帯電波塔から民家を抜けてゆく道も途中で分かりません。

 ここの百名城はちょっと無理があるようです。漁港から見える範囲で写真を撮りました。辿り着けなくて残念でしたが怪我するよりましですね。
●2008年9月27日登城 まさTさん
【75城目】
電車で根室駅へ。先に「根室市歴史と自然の資料館」へ。花咲港行バスで約10分、車石入口下車。バス停とガソリンスタンドの間の道を約10分ほど歩くと左手にレンガ造りの建物が見えてきます。開館まで時間があるのでさらに徒歩約10分ほど先の花咲車石を見学。来た道を戻り資料館でスタンプ&説明&見学。オンネモトチャシの地図をもらいましたが、携帯アンテナ塔付近から入るように言われました(近辺民家とトラブルが発生してるそうです)。再び駅に戻り、納沙布岬行きバスで約40分、終点下車で徒歩約25分。チャシ内はほとんど道無き状態で1m以上の草を掻き分けて進みました。何とか標柱までたどり着き、堀を超えた先まで行って引き返しました。その後温根元漁港に寄り、チャシの景色を見て戻りました。納沙布岬を見学後バスで駅へ。駅より歩いて約8分ほどの「どりあん」でエスカロップを食べました。そこから徒歩約10分ほどの根室港さんま祭り会場へ行き、無料配布されたサンマを自分で焼いて食べました。再び駅に戻り、駅前のカニ市場で花咲カニを購入、バスターミナル売店でオランダせんべいを購入して電車で帰りました。

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 次のページ

名城選択ページへ。