カラット21ピンRGBケーブル改造

VGA-BOXの謎のページで説明したとおり、ドリームキャストには映像出力に2つの隠しモードがあります。これを利用すれば、15kHzのRGB出力も可能です。怪しいメーカーからRGBケーブルがいくつか出ていますが、これらはこの隠しモードを利用しているようです。
この中でカラット製のケーブルを調べてみた結果、「TV-PC」モードを使用していることがわかりました。ケーブルのパッケージの但し書きを見てもわかるとおり、隠しモードなので対応していないゲームもたくさんあります。 ポップンミュージックも非対応のゲームに含まれますが、これはもう一つの画面モードにすれば映ることは確認しています。というわけで、切り替えスイッチでカラットのRGBケーブルでポップンミュージックも遊べるように改造してみました。


RGBケーブルのドリームキャスト側の端子。

エイヤっと分解。

金属部分も外す。

更に分解。

見にくい写真でごめんなさい。一番右がグランドピン。

一番右のピンを外して、右から6番目に移植。

この緑の線でモードを決めている。
一番右のグランドと、右から7番目をつないでいる。

スイッチをつける。
3端子のスイッチの中央にグランド。左右に右から6番目と7番目の信号を接続。

グランドのピンは移植して無くなってしまったので、端子の金属部分と繋がるようにする。

元通りに戻していく。

スイッチは接着剤で固定して完成。


御意見、コメントは kumon@sam.hi-ho.ne.jp までお願いします

← 戻る