SSの改造箇所


SS本体から引き出すのは6本です。


音のデータはDACのICから取ります。

この位置(基板によって少し違うと思うけど)にある、

TDA1386TというICを見つけてください(無かったら諦めよう)。こ のICから、4つの信号を取り出します。

ICの足にハンダ付けするのも可能ですが、もっと楽なところがある かもしれないのでパターンを辿ってみましょう。


94年12月製のSSには絶好のポイントがありました。

この位置に、

こういう、テストパターンがありました。ここにハンダつけすると、

こんな感じ。


グランドと+5Vは、どこから引っ張ってきても構いません。ハンダ付 けしやすいとこを選びましょう。

メイン基板の電源基板につながるコネクタのところにハンダ付けして みました。黒い線がグランドで、赤い線が5Vでした。


戻る