トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID9490
名前ふうちゃん
コメント百、続百名城を巡っています。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
明石城
2016年6月27日
辰巳櫓、丑寅櫓の中を見ることができた。
松代城
2016年8月12日
百名城のスタンプを集める事を決意して最初に行った城。それまでスタンプ帳には写真を貼っていた。写真の上に白い紙を貼りスタンプを押すことにした。
高取城
2016年8月25日
本格的な初めての山城挑戦でした。登山口でタクシーを降りると、マムシ、スズメハチに注意の看板が歓迎してくれた。それを横目で見ながら、一人で坂を登る。やがて、高い石垣が見えてきました。高取城が日本三大山城であることを案内板で知る。ものの本によると水堀もあるそうです。今度はそこに行ってみたい。
千早城
2016年8月25日
登山口の茶店で食べた雑煮が美味しかった。山城に初めて登った。
和歌山城
2016年8月26日
千早城、高取城と天守のない山城をまわってきた後だったので、天守のある城らしい城を感じることが出来た。
姫路城
2016年8月26日
日本を代表する城、姫路城。改修してからは初めてです。
赤穂城
2016年8月27日
忠臣蔵の赤穂浪士の故郷を訪ねました。
小諸城
2016年8月31日
島崎藤村の千曲川旅情の歌に惹かれて学生時代から何回も訪れたことがあります。しかし、城として訪ねるのは今回が初めてです。穴城であるなんて全く知りませんでした。大手門をくぐって街道沿いに懐古園を見てみました。
金山城
2016年9月1日
山城の中の井戸が見所だと思います。
箕輪城
2016年9月2日
北条氏の山城を訪ねて廻りました。
盛岡城
2016年9月15日
不来方のお城の草に寝転びて 空に吸われし十五の心
啄木の心を感じてきました。
山中城
2016年9月26日
障子掘、実際に目にして、初めてわかりました。北条氏の築城技術も、秀吉の物量作戦には及びませんでした。過信は禁物です。
七尾城
2016年11月1日
七尾城史資料館から一人で頂上まで登りましら。謙信もこの景色を見ていたのでしょうか。
高岡城
2016年11月2日
高山右近の銅像がありました。晩年は前田家に仕えていたようです。
二条城
2017年3月8日
二条城の二の丸御殿堪能しました。
伊賀上野城
2017年3月10日
藤堂高虎の石垣を見てきました。
八王子城
2017年7月9日
暑い日に登城した。城域が広すぎて1日ではとても回りきれない。秀吉の物量作戦にはかなわない。
竹田城
2017年9月14日
天空の城、雲海は見えませんでしたが、その雰囲気を想像しました。
篠山城
2017年9月14日
御殿が復元されていました。天下普請の城です。農協のスーパーで買い物で丹波篠山の黒豆をかいました。
郡山城
2017年9月15日
本丸から下山してとき足に激痛が走りました。地蜂に刺されたのです。薬を求めて、再び、安芸高田市立安芸高田市立歴史民俗博物館を訪ねました。我がことのように心配し、近くの医者の受診を勧めてくださいました。旅先で困ったとき受ける親切ほど身にしみるものはありません。ありがとうございまました。百万一心の碑を見て後だけに、人びとの中に生きる元就の心を感じました。
鬼ノ城
2017年9月15日
神籠石系古代山城16個のうちの一つです、
月山富田城
2017年9月16日
尼子氏の山城です。毛利元就に攻撃されました。道が歩きやすく整備されていました。
新発田城
2017年10月20日
シャチが3つある御三階櫓。自衛隊基地の中に復元され近づくことが出来ません。堀の外から外観を見るだけです。でもお城は本来軍事施設です。変にあっつそうかと納得したのでした。
岐阜城
2017年11月28日
ルドルフとイッパイアッテナにも出てくるケーブルカーで岐阜城に登りました。長良川の眺めは最高です。信長もこの景色を堪能しことでしょう。
岩村城
2017年11月28日
日本三大山城、おんな城主がいた岩村城。石垣が見事です。
大阪城
2018年3月8日
京都での大学の研修旅行の前に大阪城に行った。、その大きさを改めて実感する。
大分府内城
2018年3月16日
百名城に入っていなかったら、行かなかったかもしれません。大分市内にこんなお城があるとは知りませんでした。廊下橋がすぐ目に入りました。
岡城
2018年3月16日
瀧廉太郎がの出身地で、子どもの頃、岡城で過ごしたそうです。荒城の月は岡城をイメージして作曲したと言われています。岡城は九州の大名の戦いの舞台にもなっています。
熊本城
2018年3月17日
30年の年月を乗り越えて立派に復興して欲しい。仮説の土産物店で購入した起き上がり小法師のクマモンが家内に大歓迎された。
人吉城
2018年3月17日
はね出しののある城です。五稜郭にもあります。西洋の築城技術が取り入れられているのかもしれません。
飫肥城
2018年3月18日
小村寿太郎の出身地、寿太郎が学んでいた藩校振徳堂があります。藩主で買い物がわたしと同じ伊東といいます。島津め、毛利、伊東も元は鎌倉武士だそうです。鎌倉の頼朝の墓の隣には、島津ともうりの墓があります。
鹿児島城
2018年3月18日
薩摩藩の城。西南戦争の弾の跡もあります。時代の変化をつぶさに感じてきた城です。
佐賀城
2018年3月29日
鍋島藩の科学の水準の高さを感じました。復元された御殿に展示してあります。お台場の砲台に生かされていることに驚きました。
名護屋城
2018年3月30日
佐賀県立名護屋城博物館がとにかく素晴らしい。しかも、入場無料。時間が許せばいくらでも資料を読んでいたい。鍋島藩以来の文化政策の延長か。名護屋城は秀吉の力を充分見せつけくれる。130にも及ぶ陣屋の数、大阪がそのまま引越してきたようだ。
平戸城
2018年3月30日
武雄温泉からレンタカーで平戸城まで行きました。オランダ商館の名残りを残すレンガ造りのアーチ橋に目が止まりました。天守から見た海が綺麗でした。
大野城
2018年3月31日
唐、新羅連合軍の来襲に備え、太宰府を防衛するために大和政権が作った大野城。朝鮮式山城が6個あるうちの一つ。テレビやインターネットのない時代に当時の政権は、どのようにして情報を集めて行動したのだろう。百間石垣を見ながら考えた。
龍岡城
2018年4月7日
日本続百名城めぐりのスタートです。洋式城郭、江戸時代最後に完成したお城です。五稜郭と同じような星型の城です。
江戸城
2018年4月12日
4月12日以前に1月2日の一般参賀で、富士見櫓に出会いました。これは、明暦の大火後、天守のなくなった江戸城では、代用天守として活用されたことがあります。他の城と比較することで、江戸城の良さが見えてきたのです。
洲本城
2018年4月14日
淡路島に石垣の素晴らしい城があったとは驚きです。昭和初期に再建された天守も阪神淡路大震災から生還してくれました。
小机城
2018年4月16日
空堀、土塁、堀切などがよく残っている。
杉山城
2018年4月19日
山城の面白さを感じさせてくれた。
菅谷館
2018年4月19日
鎌倉幕府御家人畠山重忠の居館跡と言われている。
佐倉城
2018年4月22日
角馬出しの実物に触れて驚きました。今、思うと諏訪原城の三日月掘りと比較すると面白い。
笠間城
2018年4月22日
山城へ登る石段が崩れていて登りにくかった。
土浦城
2018年4月22日
公園として整備されている。結城秀康の城だった。現存する櫓門では関東唯一の太鼓門がある。
本佐倉城
2018年4月22日
千葉氏の居城。秀吉の小田原攻めで北条方について滅亡した。
品川台場
2018年4月23日
韮山の反射炉で作った鉄で大砲作った。佐賀藩、薩摩藩技術も生かされている。警備当たっているのは川越藩。親藩、譜代、外様一丸となって国難に対応している。
岩櫃城
2018年5月1日
真田丸の冒頭に登場した岩山。これを通して岩櫃城の存在を初めて知りました。勝頼を迎えるために用意した潜龍院があります。
名胡桃城
2018年5月1日
秀吉に小田原合戦の口実を与えた城。三日月堀が復元されています。
沼田城
2018年5月1日
ここに5重5階の関東一の天守があったなんてという感じです。河岸段丘を利用して作った町ということがわかります。
高島城
2018年5月6日
諏訪湖に面した水城です。外観復元天守です。
忍城
2018年5月10日
忍藩の存在を知ったのは、映画のぼうの城ではない。黒船来航以来江戸湾を警備する絵に忍藩があったからである。この絵を見たのは、黒船来航の教材研究をしていた時だから、35年以上前のことになる。今回、城巡りをしていて川越市立博物館で再びこの絵に出会った。
   忍城は、秀吉が落とせなかった唯一の城である。それだけ、歴史に名が残り、映画にもなった。
掛川城
2018年5月13日
天守より御殿を先に訪ねて、受付のおばさんに天守は復元だけど、御殿は現存だと行ったらとても喜んでもらえた。天守だけ見て帰ってしまう人が結構いるらしい。二条城の御殿は将軍家のもので豪華にできているが、ここ普通の御殿の姿があると教えてくれた。
彦根城
2018年5月13日
馬屋が現存している珍しいしろです。天守は国宝で装飾が施されています。
観音寺城
2018年5月13日
雨天のため、安土町城郭資料館でスタンプを押しました。
赤木城
2018年5月26日
藤堂高虎の初期の頃の城です。北山一揆を制圧するために城作りをしました。田平子峠では300人以上の人々を処刑したそうです。戦国武将としての別の一面を知ることができました。
今帰仁城
2018年6月3日
30台の頃、訪ねたことがありました。改めて見ると、石垣が素晴らしい。ここだけは、硬い石を使っているので、アーチの門を作るのが難しいそうです。
座喜味城
2018年6月3日
石垣とアーチ門が美しい。
中城城
2018年6月4日
ペリーが褒めたという景色をカメラに収めた。搦め手の近くにあります。
勝連城
2018年6月4日
海が見える曲輪に立つと爽快な気分になる。
武田氏館
2018年6月7日
人は石垣、人は城。武士の館。
甲府城
2018年6月7日
甲府駅の北側に復元された山手御門を見て、発見があった。甲府城はJRの線路によって分断されている。お城が鉄道によって分断されているところはかなりある。
要害山城
2018年6月7日
甲府駅近くの藤村記念館でスタッフを押す。
石垣山城
2018年6月17日
秀吉が80日で本格的な総石垣の城をつくり、北条氏の戦意を喪失させたといわれる、いわゆる一夜城。今は、整備され公園になっている。
松本城
2018年8月22日
売店で小学校社会科、総合的な学習の時間で活用するために作成した松本城を内容とする副読本を1000円で購入しました。松本城の歴史的文化的な価値を子供達に引き継いで行こうとする素晴らしいこころみです。市内の子どもたちには無償で配布されているとの事、さすが教育県長野の松本市です。
高遠城
2018年8月22日
桜の時期を外すと閑散としており、草などもう少し手入れをしてほしい。
新府城
2018年8月30日
勝頼が最後に作ったしろです。ここに滞在したのは80日。家康が北条氏との戦いで、ここに陣を構えていました。
丸岡城
2018年9月1日
コンパクトな可愛い城でした。
一乗谷城
2018年9月2日
戦国武将の館が復元されていました。
福井城
2018年9月2日
天守台に登ったら、ボランティアガイドさんが、隣に見える県庁のビルと同じ高さのぐらいの天守がここに建っていたと説明してくれました。ブラタモリでは一乗谷とここ福井の関係を取り上げていました。
越前大野城
2018年9月2日
竹田城と同じように天空の城といわれています。天守に登る坂がかなりきついです。
水戸城
2018年9月15日
大手門の復元が待たれます。
川越城
2018年9月16日
空堀、土塁が復元されています。市立歴史博物館にあるお台場の警備に川越藩、忍藩が参加している絵図をを見つけた。お台場の大砲を作ったのは韮山の反射炉だったり、佐賀藩や薩摩藩もかかわったり、当時の国難にたいし、親藩、譜代、外様を問わず関わっていたことがあったように思われます。
基肄城
2018年9月18日
基山町民会館でスタンプを押すのみ。豪雨のため破壊された道が復旧されていないため。
久留米城
2018年9月18日
江戸城の外堀が埋め立てられて上智大学のグラウンドになっている。ここ久留米城のお堀も埋め立てられて久留米医科大学のグラウンドになっている。何と城のお堀のあと利用に共通点を見つけた。これも城歩きの楽しさである。
唐津城
2018年9月18日
元の城は名護屋城の資材を転用して作ったといわれている。現在がは模擬天守が立っている。
原城
2018年9月19日
島原の乱。天草四郎を中心にして立てこもり幕府と戦った。農民一揆と言われているが、実際には純粋に農民たちだけでなく、大阪城などに立てこもっていたりした元武士であった浪人たちなどが各地から集まっていたともいわれている。
最後は幕府も威信をかけて、戦い勝利を収めた。
鞠智城
2018年9月19日
鞠智城で校倉造の米の倉庫を見た時の感動は忘れることができない。八角形鼓楼は有名だが。正倉院で使われた大和の文化が熊本にまできたのか。ここ菊地地方はよいコメの産地だという。そのコメの倉庫として校倉造が使われていたのか。疑問が湧いてくる。
志布志城
2018年9月20日
埋蔵文化財センターで説明を聞くのみ。前日が雨のため、登城の許可が教育委員会から出ず。
八代城
2018年9月20日
一国一城令の例外として作られている。薩摩藩の動きを警戒するためである。石垣にところどころ修理の跡がある。
知覧城
2018年9月20日
山城、土塁、空堀のよさ味わえる。
佐土原城
2018年9月21日
日本最南端の天守台が発掘された。
延岡城
2018年9月21日
「千人ごろし」物騒な名前の石垣である。石垣の隅の石を外せば、石垣全てが崩れるという。橋を外すということは聞いたことがあるが。スケールが違いすぎる。
佐伯城
2018年9月21日
総石垣の山城。
小倉城
2018年9月22日
天守の修理中で中に入ることは出来ないなかった。南蛮づくりで有名天守である。
臼杵城
2018年9月22日
大友宗麟がつくった。宗麟は、大分府内は政治、臼杵は商業の町にしようとした。重箱櫓である畳櫓が珍しい。
水城
2018年9月22日
唐、新羅の連合軍から太宰府を守るために土塁と堀を通した。大和政権は国家をまもるために、今に残る仕事をしている。驚くばかりである。
角牟礼城
2018年9月22日
穴太衆が積んだと見られる石垣が発見された。それ以前は誰も近づかないところだったそうである。
中津城
2018年9月22日
黒田氏と細川氏の石垣の違いが見られる。
犬山城
2018年9月27日
廻廊に出ることができました。木造なので怖い感じがしました。火灯窓は飾り物で実際の窓ではありません。
滝山城
2018年10月11日
武田信玄の攻撃にも持ちこたえた平山城。東京の続百名城。本丸と中の丸の堀切に橋がかかっている。
足利氏館
2018年10月12日
濠に囲まれた武家の館に感動。
唐沢山城
2018年10月12日
大河ドラマで平将門をやった時、藤原秀郷が将門を抑えるために登場する。その藤原秀郷を祭っているのが、唐沢山神社。唐沢山城の本丸に建っている。その南側の石垣は素晴らしい。猫が沢山いて驚く。
長篠城
2018年10月21日
勝頼の陣地があった医王寺から長篠城を眺めました。勝頼はこの景色をどんな気持ちで見ていたのでしょうか?
岡崎城
2018年10月21日
仕事で何回も岡崎グランドホテルに泊まり、窓から岡崎城を眺めていた。今回は、城としてじっくりとみることができた。堀と土塁が素晴らしかった。
吉田城
2018年10月21日
お城まつりで大いに賑わっていました。お城は本当に市民の憩いの場であることを実感しました。豊川に面した御三階櫓に登りました。
興国寺城
2018年10月22日
北条早雲が初めて手に入れた城。土塁を上って見た空堀の深さに驚かされた。
諏訪原城
2018年10月22日
ここの三日月を見たときは、山中城の障子堀を見たとき以上に感動した。よくこんな大規模なものができたものだ。人間の力と技は素晴らしい。
春日山城
2018年10月28日
ここを訪れるのは2回目。しかし、前回は富山市八尾の越中おおわらを見るのがメインのツアー。
石坂浩二にその顔が似ていると言われる上杉謙信の銅像があるところまで。春日山の山頂には行きませんでした。今回は上まで登りが、かつて謙信が眺めていた日本海の景色を見ることができました。
高田城
2018年10月28日
松平忠輝の城、天下普請。土塁の城といわれているが、石垣もあったと発掘の結果分かってきた。
鮫ケ尾城
2018年10月28日
記念品を斐太歴史の里総合案内所でもらいました。
富山城
2018年10月28日
模擬天守ながらお城の雰囲気を感じさせてくれました。
増山城
2018年10月28日
謙信を一度は追い返したというだけにしっかりした山城でした。
駿府城
2018年11月11日
秀吉時代の石垣が出て来たことが話題になっている。時間の関係で発掘現場に入る事ができなかったのは残念でした。次回必ず行きたい。
高天神城
2018年11月11日
武田と徳川で争い続けたた。信玄が攻略できなかった城を勝頼が落とした。勝頼はこれで自信を深め、長篠の戦いに挑んだのではないかとの考えが浮かぶ。高天神を制するものは遠州を制す。それだけ重みのある城なのだ。
浜松城
2018年11月11日
家康が天下を取る前にかなりの時間を過ごした城。若き家康の銅像がある。
金沢城
2018年11月15日
30軒長屋と唐破風のある櫓を堪能しました。
鳥越城
2018年11月15日
加賀一向一揆の最後の砦。よく復元されていました。土塁と空堀も素晴らしかったです。
鳥取城
2018年11月16日
1号目から10号目まで登りました。今まで登った城の中で一番つらかったです。秀吉が兵糧攻めを考えた訳がわかったような気がしました。今度は太閤ヶ平に行ってみたいです。
佐柿国吉城
2018年11月16日
山岡荘八の徳川家康に「佐柿の城」と一言出てきます。なかなか整備された見事な山城でした。
松江城
2018年11月18日
国宝になるための証拠、慶長16年の祈祷札のレプリカがありました。天守の地下に井戸がありました。
若桜鬼ケ城
2018年11月18日
なぜ、ここに城を気づいたのか本丸に登ってみるとよくわかる。各街道の出発点になっている。ここから見張れば敵の様子が手に取るようにわかる。
浜田城
2018年11月19日
柿本人麻呂こことが案内版に記述してあったり、知らない世界に飛び込んだような気がした。石垣を登り天守台まで行く。海の色が実に美しい。幕末、官軍の攻撃を受け、焼けてしまった歴史をもつ。
萩城
2018年11月20日
雁木、そりのある石垣を見ました。船着場、総門を次回見たいと思います。
津和野城
2018年11月20日
石垣の立派な山城です。危険箇所の工事をしていました。
米子城
2018年11月21日
頂上は天気がよく360度景色を満喫することできた。石垣も素晴らしい。上り石垣が発見された。
仙台城
2018年11月24日
仙台市立博物館の裏庭にある、初代伊達政宗像を見てきました。
五稜郭
2018年11月30日
五稜郭タワーがあるから五角形の全体像が見えろ。大山古墳の参考にはならないものでしょうか。
箱館が開港になった時、市民レベルの交流がアメリカの船員さんと展開されたことが、五稜郭の展示にありました。下田でも同じようなことがあった聞きました。重なって面白かったです。
志苔館
2018年11月30日
お城というより広い野原という感じででした。津軽海峡の眺めはよかったです。五稜郭からタクシーで行ったのですが、運転手さんも初めて行く所だと言っていました。
根城
2018年12月1日
発掘調査の結果を生かして復元されている遺構が素晴らしい。案内してくださるボランティアガイドさんが素晴らしい。
会津若松城
2018年12月2日
復元された廊下橋を渡りました。ここの廊下橋には屋根がありません。合い坂になっている雁木も印象的でした。
多賀城
2018年12月3日
多賀城碑について自主的に説明してくださり、資料もくださる方がいます。出会うとラッキイですね。
白河小峰城
2018年12月3日
震災後復元された御三階櫓の中に入ることができました。戊辰戦争で銃弾が撃ち込まれた材木を使ったところみ驚きましたが、歴史を後世に伝える生の資料になると思いました。
白石城
2018年12月3日
片倉小十郎と真田信繁、その娘「阿梅」の話、現地に行ってみて初めて知る歴史の面白さを感じました。戊辰戦争では奥州越列藩同盟の本拠地にもなったのですね。
山形城
2018年12月4日
夏場に行った本丸の中に入りたい。一文字土居この目で見たい。
二本松城
2018年12月4日
本丸から見た安達太良山の本当の空が忘れられてません。
島原城
2018年12月4日
層塔型の立派な天守。分不相応なものを作り、農民を苦しめ、島原の乱の原因になったと言われている。
米沢城
2018年12月4日
上杉鷹山の業績を調べに何度も訪れた上杉神社。城としてみるのは今回が初めてです。武田氏館、鑁阿寺と同じように武家屋敷を感じた。お堀のまわりを巡った。
福岡城
2018年12月7日
かつて47あった櫓が、今、4つ現存している。多聞櫓、西の丸南隅櫓、潮見櫓、祈念櫓である。この櫓を見に行った。
吉野ヶ里
2018年12月7日
城の最も古い形式、環濠集落。堀、柵で集落を防衛する。物見台もある。地元高校教師の執念が偉大な遺跡の発見につながったという。
松阪城
2019年1月11日
新婚旅行昭和50年以来の松阪城です。鈴屋に行った記憶があります。改めて見る石垣、見事でした。
津城
2019年1月11日
伊賀上野城と並び藤堂高虎の本拠地。
名古屋城
2019年1月20日
新しくなった本丸御殿を見て回りました。虎と票の襖絵ですが、当時の画家は本物にトラを見たことがないので、猫を見て想像して書いたということです。
松前城
2019年1月25日
雪の中の弘前城は素敵でした。
弘前城
2019年1月25日
雪の天守や櫓は趣がありました。
根室半島チャシ跡群
2019年1月26日
大人の休日クラブを利用して、やっと花咲線を利用して根室へ。前日は雪のため運休。タクシーを利用してオンネモトチャシへ。風のため
立っていることも大変。振った雪は風で飛ばされほとんどない。根室駅の観光案内所で貴重なスタンプを押す。
久保田城
2019年1月28日
目の中をわたし一人が御三階櫓にいました。
浪岡城
2019年1月29日
雪の浪岡城。入口より先に進めませんでした。浪岡駅でスタンプを押しました。
九戸城
2019年1月29日
冬を待つ城に描かれた九戸政実の九戸城、雪に埋もれていました。春になったらまた訪れる予定です。
小田原城
2019年2月19日
小田原城の総構えを巡りました。ブラタモリでも紹介されました。城めぐりを始める前は後北条氏の力にそれほど気付きませんでしたが、その偉大さを見直さなければならないと、今思います。
小谷城
2019年3月5日
時間が充分に取れなかったのでタクシーで周囲をまわり雰囲気を味わった。
大垣城
2019年3月15日
関ヶ原の合戦で石田三成率いる西軍の陣地になった城です。史料館の展示を読んでいると、家康が徹底的に批判されている記述があり、興味深かった。やはり、現地に来てみるものです。前日の西軍、島左近の活躍も、ここに来て初めて知りました。
金田城
2019年3月16日
もし、唐.新羅の連合軍が攻めてきたら、対馬は真っ先に攻めてこられるだろう、その危機感がこの城を作らせたのだろう。それも大和政権が作ったところがすごい。今のとうにICTを自由にこなせる時代ではない。適切な情報を素早く入手し、国家、国民を守る。当時の政治の行なったことが結果として残っている。今の政治家にも、この間の歴史をしっかりと学んで欲しい。
福江城
2019年3月17日
福江藩は、ずっと築城を幕府に願い出ていた。それが許可されたのは、外国船の脅威を幕府が感じ出した幕末になってからである。そして、そ完成の喜びもつかの間、明治維新を迎え、廃城令が出される。石垣など当時の遺跡が残っている。福江高校の敷地になっている天守台の石垣は素晴らしい。
上ノ国勝山館
2019年3月26日
松前に行く途中に通りかかり、上ノ国教育委員会でスタンプを押しました。6月28日に大人の休日倶楽部切符を利用した再びたずねる予定です。
津山城
2019年3月29日
桜まつりの提灯がかかっていますが、桜はまだのようです。一二三段と言われる石垣を探しました。
備中松山城
2019年3月30日
備中松山城城主さんじゅろう君のご拝謁に浴しました。光栄の至りです。
岡山城
2019年3月30日
備中松山城、備中高松城、岡山城と3つの城を電車でまわりました。
備中高松城
2019年3月30日
秀吉の水攻めで有名備中高松城である。水攻めを実感するには、堤防の一部が残る蛙ヶ鼻に行くことをお勧めする。真っ赤なお稲荷さんの大鳥居を目指して行くと良い。







福山城
2019年3月31日
懸けづくりの湯殿を見たいと思いました。
広島城
2019年3月31日
桜と夕場の広島城を見ました。
三原城
2019年3月31日
新幹線の三原駅から天守跡まで直行。お城が鉄道によって分断されている。同じような所は、甲府城長篠城などある。小早川隆景の業績を求めて、水堀を一周する。
新高山城
2019年3月31日
三原城とセットで見ることによって小早川隆景の業績を偲ぶことができる。なかなか登り甲斐のある山城だった。
岩国城
2019年4月1日
新しい元号、令和の発表を聞く。南蛮造りの天守を堪能する。
岡豊城
2019年4月13日
長曾我部元親の居城。おこうじょう。ここから四国を制覇した。山内一豊が土佐に赴任した時、長曾我部の残党に苦労したのは有名な話である。それだけ、長曾我部氏と人々の結びつきは強かったのだろう。
一宮城
2019年4月13日
蜂須賀氏が、徳島城に入る前に入った城。石垣が整備されてている。
引田城
2019年4月14日
瀬戸内海に面する山城。良港を得て、城下が海の取引で栄える。醤油は有名。
勝瑞城
2019年4月14日
三好氏の館と城跡がある。発掘を進め復元を進めようとしている。鉄工所の跡地を町が手に入れた。一乗谷城のように町だけに任せず、県が発掘、復元に積極的にかかわることを期待している。
大多喜城
2019年4月22日
本多忠勝が築いた。慶長14(1609)年、サンフランシスコ号に乗っていたスペイン人ドンロドリゴらは、船が難破して大多喜に保護されていた。ロドリゴは、大多喜城が壮麗であることを日本見聞録に書き記録した。
上田城
2019年5月3日
今回で上田城を訪ねるのは3回目、藩主の居館跡を訪ねるのは初めて。県立上田高校になっている。写真を撮っていたら散歩中の卒業生の方がシャッターを押してくれました。
鉢形城
2019年5月12日
八高線折原の駅でおりたち、秀吉の軍が大砲を打ち込んだというか車山を目にする。
八高線は八王子へそして横浜線、相模線を通して、橋本、茅ヶ崎へ、その先は小田原に繋がっている。八高線をシルクロードと捉えていたが、その以前の鎌倉道や小田原につうじる道の存在を実感することができた。
安土城
2019年5月13日
雨天のため安土町城郭資料館、信長の館を訪ねました。
多気北畠氏城館
2019年5月25日
北畠氏の居城、庭園。そして詰め城霧山城の登山口近くまで行きその雰囲気を味わいました。
田丸城
2019年5月25日
信長が伊勢を攻略するために次男信勝を田丸氏の養子にした。石垣が素晴らしい。朝日新聞社創業者村山龍平さんの出身地。
新宮城
2019年5月26日
新宮藩が3万石でこんな立派な切込接ぎの石垣の城を作ることができたのか。それは備長炭という副収入があったからです。石高はお米による収入ですが、炭による収入は別会計です。江戸だ備長炭は高く売れたのです。そんなカラクリを講師の話から学ぶことができました。
徳島城
2019年5月30日
西三の丸跡、私たちの他誰もいず、風が心地良かったです。緑色片岩の石垣、趣があって素晴らしかったです。
高知城
2019年5月31日
高知城に行きました。他の城にはない金属で出来た武者返しを見たいと思っていました。しかし、残念ながら見つけられません。帰りに、受けの方に質問しました。黒鉄門をくぐって下り、鐘楼を左に曲がり、犬走りの細い道を進み、上を見上げる。ありました。親切に教えてくださった受付の方、ありがとうございます。あ
宇和島城
2019年6月1日
前回来た時は雪のために天守に登ることが出来ませでした。今日は登ることができました。百名城スタンプの記念すべき百個目を獲得しました。薬医門として有名な上り立ち門にも行くことができました。
河後森城
2019年6月1日
河後森城に行ってきました。草刈りが地元の方によってなされており、気分良く山城歩きすることができました。
松山城
2019年6月2日
松山城へは3回目です。今回の最大の目的は、登り石垣に出会うことがです。天守閣の受けの方に質問しました。親切に教えてくださいました。ケーブルカーまで戻る道を進み、ケープルの近くで道が分かれ所で、県庁ルートを行くこと。
本当に出会えました。彦根城、洲本城にも行きました。でも、わたしが登り石垣をはっきりと認識できたのは、初めてです。感動しました。
湯築城
2019年6月2日
湯築城の河野氏が力のあった頃は、源頼朝が活躍した時代と重なる。瀬戸内海、村上水軍。海を支配することが、大きな課題だったようです。資料館の方のお話を聞いて、そんなことを思いました。
大洲城
2019年6月2日
大洲城の4つの現存櫓を訪ねました。城内の高欄櫓、台所櫓、そして城外の南隅櫓、御苧櫓です。
丸亀城
2019年6月3日
昨年の西日本豪雨と台風のために崩落した現場を見てきました。熊本に視察に行ったりして、復興に取り組んでいました。
高松城
2019年6月3日
月見櫓(着見櫓).艮櫓、天守台を見て回りました。
今治城
2019年6月3日
海水を内堀に取り入れています。天守から取り入れ口が見えます。
首里城
2019年6月4日
30代の頃、守礼の門を訪ねたことがありましたが、首里城全体として復活していて驚きました。
飯盛城
2019年8月27日
四條畷駅のタクシーの運転手さんに続百名城のガイドブックで飯盛城のぺージを見せてたら、知らないと、3人目の運転手さんが、行ってくれることになった。四條畷市立歴史民族資料館で情報を得るという条件付きで。資料館で訳を話すと地図をくれた。阪奈道路から楠公寺方面へ左折、途中、野外学習センター、大阪桐蔭高校の野球場、いずれも車一台やっと通れるほどの細い道へ斜め右折、運転手さんも走りたくないような細い道が続く。楠公寺到着。わたしはここから頂上まで歩いて登る。楠公寺から頂上の展望台の真下まで、車で行けると思います。わたしが歩いた距離は、およそ三十分。このコースでは頂上の展望台までは行けましたが、石垣を見ることは出来ませんでした。タクシーの運転手さん以上に運転に自信がある人、1時間30分登山の出来る人におススメの
コースだと思います。スタンプは、資料館で無料で押せます。大阪桐蔭高校野球部の取材に来る記者が野球場までタクシーを利用することはあるのですが、その奥の山城までタクシーで行く人はいないことがわかりました
芥川山城
2019年8月27日
高槻駅の観光案内所でスタンプを押すのみ。JRを乗り継いで四條畷駅へ。長岡京、山崎など途中下車したくなる歴史スポットのある駅名を楽しむ。この駅名には参りました。放出駅。みなさん読めますか。「はなてん」と読みます。鉄道の旅は楽しいです。
岸和田城
2019年8月27日
このお城が見えてきたとき、本当に久しぶりにいいお城🏯に出会えたと思いました。昭和29年に市民の寄付で復元された復興天守です。犬走りがはっきりと見えるのも素晴らしいです。
大和郡山城
2019年8月28日
転用石のデパートです。近鉄大和郡山駅から徒歩10分で行けます。柳沢文庫の資料とビデオを見てから、実際に石垣を見た方が、理解が早いと思いました。わたしは時間の関係で柳沢文庫が後になっていました。
宇陀松山城
2019年8月28日
昨日の飯盛城に比べると楽勝です。道路が整備されています。しかし、まちづくりセンター以降、車は通行止めです。整備されてた道路を6分の5歩くことになりまず。30から40分で頂上まで往復できます。頂上は360度視界が開けています。
出石城・有子山城
2019年8月30日
このお城🏯だけは、「城より蕎麦」です。今日から映画「お引っ越し大名」が、公開されています。出石の蕎麦にはこのような歴史があります。仙石秀久は、信州上田藩からこの出石藩にお引っ越ししてきました。およそ、今の道路で480kmです。そのとき、蕎麦職人を連れてきました。そして、蕎麦を出石の名物に育てました。わたしは、小諸に本店があり、上田や佐久平に支店がある店でよく蕎麦を食べています。だから、出石の蕎麦を食べるのが楽しみでした。蕎麦の出し方は、小皿で出てきますが、味はわたがよく食べる佐久平の店の蕎麦と似ていて大満足でした。
福知山城
2019年8月30日
先日、岸和田城に行きましたが、ここも転用石のデパートでした。明智光秀が築城したということが、来年は盛り上がりそうです。ただ、光秀が城主だったのは2年間だったそうです。商人の税を免除した理、地元では評判がよさそうです。
黒井城
2019年8月31日
明智光秀が攻めても攻め切れなかった城。丹波の赤鬼、赤井直正が活躍した。来年の大河ドラマでは、どんな赤鬼が出て来るか楽しみです。
鎌刃城
2019年8月31日
鎌刃城はヒルが木から落ちてくると情報が、本サイトにありました。タクシーの運転手さんに聞くと、湿気の多く、暑いときにヒルが出るとのこと。寒い冬は大丈夫なようです。番場宿のカヘェで、パンフレットと押印。100の協賛金を募金箱に入れました。
玄蕃尾城
2019年9月1日
木ノ本に住んでいる友人に案内してもらいました。滋賀県から県境を越え、福井県側から登ると、20分で本郭に登れます。遺構がはっきりとわかる山城でした。草刈りや整備をしてくださっている方々に頭が下がります。ありがとうございます。
八幡山城
2019年9月1日
秀次が地元の人に、今、とのように評価されているかを確かめたかったのです。写真にあるような掲示を見つけました。秀次なきあとは、自分たちがと、近江商人の決意が述べてあります。それが今まで繋がっているのだと思います。八幡山山上の瑞龍寺で7月15日の命日には、市民を含めた実行委員会の手で法要が行われたいます。
秀次の政策が今でも評価されているように思いました。
秋田城
2019年9月2日
多賀城跡に似た雰囲気です。水洗トイレの復元にはまいりました。よくできています。この時代に中央から視察に来た高級官僚を接待でもしたのでしょうか?
脇本城
2019年9月2日
広々とした山城です。土塁、空堀よくわかります。日本海素晴らしいです。
鶴ヶ岡城
2019年9月3日
庄内神社でスタンプを押す。ここはかつて城の本丸だったそうです。鶴岡駅に西郷隆盛ゆかりの地の幟が立っていました。西郷隆盛が戊辰戦争で庄内藩に寛大な措置をしたからだそうです。
村上城
2019年9月3日
本当に石垣の素晴らしい城でした。パンフレットでは、打ち込みハギとなっていますが、切り込みハギのように見える石垣もありました。今回、天気と時間の都合で残念しましたが、中世の城郭コースにまた挑戦したいと思います。
向羽黒山城
2019年9月5日
羽黒山の川を挟んで向こう側にあるので、向羽黒山だそうです。会津若松駅で乗ったタクシーの運転手さんが、駐車場から一曲輪の頂上まで一緒に歩いてくれたので、よかったです。熊は出てきませんでした。堀のはっきりわかるスケールの大きな山城です。
三春城
2019年9月5日
1万数千の人口の所に20万の人々か、滝桜を見に集まる三春町。三春城は向羽黒山城を訪ねた直後だけに、「夏草や・・・」の感じがした。」
立派なパンフレットに対応した丁寧な説明や表示、そして、石垣の草刈りなど、お城にも目をかけた地元の対応が、今後期待されるところだ。
小牧山城
2019年9月25日
れきしるこまき小牧山城史跡情報館で、昇太師匠が案内する2本のビデオを見てから、登城した方がが、効率的にまわれと思います。発掘の成果を生かした整備が進んでいると思います。
能島城
2019年10月1日
福山からレンタカーでしまなみ海道をドライブして行ってきました。村上水軍博物館、海潮体験の船で、能島の近くまで行きました。能島周辺は潮の流れが速いことを実感しました。ここの通行案内をするめに村上海賊が果たした役割がわかりました。
古宮城
2019年10月2日
作手(つくて)歴史民俗資料館で、スタンプと縄張り図を手に入れました。白鳥神社から登り始めました。堀切、竪堀、土塁の連続ですが、案内図、矢印など基本的な表示などが望まれ所です。車がないと、とても不便な所です。
苗木城
2019年11月1日
岩盤の上に築かれた天守を模した展望台が見事です。懸け作りが素晴らしい。清水寺、福山城の湯殿にあります。仙台城は、想像の絵があるだけです。展望台から景色をみていると、竹田城を思い出しました。天気もよく恵那の山々の景色が素晴らしい。
美濃金山城
2019年11月1日
美濃の山城です。森乱丸の父森可成の城です。三代城主は忠政です。ここから、一二三段で有名な美作津山城主になりました。ここ美濃金山城が土台となって、石垣の見事な津山城ができたのではないかと、勝手な想像をしました。
郡上八幡城
2019年11月2日
続日本百名城99城目です。大垣城の図面を参考に、昭和8年に木造復元した最古の城です。城からの街並み眺めがよかったです。山内一豊の千代さんの出身地だそうです。
大内氏館・高嶺城
2019年11月24日
今日、大内氏館、高嶺城を訪れました。2018.4.7龍岡城を訪問して以来、今日2019.11.24続日本百名城全て訪問することが出来ました。
1年7かかりました。それは、同時に日本の47都道府県を回ったことになります。高嶺城へは、山口駅からタクシーを利用しましたが、すれ違いの難しそうな所がありました。続百名城は、このような山城が他にもありました。
一つの区切りがついたので、これからは、一つの城をじっくりと見る城郭ウォッチングをしていきたいと思います。