トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID9237
名前有楽斎
コメント静岡住みです。一人でも楽しめる趣味としてはじめました。のんびりと地道に完全登城を目指したいと思います。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
岐阜城
2018年7月26日
記念すべき1城目。先に正法寺の岐阜大仏を拝んでから、登城。ロープウェイの中が蒸し風呂状態で、すでにヘロヘロながら天守までの道のりでさらにへろへろに。途中、木々の中から現れた岐阜城天守、美しい・・・。暑い夏にはあまりお勧めできませんが、天守からの長良川を見下ろすと疲れも吹っ飛びます。帰りのロープウェイの時間に合わせて乗り場まで戻るのが吉。
大垣城
2018年7月26日
続1城目。大垣の中心部にあり、わかりやすいものの駐車場がないのでよく探す必要があります。たまたま一番近い時間貸しのタイムズが空いていたので助かりました。そこから徒歩3分。天守周辺は荘厳な雰囲気があり落ち着きます。
犬山城
2018年7月27日
2城目。現存天守は空気が違っていました。日本の木造建築のすばらしさを再認識しました。木曽川のほとりから見上げた犬山城は美しいの一言。また天守から見下ろす木曽川の雄大な流れは心を豊かにしてくれました。
郡上八幡城
2018年7月28日
大垣城〜岐阜城と足早に見学したうえで登城。一方通行の山道の先に駐車場があり、そこから徒歩3分でお城に到着。入城前のちょっと広場からの城を見上げるポイントがサツエには適している感じです。登城後お宿のある下呂温泉へ移動。
山中城
2018年7月31日
3城目。地元に日本100名城があることをつい最近知ったんですが、これだけ素晴らしい遺構が残されていることに感動しました。派手な城郭や石垣はないですがここに来てみて城の奥深さを知りました。現代の整備された状態でもこの城を歩くのは大変で戦国時代に甲冑をつけて武器を持ちながら命がけで戦っていたというだけで想像を絶する物だと理解できました。ここを半日で落とした豊臣軍もすごいですが北条軍が僅かの兵で持ちこたえていたのも理解できました。本当に素晴らしい史跡だと思います。時間をとってゆっくり歩いてもらいたいですね。
駿府城
2018年8月9日
4城目。二の丸堀の外周部をまわった後、大手門から駿府城公園へ。坤櫓を見学。百円でビデオとガイドさんの坤櫓の生解説を聞くことができる。坤櫓の石垣で猪目石を発見して幸運を祈願。天守台発掘現場を観察したあと東御門でスタンプゲット。静岡県庁別館21Fの展望ロビーからは二の丸堀から内側が俯瞰できるのでおススメです(無料ですし空いてる穴場)。天守台発掘現場側には案内所の「きゃっしる」がありここでは駿府城天守の情報がビデオで知ることができる。こちらは無料。
明石城
2018年8月10日
6城目。姫路城から眺めるのが帰り道で立ち寄りました。球場横の駐車場が便利です。
姫路城
2018年8月10日
5城目。平成大修理後初めて登城。人出が多いのが辛いがそれでも各門をたどって天守まで行き着くと感動があります。西の丸からの連立天守の眺めは最高なのでおススメです。
大阪城
2018年8月11日
7城目。メジャーな観光スポットということもあり人手が多い。じっくり見るなら天守よりも石垣をじっくり眺めるのが吉。ただしスタンプは天守一階なので一度は入らない地ダメなのが辛い
観音寺城
2018年8月12日
8城目。猛暑の中、石寺楽市にてスタンプゲット。スタンプは石寺楽市のほかに観音正寺と安土駅そばの城郭資料館の3か所でゲットできるのを後で知った(笑)。石寺楽市は山城の麓にあり山を見上げる形となる。安土城とは山でお隣になるが、規模は観音寺城のほうが大きい。山城好きとしては登ってみたいが暑さのため季節を選んで再度挑戦したい。この城一つで1日楽しめると思う。
安土城
2018年8月12日
9城目。観音寺城のスタンプを石寺楽市でゲットしてからJR安土駅そばの安土城郭資料館に移動してスタンプゲット。資料館は有料だが職員の方に歓迎され、安土城の巨大な模型や各種資料で結構おなかいっぱい楽しめる。クイズに全問正解(答えは資料館をじっくり回れば正解可能)すると、景品とともに安土城のパンフをもらえる。これが結構読みごたえがある。観音寺城の資料館でもあり安土城と観音寺城の地形の模型で位置関係などもわかりやすく理解できます。この資料館から安土城址の入り口までクルマで15分程度。こちらも暑さのため登城は断念。405段の石段を登っていたら死んでしまいそうなくらいの暑さだったが、石段を見上げるだけで十分安土城のすごさは理解できる。秋にもう一度来て石段を制覇したいと思う。
彦根城
2018年8月12日
記念すべき10城目。観音寺城、安土城に続いて登城。お盆の真っ最中ということで人気の城ということで混雑が激しい。駐車場はお堀の外側の京橋口駐車場に止めました。登城ルートですがおすすめは大手門から入場して大手門事務所で入場券を買い、まっすぐの石段を登った後、堀切を見上げつつ、落とし橋〜天秤櫓〜太鼓櫓〜本丸・天守に行き、堀切まで戻った後〜表門橋を経由してスタンプのある開国記念館に行くのがおすすめです。本当はもっとお堀の外側から石垣なども楽しみたかったですがとにかく人出がすごいので、何回かに分けて登城するのがいいと思います。今回は天守も修復工事でしたので晩秋に再登城するつもりです。
掛川城
2018年12月7日
11城目。これで静岡県制覇。冬の平日ということもあり空いていた。駐車場は大手門駐車場を利用。木造復興天守は見事というほかなく、よくここまで再現できたな、と感心しました。
二条城
2018年12月7日
12城目。夜間ライトアップとプロジェクションマッピングを見るために登城。京都は空襲を受けていないので保存状態が極めて良いのは当然として、時代の切れ目を見てきた風格を感じさせる。また行きたいお城です。
小田原城
2019年3月22日
13城目。報徳二宮神社専用駐車場にクルマを止めて登城。リニューアル後は初めてですが復興天守がきれいになってました。桜の季節は素晴らしい景色になりそうです。隅々まで整備が行き届いていてリピーターが多いのも納得。お城総選挙でも上位に顔を出すだけはあります。お濠からじっくり眺めて最後に天守方向に行くのがおすすめです。天守の入り口にスタンプがありますが天守に入場しなくても入り口でスタンプは押せます。駐車場は二宮尊徳駐車場が近くて便利ですが混むので朝9時には到着が必要でしょう。
八王子城
2019年3月22日
14城目。小田原城からの流れで登城。北条繋がりってこともあります。こっちは完全な山城で、北条の城らしさ全開です。入り口にある無料の駐車場にクルマを止めて5分歩いたところに管理事務所がありスタンプゲット。ここから御主殿に向かうルートと本丸に向かうルートに分かれます。本丸は小一時間の登山ルートということで今回は諦め、御主殿ルートに向かいます。ゆっくり山道を登って約15分、復元された曳橋を経由し御主殿の虎口へ石垣も復元されたものですが、かなりそれっぽく見えますし、北条氏の城ってことが良くわかる遺構だと思います。御主殿のエリアはかなり広めでこの山中にこれだけのものを作った北条氏の力を見る思いです。山頂にある本丸にはいずれ登ってみたいです。その際はトレッキングの装備は必要でしょうね。
長篠城
2019年4月5日
15城目。新東名高速・新城IC降りてクルマで10分。長篠城址史跡保存館到着。駐車場は無料です。規模は小さいですが川の分岐点に立つ重要な拠点といった趣だったのがよくわかります。空堀は深く土塁もしっかり残っています。戦国時代にはここをめぐって武将がしのぎを削ったんでしょうね。史跡保存館ではスタンプをゲット。おすすめは鳥居強右衛門で当時のこの地の争奪戦がいかに壮絶だったのか想像を掻き立てられます。
伊賀上野城
2019年4月5日
16城目。桜が満開で人出もすごかったですが、駐車場もあり(有料)、石垣と天守が立派な「ザお城」という感じの城です。とても手入れが行き届いており順路も適切でわかりやすい。天守閣でスタンプをゲット。高石垣はのぞき込むなと言われても見てみたくなる高さ。高所恐怖症の方にはお勧めできません。「城を見に来た」感はかなり高くなるお城と言えますね。さすが藤堂高虎。
福知山城
2019年4月6日
続・3城目。大阪からは新名神から舞鶴道で約1時間強。来年の大河の主役明智光秀が建てた城です。桜の季節でそばの駐車場は満車。福知山市の市役所駐車場は有料ながら城から徒歩五分で便利です。整備が行き届いているので攻城しやすく、天守も立派です。天守から見下ろす周囲の盆地は四方を見通せ、ここが交通の要衝であったことを思わせます。京都府で立派な天守を持つお城としてはナンバーワンでしょう。
小谷城
2019年4月7日
17城目。なんと北陸自動車道にその名のついたスマートインターがある。高速のインターを持つ名城、それが小谷城。スマートインターからクルマで5分、戦国歴史資料館到着。駐車場は無料。ここでスタンプをゲットできます。トイレが仮設なので遠くから来られる場合は済ませておくことをお勧めします。車で5分ほどのところにあるガイドセンターにはきれいなトイレもあります。大河ドラマの放映記念の碑もあり、記念撮影に適しています。
鉢形城
2019年4月30日
18城目。花園インターから約20分、まわりより少し小高い丘にロケーションする城址。鉢形城歴史館の駐車場は広く停めやすい。歴史館の入り口のスタンプを押してぐるりと一回り。川と標高差をうまく混ぜ、高い土塁で囲む要害であることがわかる。広さもあるのでじっくり歩くつもりで攻城される方にはオススメの城と言えるでしょう。
川越城
2019年4月30日
19城目。現存御殿の前の駐車場は御殿の訪問スタンプをもらえば無料なので便利。御殿に入場してスタンプをゲット。城というよりは現存御殿を見る感じになる。埼玉シリーズは鉢形城〜忍城〜川越城とひと連なりで行脚すると変化があっていいと思う。
忍城
2019年4月30日
続・5城目。郷土博物館の駐車場は台数が少なめですが隣接しているので便利です。規模は小さいもののお堀に櫓という鉄板のビューを持つので撮影ポイントは決めやすいです。スタンプは郷土博物館入り口に設置されてます。おまけにですがランチなら城近くの相生軒でカツライスがおススメ。
石垣山城
2019年4月30日
続・4城目。小田原厚木道路の終点から10分。無料駐車場の端に設置されているトイレ前にスタンプが置かれている。この場所に城を築いて小田原城を包囲した豊臣軍の気分は味わえます。
興国寺城
2019年5月1日
続・6城目。駐車場は6〜7台そこから丘に登ると穂見神社があり、そばにスタンプ台が設置されています。そこから急な階段を登ると沼津から駿河湾を一望できる天守台跡があります。背後は断崖絶壁で背後の守りは万全であったことがわかります。そこからは城全体が見渡せるので必見です。
要害山城
2019年5月1日
続・7城目。藤村記念館でスタンプゲット。甲府城〜武田氏館に行く場合はその途中にスタンプがあるので先にスタンプをゲットしてから攻城すると良いと思います。
甲府城
2019年5月1日
20城目。甲府駅南側に位置し駐車場は有料なら沢山あります。事前に停める駐車場は決めておいた方が無駄がなくいいと思います。スタンプは甲府城の中に三ヶ所設けられています。オススメは稲荷櫓のスタンプ。鉄門(くろがね門)〜天守台〜稲荷櫓と回ると効率がいいと思います。大変綺麗に整備されており地元で大事にされている遺構です。
武田氏館
2019年5月1日
21城目。甲府城、要害山城とはセットで回りましょう。駐車場は武田神社参拝で無料になります。武田神社となってますが周囲は堀と高い土塁で囲まれ明らかに城であったことがわかります。スタンプは武田神社の脇にある宝物殿でゲット。
江戸城
2019年5月16日
22城目。首都の名城についに登城。地下鉄大手町駅からD2出口で和田倉門へ行く。和田倉門跡〜桜田二重櫓〜桔梗門〜二重橋・伏見櫓〜桜田門と抜け、楠木正成像前のレストハウスでスタンプゲット。時間があったので大手門に取って返し同心番所、百人番所〜汐見坂門跡〜本丸〜天守台〜北詰橋門と回りました。とにかく広いし見どころも多く保存状態も良いので堪能できます。東西線竹橋駅から帰還。
浜松城
2019年6月7日
続・8城目。家康の出世城です。市役所正面の駐車場に止めて攻城。市役所の真横の公園で整備されてます。天守でスタンプゲット。天守入場券でそばの天守門にも入れます。
小牧山城
2019年6月7日
続・9城目。あいにくの土砂降りの雨の中、小牧山北駐車場にクルマを停め攻城。スタンプが小牧山の頂上にある小牧市歴史館ということでとにかく山を登りますが思ったよりずっときつい道のりでした。なんとかたどり着いてスタンプゲット。歴史館では小牧長湫の戦いのジオラマが良くできていてわかりやすい。この地が交通の要衝で武将たちが激戦を繰り広げたのを思いつつ下山。清州城へ急ぐため「れきしるこまき」はまた別の機会に。
名古屋城
2019年6月8日
23城目。名城正門前駐車場の地下に停めて攻城。駐車場出口がそのまま正門なので便利。正門前で入場券を買い、正門から入城。正門入ってすぐ右手にある総合案内所にスタンプがあるのでゲットできます。西南、西北、南東の三つの隅櫓に囲まれた天守はやはり壮大。カメラのアングルもいろんな角度で狙えて楽しめます。木造天守になるため改築中ですが、できるだけ当時に近い形で復元されることを望みます。なお、二の丸西南側に「那古野城跡」の石碑があります。織田信長の居城でもあったんですね。
岡崎城
2019年6月8日
24城目。名古屋城から帰り道で攻城。駐車場は岡崎公園駐車場が便利です。大手門から出世ベンチを経て天守へ。木に覆われてそのすべてをカメラに収めるアングルがほとんどないように思えますが、きっと桜の季節にはいい景色になるんでしょうね。天守入り口にスタンプがありゲット。ジオラマが良くできていて城下の一日というホログラムもよくできており必見。
吉田城
2019年6月8日
続・10城目。豊橋市役所地下駐車場が意外と便利。スタンプは市役所13階の展望エリアに常設されていて土曜日でも押すことができました。15時を過ぎていたので鉄櫓にはタイムアウトなので、市役所スタンプは助かります。エレベータで降りて左手の出口はそのまま豊橋公園につながっていてアクセスは良好です。豊川側に抜けて西日の受けた鉄櫓がとても美しいですね。川とお城の組み合わせは鉄板。できれば橋を渡って対岸から撮影するともっといいアングルになるかも、と思いつつ強行軍が足に来て撤収。また来たいです。
岩村城
2019年7月12日
25城目。新東名新城ICからR 257を北上、約90分で出丸駐車場に到着。梅雨ど真ん中の平日ということで貸切状態の本丸を周辺を散策しました。遺構ごとにQRコードで再現CGを見ることができる仕掛けは良くできていました。六段壁は流石に壮観でした。出丸駐車場から岩村歴史博物館へ車で約5分。登城口には太鼓櫓が復元されていますので必見。スタンプは「まち並みふれあいの舘」でゲット。
和歌山城
2019年7月15日
26城目。和歌山市役所駐車場が便利(2時間無料)。二の丸庭園も必見ですが、連立式天守はどの角度から見ても絵になります。スタンプは天守入場券売り場にあります。
千早城
2019年7月15日
27城目。まつまさ駐車場(600円)に止め、お店の入り口にあるスタンプをいただく。いったんもと来た道に下り、50mほど進むと右手に交番がありその真正面が登城口です。案内板があり、そこから壁のような石段が待ち構えています。見えているのは勿論「さわり」だけ。そこから延々と石段を(休みを交えつつ)上ること25分、本丸に到着します。特段感動はないですが、石段がきつかった分、妙な達成感はあるかも。千早城の看板を撮影して撤収。
高取城
2019年7月16日
28城目。橿原神宮前のホテルに泊まって、8時出発。「日本最強の城」はホテルからクルマで約20分、壺阪寺の案内板に沿って県道119号線を進みます。途中からは離合が難しい場所を抜けながら約10分、八幡神社口に到着。そこから先の県道は通行止めで八幡神社口にクルマを停め登城。季節柄、どうしても虻や蜂が多いようです。できるだけ肌を出さず、帽子をかぶったほうが良いかも。約10分で大手門跡到着し、そこからは先に進むほど立派な石垣が待っています。こんな場所によくぞこれだけの石を運んだな(奈良県は石垣用の石があまりないそうですが)と思います。麓から登るルートもありますが、体力と時間がある人にしかお勧めできないかと思います。(もちろん麓からのほうが感動はより深くはなると思いますが)また、たまたま雨予報が外れた平日だったこともあり、車での登城も問題なかったですが、通常だと県道119号線は相当な「険道」だと思いますので注意が必要です。
宇陀松山城
2019年7月16日
続・11城目。道の駅「宇陀路・大宇陀」にクルマを停め、そこから徒歩3分で千軒舎。スタンプとパンフをいただけるので必ず先に立ち寄ったほうが良いかと。千軒舎の裏口から登城口に直結しているので、そのまま徒歩で裏山に上るような感じで400m坂を上ります。坂を上りきるとそこからは本格的な山道になり5分も歩くと遺構が目に入ります。本丸・天守台は広く見晴らしだ良いです。ただし虫が大量にいるので虫よけスプレーは必須。できるだけ完全防備が良いかと思います。
大和郡山城
2019年7月16日
続・12城目。駐車場は3〜4台が追手門前にあるようですが、線路わきの「大和郡山城ホール」の駐車場(90分無料)が確実。堀と石垣が3重になっていて柳沢神社の入り口右側に柳沢文庫の案内があります。柳沢文庫でスタンプをゲットし追手門側に向かいます。復元櫓が二つと追手門は雰囲気があり、撮影スポットの一つです。元の道を戻り、柳沢神社から天守台に行けます。天守台の北側には「さかさ地蔵」がある。奈良県は石垣用の石がないのでこういったお地蔵さんも石垣に使われた、ということらしい。お地蔵さんの「刺さっている」場所にはお賽銭?と思われる小銭がたくさん放り込まれていた。城旅の無事を祈願して撤収。
芥川山城
2019年8月10日
続13城目。高槻城跡のしろあと歴史館でスタンプと順路の地図をゲット。そこからクルマで20分の摂津峡公園駐車場(1000円)に向かい、徒歩5分、塚越バス停前の登城口から住宅地を抜けて三好山に向かいます。順路に案内板などがあまりないので事前に地図をHPで入手するかスタンプといっしょにもらうことをお勧めします。軽いハイキングで40分で山頂に到着、石碑が立っています。堅土塁や堀切、土橋などの遺構がありますが、大手石垣は登城ルートからほぼまっすぐ降りる近道ルート上にあり急な下り坂の途中にあるため見逃さずに行きましょう。