トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID9176
名前藤原晴
コメント山城が大好きです。
公共交通機関(レンタルサイクルを含む)を使っての制覇を目指しています。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
甲府城
2015年9月21日
1城目
松本城
2015年9月22日
2城目
休日だったので、天守閣に登るのに1時間待ち。
登場後、旧開智学校も訪問。
岩村城
2015年9月23日
3城目。
山城だけど、整備されているので歩きやすい。
高石垣は素晴らしいの一言。
大阪城
2016年2月24日
4城目。
大阪出張時の空いた時間に登城。
鹿児島城
2016年4月13日
5城目。
鹿児島出張時に登場。
併せて、城山も見学。
武田氏館
2016年6月18日
6城目。
周辺には、武田家臣団の屋敷跡や、武田信玄公の墓所もあり。
高遠城
2016年7月16日
7城目。
伊那市駅からバスで、高遠城に登城。
花見の時期は城内が有料になるが、通常は無料。
城内は中世城郭の雰囲気があります。
八王子城
2016年8月14日
8城目。
御主殿跡を回った後、本丸に向けて登山開始。
麓から本丸までは、大体30分ほど。
途中で、革靴で登っていた人を見かけたけど、すごく大変そうだった。
二条城
2016年8月27日
9城目。
世界遺産に登録されている100名城の一つ。
二の丸御殿にある大政奉還が行われた大広間一の間・二の間は、見ごたえがあります。
本丸庭園や二の丸庭園は、素晴らしいの一言。
あまりイメージはなかったですが、かつては二条城にも天守閣があったことを示す天守閣跡もあります。
高取城
2016年8月28日
10城目。
飛鳥駅からレンタルサイクルを使って、高取城へ。
途中、夢創館でスタンプを押しつつ、店員さんに登城ルートを親切に教えてもらいました。
夢創館から、徒歩にて登城。
日本三大山城の名に相応しく、登るのに汗だくだくでした。
国見櫓跡からは、飛鳥地方が一望できる絶景スポットです。
そして、本丸の天守石垣は圧巻の一言。
どうやって、この山の中に石垣を、天守を築城したのか本当に不思議です。
七つ井戸方面から下山していきましたが、途中の五百羅漢付近の道の状態はあまりよくありませんでした。
和歌山城
2016年8月29日
11城目。
大雨の中での登城。
城内では、雨の中にもかかわらず、自衛隊の方が訓練をしていました。
大天守と小天守の連立式は、徳川御三家の居城に相応しいものに感じます。
西の丸庭園と二の丸をつなぐ御橋廊下は、実際に渡ることができます。
佐倉城
2016年9月22日
12城目。
武家屋敷を訪問してから、登城。
生憎の雨により、地面はかなりぬかるんでいたので、晴れた日に行くことを推奨。
山中城
2017年4月28日
13城目。
三島駅からバスを使って、登城。
障子堀・畝堀が見事。
現在は芝が植えられているが、当時は土のままなので、落ちると容易に登ることができないとのこと。
そのような城は、たった一日で落城させた豊臣軍にはひたすら驚愕。
江戸城
2017年9月9日
14城目。
長年、東京に住んでいたのに、一度も登城したことがなかった。
徳川幕府の威光を知ら示すための巨石を使われた石垣。
都内とは思えぬほどの自然が残っており、木陰は夏でも涼しかった。
仙台城
2017年9月14日
15城目。
伊達政宗公の墓所でもある瑞鳳殿を訪問後、登城。
本丸北壁石垣は素晴らしいの一言。
多賀城
2017年9月15日
16城目。
松島を観光した後、登城。
思った以上に、広く、最後は足が棒になっていた。
山形城
2017年9月17日
17城目。
日本一の芋煮会がやっていたので、芋煮会に行ってから、登城。
本丸は一部復元がされていた。
岐阜城
2017年11月1日
18城目。
金華山ロープウェイを使わず、七曲り登山道を使って登城。
登山道はハイキングコースになっており、子供でも登れる位歩きやすく、45分ほどでロープウェイ頂上駅に到着。
天守閣から見渡す岐阜市内の風景はとてもよかったです。
めい想の小径を使用して下山(30分程度)。
その後、岐阜駅の南にある加納城も登城しました。
岡崎城
2017年11月2日
19城目。
桶狭間古戦場公園を訪問後、名鉄名古屋本線を使って、登城。
徳川家康公が誕生した城ということで、それに伴うものが随所に。
本丸付近は空堀は、遺構としてはすごく綺麗な状態で保存されています。
天守閣は再現されたもので、岡崎城の歴史に関する資料が展示されていました。
犬山城
2017年11月3日
20城目。
現存天守閣としては2城目。
天守閣にある鯱が落雷で破損していた状態でした。
天守閣からは、木曽川や伊木山城址が見えます。
登城後、犬山市文化資料館を見学。
名古屋城
2017年11月3日
21城目。
犬山城を登城後、名古屋城へ。
東南隅櫓と本丸御殿を見学した後、天守閣へ。
おそらく鉄筋コンクリート製の天守閣を訪れるのは、これが最後。
もし、次に来るときは、木造で復元された状態になるはず。
石垣は、流石天下三名城の風格を感じます。
また、城内には、那古野城跡もあります。
松代城
2018年4月28日
22城目。
川中島古戦場史跡公園を経由して、登城。
本丸から千曲川を眺め、川中島合戦時の武田信玄公と同じ視点を味わえたことに感激。
その後、真田邸や松代藩文武学校を見学した後、上田城に向かう。
上田城
2018年4月28日
23城目。
松代城に続いて、上田城を登城。
真田丸の影響もあり、松代城と比較し、人の数が全然違った。
尼ヶ淵から見る上田城が一番のお気に入り。
小諸城
2018年4月29日
24城目。
穴城との別名も納得する城の造りは、とても面白い。
大手門は小諸駅を挟んで反対側にあり、内部も見学することができる。
市内の光岳寺には、小諸城から移築された足柄門もあります。
龍岡城
2018年4月29日
続1城目。
龍岡城駅から徒歩にて、桝形を経由して、登城。
休日であったため、小学校敷地内にある城内を散策できました。
城内には、御台所櫓が現存していますが、中を見学することはできません。
付近に高い建物がないため、星形であることを目視で確認できませんでしたが、堀の形から推測することはできます。
小田原城
2018年5月4日
25城目。
石垣山城から早川口遺構を経由して、登城。
GW中のため、天守閣は登城制限あり。
特に、最上階は大渋滞で、天守閣を見るのに、1時間以上かかりました。
石垣山城
2018年5月4日
続2城目。
箱根登山鉄道の入生田駅から徒歩にて登城。
石垣山城に向かう途中に、築城に使った石切り場が保存されています。
一夜城駐車場のトイレ付近にスタンプがあったので押印。
石垣山城の本丸からは、はっきりと小田原城が一望できます。
こんな場所に、いきなり城が現れたら、北条軍の驚きは想像にがたくないです。
一夜城というくらいだから、石垣も簡易なものかと思ったら、しっかりとした野面積みの石垣でした。
その後、早川方面に下山し、その足で小田原城に登城。
要害山城
2018年6月2日
続3城目。
甲府駅北口にある藤村記念館でスタンプを押印。
甲府駅からバスで武田神社(武田氏館)まで行き、そこから徒歩20分程で要害山の登山口へ。
要害山城は、ハイキングコースになっているので、遊歩道がしっかりと整備されているので、歩きやすいです。
主郭に向かうまでに、竪堀があり、クランク状の登山道もあり、武田氏館の詰め城に相応しい造りです。
主郭の後方には堀切もあり、後方からの守り堅い感じがします。
その後、要害山城の支城といわれている熊城に登城。
ただし、熊城への案内は一切ないので、登城するには事前の準備が必要です。
金沢城
2018年7月1日
26城目。
加賀百万石の居城だけあって、とても広大で見ごたえがあります。
20年以上前に登城した時にはなかった菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓は復元され、その中を見学。
また、河北門・三十間長屋は特別公開されており見学できたが、石川門は時間がなく見学できず残念。
玉泉院東側にある色紙短冊積石垣が、個人的にお気に入りです。
金沢城西側にある尾山神社には、金沢城から移築された東神門と、洋風の神門があり、お薦めです。
七尾城
2018年7月2日
27城目。
七尾駅構内にある観光案内所で電動自転車をレンタルし、七尾城資料館へ。
月曜日なので閉館していたけど、スタンプは入り口に置いてあったので、問題なし。
その後、本丸駐車場に向かいました。(七尾駅から約30分)
山城としては、しっかりとして整備されているので歩きやすいです。
本丸からは、七尾湾が一望でき、とても綺麗でした。
本丸の三段石垣は、素晴らしかった。
帰りはひたすら下りなので、風がとても気持ち良かった。
その後、前田利家公の居城である小丸山城を登城したが、こちらは全く遺構が残っていなかった。
鳥越城
2018年7月3日
続4城目。
鶴来駅から降りて、近くにある鶴来支所で電動自転車をレンタル。
鶴来支所の職員さんから、手取キャニオンロードという自転車専用道路を教えてもらい、そこを使って、一路鳥越城へ。
道のほとんどは平坦ではあるが、所々緩やかな登りがり、概ね一時間弱ほどで、鳥越城麓に到着。
麓から10分ほど、登ると駐車場に到着。
本丸、二の丸は復元されているが、後三の丸や後二の丸は建造物が復元されていません。
復元された本丸門をはじめ、復元建造物が少し朽ちた感じがします。
登城後、鳥越城から5分ほどにある一向一揆歴史館でスタンプを押印。
20分ほど、ビデオを見た後、館内を見学。
その後、歴史館の背後にある二曲城も登城。
二曲城は20分程で回れるほど、小さな城で、更に草が生え放題の状態です。

石川県は全制覇。
高岡城
2018年7月4日
28城目。
雨の中で、登城。
城内に遺構はあまり残っていないが、二の丸と本丸の間の石垣は素晴らしい。
高岡城付近には、高岡大仏、瑞龍寺や前田利長公の墓所があります。
特に、瑞龍寺は一見の価値があります。
富山城
2018年7月4日
続5城目。
本来は増山城に行く予定だったが、雨が強くなりそうなので予定を変更し、富山城に登城。
スタンプは天守閣(富山市郷土博物館)に置いてあるのですが、館内の展示入れ替えのため、入館できず。
しかし、木戸にあるインターホンを押すと、職員さんがスタンプを持ってきてくれます。
富山城は浮城といわれているだけのことはあり、堀は見事なものでした。
続いて、高岡城へ。
新府城
2018年7月14日
続6城目。
穴山駅から、新府城の北側の支城である能見城を登城。
能見城は、遺構は全く分からず、草が生い茂っている状態。
能見城から30分ほど歩いて新府城へ。
新府城は5年ほど前に一度登城したことがあるのですが、遺構の説明文や城内の整備が進んでいました。
真田丸や、続100名城に登録されたことが影響されたのかな?
新府城は郊外にあるため、遺構はしっかりと残っています。
本丸はかなり広く、武田氏の統治拠点中心の城として築城されたことがわかります。
また、石垣は一切使われておらず、全て土塁で造られているのも特徴的です。
新府城から40分ほど歩いて、韮崎市民俗資料館で、スタンプを押印。

山梨県は全制覇。
高島城
2018年7月21日
続7城目。
上諏訪駅でレンタサイクルを借りて、高島城に登城。
スタンプは、天守閣にあるため、入館料を払わないといけません。
天守閣の中は資料館になっており、諏訪の歴史がよくわかります。
別名は諏訪の浮城ですが、現在は諏訪湖からかなり離れているのが残念。
その後、諏訪大社下社秋宮・春宮を回り、片倉館の千人風呂で一風呂浴びてから、上諏訪駅に戻りました。

長野県も全制覇。
小机城
2018年8月17日
続8城目。
実家から片道1時間弱でいけることから、急遽登城。
小机駅を降りて、徒歩1分もかからずに、城郷小机地区センターに。
スタンプは、みなさんが書いているように1階に変更されていました。
スタンプ台の側にあるガイドマップを見ながら、小机城に。
所々に、道案内があるので、迷うことはありません。
しかし、住宅街で道が狭いので、車での登城は向いていないように思います。
城内は竹林に囲まれているので、周囲より幾分か涼しく、しっかりと整備されているので、とても見やすい城でした。
空堀が遊歩道になっており、堀の深さを実感できます。
一方で、竹林になっていることから、櫓台などの高台からも周囲が見渡せないことが残念。
また、第三京浜によって、分断されていることも残念に思います。

神奈川を全制覇。