トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID5386
名前てる
コメント長野県を拠点に、少しずつ遠くまで足を伸ばしながら百城攻略中です。
みなさんの役に立てる情報を発信できるように頑張ります!
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
和歌山城
2013年8月12日
第1号スタンプがここでした。
真夏に和歌山駅から往復とも歩いたら、死にそうになりました。バスが頻繁に走っているので、公共交通機関を利用の方は、ぜひバスで。
一乗谷城
2013年10月14日
車で行きましたが、気をつけないと、駐車場を素通りして、どんどん山奥に入っていってしまいます。
見て楽しみよりも、遺構から想像力を掻き立てさせてくれたところです。
松代城
2014年1月5日
地元のお城ですが、正直、城跡自体は、見どころは少ないです。
ただ、近くの真田宝物館、真田邸、象山記念館などは見どころが多く、松代という町は、歴史好きには満足してもらえると思います。
山中城
2014年3月22日
見事な障子堀の畝で見どころ十分。ただ、これだけの史跡なのに、それを解説する資料館、案内所みたいなものが無いのが不満足。
売店?案内所?らしきものがあったが、開いているのか、入っていいのかどうか、よくわからない感じだったし…
駿府城
2014年3月22日
市民憩いの公園という感じで、城跡としては物足りない。
辰巳櫓の資料館はそれなりにみるべきものがあったが…
掛川城
2014年3月22日
よくある復元天守という印象。二の丸御殿の方が史跡としての見応えはありました。
長篠城
2014年3月23日
城跡としての魅力は、正直ほとんど感じませんでした。ただ、スタンプのある史跡保存館は、「血染めの陣太鼓」ほか、長篠の合戦にまつわる資料、解説が豊富で、歴史好きには必見だと思います。
車での訪問だったので、城跡から15分くらいかけて、設楽原合戦場の馬柵も見に行きました。畑の横に、ポツンとある感じで、ちょっと拍子抜けでした。
岡崎城
2014年3月23日
城内の資料もなかなか興味深いでしが、同じ公園内にある家康館も、歴史好きには必見。城跡としてよりも、家康の歴史を振り返る資料館としては、充実したものがあったと思います。
会津若松城
2014年5月4日
GWの真っ最中の訪問だったので、入場券を買うのにも15分ぐらい並びました。
スタンプのある天守閣内の売店ですが、一通り城内を見て回った最後にありました。うっかりしてると、素通りして、そのまま城外へ出てしまいそうでした。
新発田城
2014年5月4日
本丸表門から入ると、地元のおっちゃん?が気さくに話しかけてきて、いろいろ案内してくれます。
二本松城
2014年5月5日
箕輪門近くの駐車場から、本丸までは、結構な登山です。
ただ、本丸からの景観は爽快ですよ!
あと、スタンプがある歴史資料館は、城跡からは離れているし、わかりづらいです。
白河小峰城
2014年5月5日
東日本大震災の影響で、本丸は工事中で中に入れませんでした。堀の外から眺めるだけでした。
明石城
2014年6月14日
明石駅を降りると、もうホームから坤櫓と辰巳櫓が見えます。
公園を入って売店などがある建物のサービスカウンターでスタンプゲット。

この日は天気も良かったこともあり、家族連れも多く、市民憩いの公園という感じ。
城郭内も緑が多く、ベンチでゆったりとした時間を過ごしている人多く、癒しの空間。

ゆっくり歩いても、45分もあれば十分、見て回れます。
赤穂城
2014年6月14日
播州赤穂駅から歩いて20分ぐらいで三ノ丸隅櫓到着。
近藤源八宅跡でスタンプゲット!おじさんが気さくに話しかけてくれて親切に対応してくれました。
大石神社を参拝してから、本丸庭園へ。
この日は、ラッキーなことに、本丸門の櫓内が公開されてました。
隣接する歴史館も見学して、正味滞在時間は1時間強。大石神社にある宝物館や、大石邸の庭園まで見学するようでしたら、1時間半から2時間くらいの時間が必要だと思いますよ。
竹田城
2014年6月15日
日本VSコートジボワール戦を見ないで、念願の竹田城へ。
9:07に竹田駅に着。歩いて5分くらいの情報館天空の城で、資料や映像をみて(日曜日でしたが、この時間はガラガラでした。)時間を潰して、9:45竹田駅発の天空バスに乗車。バスは2台来ましたが、駅で座席はすでに満席になりました。
途中、山城の郷を経由。ここで、自家用車組が、大量に乗車。あっという間に山手線状態に。駅から20分くらいの乗車で中腹駐車場へ到着。
ここからひたすら歩いて登る。20分くらいでしたが、ずっと坂道で結構きつかったです。

普通の日曜日で、W杯で日本戦がやっている時間にも関わらず、ツアー客を中心に、とにかく人が多い!!!多すぎ!!!

北千畳や、三の丸から天守台方面を眺める眺望は、さすがに天空の城という美しさがありました。
ただ、ご存知のように、天守台には規制されていて登れず…
写真で見るような天守かの眺望は拝めず…

期待、あこがれが大きかっただけに、規制や人が多すぎて…
今となっては、訪問するのが遅すぎた感が…
姫路城
2014年6月15日
ご存知のとおり、改修工事中のため、見学は西ノ丸のみ。
二度目の訪問でしたが、やはり美しい!!!
さすがに、国宝、世界遺産です!!!
天守閣を見学できなくても、その美しさを直に見るだけでも十分満足でした。

今は、大河ドラマ黒田官兵衛推しのようで、近くの公園内で、大河ドラマ館が開催されてました。
戦国期に軍師の比較など、歴史好きにも十分楽しめる内容でした。
名古屋城
2014年6月15日
電車の乗継駅なので、ついでに訪問。
復元工事中の本丸御殿の一部が公開されていました。壁画の豪華さは素晴らしいです。

2度目の訪問なので、城内は、さらっと見学。
しかし何回見ても、やはり第二次大戦の空襲で炎上する名古屋城、無残に石垣だけが残された名古屋城の写真には足を止めてしまいます。
一瞬にして、悠久の歴史を消失させてしまう戦争…やはりむなしいですね。
高遠城
2014年8月9日
史跡としてよりも、桜の名所として特化した印象で、史跡としての案内板や解説板も少なく、ちょっと物足りない印象でした。
ただ、その分、歴史資料館がそれを補ってくれました。いわゆる「町の資料館」というイメージと違い、受付のお姉さん(町の職員だと思いますが)の対応も爽やかで丁寧で好感が持てましたし、館内も非常に清潔感があり、質の高い資料館だと思いました。
入館しなくてもスタンプは押せますが、おススメです。
小諸城
2014年8月10日
有名な三の門は自由に見学できますが、城址は懐古園内にあるため入園料(200円)が必要です。それでも、天守台の野面積みの石垣は見事で、入園料を払う価値はあると思います。
あと、小諸駅を挟んだ反対側には大手門があります。三の門から歩いて5分くらいですし、櫓内部も無料で見学できますので、ちょっと足を延ばすことをおススメします。
ただ、駐車料の500円はちょっと高すぎないかなぁ…。
上田城
2014年8月10日
台風接近の強風の中、意外と多くの来城者。来年の大河ドラマの影響かも。
強風で傘も飛ばされ、雨も強くなったこともあり、ゆっくり見学できなかったせいかもしれないですが、城跡としての見どころは少なく、復元された櫓門の中が見学できるくらい(有料ですが、市立博物館の入館チケットが共通チケットになってます)。
同じ城址公園内にある上田市立博物館は、真田氏にまつわる興味深い資料も多く、なかなか良かったです。スタンプもここで押しました。(受付横に置いてあります。)
篠山城
2014年8月12日
算木積と野面積みの石垣は想像以上!城郭もしっかり感じることができました。こじまりした中で、歴史の遺構と、現代に再建された大書院と、質の高いものを両方楽しむことができ、お気に入りの一か所になりました。
近くに歴史村などもあり、ゆっくり2時間ぐらいかけて楽しむことをおススメします。

ただ、一つ不満が…。下調べ不足もあるのですが…、篠山口駅から西口に降りてバス乗り場を探すが、バス停が3か所。どのバス停にも「篠山城」「大書院」といったワードが見当たらず、どのバスに乗っていいか???
もう一度、駅舎内の案内板で、最寄りのバス停が、二階町であることを確認。また、バス停に戻って、「2番のバス停から出るバスはすべて二階町を通ります。」と貼り紙を見て、ようやく乗るバスを認識できました。
せっかくの素晴らしい史跡なのだから、もっとアピールした案内があっても良いかと思いました。
大阪城
2014年8月12日
既に訪問済みでしたが、スタンプのために再訪。
とにかく城内の蒸し暑いこと…。外の方が涼しいくらい。

スタンプは、1階インフォメーションセンターでお願いすると、
丁寧に拭いてから出してくれました。

それしてもスケールの大きい城。石垣や城郭、堀を見ていると、
悠久の1600年前後に思いを馳せられます。
多賀城
2014年9月12日
皆さんの登城メモを参考に、国府多賀城駅で下車し、まずは政庁跡へ。15分程歩いて到着。
史跡としては、うーーん、特に見どころ無し。むしろ、道中にある多賀城碑が1000年以上の歴史を感じさせてくれてGOODでした。
そこから、スタンプと政庁跡では今一つ感じられなかった多賀城の歴史をもっと感じたいと思い、徒歩で多賀市埋蔵文化センターへ。
が、ここからが遠い!国府多賀城駅まで戻って、そこから(仙山線)多賀城駅近くまで歩くこと30分。暑さもあってへとへとになって、ようやくスタンプゲット。
埋蔵文化センターの展示は、期待したほどでも無く…まぁ、それだけまだまだ未知の建造物だということなのでしょう。
仙台城
2014年9月12日
仙台駅からバスで、まずは仙台市博物館を見学。そこから、徒歩で登城開始。
しかし、かなりの急坂!時間は10分ぐらいですが、結構疲れます。
ただ、最初に出迎えてくれる本丸北側の高石垣は壮観、圧巻です。
本丸内の公園に入り、仙台見聞館でスタンプゲット。
公園内から仙台市を一望し、伊達政宗像を拝んでから、青葉城資料展示館へ。
ここの、CGシアターは必見です!そして、これを観たあと、歩いて大手門まで下山することをおススメします。
正直、石垣以外、史跡としての見どころを少ない仙台城ですが、この映像を観ることで、大手門まで歩いて帰るときに、急坂の意味、うねった道、途中の史跡の意味が感じられ、史跡としての価値がグッとUPします。
山形城
2014年9月13日
山形駅から歩いて5分ぐらいで南門から入城。建造物は、東大手門、本丸一文字門だけですが、南門、西門の虎口もしっかり復元しているほか、城郭もしっかり感じられて、史跡としても十分堪能できます。
他の市内中心部の城跡と同じように、ここも市民憩いの公園、「霞城公園」となっていますが、ここが他とは違って、公園は公園としてしっかり整備しつつ、史跡は史跡として、しっかりと研究調査、復元しようという真摯な姿勢が感じられて、すごく好感が持てました。山形市さん頑張ってください!
武田氏館
2014年10月12日
天気も良かったので、甲府駅から歩いての訪問。30分程で到着。
みなさんの登城メモにもあるように、武田氏館跡というよりも、完全に、武田”神社”です。境内の外も歩いてみましたが、館跡の遺構は感じられませんでした。
ただ、大手門周辺を中心に、発掘調査を進めているようですので、その成果に期待したいです。
甲府城
2014年10月12日
甲府駅のすぐ横の舞鶴公園ですが、城跡としても十分素晴らしいです!
天守台を中心としたフォルムも美しいですし、城郭がしっかりと感じられる遺構に、適度に再建された門、櫓がいい感じのアクセントになって、1時間ぐらいかけて、じっくりと飽きずに城跡を堪能できました。
スタンプは稲荷櫓でゲットしましたが、そこに置いてあるパンフレットを入手してから、公園全体を見学することをおススメします。公園全体の遺構の解説が、コンパクトにわかりやすくまとめられていて、とても重宝しました。
あと、線路を挟んだ北側の山手御門もぜひ行ってみてください。そこからの天守台を中心とした姿もまた美しいです。
岩村城
2014年11月24日
歴史資料館でスタンプゲットしてから登城。最初の石畳の坂がきつく、いきなり足にきましたが、30分かからずに本丸に到着。六段壁の石垣と、木々の紅葉が見事で登った甲斐ありです。
ただ、苦労して登った本丸から反対側を見下ろすとすぐ真下に駐車場が…ちょっとそこは興ざめですが…。
江戸城
2015年2月7日
まずは、大手門から東御苑を約1時間かけて散策。その後、桜田門から半蔵門、田安門、清水門と、ランナーの波にもまれながら外苑をぐるっと1周。とにかくスケールデカすぎ!時間にして約1時間半…さすがにこれはキツイ…足にきました。
ただ、「皇居」としてのイメージが強いため、歴史的遺構はあまり期待していなかったのですが、想像以上に城跡としての遺構は残っていましたし、算木積の石垣の大きさ、美しさは、まさに当時の日本の技術の結晶!という感じで感嘆しました。天守台から見下ろす広大な本丸跡とそれを取り巻く遺構群を見ると、まさに、当時の日本の中心にふさわしい、そのスケールの大きさと、「ここに天守閣があったんだなぁ…」という想像力を掻き立ててくれます。
東御苑内にある三の丸尚蔵館では、明治天皇の行幸における各地域の古写真が展示されてました。これも見応えがありますので、古写真好きは必見だと思います。
佐倉城
2015年2月7日
JR佐倉駅から、路線バスで15分ほど。国立民俗博物館前で下車。そこからちょっと迷いながら、駐車場の片隅にある管理センター(私が行ったときは無人で、猫が2匹戯れてました。)でスタンプ押印。
城跡としては、深い空堀と、本丸跡の土塁から望む背後に流れる川が、「自然の要害」をを感じさせるぐらいで、正直、見どころは少ないというのが感想です(天守台跡も、人工的な生垣で囲われているのも個人的にはマイナス材料)。
本丸跡では家族でソフトボールを楽しんだり、犬を走り回らせたりと、完全に「公園」という感じでした。
ちなみに、この日は曇りでダメでしたが、天気が良ければ、スカイツリーや富士山も見渡せるらしいです。
川越城
2015年2月8日
川越駅に8:30に到着。しかし、2社運行している巡回バスは、ともに始発が9:35と9:40…。タクシー代とコーヒー代を天秤にかけて、1時間、コーヒーショップで時間を潰して本丸御殿へ。バスの乗車時間は10分ぐらい。
思ったより小さい印象の御殿でしたが、コンパクトに美しくまとまっていて、良かったです。
その後、川越市立博物館へ。太田道灌のVTRは、百名城の中でも散発的に名前は出てくる太田道灌ですが、その生涯、人物像はあまりメジャーではなかっただけに、なかなか興味深く、面白いですよ。
徳島城
2015年2月21日
人世で初めて踏んだ四国の地。高速夜行バスで早朝に徳島駅に到着。
スタンプがある博物館は、9:30開館のため、先に城跡をじっくり見学。
まずは、鷲の門から太鼓櫓へ。独特な緑色の石垣はいきなり見応えありですが、その石垣に沿うように駐輪場状態になっているのは、なんとも…。
それから、いよいよ本丸目指しての登城。駅側の公園内にある城跡とは思えない登り甲斐のある山城。結構、キツイですが、本丸手前の石垣と、本丸から西之丸へ下る石垣と虎口は美しく、城跡をしっかりと感じさせてくれておススメです。
城跡の見学時間は1時間ぐらいで、十分堪能できます。
市民憩いの公園と、自然なままの遺構がしっかり融合した良い城跡でした。
丸亀城
2015年2月21日
丸亀駅から徒歩で15分ぐらいで到着(丸亀駅の観光案内所にある白黒の「史跡丸亀城跡」という無料のパンフは役に立ちました)。
大手門手前の道路から見える、見上げるように幾重にもなる石垣と、その頂上にそびえる天守は、とにかくカッコいいです。
最初の見返り坂は、なかなか足にくる急坂ですが、反り立つ背の高い石垣、継ぎ足しの石垣、打ち込みハギ、切りこみハギなどいろいろな種類の石垣、しっかりとの残る曲輪、城郭など、天守以外にも見どころが多く、歩く苦痛も忘れて、時間に余裕のあることもあって、資料館も含めて2時間じっくり楽しみました。
現存天守閣として知られるお城ですが、とにかく全体の城郭、曲輪、石垣が”カッコいい”お城でした。
ちなみに、この日は丸亀で一泊したのですが、このご時世に駅前にコンビニが無い…。風情のある良い町ですが、旅行の宿泊地としては、ちょっと不便かも。。。
高松城
2015年2月22日
金毘羅宮を参拝したあと琴電で、高松築港駅で下車。目の前がもう玉藻公園(=高松城址)。公園入口で入場券の購入と一緒に、スタンプゲット。
駅前の公園ということで、正直、あまり期待していなかったのですが、鞘橋でつながれた天守閣跡は、堀に浮かんでいるようで、実際は海に面していませんが、海城だった当時を彷彿させてくれます。
現存する月見櫓、水手御門は、小さいですが、カッコいいですし、これも当時の海城を感じさせてくれてなかなか良かったです。
ついでに、香川県立ミュージアムに行きましたが、3階の歴史館はなかなか面白です。公園に隣接してますし、公園の入場券を見せると割引になりますので、是非、一緒に見学することをお勧めします。
高知城
2015年6月20日
1泊2日の高知旅行の2日目に登場。
朝8:00から開館している「龍馬の生まれたまち記念館」からいざ高知城へ。
記念館で、「高知城まで歩いてどのくらいですか?」と聞いたら、高知城までの地図とパンフレットを渡してくれました。
頂いたパンフで城めぐりの順路を考えながら、歩いて15分で追手門に到着。
非常に格好いい城郭にしっかりと残された櫓に門の数々。
他の現存天守閣の内部というと、建物のそのもの以外は、展示物などあまり無いところが多いのですが、ここは、決して大きくは無い天守閣ですが、本丸御殿に、内部に展示されている資料の数々も充実しており、十分楽しめます。
一言でいえば、とにかく”恰好良い!!”お城です。
岡山城
2015年6月20日
高知旅行の帰りに、新幹線に乗り換えるまでの時間を利用して登場。
岡山駅から路面電車で「城下」で下車して歩いて10分ぐらいで到着。
天守閣自体は非常に立派ですが、それ以外の建造物、遺構、天守閣内の展示物などは、あまり歴史を感じられるところが無く、個人的にはやや物足りない印象。
1時間ここで時間を使う予定が、30分でもう時間を持て余してしまいました。
ただ、隣の後楽園から川を挟んで望む姿は、なかなか美しいです。
足利氏館
2015年7月19日
皆さんがここに書きこまれている通り、城跡ではありません。立派な国宝の「寺」です。
歴史的に重要だから百名城に選ばれていると思うのですが、「足利氏館」としての案内や説明板の類も全くなし。
心の底から、なんで百名城???と思いました。
金山城
2015年7月19日
ガイダンス施設で予習をしてから、とりあえず「金山城跡」という道路標識に従い車を動かしていると、自然と実城に最も近いモータープールに到着。
文字通り山の中にある山城ですが、ここからだと、そんなに苦も無く登城できます。
実際、3連休の中日ということもあり、小さい子供連れの家族も多くいました。
物見台で素晴らしい景色を眺めたり、途中の非常にわかりやすい説明板を読みながら、ゆっくり山城を堪能しているうちに、気が付くと目の前には大手虎口の石垣が…。この景色、結構、壮観です。非常に良いです。
ガイダンス施設もこんな山の中にある無料もものとは思えないほど、きれいで充実してますし、城跡の整備の仕方からも、太田市の金山城に対する力の入れ方と、アプローチのセンスの良さを感じました。すごく良いところです。
箕輪城
2015年7月19日
箕郷支所の休日窓口でスタンプゲット。とても丁寧な対応をいただき、ここで、パンフレットもいただきました。
そこから、ちょっと迷ったこともあり車で15分ぐらい。搦手口の駐車場に車を止めて登城。
ちなみに、この駐車場、自動販売機がありませんので、この時期は、他で飲料水を買ってから行きましょう。
さて、ここで、支所でもらったパンフが多いに活躍です。というか、これが無ければ、ただの原っぱ、山林です。
駐車場もきれいになっていましたし、城跡も大堀切も整備中だったように、これからどんどん整備されていくのでしょう。
ただ、凄く気になったのが、臭い。なんの臭いでしょうか?その臭いで、ちょっともう城跡を堪能しようという気が失せてしまいました。
高岡城
2015年9月11日
高岡駅から徒歩で、大手口へ。高山右近像の向かいの案内板に置いてる散策ガイドは非常に役に立ちます。
水濠が印象的なお城でした。まだセミが鳴くなかでしたが、ほんのり赤く色付き始めた木々…紅葉の季節はかなり綺麗なことは容易に想像できました。
ただ、良くも悪くも市民憩いの公園として、もう完成されてしまった印象で、城、歴史好きとしては、遺跡としての雰囲気は物足りないし、「もう完成されている」だけに、そっち方面での今後の開発、発展は見込めないかなぁ…。
七尾城
2015年9月12日
金沢駅から電車で七尾駅に8:30に到着。まだバスが運行する前でもあり、ここの登城メモを参考にして、まずは、タクシーで本丸駐車場へ。所要時間は15分くらい。タクシー代は2300円ぐらいでした。
本丸駐車場の大きな案内板の下に散策ガイドが置いてありますので、これを頼りに登城。
10分ぐらいで、能登の海を臨む美しい景色が見られる本丸跡に到着。
まだ、朝早いこともあり、他に登城客も無く、この壮大な景色を独り占めでした!
そこから、徒歩で下山。思っていたよりも結構、山道です。それなりの恰好が必要です。
ついでに言うなら、どんなに暑くても、短パンはやめた方が良いです。あと虫よけスプレーもあった方が良いです。私も何か所か虫にさされました。
50分ぐらいで資料館に到着。バスまで時間があるし、他にお客もいなかったので、資料館のお父さんの説明を聞きながらDVDを鑑賞+お父さんと歴史談義。これがなかなか良い時間でした。
金沢城
2015年9月12日
石川門から入場して、まずはそこでスタンプゲット。
三の丸広場を通してみる菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓の壮観さ、スケールの大きさは、さすが加賀100万石のスケールを感じさせるに十分です。
1時間30分ぐらいかけて、ゆっくり散策しましたが、石垣のバリエーション、玉泉院庭園の美しさ、菱櫓他の内部の資料など、十分飽きずに楽しめました。
個人的には、公園内もそうですが、公園外からも結構楽しめると思います。
近江町市場から、21世紀美術館、そして兼六園入り口の方まで歩くと(30分くらい)、その石垣の美しさ、お城のスケールの大きさがさらに感じられます。
春日山城
2015年11月3日
「ものがたり館」の管理人さんからスタンプゲットしてから車で10分。春日山神社の駐車場に車を止めて登城しました。
千貫門から毘沙門堂を尾根つたいに登りながらの景色がおススメです。
見上げれば本丸・天守台を含む壮大な城郭、そして振り返ると日本海と越後平野が一望できます。
あいにくの雨でしたが、40分ぐらいで天守台も含めてぐるりと1周できました。
山城にしては、登りやすいですが、しっかりと戦国の山城の遺構が楽しめる良いお城でした。
伊賀上野城
2015年12月12日
上野市駅から歩いて5分ぐらいで到着。筒井天守跡が石垣の修復工事中だったのがちょっと残念でした。伊賀上野城といえば、やはり天守閣よりも高石垣。天守閣を観た後は、公園の外に出てお堀越しの石垣のスケールの大きさを堪能することをおススメします。

ちなみに、公共交通機関で来られる方。上野市駅および周辺にもコインロッカーは見当たりません。駅員の方に聞いたら、なんと改札の中に入ったところにありました。駅員の方に声をかければ、電車を利用しなくても利用できるようです。
松阪城
2015年12月12日
松阪駅から歩いて15分ぐらいで到着。城址内に入ってまずは、歴史民俗資料館でスタンプゲット。中まで入って受付で声をかけると出してくれます。
城跡だけで、特段大きな見どころも無いところと思って、あまり期待していなかったのですが、さすがに100名城に選ばれるだけあります。
城郭をしっかりと感じられるように遺構が残されており、ここに城があったことが容易に想像できますし、城跡からの松坂市内景色も美しいです。
岐阜城
2016年3月20日
3連休の中日ということで、大変な混雑。それでもちょうどお昼時だったせいかもしれませんが、20分程の待ち時間でロープウェイは乗れました。
近代的な再建天守で、歴史的な価値は建物そのものには感じませんが、「織田信長が同じ景色を眺めていたのか…」と想わせてくれるだけでも、この再建天守の価値はあると思います。想像力を沸き立たせてくれるお城です。
今度は、ロープウェイで無く、自力で登ってみたくなりました。
犬山城
2016年3月21日
最古の現存天守だけあって、天守自体は、どっしりした雰囲気と荘厳さを感じます。
天守最上階に登って、木曽川を見下ろす景色は、壮観というよりは、怖いです。。。
ただ、それがいかにも戦国の城を感じさせてくれて良いです。
ちなみに、スタンプは入場門の上にある管理事務所にあります。関係者以外は入っちゃいけない場所のような場所なので、これは係の人に聞かないとわからないです。
水戸城
2016年5月28日
確かに歴史上の重要な舞台となったお城なのでしょうが…百名「城」と言うには、あまりいにも遺構が無い…。当時の城跡らしさを伝えるのは、現在の三の丸庁舎の空堀・土塁ぐらいで、建造物もモニュメントとして再建された門では遺構とは言えない。城跡巡りをしているつもりが、学校見学をさせれている感じが否めませんでした。
水戸城では無く、弘道館を観に行くと割り切った方が良いのかもしれないですね。。。(弘道館はなかなか見応えあります。)
鉢形城
2016年5月29日
二の曲輪、三の曲輪周辺はキレイに整備されていて、非常に見学しやすいですが、道路を挟んだ伝御殿曲輪、本曲輪は、まだ未整備で、そもそも入り口も良くわからないです。全体的に言えることが、案内板にしても、資料館でもらえるパンフレットもやや不親切でわかりづらい。資料館は新しくきれいですし、これから順次整備されていくのでしょう。
戦国の戦いの舞台になった城跡にしては、しっかりと城跡、遺構は残ってますし、訪問しやすい地理的な形状からも、歴史的価値、観光資源としても可能性がもっとあるような感じがするだけに、ちょっともったいないです。
帰りには、荒川を挟んだ玉淀に行かれることをおススメします。改めて天然の要害を感じさせてくれます。
小田原城
2016年7月31日
スタンプゲットのため、5年ぶりの訪問。天守閣で入場券購入後、1階の受付でスタンプゲットです。百名城巡りをしてきた中で、改めてみると、さすが、関東一円を支配した拠点となったスケールの大きさを感じさせてくれます。
ここは、天守閣と歴史見聞館のセット券も販売していますが、個人的には…
 
混雑しているとき → 天守閣のみで十分です。ここは、城内の展示だけでも十分充実していると思いますので。(見聞館の展示だけなら、ほぼ天守内の展示で網羅されてます。)

平日の空いてるとき → ぜひ見聞館も見てください。館内のいろいろな映像をある程度好きなように選んで見ることができるので。
松江城
2017年5月20日
松江駅から20分おきに出ているレイクラインバスで約10分。「大手門前」で降りると、目の前のお堀と櫓越しに、天守が垣間見えます。ここからの景色が結構壮観です。
天守閣に入る入り口の受付でスタンプゲット。再建された3つの櫓の内部も入ることができました(見どころはあまりありませんが…)。
天守閣内部はもちろん、城郭全体をゆっくり歩いて、隣接する松江歴史館も見学しても、1時間30分ぐらいで十分堪能できました。
ただ、歴史の表舞台で重要な役割を果たしたお城では無いので、ちょっと歴史ロマンというのが、あまり感じられないのと、「国宝」という期待値の大きさからすると、ちょっと物足りないかなぁ…。一般的な”観光施設”としては十分なのですが…。
月山富田城
2017年5月21日
JR安来駅からイエローバスで約30分。「ショッピングセンター前」で降りました。歴史資料館に行くなら、多少ですが、「市立病院前」の方が近いかもしれません。
また、市のHPには観光ループ線「月山入口」が最寄りバス停になってますが、広瀬米子線や、広瀬荒島線も、近くのバス停を通ります。
バス停から徒歩5分。安来歴史資料館でまずはスタンプゲットして、本丸跡を目指します。
安来歴史資料館から山中御殿跡までは15分ぐらいで着きます。が…そのから目の前にそびえるつづら折りの階段…。おまけに季節外れの炎天下…。心が折られそうになりますが、せっかくなので、頑張って上りました。
山城といっても、階段はしっかりアスファルト舗装されていますので、普通のスニーカーでも体力さえあれば、問題なく登れます。山中御殿跡から20分ぐらいで本丸跡には着きました。
バス停から資料館、本丸まで行ってバス停に戻るまで、所要時間は1時間30分ぐらいでしょうか。バス停周辺には時間を潰すところが無いので、バスで行かれる方は、事前にしっかりバスの時間のチェックをした方が良いと思います。
小谷城
2018年12月22日
戦国ガイドステーションから、そのまま車で中腹駐車場まで行って登城しました。
この時期は、訪れる人も少ないのでしょうか、中腹駐車場には1台も車は無く、山王丸跡までの往復の間(所要時間は1時間ぐらい)も誰にも会いませんでした。
朝からの雨はあがっていたものの、霧が濃くて、眺望がまったくダメだったのが残念でしたが、大広間跡から、山王丸跡までの戦国山城の遺構は十分堪能できました。
この城の見どころの一つが「大石垣」ですが、案内看板が見当たらなかったです。写真にあるベンチの看板に、マジックで書いてある手書きのメモが、唯一の手掛かりでした。
観音寺城
2018年12月22日
車で観音正寺を目指しますが、まず、途中の林道で600円。そして、観音正寺でも500円。
貴重な文化財を守るのに、お金がかかるのは仕方ないですが…、お寺に興味の無い人にとっては、終わってみると1,100円の出費の価値は…と思ってしまいます。
・駐車場から、境内にかけて、城に関する案内板は殆どなし。
・お寺の中のスタンプは、インクが乾ききっていて、全く使えない。
・(写真にある境内の大仏横の扉を開けて行ったのですが)事前にネットで調べて行かないと、まずわかりません。
・本丸跡らしきところに、多少の石垣に遺構を感じますが、ここも案内板が皆無。
山城だけに、あまり人の手を加えるのは、どうかと思いますが、それにしても、やる気が感じない。お寺がメインなのはわかりますが、歴史の中での重要性がそれ程無い城で、これで「百名城」なら、他にもっとふさわしいお城があるハズ。。。
安土城
2018年12月22日
2回目の登城。以前来たときは、まだ無料だったんですが…。ただ、これだけ、歴史的な重要性が高い伝説の城は、しっかりとお金をかけて守らないといけないですから、これは納得です。
今回も、まず真っすぐに伸びる大手道のスケール、壮観さに圧倒されます。
黒金門から天守台にかけての造りも、城跡なのですが、とにかくカッコいいです。
本当に、わずか数年で焼失してしまったのが、ここに来ると余計に惜しまれます。
今回は、三重塔までは行かなかったので、所要時間は1時間ぐらい。
帰りに、車で10分ぐらいの安土城郭資料館に行って、入館料200円を払って、観音寺城と合わせてスタンプゲットです。
千早城
2018年12月23日
9時前に到着して、まずは「まつまさ」でスタンプをゲット。ネットとかでは、営業時間9:00〜となってますが、普通にスタンプは押せるんですね。
行きは裏参道から本丸跡の帯曲輪を回って千早神社へ。ただ、帯曲輪のところは、ところどころ、倒木が道を塞いでいました。あまり、ここを通る人はいないのでしょうね。
ここは、城跡というよりも、神社です。帯曲輪もそうですが、城に関する案内板は皆無です。
事前に自分で資料を持って行かないと、ただ、苦労して神社に来ただけになってしまいます。
帰りは、表参道の石段を下りました。ただ、これが、勾配がキツイうえに、石段もごつごつしていて、落下しそうで怖い…。ずっとカニ歩きで、慎重に下山。
城に関する知識をもっと欲しく、帰りに千早赤坂村郷土資料館へ立ち寄り。ボランティアガイドのおじいさんが熱心にいろいろ教えてくれました。
高取城
2018年12月23日
最初に「夢創館」でスタンプゲット。館内の人に、車でどこまで行けますか?と聞いたら、「シーズンオフなので、壷阪寺から、さらに上の七ツ井戸まで行っても大丈夫ですよ」と丁寧に写真まで見せて場所の説明をしてくれました。
七つ井戸まで車で行きましたが、道幅は狭く、ガードレールの無いところも多く、かなり怖いです。ただ、ここまで行くと、本丸跡までは20分ぐらいで登城できました。
三大山城と称されるだけあって、見事なお城です。
うっそうとした林を抜けたところに現れる壮大な石垣、二の丸から本丸の、平城を思わせるような立派な城郭は、ここが山の頂きの中だとはとても思えず、異次元な空間に思えてきます。
ここは、苦労しても登城する価値大です!
松本城
2019年4月6日
地元のお城ですがあ、6年ぶりの登城。当時と比べて、とにかく外国人が多いのに驚きました。ぽかぽか陽気の土曜日のお昼過ぎでしたが、天守は入場制限をしていて、20分ぐらい並びました。天守の中も人が多く、ただ、列の流れに動かされていた感じで、自分のペースでゆっくり見学は出来なかった…。
市街地の中の平城なので、城郭全体の遺構やスケール感はやや物足りないですが、国宝天守そのものは、さすがに立派です。地元の誇りです。
スタンプがある管理事務所は、発券所の前を通りますが、入場券を買わなくても行くことはできます。(でも、せっかくなので、ぜひ登城してください。)
松本駅からも歩いて20分ぐらいなんですが、道1本で行かれないので、ちょっとわかりづらいですので、行きは、バスで行って、帰りは縄手通りや、四柱神社に立ち寄りながら、徒歩で帰るのがおススメです。
大洲城
2019年5月4日
天気も良かったので、伊予大洲駅の観光案内所でレンタサイクル(400円)で、大洲城へ。約15分で到着しました。
再建天守ですが、見た目もカッコよさ、立派さは期待以上でした。何より良かったのが、木造で、現存天守では当たり前の急勾配の階段もしっかり再現されていることです。
肱川の流れも当時のままなのでしょうか、しっかりと天然の要害感も残されていました。
観光客に媚びることなく、歴史家・建築家の自己満足に終わることなく、敢えて忠実に天守を再現しつつ、それを観光商品としてアピールして、訪れる人をおもてなししようという、愚直な感さえする地元の意思を感じて、凄く好感がもてました。
宇和島城
2019年5月4日
JR宇和島駅から、観光協会のHPの「駅レンタカーで自転車を借りられます。」の情報を頼りに、駅レンタカーに行くと、「3月31日でレンタサイクルは止めました。」のまさかの回答。仕方なく徒歩で目指しますが15分ぐらいで登城口に到着しました。
緩やかなコースと、急石段のショートカットコースがありましたが、今回は緩やかコースを選択。そんなに、遠回りしているという感じは全くなかったです。
この日はGWということもあるでしょうが、ステージイベントなどが大音量で行われていました。ただ、城・歴史目当てで来たものからすると、観光客に媚びたようなイベントで、ちょっと雰囲気台無し興ざめしてしまいました。
帰りは、搦手門から出て、徒歩3分ぐらいで伊達博物館へ。搦手門へ下る道中は、大音量のイベントがうそのように行きかう人も少なく、石垣の遺構などしっかり見られて良かったです。伊達博物館も、伊予伊達家の歴史をしっかり感じられてすごく良かったです。
歴史好きなら、ここは必見だと思います。宇和島駅から徒歩で、伊達博物館までがっつり見るなら2時間半は欲しいでしょうか。
湯築城
2019年5月4日
市電「道後公園駅」のすぐ目の前が湯築城跡(道後公園)。土塁や堀など一部、城跡と感じさせる部分はありますが、基本、”公園”です。展望台まで登りましたが、そこまでに、城跡としての遺構を強く感じさせるものはあまりないです。
ただ、スタンプをもらえる湯築城資料館は、小さいですが、VTRでしっかり湯築城の歴史を学べます。
公園内に武家屋敷や土塁跡などをしっかり再現するなど、公園だけでなく、城跡としての歴史的意義を、しっかりアピールしてこうとする意欲はすごく感じました。
資料館でVTRを見てから展望台まで行っても1時間あれば十分です。
今治城
2019年5月5日
レンタカーで第一駐車場に駐車して、鉄御門から入城。
外観は立派で、恰好いい城郭・天守です。ただ、大洲城、宇和島城を見たあとでは、鉄筋コンクリートの博物館天守はやや興ざめするのは確かです。鉄御門・武具櫓の内部はしっかり再現されており、桝形虎口で敵を迎え撃つ感が感じられま。
殆どの人は、鉄御門から出入りしていましたが、おススメは、行きは鉄御門から入って、山里櫓から出て堀の外周を回って戻るコース。天守、櫓、石垣、堀、そして犬走もすべて一望にできますし、ここからの風景が一番格好いいと思います。写真映えするお城です。
能島城
2019年5月5日
続100名城の第一弾は期せずしてこの城。愛媛100名城巡りのついでに訪問した「村上水軍博物館」に行って、始めてスタンプ設置場所だと知りました。
基本「スタンプゲットだけはしない。必ず城(城跡)に足を踏み入れる」をポリシーに100名城巡りをしていましたが、今は能島城は上陸不可だということですし、この博物館でしっかり能島城について学べたということで・・・スタンプゲットしました。
続100名城の始まりとしてふさわしいお城と判断して、続100名城巡りスタートです。
松山城
2019年5月6日
JR松山駅から市電で10分ぐらいでしょうか。大街道駅から徒歩5分。ロープウェイ駅からリフトで登城しました。
リフトを降りて少し歩くと壮観な石垣。その先に望む櫓。そこから天守に向かう道のりは、まさに城攻めを体感させてくれます。天守そのものは大きくありませんが、連立天守をぐるりと一周することで、今度は城を防御する側の視点を十分に体感できます。ロープウェィ駅からの往復も含めても1時間半ぐらいでしたが、十分に堪能できました。
この城の魅力は間違いなく城攻めの攻守を体感できることです。それをもっとアピールしたパンフレットなどあれば、なお良かったですが…。
それでも間違いなく、今まで登城した中で5指に入る名城です!
二条城
2019年8月11日
9年ぶりの登城ですが、スタンプは今回が初です。
地下鉄二条城前駅を出ると、すぐ目の前が、東南隅櫓と外堀。これだけでスケールの大きさを感じます。東大手門から入ってすぐ左の事務所でスタンプゲットです。
唐門から二の丸御殿に入りますが、日本の歴史を動かした舞台が醸し出す雰囲気がなんとも堪りません。本丸御殿は残念ながら改修中でしたが、御殿の壮大さ、荘厳さは素晴らしいです。
本丸庭園を抜けた西南の角に天守閣跡があります。二条城というと、御殿のイメージですが、ここに登って内堀などを眺めると、二条城の”城”の部分を感じることができます。歴史収蔵館も含めるとゆっくり回って1時間30分。十分、激動の京都と、将軍家の壮大さを堪能できる素晴らしいお城です。
高島城
2020年8月2日
駐車場は周辺に散在していますが、ファミマ近くの市役所駐車場に駐車。目の前の横断歩道を渡ると、すぐに城内です。
城内は庭園になっていますが、冠木橋を含む撮影スポットの案内板もあって、なかなか親切です。
天守閣は三層の再建天守で、この中にスタンプがあります。中は資料館になっていますが、これがなかなか充実していて、戦国期から近代までの諏訪地域の興亡が興味深く理解できて、30分ぐらい堪能しました。310円の入場料が必要になりますが、十分その価値はあると思います。
堀、石垣、櫓、門、そして天守閣。スケールは小さいですが、すべてしっかりと残してありなかなか見応えはありました。
龍岡城
2020年8月9日
「五稜郭であいの館」の駐車。小さい駐車場ですが、11:00頃という時間も良かったのか、すでに3,4台駐車してありました。
スタンプと予習を兼ねてまず「五稜郭であいの館」へ。ただ、そもそも語るべき歴史、資料が存在しないのかどうかわかりませんが、歴史的背景とかいろいろ興味のある人からすれば、まったくの資料・解説不足。龍岡城の見どころや案内のリーフレットも無し…。
早々に資料館を出て、城跡に向かいます。堀の形跡などから、間近で見ても五稜郭を感じることはできますが、それも10分もあれば十分。
展望台は、であいの館にあった手書きの地図の”車の行き違いは困難”の表示を見て、車を傷つけたくないので、あきらめました。
高田城
2020年8月16日
石垣では無く土塁の上に建つ三重櫓。堀越しに見える姿は小さいですがなかなか格好いいです。
スタンプと入場券は、櫓に向かう階段の手前にある管理棟にあります。
櫓の中は、高田城の歴史がしっかりと学べる資料が充実してます。
ただ、櫓から徒歩5分程度に隣接する上越市歴史博物館に行かれる方(櫓と博物館の共通券が販売されています。)は、櫓内の資料はさっとみるだけでいいかも。と、いうのも歴史博物館がそれ以上に資料も充実していますし、見せ方も面白くなっています!この博物館は、リニューアルされたばかりで凄く綺麗ですし、必見だと思います。
彦根城
2020年9月19日
JR彦根駅から歩いて10分。佐和口から入って、まずは、開国記念館でスタンプゲットしました。この記念館、小さい看板があるだけで、場所も入口もわかりづらいですが、入館無料で、彦根城・佐和山城の歴史がしっかりまとめられていて、なかなか良かったです。
表門から入城したのですが、虎口をとおり、櫓を抜けて天守続く導線も、しっかりと残っており、往時の状況を感じさせてくれます。
シルバーウィークの初日の昼下がりで大勢の方がいましたが、天守には並ばずに入城できました。
天守自体は、こじんまりしているのですが、さすが国宝。そこに至るまでの、石垣、堀のスケール感は秀逸です!
天守から少し離れた西ノ丸の隅にある三重櫓も公開されていたのですが、こちらはわかりづらかったのか、訪れる方は少なくて、ゆっくり見学できて穴場です。
大垣城
2020年9月19日
JR大垣駅から大通りを通って徒歩で行きましたが、うっかり通り過ぎてしまったくらい、商店街の中に埋もれるようにありました。ただ、城自体は、再建天守で、こじまりしていますが、きれいに白さを保っており、「美しい」です。
内部の展示も大垣城の歴史とともに、関ヶ原の戦いに関する資料が充実しています。ちょうど、「関ヶ原合戦420年特別展示」もされていました。関ヶ原の戦いというと、野戦が行われた1日だけに歴史が語られていますが、ここではその前後の動き、歴史がわかりやすく描かれており、凄く興味深く、面白く、結局城内に1時間ぐらいいました。
戦国の歴史好きなら、満足すること間違いない良いお城です。