トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID5098
名前こっしー
コメントメンバー登録は2014年3月22日、塗りつぶしは2013年4月28日から始めました。
100名城は2017年4月22日に制覇しましたので、引き続き続100名城のスタンプラリーにも参戦します。2020年7月7日現在続100名城は48登城していますが書き込みをさぼっています。
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
飫肥城
2013年4月28日
塗りつぶし開始。1番目。
熊本→なんぷう号→宮崎→日南線→飫肥駅から徒歩。

飫肥の街自体は3回目だが、登城は初めて。
本当に城跡っぽい場所で晴れ晴れした気分になれます。
この季節の日南地域大好きなんです。2014年も行きます。

→2014年5月3日に再訪しました。
旧本丸で一時間ぼーっとして、もうそれだけで満足です。
小学校の校庭で野球をやっていました。
千早城
2013年5月3日
2番目。大阪は実家なので。
近鉄阿部野橋→河内長野→臨時のバス
金剛山へのハイキング客でバスは満員。
石段がきつい。
人吉城
2013年5月11日
3番目。熊本在住なのに銀杏城を差し置いて訪問。
熊本→ひとよし号→九日町→徒歩
城跡自体は2回目、資料館は初めてです。
記帳所に「前に訪問した城」「次に訪問する予定の城」と書き込む欄がありました。
前後がほとんど「熊本城」「島原城」「鹿児島城」「飫肥城」だったと記憶しているが、自分は「千早城」「竹田城」と書いたような。

資料館で相良氏と津軽藩とのつながりが展示してあり、だいぶ昔に行った弘前城を思い出した。
まぁそのうち行くんでしょうが。
佐賀城
2013年5月18日
4番目。
熊本→大牟田→西鉄柳川→佐賀駅ゆきのバスで龍谷高校前下車。NHK佐賀局のそば。
小雨決行。
立派な設備と展示で気に入った。
(私は城の建物よりも展示の方が気になる人間)
岡城
2013年6月1日
5番目。天候は雨。
熊本→やまびこ号→竹田温泉花水木(豊後竹田駅すぐ)
(この時期、JR豊肥線は宮地=豊後竹田間災害で不通)
豊後竹田駅から徒歩20分ぐらいか。ただし上り坂。道に迷わなければ。
トンネル同士が立体交差してたりして、昔の登城口はどうだったとか想像するなど、道路好きには楽しいかと。
平戸城
2013年6月2日
6番目。曇天。
熊本→ひのくに号→博多→唐津→伊万里→たびら平戸口→(徒歩)→平戸口桟橋→平戸新町バス停
城跡は猶興館高校前バス停の方が近い。神社を通り抜けた背後に城が存在するので迷った。
平戸小学校で運動会をしていたようだった。
江戸城
2013年6月22日
7番目。都営三田線日比谷駅から、楠公レストハウス内。
午後5時近くだったからか、無人の受付にスタンプが備え付けてあるだけ。
吉野ヶ里
2013年6月30日
8番目。天候は曇〜雨
熊本→鳥栖→吉野ヶ里公園駅
東口でスタンプを捺し、東から西に抜ける形で見学、帰りは神埼駅から。
園内シャトルバスが走っており、タイミングが合えば寄り道の片道分、楽ができる。
大分府内城
2013年7月15日
9番目
前日、津久見の花火大会を観に行き、大分市内に宿泊の翌朝に取得。
スタンプは、荷揚町の大分文化会館の階段2階に上がった外に置いてあったがかなりくたびれていた。
この文化会館は閉鎖のお知らせが貼ってあるため、現在スタンプはどうなっているか分かりません。

→2014年4月30日に再訪しました。
文化会館は解体中で、右写真の門に写っている机にスタンプがありました。
前回のスタンプは左写真←壊れかけたシヤチハタ、今回は→で、普通のゴム印でした。
島原城
2013年8月3日
10番目。
島鉄島原駅から徒歩。
この日は暑く、登城口にたくさんの置き団扇が用意されていた。
帰りは島原駅→島原外港→船→熊本港
月山富田城
2013年8月10日
11番目。
福岡からの夜行バスで米子駅前→安来駅→バスで広瀬→徒歩
事務所の向かいに記帳台があり、スタンプが置いてある。
竹田城
2013年8月11日
12番目。早朝に訪問。雲に浮かぶ城跡の景色には興味なし(恐れ入ります)。
月山富田城訪問後、鳥取城は自己ルールで取れないので次回とし、福知山宿泊。
翌朝に鉄道で福知山=JR播但線竹田間往復。竹田駅窓口の左側にスタンプがあるのでスタンプ取得自体は容易。ただしスタンプ自体がガタが来ていた。
この日の福知山は花火大会のポスターが至る所に貼ってあって皆さん楽しみにしていた風情だったが、大惨事が起きてしまって言葉になりません。
一乗谷城
2013年8月11日
13番目。この日早朝は竹田城のスタンプを捺している。
福知山→小浜→福井→福井駅前から路線バスで武家屋敷前下車。
バス停の位置は分かりづらいので鉄道からの乗換は時間を見ておいた方が良い。
スタンプは、料金所でお願いしてシャチハタタイプを出してもらう。インクが薄い、とおっしゃっていたが元々そういうものなのだと思う。
訪問は夕方であり、帰りのバスのタイミングを逸したので一乗谷駅まで歩いた。
久保田城
2013年8月13日
14番目。前日は福井から秋田まで移動。
朝の散歩がてら訪問。
時間がなく開館すぐにスタンプだけもらって退散しようと思っていたが、ご厚意により開館10分前にスタンプを捺させていただき、館内も見学できた。
箕輪城
2013年8月16日
15番目。高崎駅からバスで四ッ谷にて下車して簑郷支所にて押印。さすがにこれだけでは城に来た気にはなれずまた来ようと思った。
熊本城
2013年9月8日
16番目。熊本在住(当時)なので路線バス一本。
観光客がいっぱいなのだが城域が広くてそれを感じさせない。見晴らしも良くなるほど名城中の名城と言えるかと。
二の丸では、桜の季節は地元民がお花見をします。

→2014年5月4日夜に再訪しました。
この時点で48城巡ったが、改めてこの熊本城の立派さに感嘆した次第です。
小田原城
2013年9月14日
17番目。東京の家から小田急で一本、小田原駅から徒歩。
名護屋城
2013年9月29日
18番目。訪問は2回目。
唐津大手口バスセンターから呼子経由波戸崎国民宿舎ゆき。
1回目は2012年4月8日、桜がちょうど満開で天気も良く、秀吉の無茶振りを偲べる訪問だった。バスも呼子経由で直通。
一方今回は雨、時間もなかったので博物館にも入場せずスタンプだけで退散。バスは呼子で打ち切り、乗り換えなので運賃は実質値上げか?(SUNQパスを使用したため意識しなかった)
呼子のバス待合所に観光案内所があり、タクシーを呼んでもらえます。
鹿児島城
2013年10月14日
19番目。鹿児島市は何度行っても変わらず灰っぽい面白い街でして(気に入った)。
黎明館の受付で押印したら印影がとてもきれいでした。受付のこれまたきれいなお姉さんにそう言ったところ「つい最近新しいスタンプに変わった」とのことでした。
松山城
2013年10月26日
20番目。熊本から東京に引っ越す直前に、九州発ならではの行き方として、
前日夕方熊本発→大分→別府→フェリーで翌朝八幡浜港→朝7時頃に松山着。

自己ルールに従い湯築城か伊予松山城かどちらかしか取れない。現物を見て判断しようと考えまず湯築城に行ったが開いておらず、逆に開いていたのは温泉だったため入浴。
湯船で松山城に行く方向で決定。城の東側にあるロープウェイに乗り、帰りは西側の急な階段を駆け下りた。
城郭は大規模ですばらしかった。時間があれば階段で登城しよう。膝が笑うであろうが、帰りは東側から下りて道後温泉へ。
この日は21番目(岡山城)に続きます。
岡山城
2013年10月26日
21番目。伊予(備中ではない)松山城からJRの特急で岡山まで直行。
岡山電軌の城下から大手門側に徒歩。行き方が少々難しく感じた。

芝生で何だったか忘れたがイベントを行っていた。
城内展示は貧弱でがっかり。イベントの菊花展示の方がまし。ただし最上階からの景色は良い(後楽園のぞき見)。あ、城全体の外観も良いです。

これ幸いと?とんぼ返りで愛媛に戻ります。
今治城
2013年10月27日
22番目。良い天気。
今治駅から徒歩で登城。すっきりした外観のお城で中に入りたかったが、時間がなくスタンプだけ。
日程作成者 σ^^;) の能力不足が露呈した。

以上が熊本在住時代の訪問となります。23番目からは東京在住になります。
甲府城
2013年11月16日
23番目。東京へ引っ越してから1番目。
電車で甲府駅→徒歩。
時間がなかったので城跡一周とスタンプだけ。
山形城
2013年11月17日
24番目。前日の甲府城からの続き。天候は晴れ。
前日に春日山城に行くつもりだったのだが、引っ越しだのなんだので下調べ不足。断念。代わりに、山形駅で電車の乗り換え時間(一時間半)で山形城を訪問することにした。
郷土館を見学し、明治維新後含めての県都の発展と苦労を知った。

後世から見ると維新あたりの歴史が一番面白い(まあ城が多数破却された時期でもあるが)と思っているけれども先人の苦労たるや並のものではない。
山中城
2013年11月30日
25番目。三島駅から箱根行きのバスに乗車。
スタンプは放置?状態に近い。24時間いつでも捺せるの?
シヤチハタではないです。
鉢形城
2013年11月30日
26番目。山中城と同日で夕方訪問。
三島駅→東京駅→西国分寺駅→北朝霞=朝霞台駅→寄居駅、のルートで移動した記録がある(謎)。
次は八王子城

あ、八王子城はマイルールでNGだった(静岡と東京は隣接県扱い。なぜならば伊豆大島=熱海の船があるから)

川越城にしよう→ん、鉢形城間に合いそうやん。
と考えたのが迷走の理由か。

当初、なぜこんなところに城が?と疑問に思っていたわけだが、展示によりまあ納得できた。
見学時間が押していたので、行きだけタクシーを利用した。帰りは歩いたが思ったより近かった。車だと大回りすることになるみたいです。
駿府城
2013年12月7日
27番目。
何となく鉄道で移動したくなり、中央線→身延線→東海道線のルートで大回り乗車(当然きっぷは大回りで発券)、富士駅で静岡駅までの乗車券を購入して静岡駅から歩いて行きました。
繁華街を通り抜け巽櫓を横目に東御門から入場。15分ぐらい。
城域をぐるっと回り、家康公お手植えのミカンとかを見た後にスタンプをゲットしました。
帰りはあえて静鉄に乗り、清水駅から富士駅まで戻った次第。
水戸城
2013年12月14日
28番目
水戸駅から徒歩。
震災の爪痕が残る中、スタンプだけ捺しに行ったような感じであった。
お堀が道路に転用されているのがよく分かります。
掛川城
2013年12月22日
29番目。
新幹線からよく見える(のだが通過する)ために前から気になっていたお城。駅から近そうだが思ったより歩く。いややっぱり近い。
城を中心とし周辺の景観がよく調和しています。
ただ、訪問がお昼時だったが食事できる場所が分かりづらかった。
篠山城
2014年1月5日
30番目。2014年の1番目。
年末年始の旅行に当たり下調べして、(1)行くけどスタンプは捺せなさそう、(2)スタンプを捺せそう、と分類し、(1)は津山城、福岡城、(2)は篠山城、高取城、姫路城
を選定して訪問。
JR篠山口駅からみてお城は東の方にあるのですが、バスは西口からでるのでご注意。
さて、31番目は岡崎城です(あれ?)
岡崎城
2014年3月15日
31番目。
本来31番目は高取城の予定だったのですが、1月5日に行ったら案内所も役場も開いておらず断念。するとマイルールに従って「天空の白鷺城」の予約をしていた姫路城のスタンプは捺せず、1月6日は姫路城訪問したのに・・・と言う次第です。
愛知環状鉄道の中岡崎駅から徒歩。方角にあたりを付けて歩くと着きます。
ちょっと桜には早かったです。お城はこぢんまりしていてスペースがあまりない一方、展示内容は良かった。

お城と全然関係ありませんが、この日はなんか武将の格好をした人が「三河武士のやかた」前で色紙にサインをしていて、それの待ち行列がかなり長かったんですが、あれはなんだったんでしょう?
彦根城
2014年3月16日
32番目。
だいぶ昔に訪問して以来2回目。階段にしがみつくようにして上った記憶がある。
今回は1時間しかなかったので本末転倒ではあるが、押印と博物館見学を行い天守はパスした。スタンプは料金所の左隣に置かれていました。
博物館は古文書が読める状態で展示してあり、そういうのが好きな人にはたまらないかと思います。
この日は次に犬山城を訪問します。
犬山城
2014年3月16日
33番目。彦根城に続いて訪問。現存天守のはしごだったわけです。
彦根から関ヶ原を通って一旦名古屋に出、名鉄で犬山遊園駅、そこから徒歩。

木曽川がくびれている箇所に存在しているお城は、まさにライン川で通行税を取っていたそれと同じであった。(犬山城よりも先にローレライに行ったことがある)
天守閣に登るのは大変ですが、絶景でした。

この日は人出が多く、懐メロが流れてして猥雑な環境だったので、城を出たらすぐ退散しました。「天使の誘惑」とか「伊勢佐木町ブルース」とか流れていたのでした。
二本松城
2014年3月21日
34番目
二本松駅のスタンプだけで済ませてしまいました。
長篠城
2014年3月29日
35番目
JR長篠城駅から徒歩。ちょうど桜の咲き初めであった。
鉄道建設時に線路が城を分断したようで、本来はもっと広かったとのこと。

スタンプは史跡保存館2階の受付で申し出れば貸してくれます。
鳥居強右衛門の件は知っていたけれど、大分県の中津との関わりがあることは知らなかった。

あと、長篠城駅から歩く人にはあまり関係ないですが、第二東名の工事のため、ダンプが多く通るのでご注意。
足利氏館
2014年4月6日
36番目。
そのまんまお寺です。スタンプは、本堂正面を向いて階段を上った左手の売店のカウンターに置いてあります。
ここも桜の名所。
高遠城
2014年4月7日
37番目
プロフィールで記載したとおり長野県の5城制覇は困難が伴うがその1城目。

JRバス高遠駅から城跡を右回りに巡り、歴史博物館の入口脇にスタンプが置いてあったので押印。この時期は桜にはまだ早かった。
坂はきついが城ってそんなものですよね。
多賀城
2014年4月12日
38番目
多賀城から50番目の根城までは、1つの旅程で訪問しました。
この日は強風で電車が遅れたため、もともとは多賀城市の博物館で押印するつもりだったのだが、国府多賀城駅に変更。

改札を出て右側ななめに10歩ほど歩くと公衆電話があり、その隣にスタンプがある。地上に降りる必要もない。
松前城
2014年4月13日
39番目。

函館バスの定期観光バスに乗車して訪問しました。このツアーはちょっと高く感じるかもしれませんが、定期観光バスに片っ端から乗車している身としてはお勧めします(しかも定期観光バスは法的には路線バスであるため、公共交通機関のみというマイルールに合致)。
観光ガイドはオプションですが、付けることを推奨します。

さてこの日はきわめて天気が良く、城跡から岩木山が見えるほどでした。
桜は「冬桜」という品種のみ咲いていました。これは10月にも咲く品種だそうです。
まだ桜には早い季節だったせいか、砲撃跡の石垣部分は保存工事中でした。

スタンプは入場口でお願いしてお借りしました。
上田城
2014年4月14日
40番目。長野県の2番目。

前日の北海道から日本海側を南下していく旅程です。
新発田城あたりがちょうど満開だったので、新発田城の方が良かったかなー、と思いつつも夕方に長野に到着。

こちらもちょうど桜が咲いており、祭りも開かれていました。
観光協会の2階でスタンプをお借りしました。
佐倉城
2014年4月19日
41番目。
前回が上田城で、次回は名古屋城を予定しているのですが、マイルールに従うと上田城→名古屋城は不可であるため、佐倉城でワンクッション置きました。

時間があったので城跡の回りを散歩。結構時間がかかります。
もう一つの目的であった歴史民俗博物館はタイムアップで途中で切り上げました。

スタンプは無人(訪問時)のプレハブに設置で、城の紹介もそのプレハブに集約されています。
名古屋城
2014年4月26日
42番目。愛知県最後のお城です。

地下鉄の駅を出ると、都会の中のオアシスと言えるような緑の中を歩いていきます。東の料金所でスタンプをお借りしました。状態は良好です。

名古屋城おもてなし武将隊がアトラクションをやっていました。

この日は小谷城に続きます。
小谷城
2014年4月26日
43番目。
東海道ルートから脇に外れているので、前々から交通至便な名古屋城か大阪城との組み合わせで考えていました。

今回はJR河毛駅からレンタサイクルとしました。
同駅は無人駅なのですが、駅舎相当の位置に観光案内所があり、見学の相談に乗ってもらえます。案内所の閉鎖時刻は17:30なので、レンタサイクル使用の場合はそれまでに返却する必要があります。

城域はとても広いのですが、建物がなくてもどのように陣地を敷き対峙していたのかが想像できます。資料館は狭いけどそれなりでした。
和歌山城
2014年4月27日
44番目。
2回目の訪問です。前回は小学生だったので四半世紀以上前ですか。

和歌山市駅から徒歩。駐車場使用でもないのに裏口階段を使ってみました。急で危ないです。特に下りに注意。

スタンプはチケット売り場でゲットしました。小さいシヤチハタで、今まで見たことのないタイプでおやっと思いましたが状態は良好。スルッとKANSAIパスを持っていたので100円割引してもらいました。

展示物は(自分的には)面白くはなかったですが、見晴らしは最高です。また、石垣が立派なのも気に入りました。

この日は次に姫路城に行きます。
姫路城
2014年4月27日
45番目。
2回目です。1回目は2014年1月6日でしたので4ヶ月しか経っていないわけですが、その理由は2014年3月の岡崎城に記載しました。1月の訪問では「天空の白鷺城」の予約までして見学したのです。
でその時スタンプのある管理事務所は有料地域ではないことだけ確認しており、従って今回はスタンプだけもらってすぐ引き揚げました。
写真は、1枚目は1月6日、2枚目が今回です。

(追加)2014年8月17日に姫路駅のホームから撮影しました。3枚目です。なるほど「白すぎる城」と騒がれた理由が納得です。
伊賀上野城
2014年4月28日
46番目。
2回目です。初回は小学六年生の林間学校。
上野公園に来たと言うことで、まずは犬を連れた西郷さんの銅像を探しました・・・
というのは嘘で、高石垣を上から覗いてみることにしました。覗いた1秒後に後ずさり。

料金所でチケットを買った後、改札でスタンプをお借りします。
展示は歴史物としては不十分ですが、建物自体が木造であることが重要なのです。なお自分は鎧や刀剣よりも陶器が好きなので少し満足。

伊賀者がいっぱいいた(笑)。コスプレすると入場料が安くなったりするのだろうか?(←そんなことはなかった)
郡山城
2014年4月29日
47番目。
九州に行く途中で広島に寄り道。バスで安芸高田市役所下車、徒歩5分。

展示館の受付でまずはスタンプをお借りし、展示物を見て回る。
歴史の展示は2階にあります。1階は風土の展示と言えば良いでしょうか。
歴史に詳しい方は2階の展示は既知なのかもしれませんが、私にとっては興味深いものでした。
大野城
2014年5月6日
48番目。
スタンプを捺せる場所は4カ所ありますが、今回は西鉄都府楼前駅から徒歩、太宰府展示館の事務所で押印しました。印影は可もなく不可もなくまぁ60点ぐらい。

ボランティアの説明員がいらして、太宰府の成り立ちを説明して頂きました。
大野城は、基肄城、水城とともに太宰府の防衛の一翼を担う施設として登場します。

自分は歴史よりも地理の方が好きで、熊本在住時によく福岡を往復する時に九州道、鹿児島線、西鉄線が集中する辺りの地名/駅名に「城」が付くのに気づいていた。で、理由が何となく分かってはいたが、今回その理解は正しくて、この辺りは交通がくびれる地形なのだ、という認識を新たにした。
春日山城
2014年5月16日
49番目。
長野から直江津方面に鉄道で移動。北陸新幹線工事の進捗に目を見はりつつ移動していたところが、高田=直江津間線路点検による運転見合わせに巻き込まれてしまい、予定外にも高田駅からタクシーを使うことになってしまいました。

15分ほどの紹介ビデオを見て、その後風景を確認しました。スタンプは美品でした。
これほど堅牢な城を考えた上杉謙信って本当にすごいわ。

帰りはバスです。コミュニティバスということで小さい車体のが来るのかと思いましたが普通でした。この後は直江津駅→長岡駅→栃尾。
根城
2014年5月18日
50番目。

朝一で訪問しました。といっても午前9時ですけど。
城郭は公園としていつでも入れるようですのでまずは一回りしてみました。

スタンプは3カ所ありますがいずれも午前9時からです。博物館で捺しましたがこれは状態良好でした。

八戸駅は街の中心に存在しないため、中心街との間にバスが20分に一本のペースで出ています。これに乗れば近くに行けます。
八戸市営と南部バスがあり、停留所の時刻表はまとめていたり別だったりで旅行者には優しくないです。
武田氏館
2014年7月20日
51番目。
夏休みの計画を立てたあと、マイルールに抵触しない近場のお城を選んだ結果こちらになりました。(夏休みの計画は52番目〜57番目までの予定)
甲府駅北口から毎正時と30分にバスが出ています。バスはまっすぐ北に向かって走り、終点が目的地となります。
まぁ神社なので、お札を受ける場所があります。そこにスタンプはありましたがかすれており、点数を付ければ55点ぐらい。さらに宝物館にもスタンプがありますが、こちらはさらに良くなくて50点ぐらい。

帰りは山梨大の停留所までてくてく緩い坂を下りると、バス代90円節約できます。
会津若松城
2014年8月9日
52番目。
登城3回目です。西若松駅から徒歩で移動。
湿度が高い日で、天守閣最上階の吹き抜ける風は気持ちよかったですね。

展示は前回見たのでスキップ。大河ドラマは全く興味がない(脚色があるだけで拒否)のでこれもスキップ。

スタンプは売店にあります。あまり状態が良くありません。50点ぐらい。

帰りは会津若松駅まで歩きました。その後この日に復旧した磐越西線の「SLばんえつ物語」号に乗車し、新潟に泊まりました。
弘前城
2014年8月11日
53番目。
登城は2回目です。前回は十年以上前のGWで、さくら祭り中でしたね。

前日の台風を弘前市内でやり過ごした直後、午前8時頃訪問しました。
時間外の入場自体は無料なんですね。雨上がりで蒸し暑かったです。

緑の相談所に設置されているスタンプはきわめて状態がよろしくありません。

あと、(ここに書いても仕方ないですけど)根城でも申し上げたが、何で青森県は路線バスの使い勝手が悪いのだろう?部外者に使わせないようにしているのでは?と勘ぐってしまう。
松阪城
2014年8月15日
54番目。
この日の松阪市は朝からとても蒸し暑く、松阪駅から歩くだけでとにかく汗が・・・。

冷房でカメラが冷えており、写真がもやがかっています。

やはりここは石垣に目を見はるものがありました。
スタンプは歴史民俗資料館で、ゴム印タイプでした。ただ、最近思うのはゴム印タイプの方がシヤチハタ方式よりも良いのではないか?ということであります。
萩城
2014年8月16日
55番目。登城は2回目です。

まず謝っておきますと、同じ旅程に会津若松と萩を押し込めてしまいました(笑)。

東萩駅でレンタサイクル(小谷城に続いて2回目)を借りたのですがこれが正解。街のサイズが自転車向きなのですね。
まず松陰神社、伊藤博文公のお宅などを見て回ったあと、市内を横断してお城に行きました。お城の敷地まで自転車乗り入れ可。
スタンプは、1枚目写真のプレハブ?にあります。状態は鶴ヶ城と異なり良好でした。

会津若松も好きな街なのですが、萩も好きな街です。(許されるのか?)

この後は、8月10日にやっと復旧した山陰線を東進しました。
鳥取城
2014年8月17日
56番目。ここも2回目です。

この日は日本海側は前線の影響でひどい天気でした(太平洋側の写真は同日に撮影した姫路城の項を参照)。

鳥取では朝から雷が鳴っていたのですが、自分が行ったタイミングだけたまたま雨が上がっていました。
ここは見上げるばかりのお城で、石垣も立派なのです。もっとも復元ですけど。
見上げた先の雲海(下から)を写真でご堪能下さい。

スタンプの状態は普通でした。
この後鳥取駅から山陰線で京都に向かうはずが、こちらは不通(怒)でしたので急遽智頭急行に振り替えて、姫路経由で移動しました。
金沢城
2014年8月18日
57番目。

本来は七尾城の予定でしたが、資料館が休館日だと思われることと、それよりも何よりも予定していた七尾線の列車が運休となったため、やむを得ず金沢城を訪問。

事前調査ゼロながら時間はあったため、ゆっくり見て回ることが出来ました。
松山城や熊本城みたいに、広い城域で気持ちが良い場所でした。

スタンプは石川門の休憩所と、二の丸案内所のものの両方を試した結果、石川門のほうがまだましでした。
徳島城
2014年11月22日
58番目
徳島駅から城山まで徒歩。本当は駅の東側から回るべきだったがあえて西側から回ってみました。
建物は明治初期にほぼ全て取り壊され、残った門も空襲でなくなったそうで、残るはお堀と石垣と庭園のみ、です。
地理的にちょうどいい場所に城山があることが良くわかりますので、眉山から俯瞰することはお勧めです。
高取城
2014年11月23日
59番目。

山城として有名な高取城、ちょうどお祭りを行っていました。
今帰仁城
2014年12月13日
60番目。
沖縄についてはマイルール非適用とし、北から順番に日を分けて訪問しました。
今回、今帰仁城は沖縄バスの定期観光Bコースを利用しました。那覇バスの定期観光でも良かったのですが万座毛を見たかったので。

スタンプは発券所の係の方からお借りしました。ゴム印です。

石垣が大規模で、本島からの外敵監視という目的にたがわない立地条件で感心しました。でも薩摩藩の攻撃には耐えられなかったそうです。
中城城
2014年12月14日
61番目。
これは車で訪問しました。バスマップをひっくり返しても上り坂がきつそうだったので。
その甲斐あって太平洋と東シナ海を同じ位置から望めるんですね。

スタンプは入場券売場にあります。状態は70点ぐらい。
首里城
2014年12月15日
62番目。訪問は2回目です。

沖縄の主要観光地ですから混んでいますが、平日ですから修学旅行生と、半世紀前に修学旅行をしていた(かも知れない妙齢の)方が多かったです。
最近建てられた(復元された)南殿の木材が芳しかった。

スタンプは、意外にも北殿のショップ内にあるシヤチハタの状態が良かったです。案内係に声をかけると出してくれます。
丸亀城
2014年12月31日
63番目。年中無休とのことで訪問しました。
時間がなく、丸亀駅からタクシーで移動。城までの道は短いが急勾配で厳しい。
夕方から天候が大荒れとなり吹き込む風が寒いのなんのって。

石垣がすばらしい。
高知城
2015年1月1日
64番目。2015年の1番目。
事前にホームページを確認したところ、開いているのか閉まっているのかなんだか良く分からない書き方でしたが、新春無料開放ということで朝9時に行ってみたら開いていました。

お城もかっこよく、展示も良かったのでお勧めです。
高岡城
2015年3月7日
65番目。
新しいのに新幹線が乗り入れないことになった高岡駅から徒歩。1kmぐらいです。
街中から全然目立たないのはなぜだろう、と思いながら訪問しましたが、高い建物が一切存在しないのですね。実際に1609年築城、1615年廃城とあっては。加賀藩の出張所みたいな扱いになり、一国一城令で破却とのことです。
丸岡城
2015年3月7日
66番目。高岡城の後に訪問。
こちらは高岡城と逆で、天守閣だけ残っています。一番上まで登ったところ、とても見晴らしのよいところでした。北ノ庄城の北方を守備する役割を担ったようです。
金山城
2015年3月14日
67番目。
駅から歩くかどうか迷った結果、タクシーを使って行けるとこまで行ってみました。
石畳の復元が忠実すぎて歩きづらいですので、靴は良く選んでください。

帰りは歩きで、思ったより時間はかかりませんでした。
七尾城
2015年3月20日
68番目。
もともと2014年8月に行くつもりでしたが、金沢城の項に記載した理由でこの日になりました。
七尾駅からコミュニティバスで資料館を訪問。そこで与えられた時間は1時間20分だけだったが本丸までの登城を目指しました。道は丁寧に教えていただきましたがそれなりに難しいルートです。
結局雪解け水で難渋し、本丸の直前で断念しました。でも夏だったら暑くてもっと大変だったでしょう。
広島城
2015年3月21日
69番目。
街のど真ん中に存在しているためにかえって目立たず、予備知識なしで訪問しました。どの駅からも中途半端な距離。
郡山から出てきた毛利氏が、瀬戸内の海運と太田川との結節点であるこの地に築城しました。明治維新を生き延びた現存天守だったのですが、爆心地から1キロちょっとしか離れておらず、やられてしまったのは残念なことです。
展示は良かったです。特別企画のトイレ事情展も良かった。
赤穂城
2015年3月21日
70番目。
午前中は広島城訪問、広島から相生に、そして播州赤穂に移動しました。
時間が限られていたため、播州赤穂駅からバスに飛び乗りましたがなんと100円バスでして助かりました。それもこれも資料館などの入場受付終了時刻が早いもので。
長屋門の特別展示含めて、1時間で資料館は一通り見ることはできました。
スタンプはゴム印タイプです。
岐阜城
2015年3月22日
71番目

岐阜には岐阜城とは別に加納城がありましたが、それとの関係を知らないまま登城しました。
岐阜城の歴代城主は、斎藤道三とか、織田信長とか池田輝政(姫路城を作った人)とか豊臣秀勝とか、有名どころが並んでいます。
関ヶ原の合戦の折に城主だった織田秀信は西軍の石田三成に加勢したため、1601年に廃城、代わりに加納に築城したんだそうです。これで分かりました。

とにかく眼下の長良川含め、とても見晴らしの良いところでした。時間の都合でロープウェイを使いましたが、地元のハイキングコースとして愛されているようで歩きで登り下りしている人も多かったです。
新発田城
2015年4月12日
72番目。
昨年の今頃、松前城から上田城に向かう途中で新発田を通過したら桜が満開だったので、よし来春に訪問するぞ、と考えていました。
お城のお祭りをやっていました。
江戸時代、新発田城にやってきた溝口氏は、明治維新まで転封することがなかった数少ない外様大名です。解説によれば、それもこれも善政を敷いたからだろうとのことでしたが、善政を敷ける環境であったのも大きかったでしょう。
広い城域は現在自衛隊の駐屯地になっています。
スタンプは、かなり印面が悪化している、という情報をつかんでいましたけど、そんなに悪くはなかったです。
根室半島チャシ跡群
2015年5月16日
73番目。
遠かったです。根室は4回目なので遠いのは知ってたけど。

実際のチャシを巡ろうとすると路線バスではあまりにも制約が大きかったため、マイルールから逸脱しますがレンタカーを使用しました。

100名城巡りをする前から、根室駅前の観光案内所にスタンプがあるのを知っていましたので、今回はあえて「歴史と自然の資料館」で押印してきました。係りの人が仰るには「今日は100名城のスタンプを押しに来る人が多いですよ」とのことでした。
近くの車石を見てからチャシを巡りました。
盛岡城
2015年5月18日
74番目
盛岡駅からバスで行きました。スタンプは「プラザおでって」でお借りしました。
その後歴史文化館を見て城址を散歩。ツツジがきれいでした。
津和野城
2015年6月8日
75番目。
ちょっと行きづらいし、藪蚊は嫌なので、暑くなる前に訪問することにしました。
津和野駅から歩く事20分、観光リフトで登城し、本丸まで行ってきました。リフトは16:30終了でちょっと焦りましたが、本丸まで山のてっぺんに幾重にも重ねられた石垣が素晴らしいお城です。
事情があり平日だったため、近隣の小学生、高校生の下校時刻と重なりました。皆さん「こんにちは」と挨拶してくれるすがすがしい町である津和野でした。
宇和島城
2015年6月9日
76番目。
石段をかなり登るので、暑い季節は避けようと考え、雨をついて朝一で宇和島駅から歩いて訪問しました。宇和島伊達家の城として有名ですが築城主は藤堂高虎でして、あとから伊達家がお輿入れしました。それからちょうど400年、町のそこかしこに400年祭の幟が立っています。
現存天守閣は今でも木の良い香りがたちこめていました。
松代城
2015年8月22日
77番目。
長野駅から30分間隔で出ているバスに30分乗車(片道650円)での訪問です。インターチェンジがそばにあり比較的渋滞しやすいようです。
城郭、というより御屋敷・・・でもなく陣地、でしょうか。思ったより狭い所でした。かなり整備されておりかえって現物離れした感もあります。

ほかの方からもご指摘がありますように、100名城スタンプは管理棟ではなくて「真田邸」にあります。美品でした。
備中松山城
2015年11月6日
78番目。
天空の城として有名になった竹田城跡に引き続き、高所に位置し、現存天守としても、雲海の城としても有名になった備中松山城を訪問。
紅葉の季節、鞴(ふいご)峠の駐車場は混雑による閉鎖で、シャトルバスに乗りました。
ここは階段、坂がきついです。さすが三大山城。若いうちに行った方が良いです。
松江城
2015年11月6日
79番目。
めでたく国宝に指定された松江城です。午前中に訪問した備中松山城とおなじく現存天守12城のひとつです。
県庁所在地にあるお城は大概広い敷地を持つもので、この松江城も同じく広いです。城下町も風情があります。4年前の夜中に城下町を歩いたわけですが、やはり昼にそぞろ歩きしないと損です。
天気予報によれば日曜日の岡山は雨(珍しい!)とのことだったので、今日は備中松山城と松江城を掛け持ちにしました。
大洲城
2015年11月8日
80番目。
大洲城に朝いちばんに乗り込みました。建築基準法の適用外として例外的に復元された木造の城です。天守閣は維新時の解体を免れたものの、老朽化により明治初期に解体されてしまいました。しかし、幸いなことに写真技術の普及に間に合ったこと、木組みのモックアップが残っていたため、一世紀以上の間を空けた再建において、これらの資料が役に立ったのだそうです。
鬼ノ城
2015年11月8日
81番目。
神籠石式山城という分類の古代山城です。いつ出来たのかは不明だそうで、5〜8世紀のいずれかだとか。
鬼ノ城山の山頂周囲を長い城壁がぐるりと囲む構造になっており、その城壁は2.8kmもあるとのこと。東西南北に門があり、西側の遺構が良く残っていたので復元したのが写真の門です。ビジターセンターの建物は新しくて、木の良い香りがしていました。
松本城
2016年1月9日
82番目。
急に行きたくなって「あずさ」に飛び乗って行ってきました。
お祭りの屋台が並んでいて、しかし何の祭りだったのでしょうか。

国宝である城郭の一覧が、松江城の指定により貼り紙で訂正されていました。仕事が早い。
観音寺城
2016年3月20日
83番目。
安土城郭資料館で、2つスタンプを並べられたのでつい二つ捺してしまいました。先に観音寺城を捺したため83番目。
安土城
2016年3月20日
84番目。
観音寺城と同じく安土城郭資料館で。
スタンプはきれいでした。
明石城
2016年3月20日
85番目。
安土駅から一気に明石駅まで移動して訪問。
駐車場からは遠いようですが、明石駅からですとスタンプのある管理棟はすぐそばです。
長い石垣が印象的でした。
あと、春分の日、かつ明石、ということで日時計の写真を撮ってみましたが、なぜかずれているような(撮影は13:30です)。
五稜郭
2016年3月26日
86番目。
北海道新幹線が開通してから行こうと決めていたところが、諸般の事情から開業当日に訪問することになりまして、かなりの混み具合でした。
訪問自体は17年前に次いで2回目ですが、今回は全体を一周してみました。正面はかっちりしていた石垣が北面では崩れている箇所もあって、予算不足だったとのこと。
仙台城
2016年3月27日
87番目。

仙台駅から「るーぷる」というバスに乗り仙台城へ。3回目です。
石垣は立派である一方、櫓はありません。作れなかったのではなくて不要だと判断したとのことです。
広瀬川が蛇行している崖の上に位置を占めており、これは攻め方としては苦労するでしょう。

以前るーぷる仙台に乗った時の運転手は普通の路線バスの運転手でしたが、今回は何か「おもてなし」なのか、笑わせるようなトークを連発するようになっていました。
岩村城
2016年3月31日
88番目。

前日に名古屋に泊まり、恵那から明知鉄道に乗車して一旦終点の明智駅まで行き、ちょっと大正村を見てから岩村駅に戻り、それから歩きました。
緩い登坂の道すがら城下町を見ていたら時間が無くなってしまい、山登りは断念しました。

寿命の短い城が多い中、700年も実用に耐えたとのことで他に例を見ないとのことでした。
八王子城
2016年6月11日
89番目。
大河ドラマのタイミング的にいいかなと思い、先だって訪問しました。高尾駅からバスで入口まで行き、そこから徒歩です。
八王子城の城主は北条氏政の弟である氏照ですが、彼は小田原城に詰めており不在、留守番の守備方は、前田利家、上杉景勝などの大軍に挟まれて討死、かなり凄惨な結果に終わったそうです。これは小田原方の士気を大いに挫いたようです。
本丸まで行ってみました。山登りに近いハイキングコースです。櫓を置きようのない狭い空間でしたが、ここまで登ると達成感があります。
道中吹き上がってくる風がひんやりとして心地良いし、見晴らしも最高でした。横浜ランドマークが見えるんですね。
二条城
2016年6月24日
90番目。
まず北大手門を外から眺め(ここからは入場できず)、ちょっと歩いて堀川通りに面する東大手門から600円払って入場。最初「600円って高くないか?」と思っていましたがそれは大間違い。二の丸御殿だけで内容盛りだくさんであり、大政奉還の間とか、狩野流の襖絵とか、おなかいっぱいでした。入場者の半数以上が外国人であり、説明書きの看板が英語と日本語で別々の場所に掲げてあるお陰で、うまく人だかりが分散するシステムになっています。
スタンプをもらって本丸へ。天守閣跡に登って内堀を反時計回りに巡りました。京都の真ん中にこんな緑の空間があるのです。想像よりも広かった。2018年度までにいろいろな改修が完成予定とのことです。また行こう。
岩国城
2016年6月25日
91番目。
新幹線でなかなか乗り降りする機会のない新岩国駅に行き、そこからバスで錦帯橋に向かいます。道中錦川に沿ってぐるっと半円形に回るとき、その中心に復元城郭が見えます。錦帯橋にて渡橋料と一体化したパスを購入し、ケーブルカーと徒歩。
城郭は復元であるためあまり見るべきものはない(私は刀剣に興味なし)のですがむしろ景色が良くて、景色だけずっと眺めていました。麓に戻り、吉川資料館にお邪魔して歴史資料を見学。この証文がとても興味深く、予定を1時間オーバーさせてしまいました。行く価値があります。
川越城
2016年8月27日
92番目。
川越駅からバスに乗り、本丸御殿を訪問しました。小雨の中、畳の上で蝉の声を聴きながら、縁側から庭園を眺めてリフレッシュ。

外国からの観光客が多かったです。
帰りは歩いて本川越駅まで。
高松城
2016年9月17日
93番目
駅すぐ近く、四国の玄関口に位置するお城であります。趣向を変えて城の北側、つまり宇野方面フェリー乗り場のあたりまでぐるっと回り、東側から入ってみました。

石垣の修理で迂回する場所があり、それは堀の上を空中回廊のように渡るようになっていました。普段は見えないようなアングルを楽しめました。
福山城
2016年9月17日
94番目。

高松城(香川県)訪問後、直に訪問しました。駅近、というよりむしろ「城を壊して駅を作った」のでしょう。

福山の町は瀬戸内海の東と西との潮がぶつかる辺りに位置するとのことで、動力として燃料を使えなかった時代から物流拠点として重要な位置を占めていました。この城は防御もさることながら貿易の観点から重要だったみたいですね。

お祭りの準備をしていました。
福岡城
2016年9月21日
95番目。
訪問は2回目です。前回は年も押し迫る12月30日の夜であって鴻臚館は閉鎖しておりスタンプを捺せませんでした。真っ暗な中を探検(?)したわけですが広くてなかなか疲れました。

今回は平日の昼間に行ったのでゆっくり見学できました。城跡もさることながら平和台球場跡の形がまだ残っていて、まだ発掘途中で何が出てくるのかわくわくできるように見受けられました。
小諸城
2016年9月24日
96番目。
ぱっと新幹線に乗って訪問しました。

これも駅近ですけど、福山城と同じで城跡に駅を作ったわけで、線路の東側に門が、線路を挟んで本丸があります。

交通の要衝であったため、戦国時代末期はいろんな武将が奪い合ったお城でした。

でも島崎藤村の印象が強いです。
大阪城
2016年11月4日
97番目

こんなに歴史上も戦略上も重要、かつ観光スポットである大阪城が97番目とは!

大河ドラマの流行りを考慮すると平日に行くべき、と検討した結果、この日に訪問することになりました。
第3代目の天守なわけですがこれが昭和6年竣工ということで驚きです。

スタンプは天守に入ってすぐ、左手の案内所にお願いすれば出してくれます。ゴム印とシヤチハタがありますけどゴム印の方がマシな感じです。
津山城
2017年4月14日
98番目。

桜祭りのタイミングに合わせて登城しました。
一週前に行ければよかったのですけどスケジュール上この日になり、散っていく桜吹雪が見事でした。
湯築城
2017年4月15日
99番目。
中世の城で、江戸時代は打ち捨てられたままだったそうです。しかし、明治時代に道後公園として整備、さらに動物園まで開園したところが施設の老朽化により動物園は砥部へ転出。
んで跡地を掘り起こしたら遺構がわんさか出て来たとのこと。
白河小峰城
2017年4月22日
100番目。
ラスト。東北三大石垣、白河小峰城です。
スタンプラリーを開始する前、東日本大震災で「石垣が崩れて立ち入り禁止」とのニュースを聞いていて、その後スタンプラリーを開始してからなんとなく「白河小峰城がラストだなー」と考えていました。
現在も修復工事中で、2020年に完成する見込みのとこと。天守台は木造で、本当は人を入れてはいけないという制限で復元したらしいですが、中をのぞくことはできました。
若桜鬼ケ城
2018年5月2日
続の1番目。
早くもスタンプの設置状況が危ぶまれている若桜鬼ケ城を最初に選びました。
若桜駅から見上げると、確かに籠って様子見するのに良さそうな山があって「お、あそこだな?」てな感じです。今回は天候が怪しかったので車で細い林道を登って、舗装が途切れても気にせず近くまで。旧馬場が駐車場になっており、そこからはかなりガタのきた道を歩いて7分ぐらいで本丸でした。平日朝9時だったからか林道てすれ違う事はありませんでした。
あと、駐車場でSDカードを拾ったので麓の交番に届けました。もし心当たりの方は警察に連絡して下さい。
浜田城
2018年5月3日
続100名城の2番目
1619年の築城、南方(広島城)、追って西方(萩城)の毛利氏に対する抑えとして、親藩・譜代である松平家が配置されていました。明治維新前の混乱の中、城主自ら櫓に放火したそうなのですが、石垣はある程度残っています。海を監視できる絶景を望める素敵なロケーションでした。
大内氏館・高嶺城
2018年5月3日
続100名城の3つ目
JR県庁所在地駅で随一の影の薄い駅である(失礼!)山口駅に初めて降車。高嶺城跡を見に行きました。
思ったより客が多く、予定していた2分接続のバスに乗れませんでした。駅前のレンタサイクルでチャチャっと借りて行ってまいりました。
新高山城
2018年5月4日
続100名城の4つ目
本郷生涯学習センター、5/3〜5は閉館でした。スタンプは問題ありません。

城跡の山は現在山陽新幹線が貫いています。下りの新幹線に乗って三原を通過すると5〜6箇所の短いトンネルに入り、山陽本線と川を跨ぎ再度トンネルに入ります。跨ぐ前のトンネルが高山城、跨いだ次のトンネルが新高山城の山で、川は沼田(ぬた)川です。
三原城
2018年5月4日
続100名城の5番目

駅を作るときに本丸まで壊された三原城です。本丸跡へ行くには駅コンコース内の専用通路を使います。小早川隆景が築城し、瀬戸内との交通の要所として運用されていました。現在も交通の要衝です。
スタンプは駅の観光案内所にあり、係員にお願いして出してもらいました。
脇本城
2018年5月16日
続100名城の6番目
男鹿半島の南側にある崖の上に作られた、戦国時代の山城です。
なんか「車で行くべき」「発砲音が聞こえる」という怖い意見が多いようですが、時間も2時間取ったことだし男鹿線プラス徒歩で行って参りました。

車は、健脚なら要らないです。アップダウンは激しくて、海岸沿いの国道から自力で山登りをすることになります。車なら途中まで登れます。

クイズコーナーがあり、応募したところ7月に当選通知とともにイケてるペーパーフォルダが届きました。ありがとうございます。
秋田城
2018年5月16日
続100名城の7番目
「秋田城って街の真ん中にあるんじゃないの?」…いえいえそれは久保田城。
脇本城訪問後、秋田駅で乗り換え、バスに乗っていきました。
秋田城は奈良・平安時代の拠点であって、それ以降は忘れ去られた存在となっていたそうです。
米子城
2018年5月26日
続100名城の8番目
当日朝いちばんの飛行機で米子空港に降り、山陰を右往左往したのちに、米子駅から歩けなくもない距離だなぁ、ということに気付いて訪問しました。

遠巻きに石垣を眺め、「やっぱ楽をしよう」と米子市立山陰歴史館でスタンプをお借りしました。