トップ > メンバーリスト > メンバー情報

メンバー情報

ID10117
名前かつより
コメント好きな武将:武田勝頼
東京在住
日本全国ゆっくり巡る
登城マップ訪問城マップ

登城記録

登城日順 城番号順
能島城
2018年11月14日
記念すべき続100名城1城め
続100の中でもかなり特異と思われる城。
今治から尾道までしまなみ海道自転車走破の途中に寄り道。
村上水軍博物館の展示は面白かったが、肝心な城は、博物館の展望室のほか、サイクリングロードや伯方島に渡る橋上から遠望したのみ。
河後森城
2019年1月22日
松丸駅で縄張り図を入手し眺めていると、駅の職員の方がすかさず話しかけてくれる。
道順の説明をしてくれた上に、荷物を預かってもらえた。とても親切。
東第三曲輪⇒本郭⇒西第十曲輪(スタンプGET)⇒新城⇒古城 の順に攻城。
遺構は良く残っていて、整備もされている。眺望もすばらしい。
広い城内のどこかに落とし物をしてしまい、翌日再攻城したら奇跡的に発見できた。
水城
2019年4月7日
JR水城駅で降り、駅員に水城館への行き方尋ねると、まさかの「知りません」
「スタンプならここにある」と言われたが、押さずに水城館へ。google先生に道順聞いて、徒歩20分ほど。
水城館は小さな施設だが、大野城、基肄城を含めた城の歴史的背景が良く理解できた。
水城館の脇から展望台に登ると、城?の全貌が見渡せる。
1300年以上前の遺構が現代に残っていることに感心。
勝瑞城
2019年10月11日
特段の見どころも無く、がっかり100名城ベスト3には入りそうな城。
城主、細川・三好もマイナーな感じで、自分もあまり知識が無い。
ほとんどの攻城者はスタンプだけ押して早々に退出するであろう小さな資料館(発掘現場事務所)に、三好氏の歴史マンガがあるが、これにすっかり見入った。
資料館発足以来、最長滞在時間を記録!?
知識の空白地帯=室町時代のことをもっと知りたくなった。

後日、三好長慶を中心とした三好の歴史を詳しく調べた。とても興味深い内容だった。
これを知らず、歴史通を自認していたとは恥ずかしいかぎり。

以下蛇足
長慶は、勢力絶頂期に3人の弟と嫡男を相次いで失い、後を追うように本人も亡くなる。
長慶亡き後、三好は分裂・弱体化し、信長に取って代わられる。
長慶・弟・嫡男が健在であれば、信長の台頭など許さず、三好による天下統一が実現していたのではないか、と思う。
引田城
2019年10月28日
讃州井筒屋敷でスタンプGET後、攻城ルートを親切に教えていただく。
手荷物も預かっていただけた。
教わったルートで、引田港側登山口から本丸、天守台、北二の丸を攻略し、大手門経由大手道から下山を試みるも道を失う。
道かどうかもわからない、蜘蛛の巣だらけのひどいルートを苦難の末なんとか下山。
大手道は要注意!
城の遺構もイマイチ。虎口や堀切などの遺構もよくわからず。
洲本城
2020年2月11日
つい先日くぐったばかりの明石海峡大橋を、今度は久々に渡って淡路入り。
淡路文化史料館でスタンプGET、返却式コインロッカーに荷物を預け身軽になっていざ攻城。西の丸⇒本丸とゆっくり2時間弱で攻略。石垣や天守については皆さんのコメントどおり。
淡路文化史料館に戻り館内も見学。洲本城の模型があり、竹田城を彷彿させる。館内は3階まであってそこそこ広いが、個人的に見どころは少ない印象。
その後ここでオススメのあった旧益習館庭園を見学し、夕方の最終バスで徳島へ移動。

100名城選定委員の方が、「各県5城以内」という条件のためやむなくはずした城がある。続100名城でその城を救済した、とコメントしている。
当該城はどこだ?と気にしていたが、それはここ洲本城である、と確信した。
明治初期の稲田騒動により淡路は兵庫県となったが、歴史的には明らかに徳島県。もし稲田騒動が無ければ洲本城は文句なし100名城に選定されていたことだろう。
一宮城
2020年3月28日
いかにも山城らしい遺構が残っており、見応えがあった。
城の攻防を想像しながら、本丸を往復。
第一防御ライン:倉庫跡曲輪 防御力小。偵察防衛レベル
第二防御ライン:才蔵丸・明神丸に挟まれた隘路 防御力大。主たる防衛ライン
第三防御ライン:本丸・明神丸に挟まれた門 防御力中。最終防衛ライン
第四防御ライン:本丸の石垣 防御力中。ここまで寄せられたらもう落城

あいにく午前中の雨で足元が悪く、本丸から先は回避。
徳島からレンタサイクルで往復。片道50分程。ほぼ平坦。バス移動予定で日頃運動不足の方、ご一考を。