トップ > 城選択 > 名護屋城

名護屋城

みなさんの登城記録

2028件の登城記録があります。
201件目〜250件目を表示しています。

●2019年1月12日登城 おみけんさん
佐賀駅前から朝レンタカーを借りて、まずは1.5時間で呼子へ、昼の混雑前にイカの活き造り定食で腹ごしらえし、10分程度走って名護屋城へ。
まずはお勉強で名護屋城博物館を見学しましたが、施設、展示、映像がとても充実してるのに無料ということでビックリ。感謝の気持ちで心ばかりの寄附をしました。
その後、城跡に。広大で立派な城跡に時間も押せ押せになってしまい、その後の唐津城もあった為、後ろ髪引かれる思いで次に向かいました。
全国の有力大名が一同に会した築城半年、実用7年という巨城は大変感慨深いものでした。
●2019年1月9日登城 氏政の野望さん
佐賀城攻略後、佐賀駅からJR唐津線に乗り、唐津駅へ、そこで1泊。
唐津駅から少し外れた「唐津バスセンター」から昭和バスにて「名護屋城博物館前」で下車しました。注意点は、その路線系統によっては、呼子でジャンボタクシー乗り換えるパターンもあるので注意。
名護屋城は城跡はかなり広大。そして絶景が広がっているため、長居することになるでしょう。
さらに博物館も有り、ここもそれなりにボリューム有ります。
ここでも注意点がありまして、バスで攻略ならバスの本数が少ないので、予め乗車する時間を決めておいた方がいいです。因みに私は早足で博物館込みで90分かかりました。
●2019年1月8日登城 studyさん
かなか広く、風も強く、とにかく寒い。
観光受付で「お急ぎ経路」と「じっくり経路」を記載したメモをくれる。
これを参考に攻城。効率的に周れたと思う。
●2019年1月4日登城 チロさん
第67城登城。
●2019年1月3日登城 たいし23さん
43城目 天候快晴
2019年今日から博多駅前でレンタカーを借りて2泊3日の
福岡、佐賀、長崎の100名城めぐりをスタートです。
最初は博多駅前から約2時間半で佐賀名護屋城博物館に到着。
早速今年最初のスタンプを受付横で押す。
スタンプ状態は良好ですが、インク量が少し多かったので
文字滲みに注意。(私は試し押ししたので大丈夫だった)
博物館内は無料なのが良心的。
本州の城と違い外来者の影響が大きいのが良く分かる内容である。
博物館前は名護屋城跡になっていて一連の動作で行ける所が有り難い。
玄界灘をバックに記念碑をパチリ・・・最高!!
●2019年1月3日登城 道鬼斎さん
33城目
唐津城から車で向かい名護屋城前の駐車場に駐車
名護屋城博物館でスタンプを押印
博物館は無料ですが資料、展示物が多く見応えがあります
その後は名護屋城跡を本丸まで散策し宿泊地の松浦へ向かいました
明日は平戸城へ向かいます
●2019年1月2日登城 メロデスさん
78城目
大分から唐津へ移動。翌日、名護屋城へ。
まずは博物館へ。展示は結構充実している。
裏に出て木下延俊陣跡を見学し、大手口へ。
東出丸から三ノ丸へ。三ノ丸は木々がありやや鬱蒼とした雰囲気。
伝馬場を通り、二ノ丸へ。伝馬場にも櫓台があり不思議な感じ。
二ノ丸はかなり広く、建物跡の展示もある。
この城の石垣は、ほぼ全てに渡り破却の跡があるのが印象的。
ここでカメラのSDメモリ容量が満タンになるハプニング。
携帯での撮影に切り替える。遊撃丸、水手曲輪経由で、本丸へ。
本丸もかなり広い。天守台含め周囲の見晴らしは最高。
多門櫓跡、御殿跡、埋められた石垣などが見られる。
水手口に降り、太閤井戸、山里口、山里丸などを見学。
山里口は虎口が復元され見所の一つ。
舟手口から二ノ丸に戻り、弾正丸、搦手口で城を後にする。
その後、陣跡巡りを開始。これが結構大変。
陣跡地図でおおよその位置は分かるが、掲示がない事が多い。
予定していた見学可能な陣跡12カ所の内8ヵ所のみで時間オーバー。
また機会があれば、再挑戦したい。
●2019年1月2日登城 ガマガエルのけんとさん
思っていたよりずいぶん広くて驚きました。石垣が素晴らしかった。
博物館が立派でした。
●2019年1月2日登城 ちぇっきーさん
名護屋城博物館でスタンプ押す。
城の入り口まで行ったが、本丸までは行かなかった。石垣だけでも壮大さを感じた。
●2019年1月1日登城 青空ペダルさん
新年二個目。
陣城でこんなのつくるなんて…
●2019年1月1日登城 たださん
2018-2019年末年始九州西部城めぐり
●2018年12月28日登城 悠刊亭駒輔さん
雪降ってて寒かった!
バスで行きましたが、大変でした。
でも、呼子の朝市行けてよかった。
あんなに石垣残ってるんだなあ。
●2018年12月27日登城 AKAHANAさん
快晴でした。
●2018年12月27日登城 ダイゴロウさん
VRを使っての城見学は画期的ですね
●2018年12月24日登城 のぶちょさん
バスが1日5便しかなく、公共交通機関だのみの人には行きにくい場所です。
●2018年12月22日登城 ダーリンこしょっけさん
福岡市から車で一般道路を走り1時間半ほどで名護屋城博物館に到着しました。スタンプは博物館に入り右手の受付でゲットしました。博物館の入館料は無料で、城跡探訪マップや博物館の案内資料なども入手できますが、設置されている募金箱に寄付をすると金額によらず陣跡めぐりのパンフレットもいただけます。行程の時間が迫っており、残念ながら城跡や陣跡をじっくり回る時間がなかったのが心残りですが、見事な石垣からは豊臣秀吉の号令により全国から参集した諸大名たちに築かれた城や陣屋のスケールの大きさが偲ばれました。
●2018年12月18日登城 山駒八郎さん
唐津大手口バスセンターから、11:54発
12:40頃、名護屋城博物館へ到着。
バス車中から、チラチラと石垣が見え、想像してたモノと別格。
とりあえず、博物館でiPadを借りて館内を見て回る。
大陸とのやり取りが散見し、場所柄そりゃそうだと感心。
館内一巡後、地図を貰って外へ。
30分コースと1時間コースがあり、外周も含めた特別コースへ。
石垣は圧巻です。巨大な敷地、縄張もはっきり。
整備されているので非常に綺麗。
外用のiPadで、VR,ARなど楽しめました。
天守台はさすがに風が強く寒かったですが、
天候も悪くなく、2時間くらい徘徊していましたが、
陣跡まではいきませんでした。
先端の北条氏盛陣跡まで歩いたら30分くらいは掛かるそうです。
帰りは道の駅 桃山天下市から呼子までジャンボタクシー200,
呼子から西唐津まで700でした。
バスは本数が少ないので気を付けないと帰れなくなります。
●2018年12月15日登城 カヲルさん
ここの近くのイカ専門店いつ行ってもうまい。
●2018年12月9日登城 めぢかさん
67城目
●2018年12月9日登城 D氏さん
過去分登録
●2018年12月9日登城 ♪345♪さん
よかったです。
●2018年12月8日登城 mayuGGさん
53城目
九州13城巡り5城目
滞在時間:1時間20分
博物館でスタンプ押印後、ジオラマでの全容の説明を聞く。その後観光案内所からガイドさんの案内で本丸へ。途中、石垣の崩れは後で崩した名残と聞き当時の名護屋城の位置付けが想像された。東出丸〜三の丸〜本丸〜天守台と回る。各所で石垣の崩れを見ることができた。天守台からは眺望が良く、ここに城を築いた訳も理解できる気がした。しかしこの九州地に名だたる大名の陣屋があったと思うと秀吉の権力を伺うことができる。まさしく夢の跡かな…。陣屋回りは機会があれば…。
●2018年12月5日登城 れおりん&JOYJOYさん
城内わんこOK、館内OUT
●2018年11月28日登城 伊豆坊さん
66城目
●2018年11月27日登城 けんちゃんさん
第68城目
吉野ヶ里から唐津を通って名護屋城へ。天気も雨模様から一転、晴天となる。晴れ澄み渡ってコリアまで見えそうだった。
●2018年11月27日登城 メルカトルさん
とても素敵な所なのですが・・・ドローンを飛ばしている人がいて雰囲気台無しでした。
●2018年11月27日登城 めるさん
バスでかなり時間がかかります。帰りも含めて時刻を調べておくのが良いと思います。
立派な遺構で、頑張って訪問した甲斐あり。
●2018年11月25日登城 ふくちゃんさん
博多に前泊し、レンタカーで唐津城・呼子イカ経由で登城。
名護屋城博物館は駐車場含めて無料。
●2018年11月25日登城 だいゆうさん
100名城の54城目。11月末の4日間11城の九州城巡り旅行、3日目の2城目。唐津城から車で約30分ほど。佐賀県立名護屋城博物館でスタンプと展示物を勉強。入館料は無料だが、かなりの規模で内容も充実している。主に、原始から近世の日本と朝鮮の関係、交流史がメインで、全部見るなら、1時間程度は掛かるであろう。登城は城の正面入口の大手口から。緩やかな登りの一直線の道。間もなく三の丸に到着。ここから本丸、二の丸に行くことが出来る。名護屋城は、豊臣秀吉の天下統一後、中国大陸進出の前線基地として、1591年、九州の諸大名に命じて築城された。その本丸は広大さに圧倒される。天守台と多聞櫓跡が必見だ。多聞櫓跡は全長55m、幅8mであったと言う。天守台には巨大な五重天守が建っていた。眺望も素晴らしかった。また、二の丸の西側にある110mの石垣と合坂も必見。(合坂=上り下りしやすくする石段)名護屋城は気軽に登城が出来る名城で、全てを廻るなら、2時間は必要。この後、この日最後の平戸城へ向かう。
●2018年11月24日登城 ルパン4世さん
前日宿泊した伊万里から車で約1時間北上して朝8時頃に到着。
名護屋城博物館は9時開館なので、先に城跡を散策する。
破却されながらも石垣が良く残っていたり、本丸に余計な物が一切なくて見応えがあった。よくありがちな石垣の上に柵がないので見栄えがいいのが好感が持てた。
雲ひとつない青空の下での本丸からの眺めも最高で、壱岐対馬もはっきり見る事が出来た。
スタンプは名護屋城博物館の受付で押印し、状態も良好!
博物館内の展示品も見学する価値は充分にあった。
●2018年11月24日登城 朧月さん
43城目
●2018年11月21日登城 トッシーさん
 75城目 立派な名護屋城博物館でスタンプ頂く。
●2018年11月20日登城 hataさん
名護屋城 
■100城の92城目(初登城)
九州城攻めの8城目
【移動手段】車:平戸城から約80km・2時間
【駐車場】名護屋城博物館(無料)
【スタンプ】名護屋城博物館受付
【天気】晴
【印象】☆☆ ゆったりと登城・散策できました。
【お土産】なし
【食事】呼子・いか太郎☆☆
【宿泊】糸島・コテージ☆☆
【同行者】姫、犬(柴)
【他】閉館前ギリギリに到着。本日の4城目でした。この後、呼子→唐津城→糸島の宿へ。
【柴犬のクウ】たくさんたくさん歩きました。
●2018年11月20日登城 takemanさん
89/100城
天気:晴れ
交通:バイク
スタンプ:佐賀県立名護屋城博物館
感想:大宰府天満宮・大宰府政庁跡・唐津城を経由して到着した。博物館は入場無料でも常設展示とイヤホンガイドで充実していた。130以上に上る諸大名の陣屋が構築されただけあって、広大だった。時間があれば一つでも陣屋を巡ってみたい。
●2018年11月10日登城 なべまささん
37城目
●2018年11月3日登城 治秀さん
80城目、4城を巡る旅4日目。
武雄温泉からマイカーで名護屋城へ55km、1時間30分の移動。
博物館の展示物などしっかりしているのに、石垣が崩れているのにはがっかりです、樹木や風雨により、さらに崩壊が進みそうに感じました。
今回の旅終了。
●2018年11月1日登城 ザッカーさん
二度目の登城。唐津駅からバスで。ここから玄界灘を眺めればまあテンション上がるとおもいます。
●2018年10月28日登城 清水正幸さん
VRが迫力あった
●2018年10月27日登城 ぐれちゃんさん
100名城:77城目 【通算:95城(77+18)】
スタンプは名護屋城博物館の1F受付から出してもらいました。予定では名護屋城登城前に近くの道の駅桃山天下市でいかの活き造りを食す作戦でしたが、昼食時間帯は団体専用とのことで断念。天守跡から見える絶景の海ときれいに整備された城跡が大変良かったです。なんとなく沖縄の今帰仁城や中城城に通じるところがあります。
●2018年10月26日登城 デブパパさん
大手道から行く見学ルートも良いが、裏手に廻って上里山の大石垣が素晴らしい!
必見です。
●2018年10月20日登城 たけしさん
2018年10月20日登城
●2018年10月17日登城 たっくんさん
朝鮮出兵の為の前線基地的な城。
大坂城の次ぐ規模。
●2018年10月16日登城 chebさん
86城目 晴れ
●2018年10月11日登城 つっちー2さん
第84城(再)
佐賀・長崎、城巡り初日2城目。
唐津城からレンタカーで約30分、直近の道の駅に立ち寄ってから、名護屋城博物館に到着。昨年にも来ていますが時間が無く早々と退散してしまったので、今回も似たような状況でしたが、館内を一通り回り日本と朝鮮の歴史について改めて学びました。
●2018年10月9日登城 SYOさん
 
●2018年10月7日登城 ツテさん
博多からレンタカーで行きました。
●2018年10月7日登城 maru211さん
見所は?
●2018年10月7日登城 エノやんさん
100名城87エントリー名護屋城趾、登城。
スケールの大きさにビックリ。楽しめます。
●2018年9月23日登城 ぶりちゃんさん
8年ぶり2度目の訪問だが、前回は余りの暑さに城跡部分には向かわなかったため
実質初登城。従って今回は博物館無視。入場しなくても押印可能。
正100名城95城目、通算106城目。

徳川が破壊した、とされるわりには石垣よく残る。その辺の常設の城よりでかい。
(晩年のボケ気味)秀吉のアホさ加減を最も実感できる史跡ではないか。
清正、行長や真田、石田のしんどさもさることながら、
この「役」で犠牲になったもののふたちの哀しみやいかほどか。
結局海を渡らなかった家康賢し。

なお、各陣跡まで手が回る訪問者多くないとみえ、一番整備されているはずの
堀某の陣跡も蜘蛛の巣だらけ。分かりにくいし、図面で想像して満足すること推奨。
家康、上杉などの陣跡極めて城から遠し。いとおかし。
●2018年9月23日登城 百万一心さん
名護屋城 83/100

唐津城から車で30分ちょっと。まずは名護屋城博物館でスタンプ押印し、事前学習。いざ登城するとその大きさに驚かされました。その他の城もそうですが、豊臣時代の城は戦うための城というより、自身の権威を見せつけるための城だと思います。次回はぜひ各武将の陣屋に行ってみたいです。

満足度:★★★★☆

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 次のページ

名城選択ページへ。