トップ > 城選択 > 小谷城

小谷城

みなさんの登城記録

3035件の登城記録があります。
2651件目〜2700件目を表示しています。

●2009年9月6日登城 ワンゲルさん
「青春18きっぷ」で大阪から河毛駅へ。
レンタサイクルで歴史資料館へ。

城跡に行くのは断念しました(時間がなかった)
上から見る景色はどうだったのか・・・
●2009年9月5日登城 ymuraさん
河毛駅からレンタサイクルで、歴史資料館まで。
ここから歩いて大手道を登りましたが、結構な登山道でした。
途中ばてばてでした。戦国武将はやはり凄いな!!
●2009年9月5日登城 スガガ軍曹さん
スガガ軍曹であります。('◇')ゞ
地球侵略に向けた記念すべき攻略対象第一城は!小谷城!!
東京駅から深夜バスに乗り滋賀の彦根駅前に早朝5:30に到着し、途方に暮れた我輩は、彦根城攻略の前哨戦に浅井長政居城であった小谷城を選んだのであります。
とりあえずスタンプラリーのスタンプ帳に書いてある「河毛」という駅に降り立って、いまどき貴重な無人駅であることに、その佇まいに剣の達人のような凄みを・・・感じませんでした。だって意外に新しい駅なんだもの。
そこから炎天下を徒歩30分。それにしても農業用水がキレイ。魚が住んでるよ!
こんなのどかな里山の城を攻略するなんて、少しだけ良心が痛むがしかたない。

さて、いよいよ噂の小谷城に着いた・・・と思ったら、なにこれ!?ただの山じゃん!!
山のどこが城なのよ!!どうやって攻めるのよ!!
途方に暮れた我輩は木陰のベンチで30分ほど居眠りし、決心した!
「スタンプだけ押して帰ろう」
大人の判断と言えよう。
●2009年9月5日登城 コスミレさん
#014 青春18きっぷで。サンダルで登ろうとして、止められました。ので、タクシーで途中まで行き ましたが、猿に注意してと言われ、イノシシ注意の看板を発見。熊注意の看板も見たかも?
●2009年9月1日登城 JR東西線さん
特になし
●2009年8月30日登城 続*越中「井波城」さん
季節は同じく まさに8月
中腹に駒を止め 汗し本丸を目指す
番所跡から馬洗池 首据石を経て
長政自刃の地へと

小谷城落城 正室お市と浅井三姉妹の
悲話がここに始まる

2013年9月30日
撮り直しもそうだが 目的は山王丸の大石垣
奥深い山中 ご当地の県職の方と一緒になれたのは
心強かったが 何よりも「驚いた」のは
「お猿の群れ」との遭遇! しばし立ち尽くすも 

帰って思うに 彼らの方がズッと
「客の取り扱い」が上手かったような・・

2016年12月 8日
 落葉の大広間と本丸… いつ訪れても、
 ここには壮絶なドラマが蘇る。
●2009年8月29日登城 番頭さん
JR河毛駅でレンタサイクルを借りて、すごい坂道を自転車を押して上がりました。舗装道路が切れた所からは歩いて本丸跡へ。すごい山城ですね。周囲の田園風景が見渡せてとても良いながめでした。帰りは自転車であっという間に降りてきました。
http://homepage1.nifty.com/kotaro/castle/odanizyo.html
●2009年8月29日登城 yattaさん
まるで山登りでした。
毒キノコ??もいっぱい生えてるし〜(泣)
●2009年8月29日登城 やっさん羅漢さん
二城目。初登城。
●2009年8月29日登城 足かけ7年目さん
16
●2009年8月28日登城 ゆーすけさん
暑い
●2009年8月27日登城 Ryujiさん
【079城目】
3年前に訪れた際は、河毛駅からタクシーを呼ぶと長浜行くので20〜30分かかると
言われ、徒歩で現資料館のある清水谷から登城。
しかし、コインロッカーが18時で閉まるとの事でタイムオーバーの為、途中で下山。
今回は河毛駅から、こはくちょうバス小谷山線(めちゃめちゃ遠回りします)に乗って
小谷城址口へ、小谷寺方面から登城。山頂の山王丸まで行くも、清水谷方面の下山口
が見つかれず来た道を下って押印の為、資料館へ。
●2009年8月25日登城 もっち〜さん
見ごたえ:★★☆☆☆
アクセス:クルマ(長岡ICから20分程度)
駐車場 :山中腹駐車場(ユーターン用?)
観光時間:60分
ス場所 :湖北町役場2階教育委員会(資料館休館日はこっちにある)
ス状態 :良好
服装装備:長袖、長ズボン、スニーカー、飲物、虫除け

21城目です。
1000円高速を利用した、日曜〜土曜の7日間中日本縦断旅行3日目6城目です。。

とにかく悪路です。中腹まで車行きましたが、そこからは石がゴロゴロした非常に足場の悪い急勾配な坂道が始まります。八王子城に以上にかなり険しい悪路です。

また、所々ある木々が生い茂った薄暗い道は、観音寺城同様、蚊や蜂が沢山おります。
特に蚊はかなりの数で、虫除け全く効きません。観音寺跡での失敗を生かし、長袖、長ズボンは正解でした。

本丸を越え、山王丸跡までは行きましたが、そこから先は生命の危機を感じた為ひきかえました。

本丸や山王丸跡はを目指すのは、大河ドラマが始まって、きっと整備や復元されるであろう環境が整ってからでも良いかも知れません。
●2009年8月24日登城 上田武蔵守さん
ツアーで廻ったため麓の見学のみ。本丸まで登らなかったのは残念。麓の屋敷跡も農地として耕され、一乗谷のような復元は不可能とのこと。重ねて残念。
●2009年8月22日登城 りさこさん
自宅からの道中は雨でしたが、着く頃には、晴れ。。なかなか運がよい。。戦国歴史資料館で地図をもらい、はんこを押しました。窓口の女性が親切に道順を教えてくれました。前評判どおり、蜂がいました。蜂、大嫌いなので、奥へ行くのを断念しようかと思いましが、奥へ行くと全然おらず、なかなか快適でした。。
●2009年8月21日登城 ばんび〜のさん
本丸付近で蜂に襲われたので、時期を考えた方がよさそうですね。
●2009年8月21日登城 蒼髪さん
スタンプの置いてある小谷城戦国歴史資料館の場所が分からず、最初に湖北町役場にて聞いてからスタンプGET! さらに資料館にて本丸あとまでの行き方を聞いて、登城というか山登りを開始するものの、すぐに熊出没注意の看板が・・・それでも携帯ラジオのボリュームを最大にして歩き続けるが、今度は目の前を一匹の蛇が・・・  断念。
 熊も蛇も眠っているときにもう一度チャレンジします。
●2009年8月17日登城 豊橋のAHさん
自家用車で到着。小谷城への入口はすぐに見つけることができたが資料館は見つけるのに苦労した!!高天神城や山中城もよかったが、やはり天守閣と関係ない山城には独特の趣がある。京極郭がとられた時の浅井長政の気持ちを本丸にたって味わってみた。また京極郭を占領した秀吉の気持も味わってみると地理的に面白い。
●2009年8月16日登城 尾張の良太さん
JR河毛駅からレンタサイクル(料金500円、保証金500円。自転車返却時に保証金は戻される)で小谷城戦国歴史博物館を訪問。場所が分かりにくいため、駅前での地図で観光案内の係員からレクチャーを受けるとよい。展示物は今一歩。ただ小谷城の復元ジオラマは全体像を把握するには都合がよい。当日はあまりの暑さで、スタンプ押印のみ。状態は良好。田の畔道に1m強のヘビが長くなっていた。暑さのせいか?
●2009年8月16日登城 祐輔さん
お盆プチ旅行

行ったことはあったんだけど
スタンプを押してなかったので訪問

博物館が非常にわかりづらかったです
開館前についたんだけど
スタンプ押させてもらえてよかった♪
●2009年8月15日登城 たこだんごさん
青春18切符で行く旅。2009夏第4弾!の1日目!
の、1城目。

今回も、もちろん18切符です。
家から始発で小谷、、、デジカメの電池がなく山登るまえのコンビにで購入。
いらぬ金使いました・・・

私は頂上まで登ってあちこち見てから下山、で、はんこでしたが、旧児童館でしたか、そちらで詳しい地図が手に入りますので、それを片手に登られるのもよろしいかと。

もちろん河毛駅からの歩きです。
楽勝です。
●2009年8月15日登城 Janeさん
彦根城の後、夕方4時過ぎに小谷に着いたので、まずは資料館へ行き、
スタンプのみ押しました。時間的に資料館はパス。
スタンプのみでも問題ありません。

その後、小谷城へ行きましたが、夕方なので登る人も少なく、
ほとんど整備されていない道、熊出没注意との標識もあって、
ちょっと不安になりながらも本丸までは行きました。
それよりも上は、道がよくわかりませんでした。

皆さんが書かれている蜂は、全くみかけませんでした。
2歳の子供を連れての登城だったので不安だったのですが。

一番怖かったのが、途中の分かれ道にある赤尾屋敷への道。
細道の上、崖の横を歩く感じなので、油断したら落ちます。
子供を連れていたので、かなり気を使いながら歩きました。

小谷城を完全に制覇するには、それなりの山登り装備と
天候、時期、時間を考えた方が良さそうです。
●2009年8月14日登城 みるくさん
8城目

山に小谷城跡と看板あり。
山の上へ行く道かなり不安な感じのため、歴史資料館と大手門だけみて終了。
もう少し行きやすい道作ってくれるといいなぁと思った。

スタンプは、歴史資料館にて押した。

これで滋賀県制覇!!

このあと賤ヶ岳古戦場へ
まず、リフトに乗って山の上へ。かなり怖かった。
登山道があるみたいだけと、かなり高い山だから大変そう。
リフト降りたら、けっこう長い道を歩きで頂上へ。へとへと・・・。

頂上ついたら、びっくり景色すご〜〜い!!
風も強いし、柵がないから下に吸い込まれそう。

ぜひ行くべき!!楽しかった。滋賀の旅終了。
●2009年8月14日登城 みるくここさん
城目
●2009年8月12日登城 こにたんさん
河毛駅から。
河毛駅にある観光センターでレンタサイクルが借りれます。1000円で借りて返却時に500円返ってきます。片道30分歩くくらいなら借りたほうがいいですよ。
資料館から本丸までは山道を歩いて20分(かなりがんばったので普通に行ったら30〜40分くらいかな。)
●2009年8月9日登城 Qちゃんさん
75城目
一乗谷からマイカーで小谷城登城⇒小谷城戦国歴史資料館でスタンプ印(13:00)
入って右側の窓口で聞いたら何も言わずスタンプ置場を指さし無愛想な婆バアがいますので注意してください。
●2009年8月8日登城 ほのゆずさん
城めぐり?
朝8時到着。熊出没注意の立看板にかなりひく。
スタンプ設置場所が分からず駅員さんに教えてもらった。
●2009年7月25日登城 葉未さん
今回から登城数をメモることにしました。
20城目です。
整備されていない山道があったので登山用杖が役立ちました。
時間が無くて行けなかったのですが赤尾屋敷には本当に未練があります。
今度は装備をばっちりにして再度挑戦したいです。
●2009年7月25日登城 にこりんようちゃんさん
駅からレンタサイクルで、資料館に行く。浅井氏の城跡、信長に落城された。山の上で行けずスタンプのみ。
●2009年7月24日登城 くろちゃんさん
 悲話(エピソード11)歴史館とあったので浅井歴史民俗資料館へ(入300円)すると スタンプここじゃなくて小谷城戦国歴史資料館です とパンフをくれた。あら そうここは古民家があったり 展示もいまいちなので館をでた。その横ですよ図書館がありトイレタイム。2階に浅井一族の人形が展示されてます(常設でしょう)セコム付 市のナレーションで一家が今後たどる人生を語ってました。(紹介?)なんか変。夫のこと 柴田に嫁いで自刃したこと 三姉妹のたどる運命のこと そして万福丸のこと 悲話秘話ひな(人形)涙です。万ちゃんは行きしに通った関ヶ原で磔にされたと書物で読みました。PS人形見学は無料。その後ジオラマで小谷の地形を頭に叩き込んだおかげで登城わくわくでして、金吾丸付近まで車であがり赤尾屋敷目指し徒と 意気ごんだこんだ 蜂、はち、八、ビー 特にクマ系 スズメ系 安土にも蜂はいましたが 人が少ない山城で毒殺されたら‥‥ さき程の人形の悲話もフィードバックして 耳元ずっと羽音してたことといい 勇気ある撤退しました。美濃を落としていませんから。きっと来ることが あると思います。 
●2009年7月23日登城 白草さん
15城目
●2009年7月20日登城 よねしまさん
今日から青春18きっぷが使えるようになるので、早速片道2時間半かけてやってきました。
河毛駅から歩いて30分で資料館。そこから登山道を歩いて約1時間半。暑すぎたので本丸跡までで続きは断念。赤尾屋敷あとがちょっと怖かった。
下山後ひとつ先の高月駅まで歩いて渡岸寺の十一面観音を拝んできました。
とても良かったが、つかれたつかれた。
●2009年7月19日登城 ぷぴじろうさん
戦国歴史資料館にスタンプがあります。
かなりの雨なので、跡地には行かず・・・。
資料館手前のラーメン屋?の前辺りから、山に掲げられた看板が見えます。
●2009年7月18日登城 あやの助さん
スタンプのある児童館まで迷子になりました。
●2009年7月18日登城 えいきちさん
a
●2009年7月15日登城 ひろにゃんさん
観音寺城→安土城→彦根城→小谷城に行きました。
●2009年7月14日登城 五番館さん
スタンプのもらえる資料館は火曜日休みのため湖北町役場2階の教育委員会でスタンプをもらいました。「下調べ肝心」
●2009年7月9日登城 L.Riverさん
スタンプ:小谷城戦国歴史資料館
熊が出ますって看板があります…
●2009年7月8日登城 torpedolosさん
 車で行ける所まで行きました。
●2009年7月3日登城 逆サイドアタックさん
夕方登ろうとしたら、地元の人に「熊が出るから危ない」と言われましたが、車で行けるところまで行きました。ホントに出るのかな〜。
●2009年6月28日登城 Shinさん
福井遠征からの帰りに寄りました。木之本ICから車で行ったのですが
小谷城戦国歴史資料館の案内がなく(あったかも?)いきなり小谷城に到着。
番所跡まで車で細い道を上り、金吾丸跡から本丸跡まで見学しその先を断念して
戻ってきて資料館で押印。地図やパンフレットをいただきました。
やはり、先に資料館へ行くべきでしょうね。
その後、姉川古戦場(439年前合戦のあった日)に寄り帰路につきました。
●2009年6月28日登城 かつーんさん
スタンプ設置場所の「小谷城戦国歴史資料館」は想像していたより小さな規模。
受付の方は好印象でした。
●2009年6月28日登城 小次郎さん
17城目。

移動手段:彦根城から車
駐車場所:小谷城戦国歴史資料館駐車場(無料)
捺印場所:小谷城戦国歴史資料館

金吾丸跡まで車で行き、そこから徒歩。
ほとんど廃墟でした。
安土→観音寺→彦根を登城した後なので、流石に疲れて山王丸で折り返し。
●2009年6月26日登城 FUJIさん
河毛駅から徒歩で資料館へ。
丸岡城、一乗谷城を回ったあとだったのでここで力尽きる。
スタンプのみ押して撤退。また来ます。
●2009年6月25日登城 元おり@練馬大泉さん
☆☆☆☆☆
●2009年6月25日登城 とよみさん
岐阜城からバイクで移動。先に歴史資料館に立ち寄り、城址への行き方を教えてくれました。道中、小谷城址の標識があった所から道なりに走って行き「番所跡まで行ってもいいです。」と言われましたが、わからなくなってしまい路面ペイントの『この先左折行止まり』のT字路を右折して駐輪。もっと涼しい時期に見学してみたいと思いました。
●2009年6月19日登城 noblenさん
標高が高くないので、わりと攻めやすい山城でした。
河毛駅周辺はお店が1軒も無かったです。腹減った〜。(~_~)
●2009年6月14日登城 摂津守さん
『62城目』
東京発7:33のひかりで出発し、河毛には10:20に到着。そこからコミュニティバス(日曜日は、10:30に河毛駅発/¥200)で小谷城戦国歴史博物館へ。まず、受付でスタンプを押印(状態は良好)。ぐるっと施設内を見学して、前日に購入した鈴を装備し、いざ登城。ちなみに、博物館で頂ける【史跡小谷城跡案内図】があると、登城の際にかなり重宝します。追手道から金吾丸跡や各屋敷跡を見学しながら、本丸跡へ。ここから、中丸→京極丸→小丸→大石垣を経て、山王丸到着。ラストは六坊跡に行って、清水谷ルートで下山。約2時間で下山できました。帰りは徒歩で河毛駅(25分程)に向かい、滋賀の郷土料理を食すため、長浜に向いました。鮒寿司や天然鰻が美味しく、日本酒にピッタリ。クマやカモシカには出会えませんでしたが、クマバチやオオスズメバチとは何回も遭遇しましたので、注意して下さい。
個人的には、大石垣が見事だったことと、ハチの歓迎でしょうか・・・
これで『近畿』制覇。2地域目です。
●2009年6月13日登城 ココアさん
ナビの案内で最初に城跡へ向かう。
車で番所跡まで行きそこから徒歩で本丸へ。
日頃の運動不足がたたって息切れ、途中で休憩入れました。

その後、スタンプの場所を電話で聞き、資料館へ移動。
資料館では前の方の話にも登場したおじいさんに、ジオラマの説明をしていただきました。
●2009年6月12日登城 通行手形さん
【第32城目】
湖北町コミュニティバス(200円)で一路、小谷城戦国歴史資料館へ。
小谷城跡へは資料館近くの追手道から登城、金吾丸跡へ(約30分)。金吾丸から首据石を尻目に赤尾屋敷跡(長政公自刃の地碑まで約20分)。赤尾屋敷跡から桜馬場・浅井氏及家臣供養塔経由で大廣間(史蹟小谷城跡碑)・本丸跡へ(約15分)。続いて中丸跡・京極丸跡・小丸跡を過ぎ大石垣・山王丸跡へ(約20分)。山王丸跡から六坊跡を経て大嶽城跡分岐まで(約10分)。清水道で資料館へ(約60分)。
以上の行程となりました。金吾丸を過ぎてからは出迎え(虫です)が大勢すぎて、手強いものでした。道中には熊出没注意(4月4日、山王丸跡付近?で出没)の看板があり、叢からの物音は時折聞こえ、小谷城通行手形の鈴音だけが頼りでした。他の方の鈴音が聞こえたときは、ほっとしました。四六時中、虫と格闘していました。本丸跡石垣は往時を偲ばせる石垣だと思います。

【スタンプ状態】
◎(小谷城戦国歴史資料館にて)

【戦利品(土産)】
通行手形800円也(河毛駅コミュニティハウス(小谷城戦国歴史資料館でも販売))。

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 次のページ

名城選択ページへ。