実装技術館?
BSデジタルチューナTU−BHD100


2000年から本放送の始まったBSデジタル放送のチューナです。
商品紹介のページ

いきなりふたを開けたところ。
メイン基盤の上にはサブ基盤が乗っている。

サブ基盤を取ったところ。

フロントパネル。

シャーシ。安上がりに作ってある。

メイン基板全景。

メイン基板裏。

大きくMXと書いてるチップは謎。消去法で考えてマスクROM?
その右のMN5572はフォント展開用。でも専用チップつんでる割には描画が遅い。まぁ、他に原因がありそうですが・・・。リンク
上の4つのTC58FVB321FT-10は32Mビットのフラッシュメモリ。4つで16Mバイト。pdf
左上のSLA525TF2Hは用途不明。

B-CASカードのスロット。
このカードってどう使われてるのか全然わかんない・・・。

カードを挿したとこ。

下はサブ基板とのコネクタ。
その上にドライバが4つ。LCX16245。pdf
その上にリコーのRL5T821。たぶんモデム用。
その左には大きなトランス。モデムにはこんなのが必要なのか。

MN2WS0002NH1。メインマイコン+グラフィック処理チップ。これで1000万トランジスタらしい。リンク
その右はSDRAM。サイズが違うから、メインメモリとグラフィック用のワークメモリ?

AKM4309はオーディオ用D/Aコンバータ。プレステに入ってるのと同じ。リンク
LA7106はビデオアンプ?

MN864601AはIEEE1394のリンク層+物理層チップ。

チューナユニットに貼り付いているのは1チップ復調LSI。リンク

基板の横幅いっぱいに並んだ端子類。

メイン基板全景の高解像度版。

サブ基板全景。ハイビジョン映像を扱うのとRambusメモリを使うために6層基板。
右上の放熱板の下にはMN67754。HDビデオデコーダ。リンク

SSL5529F0C1。用途不明。

MN82711。用途不明。DRAMを2個積んでる。

59RM716GB-8*2。128MビットRambusメモリ。HD放送にもなると、ワークメモリに高速メモリが必要になる。

サブ基板裏面。
右下にはAKM8810。NTSCエンコーダ。映像信号がデジタルで入ってくるわけね。でも、NTSC用の映像信号のみでD3端子に出るようなデジタル信号はMN67754の中で閉じている?マクロビジョンなこともこれがやっている。リンク
中央よりにあるのはCY2081。PLL。リンク

電源基板。

フロントパネル基板。表示+ボタン+リモコン。

フロントパネル基板裏面。

メモリカード基板。なんと内部にメモリカードのスロットがある。
ファームアップデート用?それとも将来の拡張用?

メモリカード基板裏面。


御意見、コメントは kumon@sam.hi-ho.ne.jp までお願いします

戻る